【寝取られ】鬼畜男に堕とされた妻【告白体験談】

私は35歳、32歳になる妻と一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。ありがたく務めさせていただく事にしました。

妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。しかし。ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影をひそめ憂鬱そうな素振りを見せ始めたのです。
「どうした?会社で何か嫌な事でもあるのか?」
心配する私に、
「ううん。大丈夫よ・・・」
と、言う妻。
「そうか・・・」
私は、それ以上詮索できませんでした。

ですが、日増しに妻の様子はおかしくなっていったのです。
いつもは、満員電車に乗らなければならない為、パンツスーツで出勤していたにも関わらず急に独身時代に着用していたミニのタイトスーツに身を包み始めたかと思うと、必要以上に胸元の開いたブラウスを着込んだり・・・。髪型を気にしたり、化粧も念入りにするようになってきた妻。
(もしや浮気・・・?)
いつしか私は、そんな不信感に捕らわれ始めたのです。
妻は、夫の私が言うのも何ですが結婚してからも清楚な雰囲気を失わず、見た目には子供がいるようには思えないほど魅力的な女性です。身長は高くありませんが、スレンダーな体型で、しかし胸はあるほうだと思います。会社で、男性社員からの誘惑があったとしても不思議ではありません。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】「痴行媾悦①‥花火ⅠⅡ」【告白体験談】

