【寝取られ】結婚して18年目で知った妻のもう一つの貌 【告白体験談】

結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。
子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。

俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。
色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。

5年前に独立した仕事も順調で、なにも不満のない人生だと思っている。

嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。
もともと童顔と言う事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を使っているのかと思うと、そんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石けんでやっているくらいだ。
日焼けとかもそれほど気を使っていないし、もともと頑丈な皮膚なのだと思う。
それが結果的に、若々しさの源になっている感じだ。

しかし、見た目は若いが、美人というわけではない。
愛嬌がある顔というか、井上真央みたいな感じだと思う。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】人妻が喰え過ぎて笑える 【告白体験談】

今年の春でした、既婚者の出会い系サイトで美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。
最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、

しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
この様なメールが届くようになった。
僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。
毎回、彼女は、メールの最後に
「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた 【告白体験談】

結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。
子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。

俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。
色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。

5年前に独立した仕事も順調で、なにも不満のない人生だと思っている。

嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。
もともと童顔と言う事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を使っているのかと思うと、そんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石けんでやっているくらいだ。
日焼けとかもそれほど気を使っていないし、もともと頑丈な皮膚なのだと思う。
それが結果的に、若々しさの源になっている感じだ。

しかし、見た目は若いが、美人というわけではない。
愛嬌がある顔というか、井上真央みたいな感じだと思う。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】レイプ気味に襲わないと感じない子・改【告白体験談】

ネットで知り合った子の話なんだが…。人妻で、おとなしくて真面目そうな子だった。
まぁネットというかぶっちゃけSNS系で知り合った。
仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、その相談というのがシモネタというか
まぁそのHなお悩みというやつ。その子は旦那しか知らなくて、ノーマルな事しか知らなかった。
フェラすら知らず、イッタ事も無く、半分レスになりかけてたようで、俺が相談に乗ったわけなんだが…
はじめは口頭で色々「こうやってみたら?」とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、
「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」という流れに。

ほんとになんも知らんようだったんで、まずはキスからというよくわからん流れに。
そこから、どうやって最終的にそこにいきついたのかはえらく話が長くなるので中略するが、
電気消してふとん被ってでないとHできなかった子が、レイプ気味(あくまで、気味、な)に
襲わないと感じない子になってしまった。どうもそういう願望があったみたい。
最終的には、会ったらすぐ即尺、緊縛、目隠し、さるぐつわ、生中だし、アナル調教までいった。
ホテルに入ると、まず浣腸してキレイにするのが儀式みたいになった。
自分で事前にキレイにしてくるか?とも言ったが、自分でするより俺にされる方が好きなようで、毎回恥辱プレイ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】ココロとカラダ【告白体験談】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】たいしたことない話だけど【告白体験談】

大学の同級生だった彼女が、卒業して半年くらいで、下着がやたら大人っぽいもの
になったと思ったら、いつのまにしっかり中年おやじと付き合っていて、SMまで仕
込まれていた。結局なんだかんだで完全にばれて(というよりその男の命令で俺が
徐々に気づくようにしくんだらしい、彼女の部屋でバイブとかお俺に見つかるよう
にして)、最後に決定的に別れるときに泣きながら全部話してくれた。俺のことは
好きだけど、心までMに調教されてその男とどうしても離れられないと。
いままでのようにSEXすれば少しでも引き止められると思って、スカートの下に手
をいれて押し倒そうとしたら、がっちりしたものが手に触れるので、見たらSM専門
店で売っているような革のボンデージ用オールインワンであそこもすっかりガード
してあった。
そんな女になったのかと、それですっかりガンと衝撃を受けて、敗北
感で萎えてしまい、そのまま離してそれっきり別れてしまった。
思い出してめちゃめちゃに興奮するようになったのはしばらくしてか
ら。
そのあとストーカーすれすれのことまでしばらくしたけど、結局、男

告白体験談関連タグ

|||||||

2013年11月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】レイプ気味に襲わないと感じない子・改 【告白体験談】

