【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【告白体験談】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。

当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。

そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。

その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。

そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。
母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。

金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。

息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】僕の幼馴染 【告白体験談】

私は17歳の高校2年生です。
高校生と聞けば、皆さんはどの様なことを頭に思いうかべるのでしょうか。
やはり、恋愛や部活や勉強のことを思いうかべるのでしょうか。
とりあえず、卒業した方も、まだ入学していない方も
ほとんどの人たちが楽しいイメージを持っていると思います。
では実際にはどうなのでしょうか
高校生は皆が皆、楽しい生活を送っているのでしょうか
私の周りを見てみたところ
確かにほとんどの者は楽しそうに高校生活を送っています。
皆さんのイメージ通りです。
しかし皆が皆が楽しい生活を送っているかどうかとなると
それは違うと思います。
なぜなら僕がそうだからです。
楽しんでいる者達の裏で
地味にひっそりと学生生活を送っている者達が少なからず存在します。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【怖い】法医学研究室第一標本室 【告白体験談】

私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者ですが、オカルトではありませんが、医学部にはいろいろと不気味な場所が存在します。
そのなかの一つ、「法医学研究室第一標本室」のお話です。

私の住む地方には検視監制度がなく、いわゆる異状死体は全て大学の法医学教室に搬送され、司法ないしは行政解剖が行われます。
それはそれは様々な異状死体が運び込まれてくるわけで、中には練磨の法医学教室のメンバーでさえ目を覆いたくなるような無惨なものもあります。

これらの異状死体は証拠写真を撮影された後解剖され、遺族のもとに返されるわけですが、まれに、遺族からも引取りを拒否されたり、法医学・解剖学・病理学上、大変興味深い異状死体が搬入されることがあります。

このような医学上珍重な(そして大変グロテスクな)標本の多くが収容されているのが「法医学教室第一標本室」、通称「穴倉」です。

874名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/07/2320:55
「穴倉」は地階の教室を数個ぶち抜いた非常に広い部屋です。
しかし広いには広いのですが、地階であるせいか、はたまた建物が非常に古いせいか、隅々まで照明がいきわたっておらず、昼間でも電気をフルにつけていないと足元がおぼつかないほどです。

しかし私自身を含め「穴倉」に始めてやってきた人間は、電気がついたとたん、非常に驚いてしまいます。

告白体験談関連タグ

|||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】A子【告白体験談】

255名前:1/3[sage]投稿日:2006/10/24(火)21:52:36
<>133名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/23(佐賀県民)23:43:41.48ID:kQ1FNTXh0<>
文才が本気でないから駄文になるがよろしく。
俺さ、小学校時代からの女友達がいたんだわ。 俗に言う幼馴染。
便宜上A子ってしとく。
A子は、父親が早く亡くして所謂、母子家庭って奴だった。 もちろん小学生の俺には意味も
解らんかったから仲良くなるのに全然関係なかった。
お互い、仲も良かったしさ。 中学くらいになっても思春期特有のテレからから来るすれ違いもなかった。
A子のお袋さんにもよくして貰ってたし、高校になってからも俺たちは自然な形で付き合ってた。

そんな幸せな日々も高校卒業と同時に崩れだした。
もともとA子のお袋さんは体が弱かったせいか、娘を無事に卒業さした気の緩みからか
体を壊してしまった。 そして一ヶ月後…
A子のお袋さんの葬式はA子が喪主になって行われたよ。
今でもその時のA子を覚えている。 必死に泣かないように歯を食いしばって。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】クイズ ドレミファドン! (1976) 【告白体験談】

今日もスターが 私のスターが
空を行く 雲に駈ける
なにより素敵 なにより嬉しい
夢が 夢が 素晴らしい世界

飛行機が離陸するフィルムをバックに歌われるテーマソング。
毎週毎週聞いていたのに、いつも歌詞が聞き取れなくて、
とうとう今日まで適当に覚えております(苦笑)。
正しい歌詞を知っている人、ぜひ教えて下さいね。
で、なんで歌詞が聞き取れなかったかというと、
テーマを流しながら司会の高島忠夫が出場チーム紹介をしていたから。
こうして始まる、クイズドレミファドン。
タイトルから想像つくように、要は音楽クイズです。
日曜のお昼と言えば、関東人ならドレミファドンどいう時代があったのです。

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】しんのすけのいない夏【告白体験談】

青年は使い古された座布団の上に正座している。
おろしたてのスーツに身を包み、お茶を出すというその家の母親の申し出を丁寧に断り、
夫婦が寝室として使っている部屋の一角に置かれた仏壇をじっと見つめていた。
ひざの上に置いた拳を軽く握り締めると、風間は口を開いた。

