【泣ける】いじめで処女喪失!話聞いて【告白体験談】

<>2:名も無き被検体774号+:2011/02/22(火)01:50:52.09ID:uM86+5XJO<>
まず、話を聞こうか。

<>3:名も無き被検体774号+:2011/02/22(火)01:53:05.58ID:MZLC9EsjO<>
2
教室でまわされた
思い出したら泣けてきた

<>4:名も無き被検体774号+:2011/02/22(火)01:54:11.82ID:or4Mhth1O<>
1使用済みまんまんうp

<>8:名も無き被検体774号+:2011/02/22(火)01:55:26.55ID:MZLC9EsjO<>

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】一緒にたべよ【告白体験談】

俺のおじいちゃんはとっても優しく怒らない静かな人だった。
本当に口数も少ないのだかとっても不器用な優しい人。
俺と口喧嘩した時もおじいちゃんからいつも俺のすきそうなおかしを『ひろくん一緒にたべよ。』といって仲直りをしていた。
今思うと本当に不器用だなって思う。
とっても頼りがいがなくいつもおばあちゃんのほうがつよかった。おばあちゃんとおじいちゃんが喧嘩した時はいつもおじいちゃんがまけておばあちゃんの側から離れる。

俺が小学校五年生の夏休み足を骨折した。
俺の両親が共働きなのでおじいちゃん家に預けられていた。
いつものようにテレビを一緒にみたり将棋や散歩などいっぱいいっぱい遊んだりした。
そんなおじいちゃんが前々から糖尿病という病気をもっていた。
段々年をかさねていくたび病気の症状があらわれてきた。
おしっこが近くなったり塩分や糖分の高いものは食べてはいけない薬まで増えてきた。
そんなおじいちゃんをみるのもなれてきて俺はなんとも思っていなかった。
そんなおじいちゃんを支えていたのはおばあちゃんだった。薬入れを作ってあげたり塩分や糖分の低い料理を作っていたりとても優しいおばあちゃん。
二人で一緒に頑張って生活をしてた。

告白体験談関連タグ



2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】消去できないメールが来ました【告白体験談】

消去できないメールが来ました

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/08(水)02:51:23.23ID:e+3eTUb80<>
相談・・・というか少し鬱陶しい話かもしれないけど、片手間にでも話を聞いてもらえるとうれしいです。

メル友との事なのですが、安価とかにはならないと思います。

<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/08(水)02:53:50.86ID:e+3eTUb80<>
いざスレが立つと何から話せばいいのか解らなくなりますね><

思いつくままに報告します。

メル友とメールをやりとりするようになって1年半くらい立ちます。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】余命宣告。娘にしてあげられること。【告白体験談】

【余命宣告。娘にしてあげられること。】ふるふる2009年6月3日23:50

こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。
29歳のふるふるです。
家族構成は、主人と5歳の娘です。
私は先月末、進行性の癌と診断され、余命数か月の宣告を受けました。
現在は通院と病院に短期入院での治療が主ですが、近い将来、身動きが取れなくなることはわかっています。
今のうちに、少しでも動けるうちに、娘に何か残してあげたい、と思いは募るのですが、頭の中が整理出来ていなくて、いいアイディアが思い浮かびません。
些細なことでも結構です。
アドバイスお願い致します。
とりあえず今は将来の娘に手紙を書いています。
あとは毎日精一杯、笑顔で接するようにしています。
寂しがりやで感受性の強い娘のために、母はこれだけあなたを愛していたのよ、と何か証を残したいです。
あまり時間がありません。お知恵を貸してください。
よろしくお願い致します。

告白体験談関連タグ

||||

2014年6月21日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】思い出の絵本【告白体験談】

1歳の息子を連れて実家に遊びに行った。

うちの母は趣味で絵本をいっぱい集めてて、天井近くまである本棚にぎっしり絵本が入ってる。

子どもに何か読んでやろうと物色してたら、私が子どもの頃買ってもらった本を見つけた。

その本は、注文製作というのか、主人公の名前を子どもの名前にしてくれるというもの。(夢小説みたいな感じ)
内容は、笑顔でいれば自分も周りの人も幸せになれるから、いつもニコニコ笑顔でいようみたいな感じ。

