【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた完 【告白体験談】

僕には、小学2年の時からずっと大好きな幼馴染みがいる。でも、幼馴染みの涼子は、学校でも評判の悪い栄治先輩と付き合い始めてしまった……気持ちを伝えることが出来ず、涼子を失ってしまったことを後悔する僕に、涼子は無邪気にエッチの練習をさせてくれと言った。

そして始まった、天国と地獄の日々。そして僕は、先輩の正体を知り、涼子を奪うことを心に決めた。

僕は、先輩に制裁を加えて、涼子の元からいなくなってもらおうと考えた。でも、なかなかアイデアが浮かばなかった。そもそも先輩は、最低のクズだけど、ボクシング部の主将をやしている。と言っても、うちの高校は弱小高なので、全然たいしたことはない。その上先輩は、読モみたいな事もやってるので、最近では練習もロクにしていないらしい。
でも、そんな中途半端な部活でも、素人よりは段違いに強いらしく、いわゆる不良のグループにも一目を置かれているらしい。

それに引き換え、僕はケンカもしたことがないような草食男子だ。
どうしたら、なにをしたらいいのだろう? と考えているうちに、ばったり先輩に出会ってしまった。
「アレ? 前島じゃん」
後ろから声をかけられ、振り向くと、ニヤけたイケメンがいた。僕は、動揺しながらも、結局ヘタレて挨拶をした。我ながら情けない……。

「そうだ、いいもん見せてやるよ。ウチ来いよw」
先輩は、嫌な笑い方をして言う。僕は、何となくその言い方に引っかかりも覚え、結局先輩について行った。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】男嫌いな清楚な妻が・・・【告白体験談】

最近妻が、綺麗になっていくのです。
妙に色ぽっさができたように思うのです。
妻は44才、私は45才。
夜の方もマンネリして、殆どご無沙汰です。
あまりかまっていません。要するにしていません。
妻の容姿は、人に言わせればすごい美人と言われますが、私から見れば
普通の主婦にしか見えないのですが?
髪は長くしていて、男好きのする顔をしています。
体つきは、中年になって肉付きも付き、ぽっちゃりまではなってませんが
161センチで確か50kgでスレンダーでしょうか。
ついでに3サイズは、B88 W62 H91 
子供は居ません。体型は結婚当時からはあまり変わってはいません。
不倫のドラマを見るのさえ嫌がる、堅物で清楚な女です。
処女のまま、私と結婚したし、浮気はまったくしてなかったはずです。
私の友人が「奥さんと付き合えたらいいな」と話していると云うだけで、

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【修羅場】レスリング嫁(文中のウトは舅、トメは姑のことです)【告白体験談】

104名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2008/08/20(水)07:58:080(PC)
心臓がまだバクバクいってる!あ、暴力ネタです注意してください。
こないだお盆で、夫の実家に行ったんだけど。
なんか、ウトにビンタされた。
理由が、「我が家の味付けになってない!」だって。
で、親戚も、トメも、夫ですら止めに入らなかった。
まあ、夫は殴られて耐えてるトメを見て育ったから、当たり前になっちゃってたらしい。
けど、私はそんなん知らんし。
条件反射で、ウトを殴り倒してしまった!
「何をするーっ!女ふぜいが!」ってウトが立ち上がって私をまた殴ろうとしたので。
しょうがないから、これまた条件反射でウトの上に乗っかってマウントを取っといた。
こちとら、趣味でレスリングを昔やってて、しかも辞めちゃった今はデブって重いんだぞ!ナメンナ!
「どけーっ!おもーい!しつけなおしてやるー!」
って叫んでるウトを無視して、レスリングの技を思い出しながらかけてみた。
その後、月曜日まで居座ってやったわ!

