【不倫・浮気】へっ? なんで…?? 【告白体験談】

『はい!』という声とともに、誰かが俺の背中をポンと叩いた。

ハッと我に返る。俺は自宅の居間でソファに腰掛けていた。
隣に座った奈津美が、つぶらな瞳で俺を見上げてる。

奈津美は高校の同級生。半年くらい前から付き合ってる。
かなり可愛くて、AKBの「たかみな」似…と俺は思ってるんだけどな。

『ほら、彼女もシタがってるよ。ヤッてあげな』

頭の中で誰かの声がする。抱き寄せたら、奈津美の方からキスしてきた。

2人とも性欲旺盛な16歳。まあ、人並みにやることはやってるわけで、

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【告白体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【怖い】変態マンガ家ピクピクン先生のマジキチエピソード【告白体験談】

【混沌とした肩書き】
・米農家(コシヒカリ年間10t)
・地元消防団の団員筆頭
・エロ漫画家(単行本4冊)
・一般紙4コマ漫画連載中
・ヌードモデル(写真集発売)
・歌手(CD6枚発売)
 
【エピソード】
・激しいオナニーにより陰茎を負傷し連載中のマンガを休載
・荒れ狂う台風の中で全裸オナニーし写真をTwitterに掲載
・ライヴでパンストの上にパンティーを穿き熱唱
・ライヴで観客に自分が育てたコシヒカリを配布
・胆石で入院し、手術の直前にオムツ着用写メをブログに掲載
・顔写真とナプキン写真を合成し「キミの生理用品になりたい」というブログ記事を掲載

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月4日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】ご先祖様【告白体験談】

実家に帰るといつも20畳ほどの神棚の部屋に泊まる
前に帰省した時も同様だった
実家に描きかけの原稿を持って行き、家人の寝静まった深夜作業をしていた
机は神棚の反対側に置いてあり自分は神棚に背を向けていた形
2時ごろそろそろ寝るか、と原稿を揃え裏返しにしてケースに入れて布団に入った

暫くしてふ、と意識が浮上した時に何かボソボソがさがさする音が聞こえる
音のする方に寝ぼけながら目をやると数人の人間が車座で話しているようだ
「こんな趣味〜」「本人の自由〜」などの言葉が漏れ聞こえ、
あー数年前親にオタバレした時の夢か、と納得しそのまままた寝た

朝起きると机とは反対側の神棚の前にむき出しの原稿がちらけられていた
部屋のほぼ端から端
ちょうど夢の人たちが囲んでた真ん中あたり
見上げると爺ちゃん達の遺影

告白体験談関連タグ



2014年5月28日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】夫は私の体に触れません、SEXしたくて悶々としてます【告白体験談】

20代女 「夫は私の体に全く触れません、女性である私はSEXしたくて悶々としてます。」

<>1:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/04/16(土)18:15:39.99ID:zPlEODrE0●<>

体に触れたがらない夫

20代会社員の女性。結婚して約1年ですが、数か月間、夫は私の体に全く触れませんでした。初めは気遣ってくれていると思いましたが、いつまでたっても状況が変わらず、夫が身体的に不能なのか、それとも他に女性がいるのかと不安になりました。実際、夫は結婚後も昔の女性と切れていなかったことが判明しました。もっとも、結婚後の肉体関係については否定しています。

男性は心と身体を切り離して考えることができるようですが、女性であり妻である私は悶々としてしまいます。夫は子どもを欲しがっているけれど、「そんな行為もしていないのに」と考え、腹立たしさを感じます。子どもができる前に、別々の道を考えた方がいいかと思います。でも、夫は今の生活スタイルに疑問を持っていないようです。私がおかしいのでしょうか。(東京・Y子)

1年の結婚生活のうちで数か月間あなたに触れなかった、とありますから、その後は触れているわけですね? ただ、どの程度触れているのか……。まあそういうことよりも、このご相談ですっぽり抜けていることは、「互いに好きなのかどうか」という感情の問題です。

推察するに、結婚後もご主人が他の女性と付き合っていたことや、あなたの方もご主人の気持ちをもう一つつかみきっておられない様子からすると、相思相愛とはいかぬようです。だとすると、肉体関係うんぬんよりも、まず、いかに心のつながりを作るか、という話から出発する必要がありそうです。

