【人妻】調教人妻【告白体験談】

Kについてカキコします。
Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。
結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。
どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。
そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。
メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。
ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。
私がKに会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね)
道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。
次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。Kははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。
もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。
次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。
Kの場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】調教人妻【告白体験談】

Kについてカキコします。
Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。
結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。
どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。
そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。
メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。
ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。
私がKに会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね)
道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。
次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。Kははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。
もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。
次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。
Kの場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】調教人妻【告白体験談】

Kについてカキコします。
Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。
結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。
どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。
そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。
メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。
ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。
私がKに会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね)
道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。
次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。Kははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。
もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。
次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。
Kの場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】かわいい娘婿。 2【告白体験談】

あの衝撃の夜から、一樹さんが夕食を取りにくるのを心待ちにしていました。残業が長引き、外食しますという連絡があった日などは落ち込んだものです。
その気持ちを主人には悟られないよう気をつけていました。
ある平日の夜、3日振りに夕食を取りに来た一樹さん。衝撃の夜から10日ほど経っています。私はうれしさがこみ上げてきますが、その一方で彼に抱いてもらえないジレンマにも陥ります。
その日、夕食を食べようとしたころ、主人が浴室に行きました。主人の入浴時間は、だいたい20分ほどです。
主人は一樹さんに「たくさん食べて行けよ」と言い残し入浴します。ビールを注ぐ私の目を見て一樹さんは感じてくれたようです。
抱きすくめて激しいキスをする一樹さん。待っていました。これを待っていたのです。私は主人が同じ屋根の下に居ることも忘れて彼の背中にしがみつき、彼の舌を強く吸います。
声が出せないもどかしさ、主人がいることの背徳感で一気に駆け上がりそうです。私はスボンの上から触り始めます。
大きく、逞しくしてくれている。彼はベルトを外し、ジッパーを下げ、パンツも下げて、いきり立ったチンポに私の手を誘導します。時間がありません。
私はすばやくしゃがみ込んで彼のチンポに吸い付いて、舌で舐め上げ、優しくしごきます。タマタマも口に入れ、しゃぶり付く。無我夢中のフェラチオが続きます。
彼は
「出ます!出ますよ!」
と小さな声で囁きます。私はうなづいて、さらに激しく舌を、唇を、手を総動員です。彼の足がピンと突っ張ったかと思うと私の口に大量の精液をほとばしらせました。
すべてを飲み込むことができず床の上にポタポタとこぼれます。私は頭が痺れ、あそこがヌルヌルになっているのがわかります。
飲み込めず口の中の精液をシンクに吐き出します。キッチンペーパーで彼のチンポをきれいにして、床に落ちた精液を必死で拭き取ります。
彼も大慌てでパンツを上げズボンを元に戻します。浴室の方で音がします。私は準備していたフライパンをコンロかけて火をつけます。冷蔵庫からステーキを出して手早く塩・胡椒してヘッドをフライパンに落とします。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】部長のオナニー 【告白体験談】

「息子夫婦と温泉に行くはずが、息子の出張で急にキャンセルになったんだが、どうだ奥さんと一緒に行かないか?もちろんわしは邪魔する気はないから気ままに一人旅を楽しむからさ」

そう言って部長は二泊三日の温泉旅行をプレゼントしてくれました。
妻と二人で旅行するのは新婚旅行以来八年ぶりでした。
結婚して八年も経てば、夜の生活もひと月に一度あるかないかで
結婚当時は妻の身体を思い出しただけで勃起していた
ナイスバディーも自分のものになっていつでも抱けると思うと
壁にかかった絵のようなもの

二人は結構新鮮な気分で温泉に行きました。
途中道に迷ったために到着したのは夕方でした。
着いたらまずはお風呂。
二人は浴衣に着替えるとすぐに露天風呂に向かいました。
かなり広い露天風呂でした。
私はゆっくりと景色を楽しみながら風呂の中をうろうろしました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】5年後に【告白体験談】

秋絵さんと最初に交わったのは、彼女が22歳で、僕は29歳で営業部の係長をしていました。
その夜の事は今でも鮮明に覚えています。
秋絵は22歳で、身長は155㎝位、でも小顔で、B88、W57、H88のグラマラスな体型で、全裸になると赤い沼は、細く薄いヘアの列に挟まれて、きらめくように光っていました。
繊細な襞の折り重なった中心に、透明な蜜が溢れていました。
僕は秋絵の豊かな乳房を揉み立てていた手を、股間に差し向けて、左右の手で亀裂を限界まで押し広げました。
あの時、大きなベッドの鏡の前で、赤い噴火口のような割れ目を見せてやりました。奥はつやつやと光ったサーモンピンクの肉片が複雑に重なり合って見えます。
「係長は私が結婚しても時々は逢ってくれますか」と突然聞きます。
まだ性交を始めてもいないのに、そんな事を聞かれます。
僕の陰茎はそのときには松こぶしのように、にょっきりと逞しく姿を現しています。
それは赤銅色に艶光って、茎根は脈打ち熱い血を滾らせていました。
「結婚って?秋絵は結婚するの?」「22歳で早いと思うのですが、高校時代からの同級生で大学時代に結ばれて、本当は婚約しているのです、本当は今年の秋か、来春には結婚を考えているのです」
「えっ、それじゃこんな事してちゃ不味いんじゃないの」と聞くと、全裸の秋絵は「私は彼以外には今まで誰ともSEXをしたことがないのです。私が最初に営業部に配属されたときに、この人なら一度は抱かれてみたいと思ったのです」
秋絵のふたつの足首を掴み、自分の肩に担ぎあげます。
ほこらを作っているぬかるみの入り口に、勃って脈打つ上反りの陰茎を、蕩けた割れ目をこじ開け、みりっと重圧をかけます。はかなく身をよじる秋絵にとどめをさすように、奔馬のように押し込みました。
「丸太ん棒が入ったみたいだわ〜」掠れ切った声で言い、両手で僕の背中の筋肉を強く掴みました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】言いなり(第二部) 【告白体験談】