『旅情:花火Ⅱ』
 (Ⅰより 承前)気が付くと 私のペニスが萎縮し、抜け掛かったので  女房がティッシュを当てて始末して呉れています。「風呂へ 行こうか?…」「ウン…」で 女房の案内で共同大浴場へ行きます。
 冬でも海岸気分で遊べる波の出る温泉プールの脇を通り 十数種類ある温泉フロアへ行きます。ここは2階に亘っていて 時間で男湯と女湯が切り替わるのだそうです。およその時間を申し合わせて 風呂から上がると食堂で夕食です。特注の料理にビールを頼み 女房と乾杯して顔を見合すと、「これが さっきあんなに乱れた女房か…」と思うほど サッパリした顔をしています。「何を 考えてるの?…」「いいや… さっきのこと…」「バカネェ…」「あんまり 知らん顔してるから…」 そんな会話も二人だけのことです。ウエイトレスに聞くと 花火は夜9時前から30分くらい、洞爺湖の東岸を 南から北へ船で移動しながら打ち上げるのだそうです。「花火を見るには 少し寒いわネェ…」「いや そう思ってさ…、部屋で花火を見れるように 最上階の部屋にしたんだよ」「そうなの…」「ユックリ食事を済ませて 暖房の利いた部屋で花火を見るのも珍しくて良いだろう…」。
 部屋に戻ると 時間は8時を回ったばかりで、花火には まだ少し間があります。湯上りにお酒が入って 暖房の利いた部屋に鍵を掛けて二人きりになれば、ほかにヤルことは無いので 二人はベッドで絡み合います。灯りはベッドのスタンドだけにし 始めは浴衣のまま抱き合って太腿のスリスリをしながら唇を合わせます。私が女房の乳房を揉めば 女房は私のペニスを揉んでくれます。ヌルが先走って来ると 着ているものがもどかしく、お互いにマル裸になり 私は女房の乳房を口に含んで乳首を舌先で転がします。乳首が固く立ってきた頃 手をオマメから陰部にやると、もうそのあたりは ヌルヌルです。「ネェ… 拭いてあげるから、良く 見せて…」と云うと 今日は珍しく「アタシだけじゃ イや…」と云います。「どうするの?…」「アタシも 見るの…」‥、(あれまぁ… 〝69〟?)取り敢えず ティッシュの函を中に置いて、お互いに右手が利くように左を下側に 頭を逆にして横になり、それぞれ上側の足を 少しくつろげるようにします。
 しみじみ見ると 女性の陰部は何ともソソられてムズムズして来ます。普段の顔や仕草からは 想像も出来ない陰部は、薄い陰毛から撫で下ろし 少し剥くようにするとピンク色が覗くオマメ、ボッテリした大陰唇の土手も魅力的ですが その内側にビラビラと(ペニスを入れたときに 纏わり付く)黒く小陰唇、そしてこれも指で拡げると ピンクの襞が覗くヌルヌルの粘液で潤ったヴァギナ、やや黒ずんだ会陰部から 引き締まった菊花状の肛門…、堪らなくなり 思わず小陰唇にかぶりつき舌を尖らせを入れると、女房は「ウッ‥」と云い それまで左手でシゴキ右手で撫ぜていたペニスに、口を大きく開いてカブリ付き 口に含んで 舌先でグランス(亀頭)の裏を舐め始めます。これがまたクスグッタイような ウス痒いような良い気持ちで、私もお返しに 今度は舌先をオマメの方に移し、既に膨れてきている ピンクの小さなグランスみたいな形の処を、少し剥くようにして チロチロと舐めて遣ります。女房はとみると 舌先を棹の方からタマの方に移し、タマを柔らかく含んで呉れているのが 温かく良い気持ちで、「あのキレイな顔で あられもなく…」と思うと ゾクゾクしてイキソウになります。
 私の方が先走らないように 一度気を静め、右手の中指をソット逆さにヴァギナに入れ 少し出し入れしてみると、最近触ってみない内に 膣壁の肚側が何やらコンモリ盛り上がって少しザラついて来ています。(そうか 女性のGスポットと云うのはこれか…、使い込んでいると こんなに発達するんだ!)妙なことに感心しながら そこを指の肚で撫でて遣ると、女房は身を悶えて 「ソコを…そのウラのとこを… お願い…、アナタノで… ヤッテ!…」と泣きそうな声で云います。(私のモノを 声に出して欲しがるなんて…)私は嬉しくてカッと頭に血が上り ティッシュでざっと私のペニスを拭き、女房のヴァギナの中の粘液を掻き出して足を絞めさせ、上に跨って右手で首から肩を抱き ペニスをヴァギナの前に当てて挟ませ、左手で乳房を揉み立てながら、グイと押すと ペニスは狙い違わず、ズブリと何とも良い抵抗感で ヴァギナに入り込みます。そこで「一緒にネ…」「ウン…」と声を掛合って 二人で大きく二三度腰を使い始めたとき、「ドーン!…」と 花火が始まりました。(あれまぁ!… 良い処で…)「ヤリながら 見ようか?」「大丈夫? 外から見え無い?」「10階だもの 見えやしないさ…、見えたって… 見たい奴には見せてやろうヨ…」。
 「どうするの?…」「云うようにして…」「ウン…」「足と手で 僕にシッカリしがみ付いてて…」で 女房は私のペニスをアソコに入れたまま私に抱き付き、私はベッドの灯りを消し ティッシュの函を持って窓際のソファへ移動します。窓はカーテンがありますが 総ガラスで、10階ですから 洞爺湖の対岸から望遠鏡ででも使えば別ですが、もう 「見たい奴には 見せてやる!」くらいの気持ちです。ソファは湖に向いているので 私は中頃に胡坐をかくように座り、繋がったまま 女房を対向の座位で私の上に座らせます。お互いに力を抜くと まず胸を擦り合わせ舌を絡めてキスからやり直しです。その内に花火は 漸く左側の視野に入って来ます。乳房を掴み乳首を転がし 互いの舌をしゃぶり合いながら腰を使っていると、こちらの昂まりに合わせるように 花火が総ガラスの視野に入って来ます。赤い大枝垂れが大音響とともに窓一杯に降り注ぎ ときどき青玉の大菊花が部屋を青く染めます。スターマインの先端が下からさまざまの色玉を吹き上げ 湖上には投げ込む水中花火が赤く半球状に開きます。花火に彩られた部屋の中では あまり日に焼けたことの無い二人の白い裸身が、ムクムクとうごめき その花火の色を映して今や最高潮です。
 「少し休んで… 花火を見ようか…」と云って お互い窓の外に眼を遣りながらも、ユルユルと腰を使って 快感を逃がさないようにします。ペニスの先端と子宮の唇との接触を確かめながら、腰を回すようにしながら その感覚が先走らないようにたゆたっているのも、夫婦ならではの 身近な嬉しい熟れ方です。女房もやはりそんな気持ちらしく ウットリと眼を花火に遣りながら無心に腰でカン処を探っています。花火が右隣に移った頃 「イコうか?…」と声を掛け、私が上体を倒し上向きになり 両手で乳房をわし掴みにして揉み立てます。「動いてイイヨ!…」と云うと 騎乗位になった女房は、私の肩に手を突っ張り 猛然と腰を使い始め「アァ!… もう!…」と云うと、眼をつむり天井を仰いで硬直したかと思うと ペニスのグランスに熱い絶頂汁が掛かり、私もムズ痒くなると同時に 精液をヴァギナの天井に吹き上げ、女房は私の上に倒れ伏し 私はそれを固く抱き締めて暫く真っ白になります。
 花火も去り 二人は暗い室内で抱き合っていましたが、我に返ると 今日は刺激が強かったせいか、まだペニスが半勃ちのまま シッカリと女房のアソコに繋がっています。私がペニスをピクンとすると 女房もヴァギナをキュンと絞め付けて応じて呉れます。二人は静かに唇を寄せキスをし 柔らかく長く舌を絡めます。「今日は 良かったネ…」「ウン…」と余韻を確かめるのが しみじみ倖せでした。もう一度風呂に行こうと云うことになり 行ってみると男湯と女湯が交替していて、私の入った方の大風呂は アクリルのドアを押すと、風呂に入ったまま 露天風呂に出られます。湯に浸かったまま露天に出ると 風花(晴れの日にチラつく 小雪)が舞っていました。私は湯船の中で何気無くペニスを弄っていましたが どうやらまた固く勃ってきて良い気持ちになります。私はついグイグイとペニスをシゴキながら ふと、部屋に戻ったらもう一度女房を襲いたいような キリの無い衝動に駆られるのでした。(終わり)(「茫々録・鶏肋抄」より)