告白体験談関連タグ

||

2014年1月24日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【怖い】祟られ屋シリーズ  赤と青の炎 【告白体験談】

542赤と青の炎◆cmuuOjbHnQsage2007/12/03(月)04:59:27ID:SMU8HFLJ0
それでは、マサさんの元で行った「修行」の話の続き。

呼吸法をどうにかクリアしたPだったが、結局、俺と同じ修行法を行うことは出来なかった。
マサさんの「気力」の消耗が激しかったこと、Pには俺の方法を行う適性がなかった為だ。
俺に行った方法は、丹田の力がある程度開発されている事が前提となる方法だった。
俺とPを分けたもの・・・「丹田の力」の差は日本人と朝鮮人との間ではかなり決定的なものらしい。
日本人は「気」の力を丹田に溜め込む体質であり、朝鮮人は気を極端に発散する体質だそうだ。
朝鮮人の気質は極端に「陽」であり、日本人は極端に「陰」の気質なのだ。
マサさんの修行が目的とするところは、俺達に自分で自分の体に「気」を蓄える術を身に付けさせる事だった。
そして、その蓄えた気を利用して俺達に纏わり付く蟲・・・「魍魎」から身を守る気の操作を学ぶ事だった。

読み進めれば判るが、俺が行った行は武道や武術を応用したものが多く、呪術や祈祷とは縁遠いようにも見える。
しかし、基本的な力をつける修行は、一定の「理屈」に合致させれば、踊りや楽器の演奏、農作業や鍛冶などの工芸作業の中に取り込んで行えるそうだ。
むしろ、そのような一見呪術や祈祷とは縁遠いものに隠して日々行うのが望ましいのだと言う。

告白体験談関連タグ

||

2013年12月1日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】三沢光晴選手のご冥福をお祈りします 【告白体験談】

三沢光晴(みさわみつはる、男性、1962年6月18日-2009年6月13日)は、日本のプロレスラー。本名は三澤光晴。北海道夕張市生まれ、埼玉県越谷市育ち。プロレスリング・ノア(以下ノア)代表取締役社長。あわせて2006年9月にグローバル・レスリング連盟初代会長に就任。2009年6月13日-広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)での試合中に、相手選手の技を受けた際に立ち上がることが出来ず、関係者や他選手らによる手当てを受けた後に心肺停止状態に陥り、病院へ救急搬送された[1]が、その後死亡が確認された。バックドロップにより頭部を強打して死亡に至ったとされる。

エピソード
中学卒業後の進路を担任教師(女性)にプロレスラーと言うと「ふざけるな」と激怒されたと言う。しかし三沢が真面目に考えてる事が解るとレスリングの名門である足利工業大学附属高等学校を勧められた。その他、単身で全日本プロレスに入門希望に訪れると偶々居合わせたジャンボ鶴田に「責めて高校を卒業してからにしなさい」と追い返されたエピソードもあり、かなり早い段階からプロレスラー志望だったと言う。レスリング部在籍時も「何でプロレスラーに成りたいのにこんな事(アマレス)しなけれな行けないんだ」と競技としてのレスリングは詰まらなかったと言う。本人談では「(アマレスを)続けてればオリンピック選手ぐらいには成った自身があるが詰まらないから早く止めたかった」と語っている。

中学時代は体操部でそれがタイガーマスクのベースに成ってる事は断言している。
体力的にはプロレス転向前から完成されており「プロってなんて(トレーニングが)楽なんだ。高校時代の方がもっときつかった」と語っている。元々体格にも恵まれていたが高校レスリング部時代は任されてる階級の為、減量が厳しくプロレスデビュー当時はJr.ヘビー級だった。逆に好きに食べれるプロレスは幸せだと語っている。
個人的な欲では動かず、地道な活動を身上としている。自団体だけでなく、常にプロレス界全体のことを考えて行動している為、筋を通して交渉してきた団体、選手には理解を示し、他団体の大きな興行がある時には、時として自ら出向き夢のビッグマッチを実現させている。また義理人情に熱く、困っている選手や団体に恩讐を越えて手を貸したりする場面も見られる。

ノアを立ち上げて全日本から分裂する際、既に契約のあった興行をキャンセルせずに出場した。曰く「要請がなくても出るつもりだった。全日本さんより、興行主の方に申し訳ないですから」

