【寝取られ】SM体験談 【告白体験談】

ちょっと前、男ばかりで西半球某所のビーチに行ったんだ。ホモじゃねえぞ。
「穴場狙い」でバカンス期を外して、有名な保養地からも離れた場所にした。
確かに安く上がったが、寂しいくらいの人の少なさだったな。

告白体験談関連タグ



2015年5月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】スワッピング体験談 実はエッチ大好きだった彼女のユイは先輩の巨根に何度もイカされまくる 【告白体験談】

以前起こった衝撃的な出来事を書きます。
まずは人物紹介から。

俺(ユウキ) 24歳会社員。高身長だけどフツメン、モテない。

彼女(ユイ) 24歳で僕と同い年。清楚でロリっぽくて可愛い顔してます。学生時代に付き合い始めて3年目。
別の会社で働いています。身長は160センチないぐらい。すごく色白で、胸はDカップ。
正直、俺には不釣り合いなぐらい可愛い。

先輩(アツシ) 27歳、会社の先輩。幼い頃からサッカーしてたそうで細マッチョ。
同い年の奥さんとは付き合い始めて2年目。さわやかイケメンで昔からモテたそう。

先輩の彼女(マユミ) 27歳で同じ会社。筧美和子に似てる。もともと先輩とは同期で、部署は違いますが僕もよく知ってます。
背が高くて(167センチって言ってた)スタイル良い。Fカップの巨乳の持ち主。
イケメンの先輩と相応な綺麗な人。優しくてノリが良い。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス(続) 【告白体験談】

前回↓

翌日、南国の空は見事に晴れ渡っていた。

まさに海水浴日和。

「ねぇ直樹、本当に大丈夫なの?」

「大丈夫大丈夫!もう熱も下がったし、太陽の光浴びてさ、海で遊んでれば風邪の事なんか忘れちゃうよ。」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】全裸ゴーグル 【告白体験談】

高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日で泊まることになった。

水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部。

顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、自動車で隣町に買い物にでかけて就寝時間まで帰ってこなかった。

海が近くにあるのに昼間は練習で泳げない。このままだと一度も海に入らずにおわってしまう。そこで3人で相談して2日目に食事が終わって、顧問がいなくなった後、合宿所を抜け出した。みんなお尻を半分以上さらけだしているSpeedoの競泳水着にTシャツを羽織って、自転車で海へ向かった。男子にばれないように持ってきたのは、握りしめたスイミングタオルとゴーグルだけだ。

彩香と千夏と私の3人は前の日に目をつけていた誰もいない浜へ着くと、Tシャツを脱いで海に入って泳いだ。

プールと違って今なら男子の目を気にすることもない、競泳水着がお尻に食い込んだっておかまいなしに泳ぐのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。

競泳水着を遊びで着るのはこれが始めてだった。

彩香は突然水着を脱ぎ始め、腰あたりまで脱いで上半身胸をさらけだした。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月1日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択5 【告白体験談】

嫁のみな実と、私の親友の章雄との歪んだ代理子作りは、どんどんエスカレートして、章雄の家に2週間もみな実が同居するところまで行ってしまいました。
でも、結局また授かれず、私は絶望で目の前が暗くなりました。それなのに、みな実はそれほど落ち込んでいない様子で、
『残念だねw でも、もう時間の問題だよ!』
と、妙にポジティブでした。

みな実は、章雄との代理子作りにはまり込んでいますし、セックスは章雄との方が100倍好きだとさえ言いました。
みな実が授かれなかったのに明るいのは、単に章雄とのセックスがまた出来るからだと思ってしまいます。

そして、この後も色々と試してみたのですが、結局授かれませんでした。

その後、色々な意味でエスカレートした私たちは、今ハワイにいます。冬休みを利用して、6日間の日程で訪れていて、今日は3日目です。
ハワイは雨期と言っても、泳げるくらい暖かい気候ですし、観光客もトップシーズンと比べて多少少ないかも知れませんが、とても多いという印象です。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【怖い】寺生まれのT※幸運のスピンオフ【告白体験談】

<>209:1/4:2007/09/17(月)09:13:37ID:s9SudBk20<>
俺にもやっと彼女が出来た
彼女は色白で背も低く病弱で、学校でもよく虐められていたそうだ
俺はそんな彼女の事を守ってあげたいと思い、告白し、付き合うことになった
付き合いだしてから1ヶ月後、彼女が初めて家に止まりに来た。
だが童貞で奥手な俺は彼女にキスすることすら出来ず、酒を飲むとそのままソファーで眠ってしまった
夜中に妙な音がしたので目が覚めた、誰かがブツブツ何か言ってる・・・
俺は彼女が電話しているのかと隣の部屋を覗き込んだ、するとそこには
恐ろしい顔をした彼女が「おうち、おうち、あたらしいおうち」と呟きながら自分の髪の毛を壁とタンスの隙間や
戸棚の下に押し込んでいる姿だった。
俺はあまりの恐怖に言葉を出すことも出来ずそのまま朝を迎えた。

