【人妻】俺の妻は男経験豊富【告白体験談】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。
2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?
一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。
酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻とのある夜の蜜事【告白体験談】

私62歳、妻59歳の二人暮らしです。ある夜の事。夕食が終わり、一時間ほど見るともなくテレビを見ていたが
お風呂に入ろうと思い、何十年振りかで妻を誘って見た。「恵子(妻の名)、久しぶりに一緒にお風呂に入らないか?」と。妻は「えっ?どうしたんですか?」と本当にびっくりした顔で私を見る。「別に、どうもしないけど、なんだか一緒に入りたくなって・・・」と言うと「せっかく誘ってくれたんだから、入りましょうか」と。私が少し先に入り、身体を洗いかけると妻が入って来て「せっかく何十年ぶりかに一緒に入ったんだから身体でも洗ってあげましょうか?」と。「じゃあ、ソープランドに行った雰囲気でやってもらおうかな」と言うと「ソープランドって私行ったこともないし、どんなにするか知らないわよ」と言うので「私も知らないけど、じゃあ私がしてほしいことを頼もうか」と妻の前に座り、両足を開いて「じゃあ、ここを丹念に洗ってくれる?」と言うと、にやりと笑って「いいわよ。でも上手じゃあないけど辛抱してね」といっぱいソープを塗り丁寧に洗ってくれた。もうすっかりピンピンになった私のペニスをじっと握って見ながら「お元気ね。でも今からこんなになってどうするんですか?」と妻。お風呂でセックスするのもどうもなあ。今は我慢するか。今度はお前の身体を洗ってやろうか?」と言うと「いいですよ。こんなおばあちゃんになった妻の身体に触ったてしかたないでしょう?」と。私はそれには答えず黙って妻の後ろのまわり、両方のおっぱいをソープで真白にして少し揉むように洗った。妻は「ああ、人に洗ってもらうって楽でいいですね」と言うから「もっと色気のある感想を言えよ」と言うと「えっ、これ以上言葉まで卑猥なことを言うとそれこそ我慢できなくなるでしょう?」と椅子に腰をかけたまま、手を伸ばし、私のペニスを握って来た。「今日はずっと元気ね。久しぶりに、ゆっくり時間をかけて愛し合いましょうか?」と。二人とも全裸のまま布団に入り、さっそく69体位を求めた。妻は拒否することなく仰向けに寝て、程よく足を開きあそこをなめやすい格好をしてくれた。ずいぶんと久しぶりに見た秘部の陰毛は何本も白髪が混じっていた。両手で開き吸いつくように舐めた。妻はそれにこたえるかのように私のペニスを咥え、舌で舐めてくれた。その時妻は信じられない言葉を発した「あなた、気持ちいいわ。もう我慢できない。入れて・・このはちきれんばかりに大きくなった、おちんちん全部私の中に突っ込んで・・」と。結婚して今までこんな卑猥な言葉を言ったことのない私はびっくりしてしまった。きっとその場をもりあげてくれてるんだと解釈した私は「もちろん。もうお前のこの卑猥な身体を見たり触ったり、舐めているともう射精しようだよ。今夜は2回やりたいな」と言うと「好きにして、なんなら若い時のように朝までしましょうか?あなたお願いがあるの。一回目はワンワンの格好をするから後ろから突っ込んで・・・」と言うや、大きなお尻を私の方に向けてアナルが丸見えになるほど突き出して来た。今、階下から夕食が出来たと妻の声が・・・又続きは後日書きます。

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年12月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!写真リンクもあり。【告白体験談】

美樹が17歳の頃俺は付き合っていた
10ヶ月程で別れてしまったがえっちだけの関係は続いていた
ある時俺と俺の友達、直輝と美樹で遊ぶことになりカラオケやボーリングをした
あと居酒屋で飲んだ
そしてそのまま直輝の家でまた3人で飲み直すことになった
居酒屋から結構3人共飲んでいたのにもかかわらず家でも馬鹿のように飲んでいた
そのうち俺はなんかムラムラしてきてしまい美樹にちょっかい出し始めた
最初はふざけ半分で胸を触ったりしていたのだが美樹も酔っていたためか段々感
じはじめてしまった
「直輝君いるからやめてよー」
なんて美樹は言っていたが酔っぱらってる俺は聞きもせず触っていた
俺はそのまま美樹にキスをしながら身体を触っていた
そしてキスをしながら直輝に「こいよっ」風なジェスチャーをした
酔っぱらっていた直輝も少しにやっとしていいの?みたいに口を動かすと美樹を
はさんで俺の反対側にきた