前編:言いなり(第一部)

96:コピペ:2005/12/08(木)22:18:21ID:SaeFjH9a

前回書いた旅行の後も、部長と妻の関係は変わらず、いや、深くなっています。
その旅行で、私の想像以上に開発されたみたいです。
段々私が、男に見えなくなってしまったようです。
セックスもしてみましたが、妻の目は、以前には無かった軽蔑する目付き...
今では、全くしなくなりました。
もう私では、全然感じないのです。ですので、私も勃起せず包茎のまま。
部長は、普段でも12〜13センチも有るんです。
それを見なれた妻の目に、私の3〜4センチの物は、小学生並みに情けない物でしょう。

3月にした最後のセックスの時のこと。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】半年のレス 【告白体験談】

529:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金)14:20:19
半年のレスに耐え切れず一昨日嫁を襲っちゃいました。
それ以来嫁は口を聞いてくれず泣いてばかりいます。
何とか修復したいんですがマジレススレで相談してましたが
レイプだとか言われて混乱しています。
レス以外は嫁に怪しい所はないと思います、携帯や手帳にもそれらしき物はないです。

532:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金)14:23:08
半年のレスの理由を嫁はなんていってる?
襲う前に話し合ったのか。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年6月4日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】近所の可愛い人妻【告白体験談】

近くに新しく家が建ち、20代前半の奥さんと旦那30過ぎくらいの人がきました、
夜遅く、たまに喧嘩らしい声が聞こえていました。
僕とは、朝、夕方と顔をあわせては挨拶もします。
日曜日に映画を見ようと行ったとき、その駐車場でばったり、奥さん(小西真奈美似)と会って、映画を取りやめて一緒に買い物付き合いました。
びっくりしたのは、下着売り場で、目のやり場に困るくらいなショーツなど私に見せて、男の人が欲情するのを聞いてきました。
全てが透けてる下着でセクシーな物ばかりでした。
数点、買ってから、奥さんは、身に着けた時の感想聞かせてって僕を誘い、ホテルに行ったのです。
ホテルで着替えては、下着ショーを見ていると勃起したら、奥さん、僕の股間に手を持ってきて、触り初めてきました。
ヘヤーも乳首も透けて見える下着で迫られて僕は、奥さんの乳房を握ると、あ!あ〜〜と声を出し、俺に抱きつきキスをしてきたので、ベットに押し倒し激しく抱きしめて、脱がしながら愛撫をしてやった。
あそこは洪水のように濡れていて、指でかき回してると、体を弓なりになり、激しく悶え 声を高らかに上げて興奮してた。
奥さんから入れて 来て〜っとせがまれ、入れると、さらに大声であああああ^^ いいい〜〜 いいわ〜〜
気持ちいい〜〜〜  腰を俺のピストンに合わせては振ってきた。
奥さんは興奮してて、俺のペニスを挟むように締め付けてきて、いく〜〜いく〜〜
中だしはまずいと思っていく寸前で抜こうとしたら、締め付けがきつく抜けずに、中だししてしまい、2人とも抱きついて逝ってしまった。
その後、休憩しては3回も中だししてしまった。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年6月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ】うなぎ責め 【告白体験談】

 ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。C君はK大
のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。私はつい最近、
C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。浮
気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って、私は彼のセックスの虜だった
のです。
 C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。
彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。彼はその器具を、ローター
と呼んでいました。逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感
にのたうち回る私の最も敏感な部分にローターを当てがうのです。初めて彼に
抱かれたとき、私はそれまでに味わったことのない快感に打ちのめされ、痙攣
しながら絶頂を迎えました。そして何度も抱かれるうちに、ローターの刺激だ
けで連続してイケるようになり、今では、その小さな低い振動音を聞いただけ
で、心臓が跳ね、脚が緩んでしまうようになりました。
 カラオケBOXで合コンをやっているが、女の子が足りないから来てくれ、
とC君は電話で言っていました。アメフト部の先輩も来ているので、俺の顔を

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談
30 / 32« 先頭...1020...2829303132

このページの先頭へ