何事も無かったかの様に眠る彼女・・・俺はどうしていいのか分からず
寺生まれで霊感の強い先輩のTさんに電話をし、ワケを話した
黙って俺の話を聞いたTさんは「よし、待ってろ、すぐ行く」と言ってくれた

告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。【告白体験談】

【重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。】2010年3月10日0:02

特定防止のため、曖昧な内容になることはご容赦ください。

30代半ばのサラリーマンです。
妻は30歳前後、結婚数年目、子供はいません。

最近、体の不調を感じ検査したところ、ある進行性の疾患に冒されていることが分かりました。
徐々に身体の機能が失われていき、発病から数年、遅くとも10年で死に至ります。
今の医学では、延命はできても、治癒は不可能です。

これが癌のように治癒の可能性があり、だめな場合は2〜3年以内で死に至る病気の場合は、妻に看取って貰いたいなという気があるのですが、私の病気の場合はそれを望んではいけないように思います。
もし、私が10年生き延びてしまったら、妻は再婚は困難になり出産はできなくなるからです。
妻はかなり美人なので今なら再婚相手には困らないでしょう。
ですので、今のうちに離婚した方が妻のためだと思います。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年5月24日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【人妻】エッチな夫婦仲間【告白体験談】

私30歳、妻27歳、結婚3年目の夫婦です。
今は、私の会社宿舎に住んでいて、家賃が安く助かっています。
妻も近くのスーパーでパートで働き、”いつかマイホーム!”を目標に頑張っています。
そんな宿舎生活も3年が過ぎ、今では近所に仲のいい夫婦2組が出来ました。(寺岡さん・石井さん)
皆20代後半の若い夫婦。私達同様マイホーム目指して貯金する仲間!
子供は、家を購入した後で・・・って思っている。
3組の夫婦は、週末一緒に過ごす事が多く、酒を飲んだり・食事をしたり、時には旅行にも・・・。
年が近い事とお互い一緒にいて不愉快な思いが無いと言うのが、長い付き合いになっていると思うが、
何より、皆エッチ好きと言う事が仲良しの秘訣に思える。
まぁ、こうなったのも酒の席(男性陣だけ)で夫婦の営みが気になった寺岡さんが、自ら暴露を始めた事にあった。
寺岡夫妻もエッチ好きで、3回/週で行っていると言う。しかも普通のSEXでは満足出来ないらしく、
道具を使ったり、時には外ですると言うのです。外は開放感があり、しかも誰かに見られるかも?と言う状況に
興奮が高まると言います。
私を始め石井さんも驚きながらも、興味津々・・・。
その日は、お互い暴露大会!お互いの奥さんがあんな事を・・・こんな事まで・・・って、想像を超えた実話に

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【泣ける】10年片思いしてたんだが【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:17:08.15ID:34+70FSKO<>
立ったら書く

<>2:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:23:30.77ID:34+70FSKO<>
出会ったのは厨房の頃
俺神聖のアホ

片思いの娘超優等生

最初は恋するとは思わんかった。

<>4:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:30:53.86ID:34+70FSKO<>
話すきっかけはとなりの席になったこと。

優等生オーラがあったが、話してみるととてもフレンドリーに接してくれたw

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【人妻】年末年始【告白体験談】

年末年始は実家に帰らず、学生時代にバイトをしていた屋内プールの支配人に頼まれごとをお願いされていた。
年末年始の休業中に一日一回、施設を見回って欲しいとのことだった。
バイト代は出ないが、プールで泳いでも構わないというから、経費を考えれば、かなり高額のバイトでもあると思った。
早速29日の午前中に部屋の大掃除を済ませてから、午後にプールに行ったが、
さすがに一人でプールにいるのは、寂しくなった。
併設されている小さなジムもやったが、それも虚しく器具のカチャカチャという音が響いて余計に寂しさを感じさせるものになった。
適当に見回って、ボイラーも最後消して施設を出て、引き受けてしまったことを少し後悔した。
誘えるような友達はみんな帰省してしまったか、仕事にはまっていて、帰省すればよかったと後悔した。
ところが、近所の子供で以前転んだところを助けたこともあって、遊んであげるような仲になった子供を
コンビニで見かけた。
母親も知っているが、家庭の事情が複雑そうで、挨拶程度しか話したことはなかった。
と言うのも、子供の父親は浮気相手の家に入り浸っており、母親は酒に溺れてしまった時期もあって、
それが嫌になった子供が突然夜に俺の部屋に泣きながら来た事があった。
子供から聞いたそういう話だから、内容はかいつまんだ感じだろうが、嘘はないと思った。
それを知ってから、母親の存在自体が俺の中で踏み込んじゃいけない領域になったような気がした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