ネットで知り合った子の話なんだが…。人妻で、おとなしくて真面目そうな子だった。
まぁネットというかぶっちゃけSNS系で知り合った。
仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、その相談というのがシモネタというか
まぁそのHなお悩みというやつ。その子は旦那しか知らなくて、ノーマルな事しか知らなかった。
フェラすら知らず、イッタ事も無く、半分レスになりかけてたようで、俺が相談に乗ったわけなんだが…
はじめは口頭で色々「こうやってみたら?」とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、
「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」という流れに。

ほんとになんも知らんようだったんで、まずはキスからというよくわからん流れに。
そこから、どうやって最終的にそこにいきついたのかはえらく話が長くなるので中略するが、
電気消してふとん被ってでないとHできなかった子が、レイプ気味(あくまで、気味、な)に
襲わないと感じない子になってしまった。どうもそういう願望があったみたい。
最終的には、会ったらすぐ即尺、緊縛、目隠し、さるぐつわ、生中だし、アナル調教までいった。
ホテルに入ると、まず浣腸してキレイにするのが儀式みたいになった。
自分で事前にキレイにしてくるか?とも言ったが、自分でするより俺にされる方が好きなようで、毎回恥辱プレイ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月10日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】レイプ気味に襲わないと感じない子 【告白体験談】

769名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:2009/03/13(金)05:24:26ID:6qO6aOh80
ネットで知り合った子の話なんだが…。人妻で、おとなしくて真面目そうな子だった。
まぁネットというかぶっちゃけSNS系で知り合った。
仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、その相談というのがシモネタというか
まぁそのHなお悩みというやつ。その子は旦那しか知らなくて、ノーマルな事しか知らなかった。
フェラすら知らず、イッタ事も無く、半分レスになりかけてたようで、俺が相談に乗ったわけなんだが…
はじめは口頭で色々「こうやってみたら?」とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、
「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」という流れに。

ほんとになんも知らんようだったんで、まずはキスからというよくわからん流れに。
そこから、どうやって最終的にそこにいきついたのかはえらく話が長くなるので中略するが、
電気消してふとん被ってでないとHできなかった子が、レイプ気味(あくまで、気味、な)に
襲わないと感じない子になってしまった。どうもそういう願望があったみたい。
最終的には、会ったらすぐ即尺、緊縛、目隠し、さるぐつわ、生中だし、アナル調教までいった。
ホテルに入ると、まず浣腸してキレイにするのが儀式みたいになった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【レイプ】隣のネーチャンを犯る 【告白体験談】

