【人妻】夫と義理息子に愛される私 2【告白体験談】

息子は、翌日も帰って来るなりオナニーをしていたんです。
夫に嫌われたくない一心で、私は放って置く事にしました。
その夜、夫はベットに横になる私に抱きつくと、パジャマを脱がせ始めました。
”抱かれるんだわ”そう思い、私も彼のズボンを脱がせ股間に手を伸ばしたんです。
夫は既に興奮している様子で、大きくなっていました。
”あなた大きくなってるわ・・・”
”早く舐めるんだ”
強い口調!いつもと感じが違いました。
”はい”
私は夫のチンポを口に咥えるとチュパチュパと吸い始めたんです。
夫が私と69の体制になるなり、バイブを使いだしたんです。
”あなた・・・それどうしたの?”
”一度試してみたかったんだ!黙って従え!”
夫は私のマンコに挿入するとスイッチを入れ出し入れを繰り返したんです。
”ん~そんなに動かさないで・・・逝っちゃう”

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】中年親父のモノにされた僕の彼女【完結版】【告白体験談】

128名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:20XX/06/20(火)ID:N14Jys
流れ切ってすいません 数年前に別れた婚約者との話を書いてもいいですか

 
131名前:なまえを挿れて[]投稿日:20XX/06/20(火)ID:BW15Hn
ドンと来い(屮゜Д゜)屮

135名前:なまえを挿れて[]投稿日:20XX/06/20(火)ID:wCkMq1
お、久々に投稿者キター 長編ならトリ付けてちょ

<>138名前:128◆nTr2xxU[sage]投稿日:20XX/06/20(火)ID:N14TrJys<>
ありがとうございます。トリップはこれでいいでしょうか。こういうところに
書くのは初めてなので、文章が変だったらごめんなさい。一度ワードでまとめ

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻の過去物語【告白体験談】

私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。
仕事や人生の気晴らしに旅に出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、
その中の一人旅同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。
美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。
当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。
結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても
「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」
と言い、しつこく聞くと
「昔のことはよく覚えてないわ」
と嫌がった。
「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」
と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の
記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。
以下が妻の昔の告白内容だった。
初体験が19の頃で、初恋の人、AK。友人の紹介からはじまり付き合いは長かったが、

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】獲られた妻4【告白体験談】

前編:獲られた妻3

獲られた妻4

1ヵ月後、やっと社長の許から連絡が入りました。
契約を解除するので実印を持って事務所に来るようにと、私は勇んで事務所に向かいましたやっと佐織を返してもらえる、息せき切って駆け込んだ事務所に佐織もいました。
「佐織、元気だったか」
「ええ、大丈夫よ、社長に良くしてもらったわ」
着ている物のせいか以前とは少し雰囲気が変わっていました。
「どうだ、久しぶりに見る佐織は?ずいぶんきれいになっただろ?」
社長は佐織の横に座り、躰にふれました。
「女は磨けばきれいになるもんだよ。もっとも、佐織は元がいいからなあ」
佐織に視線を送り胸をさわっています。
「まあ、あなたったら」

告白体験談関連タグ

|||

2014年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】堕とされた母【告白体験談】

堕とされた母 
−11−
ホックを外され、肩紐は二の腕にズリ落ちている。
窮屈な戒めから解放された豊かな双乳は、ともに達也の手に掴みしめられて、粘っこい愛撫を施されていた。
「気持ちいい? 佐知子さん」執拗な口吸いを中断して、達也が問いかける。
「……あぁ……達也く…ん……」
解放された口から、掣肘の言葉を吐くことも、佐知子は、もう出来なくなっている。
薄く開けた双眸に涙を光らせて、か弱く達也の名を呼ぶだけ。
揉みしだかれる乳房から伝わる感覚は、快美すぎた。
(……熱い……)直接、達也の手を感じる部分が、火のような熱を孕んで。
その熱に、肉が溶かされていく。ドロドロに。
「ほら、見て、佐知子さん」達也が重たげな肉房を下から持ち上げるようにして、促した。
「佐知子さんの、ここ。こんなになってる」
ノロノロと視線を動かして、佐知子は達也の示唆した部分を見た。
たわわな肉丘の頂上、硬く尖り立ったセピア色の乳頭。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月28日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】調教人妻【告白体験談】

Kについてカキコします。
Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。
結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。
どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。
そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。
メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。
ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。
私がKに会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね)
道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。
次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。Kははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。
もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。
次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。
Kの場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】昨日、フリパで知り合った人としてきちゃったんだけど、需要ある? 【告白体験談】

<>692名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2011/09/29(木)11:20:58.76ID:HsRNkbU/<>
昨日、フリパで知り合った人としてきちゃったんだけど、需要ある?

