【修羅場】ガチキチ嫁 【告白体験談】

668名前:名無しさん@HOME 投稿日:2007/10/24(水)22:56:460
嫁が出て行った……。部屋が広い。

トメの言うことが正しいと言うことが刷り込まれてる様子の嫁。
例えると、ある日嫁が「猫が飼いたい!」と言い出す。俺は動物は好きだがペットとして飼うのは絶対に嫌だ、と言う意見。
二人で話し合い、嫁にも納得して貰った上でその話はお流れになった。すると翌日、会社から帰ると何故かトメが居て
「貴方ね、娘(嫁)が家の仕事をシッカリとこなしてくれているから働いていられるのよ。ペット飼うぐらい許しなさい!」
と一喝。横でそーだそーだと相槌を打つ嫁。再び長い長い話し合いをすることに……。

更に例を上げると、嫁が「今度の旅行にお母さんも連れてっていい?」と言い出す。ウトが鬼籍に入って寂しいのは判るがゴメン被りたい。
再び話し合いをして、やはり旅行は二人で行こう、と言うことに。ほっとひと息着いたら次の日帰ってくるとやっぱりトメが居て
「私だけ仲間はずれにするつもり!」
とふじこるふじこる。ここに挙げた例の他にもこうやってトメが口を出してくることが山ほどありブチ切れてつい感情的になって怒ってしまった。
そしたら嫁とトメが仲良く出てったよ。アッハッハハッハハッハハッハハッハ。

告白体験談関連タグ

||||||

2013年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】喘息夫 【告白体験談】

135名前:名無しさん@HOME投稿日:2007/06/02(土)13:20:18
先日別居に突入しました。
とにかく俺のやることなすことが気に食わないのか理解できないのかつっかかってくるトメ
「何で毎日そんなに遅いの? って言うか泊まり仕事とかありえないでしょ?」(俺はSE)
「またそんなものにお金かけて……くだらない」(趣味の時計に対して)
「わけのわからない仕事なんてさっさとやめなさい」(意味がわかりません)
ってな感じで顔をあわせるたびにブチブチと文句を言う。嫁はトメがいるとタッグを組んで
俺を攻撃してくる。トメが居ないと「比較的」まともなのだが。
まぁ、そんな感じでいろいろと文句を言われることが多かったが一番よく言われたことは俺
の持病、喘息に対してだった。俺は0歳から喘息らしく小さいときはよく発作に悩まされた。
んで、現在も通院や投薬を続けているのだが
「大人になっても喘息なんてありえないでしょ?」
「根性が足りないの!」
とか言ってくる。まぁ、喘息=甘え病みたいに思っている人はいまだに結構多いからそうい
うことは言われ慣れているがカチンと来ることには間違いがない。嫁もフォローしてくれない

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【泣ける】いい子 【告白体験談】

874:大人の名無しさん:2009/10/23(金)17:47:49ID:ImjxYdjp
親戚の兄ちゃんの奥さんが、3歳の娘と兄ちゃんを残して亡くなられた。
女の子はよくわかってないかのようにきょとんとしたりしてた。
通夜がひととおり落ち着いて、少しの親戚や身内だけが残っていた時、
兄ちゃんがあまりの心労からか、こてっと寝てしまった。

それを見ていた兄ちゃんの娘は、小声で「しゃーしゃん?しゃーしゃん?」
と言いながらウロウロしだした。しゃーしゃんとはお母さんのこと。
お母さんを探してるんだね…と思って泣きそうになってたら、
その子がおもむろに自分の上着を脱ぎ、寝てる兄ちゃんにそっとかけた。
そして兄ちゃんの頭を撫でながら「おしょーとがんなったねーねんねねー」と言った。

奥さんはいつもこうやってたんだろうかとか、そんなお母さんを見てたんだなとか、
こんな優しい子に育っててとか、色々一気に押し寄せて皆でボロボロ泣いてしまった。

告白体験談関連タグ



2013年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】無償の愛 【告白体験談】

俺はずっと片親だった。

幼い頃両親は離婚し、親父と二人で生活してきた。

日中は親父は仕事でいないが、食事・掃除・洗濯 親父がきっちりやってくれていた。

毎日弁当作ってくれたし、参観日や運動会の日なんかも必ず仕事休んで来てくれた。

叱られる事もあったが、仕事が休みの日には必ず一緒に遊んでくれた。

だから母親がいない事に何も不満はなかった。

だからといって、幼い俺には感謝しているという気持ちは無かった。

親だから当たり前だし、自分達が勝手な理由で離婚したんだから当然位に思っていた。

告白体験談関連タグ



2013年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】親のあり方 【告白体験談】

親父は厳しかった。俺は兄貴と妹との3人兄弟。兄弟3人とも親父に褒められた記憶は全くない。些細な事でいつも怒られてきた。運動会で1位になろうが、テストで100点とろうが、褒めるどころか「当たり前だ。そんな事で喜ぶな。」と逆に怒られる事もあった。
母親はそんな親父とは全くの正反対。どんな時でも優しくて、ほとんど怒られたような記憶は無かった。親父に怒られた時もいつもかばってくれた。