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年11月25日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】待てば恋路のヒヨリちゃん【告白体験談】

※誰かこれ、萌えコピ(萌えた体験談コピペ保管庫)にコピペして!オネガイ。
 
あらすじ。
新人女子社員の本音を偶然聞いてしまい、印象は「カワイイ!」から「ムカつく!」へ。
しかしそこには・・
そして女はパンツを脱いだ。一体ナニがあったのか?
今嫁かどうかは内緒だ。そういうオチは飽きられてるから!
※前半はあまりエロくないです。
 
 
 
当時俺28歳のある日。
会社のウラ側の窓から、女の声が聞こえてきたんだ。
いつも閉まってるけど、夏だからかな、ブラインドも窓も開いてた。
昼休み、俺はウラ手に広がる田んぼ見ながら、タバコぷかぷかしてた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年11月23日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】Rちゃん2 生チンでズボズボされながら彼氏とラブメッセ【告白体験談】

グチュグチュのアソコに、20歳以上年上の
さえないオヤジのチンポを入れられながら
彼氏とメッセンジャーでラブラブのやり取りをしてるRちゃんw
この状況、いやらしいぜぇ
是非体験してもらいたい!!
いい年したおっさんの俺も興奮しまくりだw
オヤジのカチカチチンポで
あそこをヒクヒクさせて感じながら
やっとの思いで 「わーぃ^^まってたのぉ」 とか返してるRちゃんw
耳元で 
「待ってたのはなんでかな?
このおちんちん欲しかったからでしょ?」
と返事を打てるように止めてたチンポを
動かしてズボズボ出し入れしてやる!
「ぅ・・・ぁ ぁ だめぇ」 とびくんとハネるように

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】Rちゃん1 彼氏とのデート前に45歳とエロデート【告白体験談】

☆俺45歳のすけべな甲斐性無しの冴えない独身オヤジです
■2010-01-06 22:30:32
今日、家族旅行から帰ってきたRちゃん(20代OL)から
先ほどメールが入りました。
彼氏とのデートは明日の彼氏の仕事が
終わってからということなので
明日は彼氏との待ち合わせ場所すぐそばの
ラブホで、朝から彼とのデート直前まで
好き放題にRちゃんにハメまくります( ´艸`)
さて明日はどんなふうに
いやらしくRちゃんを責めてやろうかな
わくわくと悪だくみ現在進行中ですw
■2010-01-07 09:48:46
待ち合わせのネットカフェに
先に到着してRちゃんに席番号メールして

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】淫乱な奥さん会【告白体験談】

ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。
うちの妻が招待したそうだ。
たまには、女性だけで気晴らしだという事で、私は遠慮してパチンコに出掛けた。
2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。
帰り道、ケーキ屋さんがあったので、その金でお土産を買って帰った。
自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。
もともと私の友人の妻として接する事も多く、私は気兼ねなく部屋に入っていった。
すると、うちの妻がいないので
「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。
「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが
「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」
と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。
さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。
「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など
まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年11月19日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】パート先の上司と【告白体験談】