ただ、あなたも書いているように、男性は「心と身体を切り離せる」面もあって、深く愛してなくても、女性と肉体的に関われるものだと考えれば、ご主人の淡泊さは、単に「草食系」というレベルを超えているような気もします。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【不倫・浮気】居酒屋でナンパした美巨乳新人OL菜摘と。朝っぱらから中に… 【告白体験談】

ケータイのバイブ音で目が覚めた。
一瞬でハッキリと頭が働くんだけど体がどうしても重たい。仰向けに寝ていた俺の左傍らで、背中を向けて身を屈めるようにして眠っている菜摘のキレイな髪の毛を見つめる。ええぇ、と。合計何回だっけ?頭のなかで昨夜の出来事を振り返る。
仕事上の飲みを早々に切り上げた後に居酒屋で菜摘に声をかけて連絡先を交換した。次に行ったダーツバーでマリエと知り合い、そのまま非常階段で1回、そうだ、マリエとは明日ランチ行く約束してたっけ。その後終電に乗り遅れた菜摘と落ちあい、一軒寄ったあとにうちに連れ込んで…、2回、バスルームでは口でイかされたなぁ…。
充電のケーブルに刺さった菜摘のスマホは未だ断続的な振動を送っているけど菜摘一向に起きる気配を見せない、小さな寝息とともに微かに肩が上下してるだけだ。

後ろから覆いかぶさるように菜摘を抱きしめる。
「菜摘ちゃん、おはよう。電話鳴ってるみたいだよ」大方鳴らし続ける人物は見当がつく
「うぅん、おはよう。今、何時ですか?」菜摘は殆ど動かないまま、こちらも見ずに尋ねた。
「えっとー、まだ八時だね」
「土曜の八時とか…きっと彼氏なんで、電話ほっといても大丈夫です」そうこう言ってる間にバイブがピタリと止んだ。
俺は菜摘の腰元に置かれた右手でゆっくりと菜摘の体のラインをなぞる、昨日夢中になった身体はやっぱり抜きん出てきれいな曲線となめらかな肌を持っている。そのままその豊かな胸に手を伸ばしその柔らかな弾力を楽しむ。起きた時からすでに膨張していた俺のその部分が菜摘の尻の割れ目に押し付けれるかたちになっている。
「あっ、はぁん、隆さん、朝から元気過ぎぃ」半分眠ったままのような声だ。
特に返答することもなく、うなじから肩甲骨のあたりに唇を這わすと左手も菜摘の体の下を潜して空いていたもう一方の乳房を鷲掴んだ。両手の指先で先端の敏感な部分を刺激する。
「あぁっ、んっ」切なそうな吐息に俺のそこも硬度を増す。半分寝息のようだったその声は次第にしっかりとした喘ぎに変わっていく。菜摘が当たっているモノから逃れるためか、もしくはより敏感な部分に触れさせるためか、腰をくねくねと揺すった。肉感豊かで大きめの尻に刺激されてほぼフルの状態まで目を覚ます俺のティン◯に菜摘は後ろ手に触れてくる。
「昨日3回も出したのに、もうこんなになっちゃってるんですね」昨日と同じ、少しイタズラっぽい声のトーンだ。後ろでとは言え菜摘の手指の使い方は巧みだ。肩と首を回してこちらを見る菜摘。新社会人らしいナチュラルなメイクはすでに落とされていたけど、そのしっかりとした目鼻立ちは昨夜と何ら劣るところはない。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】「彼女がハメられながら電話」を地でやられた事がある【告白体験談】

<>842 :えっちな18禁さん:2012/03/19(月) 17:02:06.44 ID:Dfghero5t<>
遠距離恋愛中、この手のエロ漫画で良くある「彼女がハメら
れながら電話」を地でやられた事がある。
ある日彼女のバイトが終わる頃の時間に電話しても出なくて、
23時に電話しても出なかった事に凄くドス黒い嫌な予感を感
じたんだよね。
その数ヶ月前から彼女がバイト先の先輩って男と良く話し掛
けられるとか、遊びに行こうって誘われて断ったとか
1時間くらい電話してたとか
そういう事が何回かあって彼女と喧嘩になったりしていて、
そういう中で嫌な予感がする事っていうのはその時が初めて
じゃなかった。
不思議と そういう予感って当たってたのか当たっていなかっ
たのかわからないけど
その1週間前に彼女に電話した時に1時間くらいずっと話し中