そんな両親だから、子供たちはみんな母親寄りになっていった。
思春期になると相談や悩み事なんかは全部母親に。親父とは顔も合わせない様にしていた。

時には、みんなで親父の悪口を言い合った事も何度もあった。「なんで、あんな人間になったんだろう。」「歳とっても母さんの面倒はみるけど、親父は面倒見たくない。」とか。

そんな話をしている時、いつも優しい母が初めて本気で怒った。
「あなたたち、いい加減にしなさい!!お父さんは貴方達を想っているから厳しくしているの!!お父さんを悪く言うのは許しません!!!」

俺たち兄弟は正直驚いた。いつも温厚な母がすごい剣幕で怒りだした事に。だけどその頃の俺たちは未熟で、「なんでそんなにムキになってんの。」とか「親父の怒り方に愛情感じないんですけど。」などと言って、逆切れしていた。

そして時間は流れ、兄貴は就職のため一人暮らし、俺は大学生(まだ実家)、妹は短大生になり、家族がみんなで集まるような事はほとんど無くなったが、親父の厳しさは相変わらずだった。
「帰りが遅い!」「遊びすぎだ!」「なんだ、その髪の色は!」その頃は本当にこれが嫌で、とっととこんな家出ていってやる、といつも思っていた。

告白体験談関連タグ

|

2013年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【修羅場】小さな男の子に思い切り突き飛ばされて 【告白体験談】

691名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2012/08/26(日)15:24:33.020
信号が赤だったので青になるまで立って待っていた時だった。
突然、後ろから小さな男の子に思い切り突き飛ばされて私は道路へ。
タイミングよく車が来てしまい私は吹っ飛ばされた。
友人やそばにいた人の悲鳴と息をのむ音は忘れられない。
そこから後の事は聞いた話。
突き飛ばした後、私のバッグを持って逃走しようとした男の子。
友人は男の子を追いかけようとすると逃走方向にいた男性が男の子を掴まえてくれた。
物凄い勢いで泣き出す男の子に「○○!」
と男の子の傍に寄ってくるお母さんらしき人。
男性は警察を呼んでくれて親子と友人と男性で事情聴取開始。
話しているうちに
「人を道路にまで出していいとは言っていない!」
とお母さんが男の子にバッグを盗むように指示していたことが発覚。
バッグを盗もうとしたのは私がバッグの中にwalkmanとipodを

告白体験談関連タグ

|

2013年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【怖い】なぞなぞ【師匠シリーズ】 【告白体験談】

708名前:なぞなぞ ◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2010/08/20(金)23:41:34ID:kFozVi3d0
大学四回生の冬だった。俺は仲間三人と少し気の早い卒業旅行をした。
交代しながら車を運転し、北陸まわりで関東へと入った。宿の手配もない行き当たりばったりの旅で、ビジネスホテルに泊まれれば良い方。どこも満室で、しかたなく車の中で寒さに震えながら朝焼けを見たこともあった。
目的はない。ただ学生時代特有の怠惰で無為な時間の中に、もう少し全身を沈めていたかった。みんな多かれ少なかれそんな感傷に浸っていたのだと思う。
ある街に着いた時、俺はふと思いついた。知り合いがこのあたりに住んでいたはずだ。
携帯電話で連絡をしてみると、懐かしがってくれた。一時間くらいあとで落ち合うことにする。
並木道がきれいに伸びている新興住宅地の中を通り、路肩に下ろしてもらい「終わったら連絡くれ」と言って去っていく仲間の車を見送る。
都心から離れるとあの、人であふれた息の詰まるような町並みよりも、空間的にずいぶん余裕がでてくるようだった。
カラフルな煉瓦で舗装された道を自然と浮き足立つステップで進み、大きなマンションが群れるように立ち並ぶ方へ目をやる。
マンションというより、団地か。そこへ向かう道は軽く傾斜し、丘になっている。
その団地の入り口に公園があった。広い敷地には、わずかばかりの遊具とたくさんの緑、そして住民が憩うためのベンチがいくつかあった。
そこにその人は座っている。
小春日和の温かい日差しに目を細めながら、こちらに手を振る。
俺は照れ隠しに大げさな動作で手を振り返し、ことさらゆっくりと歩いていった。
「え〜と、元気でしたか。……多田さん」