38歳のばつ一女性です。25歳で結婚しましたが8か月で夫が浮気をして離婚。その後29歳で再婚しましたが、やはり夫が彼女を作り帰ってこなくなりました。これには私が子供が出来ない身体であることも夫婦の溝を作ったのも事実です。実家に帰ることも出来ず、1ルームマンションを借りて一人暮らしをしています。そんな時、パートに行っている先の直接の上司であり、単身赴任をしているKさんはいつも優しくて、私の知っている男性にはない素敵な人です。次第に口を聞くことも増え、一度彼の借りているマンションの掃除と食事を作ってあげましょうということになり、休みの前日仕事が終わって、買い物をしてその足で彼のマンションに行き、夕食の準備をしながら掃除をしてあげました。何品かお料理を作り、一緒にいただきました。彼はお酒が好きで毎晩一人ゆっくりとくつろぎながら飲んでいるとのこと。私にもお酒を勧められ、久しぶりにお酒を口にしました。一人暮らしの不便さや、寂しさなど仕事をしている彼から想像つかないことをいろいろ聞きました。しぜんと口が軽くなり、私の2度も離婚話もしました。一息ついたころ、お風呂に入ってくると言ってバスに行きました。食べ終わったものを台所でかたずけ、居間に戻ると彼は全裸のまま立っていました。
突然私を抱きしめ「好きだったんだ。私には妻子がいるから一緒になることは出来ないけど、これからずっと付き合ってほしい」と言っていきなりキスをして来ました。そのあと私を仰向けに寝かせて、顔の前に彼のおおきなものを突き出して来ました。そっと手で握るとピクピク動いていました。
もう離婚して何年間もセックスしたことはありませんでした。彼は私の口にペニスを持って来ました。眼を閉じてそれを口に含みました。彼は腰を前後に動かしました。少しすると「あっ、出る・・・」というや何度も口の奥に射精しました。終わると「シャワーを浴びて来たら・・」と。身体を洗っている間、これから起こることに対していいのだろうか、と未だ見ぬ彼の妻子のことが頭をよぎりました。バスから出てくると彼は私をベットに誘い、私を全裸にさせて69の体位で私の恥ずかしいことろに顔をうずめ、私の顔の前には彼のすでに大きく回復した赤黒いペニスがありました。お互い舐めたり吸ったりした後、バックでしたいと言って私をよつんばにさせて後ろから挿入して来ました。以来週に一度彼のマンションに行き、泊って帰ります、その晩はいつもお互い全裸で愛し合っています。彼はすごくやきもち焼きで私が仕事をしているとき男性と話をしているのを見たらそのことをしつこく聞いて来ます、彼からもうなんまいもパンテイーをプレゼントされ、それを穿いてほしいと言われ、その下着は彼のマンションにおいています。先日泊まりに行った時、一緒にお風呂に入ろうと言われ、それに従ったら、彼から「、浮気をするとは思っていないけど、やきもち焼きの私の心を安心させるために、陰毛を剃らせてくれ」と哀願されました。彼は入念にいっぱいソープを塗ってT字剃刀で剃りあげました。終わるともうツルツルで卑猥というより子供ぽくてへんな感じです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年11月17日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】彼女の本性【告白体験談】