告白体験談関連タグ

||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】出会い【告白体験談】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。妻のスペックは、バストがHからIカップの間を行ったり来たりで、ヒップは、メーター越えのデカ尻、ウエストもそれなりにあり、ややもすれば、只のデブだが、すれ違った男達が振り向く位、エロ漫画にでてくる豊満熟女のようなムチムチっぷりだ。結婚前から胸は大きく、妻の同級生たちから『ボインちゃん』と呼ばれていたようだが、子供を産むたびに、安産型と言うか、尻もムチムチと大きくなって行った。私は、8年前に倦怠期を打開しようと思い、妻のヌードを何枚か撮影して投稿したこともあったが、私の仕事の関係で万が一バレたら、えらい事になってしまうので数週間で辞めた経緯がある。なぜかと言うと、所属の課に熟女好きな部下がいて、妻の左顎にあるホクロと妻のムチムチした体に興味があり、家に誘って呑んだ時も妻をエロい目でみていたからだ。そいつは、事あるごとに妻を褒め、酔っ払った勢いで妻の胸に顔を埋めたこともあった程だからだ。その時は、妻もかわいい子供をあやし付けているようだったが、熟女サイトを漁り、万が一見つかっては と投稿を辞めたのだった。
 妻の友人で由美子(妻の高校の時からの同級生)が、一人暮らしになってしまった妻を気遣い、ショッピングや夕飯に誘ってくれ、妻も寂しさを紛らせていたようだった。由美子は、細身のセレブ系。旦那も私と同じ年だが、大手企業の部長補佐、高級住宅と呼ばれる家に済み、収入は、私の軽く1.5倍はあるだろう。しかし、この家には、子供がいない。二人っきりの生活だったので、妻と比べて由美子は良い服やバックを身につけ、アクセサリーも妻の着けている物とは違い、華やかであり、しがない公務員とは、大違いの生活をしていた。そんなある日、週1回夕食に招かれていた妻に異変が起こったのだ。妻の証言と由美子の話をまとめてみた。
 この日の夕食は、ローストビーフと洒落たおつまみ。高級ワインを呑みながら談笑しているとお客が現れた。ピンポーン
由美子『はい。どなた』
男『木村さんの部下の吉本です。』
木村(由美子の旦那)『おう。俺が呼んだんだ。入れてやれ』
由美子『はい。どうぞ~』招かれたのは、木村の部下である吉本。
吉本『補佐のご好意で来てしまいました。』と日本酒を片手にやって来た。
木村『吉本さん。気を使わないで』吉本は、昨年秋から木村の部署に赴任してきた56歳の男だった。
由美子『わ~珍しいお酒。遠慮なしに頂いておきます。』
木村『さ~。吉本さん座って下さい』と吉本を招き入れた。
由美子『はじめまして。木村の家内の由美子です。隣に居るのが、友人のサキです。』
妻『サキです。宜しくお願いします。』
吉本『吉本です。宜しくお願い致します。』
木村『さ~。呑みましょう。』暫く歓談が続き、他愛もない話に花が咲いたようだった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ】一人暮らしの家に友達とはいえ女が来たからセックスした【告白体験談】

家に来た同級生と無理やりやった話
スペック

19
フリーター
女の子
高校の同級生
浪人生
可愛い
当時、俺はフリーターでコンビニの深夜バイトしていた。まあ、他にも掛け持ちしてたけど
そこで母の日ギフトっていうのがあって、コンビニのギフトの注文をとらなきゃならなかった。

一人5件がノルマだったかな。
まずは店に来た客に勧めるんだけど、深夜だとなかなか注文がとれなかった。
そこで自分の友達やらにお願いをして頼んだりしていた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【寝取られ】俺の小さな嫁のレナちゃんが、おっさんのピアノ講師に【告白体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 41234

このページの先頭へ