【寝取られ】堕とされた母【告白体験談】

堕とされた母
−1−
「……まあ、越野くんは、日頃の生活態度も真面目ですし」
初老の担任教師が、慎重に言葉を選びながら続ける。
「そんなことをするような子じゃないってことは、私もわかっておるんですが。ただ…」
応接セットの低いテーブルに視線を向ける。
そこには、一箱の煙草と使い捨てのライターが置かれている。
「裕樹くんが、これを所持していたことも事実でして…」
「………はい」対面のソファに腰かけた佐知子は、固い表情のまま小さく頷いた。
卓上の“証拠品”を一瞥してから、隣に座った裕樹へと顔を向ける。
「裕樹。どうして、こんなものを持っていたの?」
「………」
「裕樹!」
項垂れたまま、なにも答えず、顔を向けようともしない息子の姿に思わず声が高くなった。
まあまあ、と教師にとりなされて、なんとか気を落ち着ける。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】輪姦ー21歳【告白体験談】

 あれは私が21歳の夏。梅雨が明けたばかりの、うだるように蒸し暑い夜だった。
 バイト先からの帰り道。その日はちょっと残業になって12時を回っていた。とはいえ家までは徒歩で15分ほどだし、ずっと大通りでコンビニも並んでいるので、それまでも終バスを逃した日は歩いて帰っていた。もちろん夜中に女が一人で歩いていたら、車から声をかけられることもあったけど、無視していればすぐに走り去ってしまうので、わずらわしさはあっても、怖いと感じることはなかった。
 だからその夜、「どこまで行くの?」と声をかけられたときも、またかと思っただけで、車のほうを振り返りもせずに歩き続けた。なのにその車は走り去るどころか、行く手を塞ぐように歩道に乗り上げてきた。私はビックリしてその時初めて車に目をやった。茶髪やら刈り上げの、いかにも軽そうな男達が3人、車の中から私を見ている。
 「遠慮しなくていいんだぜ。送ってやるから乗ってけよ」
 その強引さと3人の雰囲気に恐怖と嫌悪感を覚えた私は、車道に出て車の後ろを回り込み、行く手のコンビニ目指して一目散に駆け出した。後ろを振り返る勇気はなかった。店内に飛び込んで陳列ケースの陰に身を潜めた。こんなことがなければ、とうに家に着いていたのにと思うと腹が立ってくる。
 10分以上もそうしていて、もう大丈夫だろうと店の外に出た私は、行く手にさっきの車が止まっているのを見て、立ちすくんでしまった。
 後から思えば、この時コンビニの店員に事情を話して警察を呼んでもらえばよかったのだ。でもその時はあまりに大げさすぎるような気がし、といってもう一度車の横を通る勇気はなく、仕方なく私は数百メートルの距離だけどタクシーに乗って帰ることにして道路際に立った。その時そんな私の前に、タクシーではなく普通の乗用車が止まった。私は一瞬身構えた。
 「すみません、○○駅にはどう行ったらいいんでしょう?」
 緊張が一気に緩んだ。道を教えた後、その人は「行き先が同じなら送りましょうか」と聞いてきた。
 「でも・・・」
 「女性の一人歩きは危ないですよ。助手席が恥ずかしければ後ろにどうぞ。タクシーだと思って」
 さっきの3人と違って、きちんと背広を着込んだまじめそうな人だった。地獄に仏とはこのことかという思いで、私は後部座席のドアを開けた。
 車は走り出し、3人の乗った車の横を何事もなく走り過ぎた。
 助かった・・・そう思った途端、全身から力が抜けた。
 歩きと違って、車は早い。あっという間に家の前まできた。私は慌てて、「ありがとうございました、ここでいいです」と言った。けれど車は止まってくれない。聞こえなかったのかと思い、私はもう一度声を張り上げた。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【不倫・浮気】彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとH【告白体験談】

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。

身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。
顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。
里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。
結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。
僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」
「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」
「えっ、どうやって?」

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に【告白体験談】

今から7年程前の話になります。
妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。
築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。
お隣には、1人で住んでいる50代男性。まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。
ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。
決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。
外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。
普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。
夜と言う事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。私は車を奥の目だたない場所に停め妻にキスをしました。
「ここでいい?」
「うん!静かな所ね。誰も来ないよね」
「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」
助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。
「あ~優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」
「もう濡れてるんじゃない?」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ】調教4(完結)【告白体験談】