付き合って3年の彼女、私と同じ専門学校の同級生でした。彼女には、当時他に彼氏がいたのを知った上で、一緒に飲みに行ったりドライブしたりと仲良くなり、結果私が彼女を奪った形になりました。それから卒業して月日が経つと、彼女にいささか飽きがきていました。そんなある日、昔からの友人Aと2人で飲みながらふと「俺の彼女とセックスしてみないか?」とAに言うと、最初は冗談と思い笑っていましたが、本気と分かり、「別にいいけど」と計画開始。Aも彼女とは顔見知りなので、私の家に2人を呼び出し、私が急用でいなくなりAと彼女を2人きりにさせて、Aが上手く口説き、その時に彼女が拒否したら止めるというルールを作って週末に実行しました。私の両親が親戚の結婚式で遠方に泊まりがけで家を空けるから絶好のチャンスです。夕方に彼女が家に来て、軽く食事しながらお酒も、その1時間後に偶然Aが来た風に。3人でワイワイしてましたが携帯が鳴ります(アラームをセット)従兄弟が事故で病院に運ばれたから出てくる(当然嘘)と家を出ますが、すぐ勝手口から戻りました。リビングで会話してる2人を尻目に2階の私の部屋のクローゼットに隠れる。タイミングを計り、私の部屋に移動するAと彼女。クローゼットからは2人がルーバーの間から丸見え。彼女の手に肩にさり気なく触れる手慣れたAは何やら彼女の耳元で囁く。内心私は彼女は拒否するはずだと勝手な思い込みあり、心臓の音が聞こえるんじゃないかと心配するくらい興奮状態でした。「あ…」と彼女。Aが耳たぶを甘噛みしていた。そのまま右手が彼女のCカップの胸を揉みだす。「やめ…て」裏腹に無抵抗な彼女に嫉妬とも欲情とも分からぬ極度の興奮で自分のチ●ポは痛いくらい硬くなり先からは我慢汁が大量に。濃厚なキスをされながらAは遠慮なくスカートの中へ手を滑らせ、パンツの脇から指を入れた。しばらくしてAはキトキトに愛液滴る中指をクローゼットの方に見せてくれた。彼女は「絶対に彼には言わないでね」と念を押して、Aのファスナーを自分から下げ、そそり立つチ●ポに細く白い指が3本からまる。赤黒いチ●ポと白い指のコントラストがひどく淫靡だった。いつも私にするようにゆっくりと指を上下させて、チ●ポの先から出る我慢汁を確認すると指を根元側に下げ、チ●ポの皮が張った状態にして彼女は左手の細い人差し指で我慢汁を円を描きながら伸ばし、ピンと張った裏スジに絡めて刺激する。Aはそれが凄くいいらしく喘ぎ声が漏れた。「しゃぶろうか?」やけに積極的な彼女に怒りを覚えたが私のチ●ポはギンギンで情けない。いつもはスッポリくわえて上下させるフェラも、Aが相手なら、やらしく尖らせた舌先を出してチ●ポの根元からチロチロと尿道までを何往復も、カリの周りも丹念に舐めながら、左手は同時に袋を器用に揉みほぐしている。先程からイニシアチブをとられたAが「ズッポリくわえて」と促すと、瞬く間にチ●ポを飲む込み口内では舌が絡んでいるのか、Aが「ああ…そう、上手」と本気喘ぎを。私に見られてるという背徳の快楽も併せて、彼も興奮のるつぼなんだろう。と思いながら私も無意識にしごいていました。Aはたまらず彼女をテーブルに押し倒し、スカートをめくりパンツをズラして濡れ過ぎたアソコを私に見えるようにして、挿入が分かるようにゆっくりと入れました。彼女の遠慮ない「ああ…すごい、すごいイイ」という喘ぎ声が室内に響き渡った。Aはゆっくり腰を使い、出し入れの感触を楽しむようにつかんだ細い彼女の腰を眺めていた。私は射精寸前で何度もこらえ、何故かAと同時にイキたいと考えました。しばらくしてAも限界が来て、徐々に動きが早くなり「アァ!!」と射精の瞬間に抜き、上手く外出し成功。大量の精液が彼女の尻を汚し、最後の射出は彼女の肩まで飛んでいた。私もほぼ同時に腰が抜けるかと思う程の射精を左手の中にして溢れていました。しばらく頭が真っ白でしたが、この3人の関係はもうやめれないなと覚悟を決めた夜でした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年11月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!(その2)写真リンクもあり。【告白体験談】

そんな美樹と直輝を見ながら俺は手マンをやめて入れることにした先っぽを美樹のあそこに当てるとぬるぬるとした感触が伝わる俺はゆっくりと挿入した
「はぁん!ああっ!」
美樹は声をあげたゆっくりとでも奥までじゅっぽりと動かす直輝のモノを奥までくわえさせられながらこもった声で俺の動きに合わせて喘ぐ
「んふぅ!ふぐっ…んんっ!」
時々アイコンタクトとジェスチャーで直輝とやりとりをする美樹をバックの体制に変えて俺が後ろから突く直輝は美樹の前に座るとやはりAVのように(笑)舐めさせていた
「んんっ!ひっちゃう!んー」

美樹はあっという間にイってしまった 俺ばかりでは悪いななんて思いながら直輝に向かって親指と人差し指を立てくるっと回転させた交換しようぜ!の合図が伝わり俺は直輝と変わった俺は酔っぱらってるのもありとりあえず休憩がてら見てることにし煙草に火をつけたふと見ると直輝は美樹を正常位に戻してもう腰を振っていた
「あんっ…いいっ…あっ…気持ちいい…」

酔ってる美樹はもうよくわかってないのかと思うぐらい感じて大きな声で喘いでいた…

2人に犯され美樹は狂ったかのようにイき、そして喘いでいた
「ああぁぁぁ!いい!もっとぉ…気持ちいいのぉ…」
「どこが気持ちいいんだ?」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年11月9日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