「しんのすけ、僕たちはこの春から大学生になるんだ。もう車の免許だって取れちゃうんだぜ」

彼の口調は幼稚園の時とほとんど変わっていない。
ただ少し、お高いプライドを振りかざすようなとげのある喋り方ではなくなった。ホンの少しだけだが。

「ボーちゃんは北海道の大学で農業を勉強するんだ。これからの時代は農業がくるんだって。
 ネネちゃんは服飾の専門学校。まさお君は一浪してなんとか国立大学に入るってさ」

仏壇に置いてある写真の中で彼は屈託のない笑顔をしている。
僕達はこれからもずっと一緒にいるんだろうなぁと信じて疑わなかった頃の写真だ、と見る度に風間は思う。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】奈良のタイガーマスク【告白体験談】

1:◆YKPE/zzQbM@ゆきぺφ★:2011/01/24(月)23:21:48ID:???
奈良県天理市の児童養護施設で、幼い子どもたちが暮らす棟の前に菓子や文房具が置かれて
いるのが見つかった。

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」などと署名が入った手紙も添えられていた。菓子は
施設内で以前に配られたもので、文房具に書かれた元の持ち主の名前も丸見え。
施設内の子どもたちが下級生たちを思ってのささやかな贈り物とわかった。

この施設は天理養徳院(中島道治院長)。親に虐待を受けるなどした2〜18歳の子どもたち
71人が暮らす。

2〜6歳の16人が暮らす「梅・桜棟」の玄関前で贈り物が見つかったのは20日朝。菓子や絵本、
定規や三角定規などの文房具が置かれ、添えられた手紙にこう書かれていた。

「天理養徳院(梅・桜様) 私は、この部屋にたくさんの小さい子どもたちがいると聞いてやって

告白体験談関連タグ

|||

2014年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】【グロ注意】旦那が嫌いでたまりません【グロ注意】【告白体験談】

グロ注意 グロ胸糞耐性の無い方はここで引き返してください
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

告白体験談関連タグ

||

2014年5月26日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」【告白体験談】

ゾンビA「あ、あれ?な・・・なあ」

ゾンビB「おおーーーおおお・・・なんだよ、うるせーな」

ゾンビA「なぁ・・・まさかとは思うんだけどさ、もう皆ゾンビになってるんじゃね?」

ゾンビB「まさかww    おおーーおおーーー」

ゾンビA「だよな・・・ おおおおお・・・おおおお・・・」

ゾンビC「なあなあなあ!今言ってたのマジ!?人間居なくなったの?!」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】伊達直人「この人生を受け入れよう。大人になったら自分のような子どもの力になろう」【告白体験談】

<伊達直人さん>自分の過去と重なり「子の未来変えられる」
毎日新聞-2013年10月28日08:26

写真初代タイガーマスクの佐山聡さん(中央)を囲んで喜ぶ子どもたちを見つめる「元祖・伊達直人」の男性(右端)=東京都足立区で2013年10月27日、榊真理子撮影

 漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗る匿名の人物が、全国の児童養護施設や小学校にランドセルなどを届ける「タイガーマスク運動」。2010年に前橋市の児童相談所にランドセルを贈り、運動の先駆けとなった男性(40)が27日、東京都足立区の児童養護施設「クリスマス・ヴィレッジ」の交流イベントに参加した。匿名を条件に「元祖・伊達直人」さんに思いを聞いた。

 「伊達さん」はヴィレッジに寄付を続けて16年。顔見知りの子どもたちに「大きくなったなあ」と声を掛けた。

 3年前の12月18日。例年通りヴィレッジにクリスマスプレゼントを届けた時、施設で暮らす前に保護される「一時保護所」の子どもが増えている、保護所では学校へも行けない、という話を職員に聞いた。「ランドセルも入学式もない子が増えると思うと、心が震えた」。自宅のある群馬県への帰路、「地元の保護所にも子どもたちがいるはずだ」と、伊勢崎市内のショッピングセンターに立ち寄り、ランドセル10個を買った。25日未明、前橋市の児相玄関前に運び、1人で並べた。「児相にもサンタは来るよと、不安になる子どもを元気づけたかった」。孤児院に寄付を続けた漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗って−−。

 報じられると、匿名の寄付が全国に広がった。「想像もしなかったことで驚いた。後に続いて広げてくれた方々に感謝の気持ちを伝えたいとずっと思っていました」

告白体験談関連タグ

|

2014年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