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【怖い】 刀 【告白体験談】

332名前:刀 ◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/10/02(金)22:17:41ID:o7OYvvFV0
師匠から聞いた話だ。

大学二回生の春の終わりだった。
僕は師匠のアパートのドアをノックした。オカルト道の師匠だ。
待ったが応答がなかった。
鍵が掛かっていないのは知っていたが、なにぶん女性の部屋。さすがにいつもなら躊躇してしまうところだが、ついさっきこの部屋を出て行ったばかりなのだ。
容赦なくドアを開け放つ。
部屋の真ん中で師匠は寝ていた。
その日、朝方はまだそれほどでもなかったのに昼前ごろには急に気温が上がり、昨日の雨もあってか、猛烈に蒸し暑かった。
その部屋はお世辞にもあまりいい物件とは言えず、こういう寒暖差の影響はモロに受ける。
師匠は畳の上、うつ伏せのままぐったりして座布団に顔をうずめている。
僕は靴を脱いで上がるとその側に近寄って声を掛けた。
「……」

告白体験談関連タグ

|||||

2013年11月3日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】爺ちゃん 【告白体験談】

491名前:大人の名無しさん[]投稿日:2006/04/26(水)12:51:13ID:areZ+wHB
皆さんのお話を読み、俺が高校生の時に逝った爺ちゃんの事を思い出しました。
乱文かと思いますが綴らせてもらいます。

俺は爺ちゃんにとって4番目の孫でしたが他の孫達は皆地方に住んでいて、
自営業の寿司屋を継いだ親父の子である俺を爺ちゃんは内孫として
特に可愛がったそうです。
でもまだ俺が小さい頃は、爺ちゃんが苦手でした。

小学生の時、俺は少年ラグビークラブに通っていて毎週日曜日の練習後は
仕事で迎えに来れない両親の代わりに爺ちゃんが迎えにきてくれました。
けど昼飯でたまにファミレスなんかに入ると爺ちゃんは昭和初期からの
職人気質で(寿司屋の板前です)中々届かない料理にウエイトレスを
度々呼んではいつも怒っていました。
その時の爺ちゃんは子供ながらに怒らせちゃいけない存在なんだと思っていました。