表紙を開いた扉には、親からのメッセージが入ってる。

『○○ちゃん、人と自然を愛し、明るく強い人になってね。』

告白体験談関連タグ



2014年6月20日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】お前をそんな子に育てた責任はとらないとな【告白体験談】

<>625:おさかなくわえた名無しさん2013/05/15(水)08:13:51.21ID:rWzUJN9C<>
一年前だが、娘が実は俺の子じゃないことが発覚して離婚した。思い出しながらだから間違ってたりおかしかったりするだろうけど

当時
俺38歳
看護師でブサオタ。腹黒鬼畜だけど自分より弱い者には優しいかと思う。患者アンケートで看護師人気No.1に良く選ばれるくらいには外面はいいはず。
料理好き。

元嫁37歳
美人で我の強いタイプ。家事が苦手で、昔娘が言った「ママのご飯よりパパのご飯が好き」により食事を作らなくなったりと、家事放棄気味

娘15歳
嫁に似て可愛い、嫁に似ず性格もよく勉強も運動も出来る、それなんてエ○ゲヒロイン?って感じ。家事も良く手伝う自慢の娘だった

元嫁の浮気相手

告白体験談関連タグ

||||

2014年6月20日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】鏡の中の友達【告白体験談】

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。

弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので、一緒に遊ぶという感じではありませんでした。
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、少し寂しかったのだと思います。
とにかくその頃の私は、一人遊びで日々を送っていました。

私の家は古い田舎造りの家で、小さな部屋がたくさんありました。
南西の隅には納戸があり、古い道具や小物が納められていました。
その納戸に入り込んでは、仕舞ってある品々をオモチャ代わりにして遊ぶのが、当時の私の楽しみでした。

その鏡を見つけたのが、何時のことだったのかはハッキリしません。
もともと手鏡だったようなのですが、私が見つけたときは、枠も柄も無いむき出しの丸い鏡でした。
かなり古そうなものでしたが、サビや曇りが殆ど無く、奇麗に映りました。

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】母さんからのメッセージ【告白体験談】

<>107:誘導:04/04/0523:06ID:u1n29iD1<>
267名前:名無しさん?[sage]投稿日:04/03/0600:49ID:???
俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。
それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにぐれた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。
そしたら・・・

病室のベットの上にお母さんがうつってた。
『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。
お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。
今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』
10分くらいのビデオテープだった。
俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。

告白体験談関連タグ

|

2014年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】隣の娘【告白体験談】

<>931:1/3:2007/07/25(水)03:27:56ID:W7pD0dWn0<>

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。
彼女の家庭にはお父さんがいなかった。
お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。
違うクラスになったけど僕と彼女は仲良くなった。
彼女はあまり明るいほうではなく、女子の友達も少なかった。
本ばかり読んで親しい友人のいなかった僕と彼女はお互いの家に遊びに行くほど仲良くなった。
そのうち彼女は愚痴を言うようになった。
母親がすぐ殴ること。
同じクラスの女子が意地悪をすること。
すきな男の子ができたけどその子はほかの女子にも人気があること。

告白体験談関連タグ

||

2014年6月17日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】エスカレーターの母娘【告白体験談】

とある、ヨーロッパの国に留学してた時の話を

まぁ言葉もままなら無い頃、よく日本人の友達を家に呼んで
飲んでたんだが。

俺の家は、屋根裏で大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。
エスカレーターがだけでモロに出口専用なのだが、怖いのはたまに
夜中過ぎに意味もなく動き始めること。
夜中なもんだから車どおりもなく、音が良く響いて「ブーン」ってなるんだが
これが怖い。たまに丸窓から覗いて確かめるんだがこれが誰もいない。

まぁそんなことがたまに起こる程度だった。

ところがある週末、いつものように友達を呼んで飲もうと思い、
一番仲の良い画学生に連絡をした。

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月17日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

このページの先頭へ