<>694名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2011/09/29(木)11:31:44.26ID:HsRNkbU/<>
最初は軽い気持ちでフリパに登録したんだけど、毎日10通くらいメールが来て驚いた。
その中の何人かとは、何回かやり取りが続いて、その中の1人と昨日会う約束をした。
お昼前に待ち合わせして、軽い昼食のあとラブホへ。
部屋に入るといきなりスカートまくりあげられて、壁にもたれた状態でクンニされて興奮した。
あっさりいかされて立ってられなくなって、その場にしゃがみ込んでたら、目の前に旦那より2回りくらい立派なものを突き出された。
Mな私は、そのシチュに酔わされて無条件にフェラした、いつもより念入りに。

<>695名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2011/09/29(木)11:37:16.95ID:HsRNkbU/<>
雁が大きくて「期待できそう」って心の中で思ってたら、見透かされたように「欲しい?」って聞かれて、夢中でうなずいた。
彼が入ってくる前に、一瞬しまったって思ったんだけど、雁の具合を思い出してそのまま私の中に。入ってくると、もうそんなこと考える余裕もなくした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に【告白体験談】

今から7年程前の話になります。
妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。
築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。
お隣には、1人で住んでいる50代男性。まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。
ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。
決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。
外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。
普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。
夜と言う事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。私は車を奥の目だたない場所に停め妻にキスをしました。
「ここでいい?」
「うん!静かな所ね。誰も来ないよね」
「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」
助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。
「あ~優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」
「もう濡れてるんじゃない?」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ】生意気そうな女を見ると興奮する【告白体験談】

<>420:生意気な女:2005/08/06(土)17:43:05ID:yERkTdxF0<>
俺は生意気そうな女を見ると興奮する。背が高く、スリムで、美しい女であればなお良い。
先日、電車の中でオレ好みの女を見つけた。
ニュースステーションにでている上山千穂をさらに美しくした
見るからに気が強そうで、生意気な感じのする女だった。
その女は座っていたのだが、よたよたしたババアが前に立つとさりげなく席をゆずった。
立ち上がって背筋をぴんとのばし、引き締まった表情のその女には
ショートカットの柔らかそうな黒髪がよく似合っていた。
凛とした、清潔な美しさを放っていた。
ババアに席をゆずったおんなが長身で
しかもとびきりの美しい女だったので車内の注目を集めた。
その女は周りの好奇な視線など全く気にせず、真直ぐに前を向いていた。

<>421:生意気な女:2005/08/06(土)17:44:17ID:yERkTdxF0<>
そうかそうか、おまえは生意気な上に、人としての優しさを持ち、

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【人妻】こんな私って・・・抱かれる人妻 14【告白体験談】

「きゃあぁぁ・・・いやだってば・・・いやぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・いいからおとなしくするんだ・・・優しくしてあげるよ」
「きゃっ・・・あっ・・・うぐっ・・・」
真紀の口から押しつぶられたような小さな悲鳴が漏れて、口唇が重ねられる。
「きゃぁ・・・いやいや・・・んぐぅぅ・・・」
きつく抱きしめられた真紀の口唇がこじ開けられ、逃げ惑う舌が捕らえられ舌同士が絡み合い、吸われる音が響く。
ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・
オジさんが強く滑らかに吸うと真紀の口から柔らかい喘ぎ声が漏れてくる・・・
「あうぅ・・・ぐぅ・・・」
「そう・・・真紀ちゃん・・・いい子だわ。あなたはわたしたちのもの・・・逃げられないのよ・・・」
喘ぎ声を聞きながら真紀の柔らかい乳房をワンピースの薄い生地の上からゆっくりと揉む。
「ひいぃ・・・ユキさん・・・だめ・・・だめよ・・・」
「真紀ちゃん・・・キスの途中だよ・・・」
「うっ・・・あぐぅ・・・あぁっ・・・」
オジさんの口唇が再び真紀に重なって言葉が遮られ、じゅるじゅる・・・びちゃびちょ・・・と濃厚に絡み合う音に変わってくる。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