告白体験談関連タグ

|||

2013年10月7日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【不倫・浮気】棚からぼたもち 【告白体験談】

これは不思議だけど ほんとうの話私の前に 突然 人妻が降ってきたようなめぐり合いなんです。
日曜日の昼間、女房はデパートに行き、私はボ〜〜っとテレビをみてましたその時、家の電話が鳴りました。
「もしもし、○山△男さん?」ぜんぜん 心当たりのない声です。でも たしかに 私の名前。
「わ〜 ひさしぶりね〜 私よ私 わすれちゃったの〜?」キツネにつままれたような気分です。
「あの〜 誰でしたっけ?」「私よ ○○中学で 一緒だった あけみよ」ここで気づきました。
敵は だれかと完全に勘違いしてる。こうなりゃ、ばれるとこまで つきあってやれ。
うまく Hまでいければ めっけもん。できなくったって、もともとだ。でも 共通の話題なんてなにもありません。
長電話してりゃ ばれるだけv「あのさ 今ちょっと手が離せないんだ。明日の夕方でも 会おうか」
「うん、 じゃー駅前のトント(仮名)で 6時に待ってる」さ〜 どこの駅だかわかりません。
「どこの駅だっけ?」「五反田よ 五反田」「あ〜 あそこね わかった」こうして電話を切って 翌日を待ちました。
「これで 会えるんだろうか」とにかく 翌日の6時に五反田にいきました。トントという喫茶店はたしかにありました。中にはいりました。
一人でいる女性に声かけりゃ なんとかなると 思ってたけど店内には一人できている女性が4人ほどいましたしょうがなく 
トントの電話番号を109で調べて、電話をかけ あけみを呼び出してもらうことにしました。ウエイトレスが出て
「お客さまで あけみさ〜ん お電話で〜〜す・一人の若い女性が レジまで たってきました。それがきっと 
あけみです私は彼女に声をかけました「あけみさん? わたしが ○山△男です」え?? っという顔つき

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】アルミ缶の上に 【告白体験談】

少女は座り込んでいた。
明るいライト目掛けて自殺虫がバチバチと突っ込むコンビニの前。
吐く息が白い。
いつもならば布団の中に入っている時間。
家に戻ろう、と何度も思った。
しかし、そのたびに頭をよぎる男の顔がそれを遮る。

数ヶ月前、母親はその男を連れてきた。
少女はその男を見たとき、『お客さんだ』と思った。
しかし男は一向に変える気配を見せない。
いつしか男のいる生活は当たり前となっていた。

学校から帰り、アパートのドアを開ける。
煙たい。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【寝取られ】天使 【告白体験談】

前話、再婚した友人・完結編 太郎とユウタの父子旅行

太郎(再婚当時33)は前妻礼子に逃げられ、ユウタが残された。
その直後、同級生の真梨子と子連れ再婚して1年。(礼子とも普通に話せるようになったが、礼子はヨーロッパへ移住した)
夏休みには箱根へ家族旅行に行き、宿で「私たちの子どもを作りたい」と真梨子から言われ、中だしをした太郎だったが・・・

【太郎、散々な長期出張】
旅行から帰ったあとも、俺と真梨子は子作りに励もうとしたが、四国の営業所で内紛がありスタッフが集団退職。一時的な人手不足のため、四国へ1ヶ月の長期出張をすることになった。ユウタと二人暮らしの時、会社に散々迷惑をかけていたので、断れなかったのだ。
四国から北東北だと、週末の帰省も難しかった。新幹線だと丸一日かかるし、飛行機は乗り継ぎの便がよくない。結局、ずっとビジネスホテル暮らしに。
で、出張最終日。倉庫で荷物の整理をしていると、OLの三香(22)のミスで脚立から転落。脚を骨折、腰も痛めた。
四国の病院に10日間入院した後、車椅子に乗って地元に戻る。
恐縮した三香が付き添いを志願してくれ、会社は三香を出張扱いにしてくれた。三香の両親と所長がポケットマネーで普通車との差額を出し、生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗ったが、駅から地元の病院に直行して即入院。
真梨子や子どもたちとは病院で再会と言うことになってしまった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