告白体験談関連タグ

||||||

2013年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【修羅場】下山さん。 一矢報いたいが撃沈 【告白体験談】

789名前:下山[]投稿日:2008/12/18(木)12:47:530
こちらの掲示板はとても子供がいる母親が書き込みしてるとは思えない程下品な方々が多いのですね。
プロの弁護士でもないただの一般人が相談に乗ろうなんておこがましいとしか申し上げられません。
あなた方の無責任な言葉のせいで息子夫婦が離婚しました。もう孫にも会えません。
嫁に子供を奪われ息子がみるみる生気を失っています。こんなところでよその家庭を壊す暇があるなら自分の旦那の世話でも焼いてなさい!この親不孝者共!

794名前:下山[]投稿日:2008/12/18(木)12:58:150
謝罪の仕方も知らないなんて呆れます。本当にあなた方は親ですか?もしご自分達の息子がとんでもない女と結婚して子供を奪い浅ましくお金までも奪っていくような事があっても
許せますか?それに加担した連中がいたとして謝罪のひとつもないなんてそれが許されますか?腸が煮えくり返る思いです。孫とお金を返してください。

800名前:下山[]投稿日:2008/12/18(木)13:09:510
あなた方のような嫁を持った旦那さんや姑の方々には心底同情致します。自分たちがどれほど愚かなのかも分からない。養ってもらっている身分でありながら感謝のかけらもないどころかその下品さでさぞ旦那さんやお姑さん、お舅さん方を不快にさせていることでしょうね。
うちにも娘が一人いますがあなた方のような下品な娘に育たなくて本当によかった!そのまま自らを省みない愚かな人間性のままだといずれ捨てられますよ。

803名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2008/12/18(木)13:14:11O

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】転落人生から這い上がった 【告白体験談】

522:恋人は名無しさん:2012/08/20(月)19:34:48.58ID:RrpXUIrZO
510
書き溜めたら自慢気味に落とすよ
ひゃっほぅうっ
やったぜやったぜ、ザマーミロwwwww

547:恋人は名無しさん:2012/08/22(水)18:48:39.89ID:Xt5zAiFWO
523
歪んでると言われようがやりきったもんはやりきったんだwww
まだ続くけどある意味終わった話だから、ちゃっちゃと説明する

俺が入社したのはそこそこの会社、本当にそこそこ中小企業
中途除いて3年ぶりのちゃんとした新入社員ってことで俺含めて3人入社したんだ
俺らと同時くらいにA子は20になったばっかりでバイトの大学生として、会社に来るようになった

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】ノーブラな・・・・・【告白体験談】

 僕の妻は、幼稚園の先生をしています。年は39歳で子供が二人ですが、困った事に妻は、下の子を出産したのを期に
ブラジャーを付けなくなってしまいました。B98のHカップでかなりの巨乳だと思いますが、幼稚園に行く時も
ノーブラでTシャツの上にエプロンを付けて乳首が目立たないようにして通っています。園長先生も60歳位の女性の
方で同僚の先生も二人とも45歳と22歳の女性です。園児達も全部で40人位と少なめで、送迎もお母さんが多くあまり
男性と関わる事の少ない職場なので僕も妻のノーブラについては、放置していました。妻いわくブラジャーの肩紐で
1日子供の相手をして走りまわると肩から血が滲んでひどく痛いそうです。実際 何年か前に見た時も真っ赤になり
とてもかわいそうな状況でした。運動会の時とか父兄参観日には、イヤイヤながらブラを着け出勤していましたが、
今年の夏に事がおきてしまいました。夏休みの間にお泊り会と言うのがあり子供達と先生そして4,5人の保護者が
一泊で山間の宿に行き花火をしたり夕飯を作ってワイワイ騒ぎながら一泊し次の日の昼ごろ帰宅する企画で毎年やって
いましたが、今年の保護者は、4人とも30歳前後の男性ばかりで、朝の集合の時に園長先生もビックリしていました。
この日は、僕の方が出社が遅くなり戸締りをしていて驚いた。妻の1枚しかない巨大なブラが家に放置してあるのだ。
やっちまった~普段の癖で今日は、着けて行かなかったんだ~と心の中で叫んだ。しかし例年とおりお母さん方しか
いないからいいやと思い出社したのだった。しかし実際は、ノーブラで行った妻 知ってか知らずか、バスで現地に
向かった。ここからは、妻から聞いた話だ。現地に到着して妻もブラを着けないで来た事に気付いたが、きにしない
でいたようだった。到着後まもなくお遊戯が始まり園児達と輪になって踊りだした妻は、いつも以上に子供達の元気

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