 俺、ヒデキ。21才の大学生。学校に近いアパートでひとり暮らし。俺の部屋の隣には大学の事務職員をしているネーチャンが住んでいる。年は25才くらい。化粧も薄く、派手なところはないけど、よく見るとかなりの美人だ。そうだなあ、タレントにたとえるとスッピンの伊藤美咲ってところかな。スタイルもまずまず。身長は160センチくらい、バストは小ぶりだけどウエストがキュッと締まっていて足が長い。セミロングのヘアースタイルは、ちょっとヤボったいけど、真面目そうで、おとなしそうで、なんだか最近、見るたびに「おっ、けっこういい女じゃん」と思うようになってきた。
 夏休みに入ったので授業もなく部屋でのんびりしていると、隣のネーチャンが出ていく気配。そうなんだよな。俺ら、学生が休みでも、事務員は仕事だからな。窓からミニスカートの中のキュッと持ち上がったヒップを振りながら歩いていく彼女の後ろ姿を見ながら、俺は、なんとか彼女をものにしたいと思い始めていた。
 その日の夕方のことだ。コンビニから帰り、階段を上がると、ちょうど彼女が帰ってきたところに出くわした。ものかげから見ていると、鍵を玄関の脇にあるガスメーターの扉を開けて出している。どうやら、彼女は鍵を持ち歩かないタイプらしい。不用心と言えばそれまでだが、もしかしたら、鍵をなくして困ったことがあったのかもしれない。でも、それは暗い計画を立て始めた俺にとって好都合だった。
 翌日、俺は彼女が出かけるのを確認して、隣のガスメーターの扉を開けた。しかし、鍵は見あたらない。一瞬、失望感に襲われたが、気を取り直してよく観察する。すると、天井部分の隠れたところにヒートンがあって、鍵がぶら下がっているのを発見した。そりゃ、そうだよな。すぐ見えるところに置いてあったら、検針の人に分かっちゃうもの。確認のため、玄関を開けてみる。
「やったね」
 カチャリと音がして鍵が開いた。しかし、彼女が帰ってくるのは早くても五時半。まだ、時間はたっぷりある。まずは、合い鍵を作るため、俺は近所のホームセンターへ向かった。
 鍵をガスメーターに戻し、合い鍵を使って、俺は、まんまと彼女の部屋に忍び込むことができた。思った通り、俺の部屋とは対称になった間取りだ。漂うかすかな香水の匂いに胸をドキドキさせながら、キッチンを通り抜けると、カーテン越しの光りが、よく片づいた部屋を薄暗く照らしている。
 まずはタンスを開けてみる。すると、清楚に見える彼女からは想像が付かないほどの派手な下着がギッシリと詰まっていた。人は見かけによらぬもの、ほとんど丸見えのシースルーから、シルクのヒモパンまで、ヤバイものばかりだ。
「おいおい、ホントに、こんなもの着てるのかよ?」
 独り言を言いながら俺はバスルームへ。洗濯機の横にあるカゴを開けてみると、使用済みの衣類が積み重なっている。そこにも、素人は着ないだろうという感じのパンティーやブラジャーが。思わず、俺はレースでできたパンティーのクロッチ部分に鼻をあて匂いを嗅いだ。それだけで、俺の息子はビンビンになり、あわててズボンをずり下げてオナってしまった。大量に出た精液は、手のひらで受け洗面台で流す。
 一発出すと、少し落ち着いたのでベッドのある部屋に戻った。言い遅れたけど、俺の住むアパートは1DK風呂付きってやつで、ひとり暮らしには十分ってやつなんだ。
 何気なく、机の上にあったパソコンのスイッチを入れる。白い筐体のeMacってやつだ。たしかに女の部屋にはよく似合う。俺も少数派のMacユーザーなので親近感が湧く。
 最初にIEを立ち上げて、まずは履歴をチェック。驚いたね。いわゆる露出系のサイトばかりを覗いてるみたいだ。海外の下着画像のサイトも頻繁に見ているようだ。よく見ているサイトを覗いているうちに一時間以上も経ってしまった。なんで、こんなサイトばかり覗いてるんだろう。そう思いながら、こんどはメールもチェック。でも、女友達との、くだらないやりとりしか見つけられない。この女は彼氏がいないんじゃない?
 男との生々しいやりとりがあるんじゃないかと期待していたのだが空振りだった。
 アプリケーションを全部閉じると、デスクトップに「myalbum」というファイルがあるのを発見。ダブルクリックすると、日付の入ったファイルがダイアログの中に並んでいる。そのひとつを開けると、この部屋で撮ったと思われるセルフポートレイトのサムネイルが。それも、下着姿だ。中にはトップレスのものまである。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【人妻】美佐子3【告白体験談】

僕は、過去の過激メール交換で美佐子の趣味を知っています。
 それは、SMチックにレイプされる事を願望していました。僕も満更ではありません。
 早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。
 彼女は、「すごくイヤラシイ〜パンティ・・・」とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。
「す・凄くイヤラシイ姿だね。」
 僕は、思わず美佐子に言葉を投げ捨てました。
 小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。
 美佐子は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。目がうつろに僕を見つめています。
 次に僕は、同じくアダルト通販で買ったビンデージテープを取り出すと、熟女を犯す獣と化し美佐子に襲い掛かった。
 美佐子は、「いやぁ〜!」と言いながら後ずさりし、ベッドの隅に追いやった。
 僕は、彼女をベッドの中央に引きずり戻し、馬乗りになり、左右の手首と足首をボンデージテープで固定した。
 その格好は、M字開脚の状態になり、小さなTバックパンティが食い込んだ、美佐子の恥ずかしいあそこが丸見えである。
 美佐子は、哀願するように叫んだ、「いやぁーー!許してぇーー!」。
 結構、美佐子の演技は芯に迫っている。
 ちょっと、うるさい叫び声である。これが、ラブホテルでなければ、僕は逮捕されているこもしれない。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 212

このページの先頭へ