【寝取られ】優貴 【告白体験談】

844紙一重sageNew!03/06/2416:49ID:s9Xtn+LN
盛岡の一件がおわり、あの件からは1年近くが過ぎ様としていた。相変わらず盛岡へは月に
一度の出張は続けていたが、そんな折こんなおいらにも好きな人が出来た。盛岡の一件で
ある程度自分の変態性に目覚めてしまったおいらだが、戻そうと努力はしていた。しかし
一度目覚めたものを再び鎮めるのは至難の技であり、好きな人が出来ても再び寝取られる
のではないか?との不安は絶えず頭の中に渦巻いていた。そしてそれがある種の快感を
もたらす事が自分の物にもそして頭にも刻まれてしまっていた。再び目の前で寝取られ
た時、何が残り、何を失うのか、今でもおいらには解らない。

845紙一重sageNew!03/06/2416:50ID:s9Xtn+LN
その当時おいらはある学校に二日置き位通っていた。仕事が終るとその学校へ行き、
勉強という名のお喋りをする訳なのだが、そこには一緒に通っている優貴という名の
同い年の女の子がいた。優貴とはこの学校に来る前までには全く面識が無くいつも

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年2月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】新婚夫婦が引っ越してきた【告白体験談】

まだ厨房の頃の話。
同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。年は大体20代後半といったところで、
子供はまだなし。厨房になりたてのおれは激しく女を意識し始めた頃で、
当時はやったダンクとかボムとかの雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日を
おくっていた頃・・・(年がばれるなぁ・・・)
その人妻は今で言うと酒井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。
いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで
会い挨拶するだけで、興奮しておかずにしていた。

あるとき学校帰りのエレベーターでその人妻と偶然会った。
人妻はベージュのコートにブーツを履いていた。ショートカットによく似合って
いる。帰ったらおかずだな・・・
『こんにちは』
『あら、こんにちは。今日部活は?』

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年2月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
131 / 131« 先頭...102030...127128129130131

このページの先頭へ