前編:調教3

俺は、すぐには帰らず、薬局へ行き
包帯×6
メンソレータム×1
テープ×2
洗濯ばさみ

次に、大人の玩具屋へ行き
ピンクローター×2
バイブ×2
アナルバイブ×1
ローション×2
を買う

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【人妻】元トラック運転手妻の過去【告白体験談】

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ〜ん、あなたぁ〜ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ〜ん」だととか「もう、だめ〜」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
「は、はい」
「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ〜。私たちのチ〇ポに」
思いもかけない単語が耳に入ってきた。
とても信じられませんでした。
「はぁ?」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】彼女に浮気されてトラウマが性癖に変わるまでの話【告白体験談】

当時のスペック
俺 大学生
  21歳
  178cm 63kg
  高島彩と結婚したゆずの人にそっくり らしい
彼女 大学生
   21歳
   150後半 体重知らん
   細身 わりと美人
当時俺と彼女は別々のアパートで一人暮らしをしてた。
俺は普通のアパート。彼女は大学の近くにある学生専用アパートに住んでた。
お約束通り、というか俺は大学の近くにある彼女のアパートの利便性により毎日のように入り浸り、
半同棲のような状態になっていた。
彼女は決してヤリ万ではないし、人前で下ネタを言うような下品な女ではなかったが、
顔の良さと明るい性格で男女問わず友人が多かった。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/22【告白体験談】

2008年8月22日(金)
こんにちは細川幹夫です。
今日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂こうと思います。
なぜこんな事になったのか、先に説明させて頂きます。
僕が勤務している会社は東京の千代田区に有る、オフィスビルの中に入っていて、3フロアーを借りて、社員数が200人未満の会社です。
その会社の常務が、塾長の刈太志さんです。
社員旅行の時に、部長が僕の過去の性癖を暴露してしまい、それから、個人的に刈太志さんから話し掛けられる様になって、今では二人で飲みに行くほどのお付き合いをさせて頂いています。
まわりの皆からは「お前と常務って何なの?おかしくない?お前が仕事出来る奴なら分かるけどさー」と言われます。
僕も同感ですけど、理由は分かっています・・・
すでに僕の彼女と常務はセックスをしていて、僕も知っていますし、3人でする事も有り、その時は僕を拘束して、目の前で彼女を犯されるのです。
僕は興奮して、手を使わないでイク事もタマに有るぐらいです。
そんな関係なので、仕事とは関係なく仲良くさせて頂いて、本当に楽しい毎日が送れています。
でも、つい2ヶ月程前、同じフロアーに、ある男がブースを作って、間借する事になったんです。
その男は、専務の親戚で「経営コンサルタント事務所」を開業する為に、会社を辞めて独立したそうです。
僕は会社では下っ端で、うまく仕事が出来ないので、上司から「専務のご親戚の面倒を見てくれよ」と言われていました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった【告白体験談】

1:名無しさん@ピンキー[sage]:2012/08/11(土) 03:20:45.41 ID:i
スペックから行きます。1は175cm
64kg
今年19歳
この前まで大学休学ニートで最近休学フリーターに昇格した
顔面はルーキーズとかに出てた中尾明慶に似てるって言われる友達の彼女は152cmぐらい?
誰に似てるかわかんないけどそこそこ可愛くて、
デブじゃないけどムッチリしてて推定Fカップの巨乳お互いの関係は高2の時同じクラスだったけど、
特に関わり無かった同級生で俺の友達と付き合ってた 寝取った娘をMとします
同じクラスだった時は関わり無かったけど、
高3の春から俺の友達Aと付き合い出して、
挨拶ぐらいはするような仲になってた。その頃の俺は家に引きこもりがちになり、
昼夜逆転して不登校になりかけてた。んで結局冬ごろには単位足りなくなって通信制行って、
なんとかダブらずに高校卒業してAOで地元の馬鹿大学に進学した。大学まで電車で片道2時間ぐらいで、
乗り物酔いする俺にとっては最悪の通学だった。大学デビュー狙ってたけど、

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/22【告白体験談】

2008年8月22日(金)

こんにちは細川幹夫です。
今日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂こうと思います。

なぜこんな事になったのか、先に説明させて頂きます。
僕が勤務している会社は東京の千代田区に有る、オフィスビルの中に入っていて、3フロアーを借りて、社員数が200人未満の会社です。
その会社の常務が、塾長の刈太志さんです。

社員旅行の時に、部長が僕の過去の性癖を暴露してしまい、それから、個人的に刈太志さんから話し掛けられる様になって、今では二人で飲みに行くほどのお付き合いをさせて頂いています。
まわりの皆からは「お前と常務って何なの?おかしくない?お前が仕事出来る奴なら分かるけどさー」と言われます。
僕も同感ですけど、理由は分かっています・・・

すでに僕の彼女と常務はセックスをしていて、僕も知っていますし、3人でする事も有り、その時は僕を拘束して、目の前で彼女を犯されるのです。
僕は興奮して、手を使わないでイク事もタマに有るぐらいです。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