「理不尽大王」として活躍していた冬木弘道が突如三沢を標的にし、対戦を避ける三沢に対し、三沢を乗せたバスを走って追いかける、事務所までマラソンをする等のドラマを展開。三沢も、プライベートでは全日本時代から親友で、ノア旗揚げ時にも(社長レスラーの先輩として)助言を仰いだ冬木の熱意に応じて2002年4月7日にシングルマッチを行った。その翌日、病院の検査で冬木が大腸癌に侵されていた事が発覚。FMWが崩壊し、新団体WEWの旗揚げにも至っておらず基盤を持たない冬木の為に三沢はディファ有明の空いていた4月14日をすぐに確保し、ノア主導で冬木の引退記念興行を打った。そして、その収益の全てを冬木に贈ったそうである。後に三沢はこの事について「別に深い意味はないですよ。冬木さんは大切な友達だからですよ」と述べている。

2001年2月、当時ノア所属選手だった高山善廣が総合格闘技(PRIDE)に進出する際、高山が準備期間が欲しいため退団を申し入れた。この時三沢は「別に準備期間が欲しいならうちの所属でも構わない。その期間は欠場してもいい」「プロレスをまだ続けたいなら、いつでも帰ってきていいよ」と語り(高山が自書にて告白)相手を思いやる社長ぶりを見せた。その為高山も他団体に比べるとメインでの活躍が少ないにもかかわらず義理を重んじノアのリングに上がり続けたり、休養中もゲスト解説としてノアとの関係を良好に継続している。復帰戦をノアで行ったのも三沢の人柄によるところが大きかったと思われる。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年11月11日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【修羅場】さっき修羅場潜って来たけど質問ある?? 【告白体験談】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/15(日)16:48:11.81ID:G99ghXbO0

立ったら賀来千香子

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/15(日)16:53:20.15ID:Xci3JRxZO

潜るってまだ解決してないよな・・・
潜ってから立てろよ

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/15(日)16:55:28.78ID:oVEOjNxj0

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年11月2日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】幼なじみの恋人と友人カップルで6 【告白体験談】

隆に
「まあ、お手柔らかにではなかったかもなw ビデオ楽しみにしとけよ!」
そう言われて、後悔と動揺と少しばかりの怒りも感じながら、それでも興奮してしまっている自分に驚いた。

初めて由貴ちゃんに隆の寝取られ性癖のことを告白されたとき、まったく理解が出来なかったし、怒りさえ覚えていたのに、変われば変わるものだ・・・

そしてドキドキしながら家に帰ると、涼子がむくれて待っていた。
「もう、遅いよ! なんでバイト断らないかなぁ?」
結構キレ気味だ。
「ごめん! 隆は?」
「とっくに帰ったよ!  とおる君は、私が隆君に襲われてもいいの?」
「えっ?なんかあったの?」
「な・い・しょ。  何かあったかもね!」
そう言って、寝室に引きこもってしまった。ここまで機嫌が悪いのは久しぶりだ。

告白体験談関連タグ

||||||

2013年10月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】DQNに彼女寝取られたので復讐してやったww 【告白体験談】

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木)12:39:02.82ID:t6F/BFNT0

復讐って言っても裏からねちねち嫌がらせとかする訳じゃなくただ単にトレーニングしてガチムチになって
DQN倒しただけなんだがなw

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木)13:34:56.13ID:QjLpHnPH0

2までしか読んでないけどお前の方がDQNじゃね?

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木)12:42:30.02ID:t6F/BFNT0

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年10月18日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】レスリング嫁(文中のウトは舅、トメは姑のことです) 【告白体験談】

104名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2008/08/20(水)07:58:080(PC)
心臓がまだバクバクいってる!あ、暴力ネタです注意してください。
こないだお盆で、夫の実家に行ったんだけど。
なんか、ウトにビンタされた。
理由が、「我が家の味付けになってない!」だって。
で、親戚も、トメも、夫ですら止めに入らなかった。
まあ、夫は殴られて耐えてるトメを見て育ったから、当たり前になっちゃってたらしい。
けど、私はそんなん知らんし。
条件反射で、ウトを殴り倒してしまった!
「何をするーっ!女ふぜいが!」ってウトが立ち上がって私をまた殴ろうとしたので。
しょうがないから、これまた条件反射でウトの上に乗っかってマウントを取っといた。
こちとら、趣味でレスリングを昔やってて、しかも辞めちゃった今はデブって重いんだぞ!ナメンナ!
「どけーっ!おもーい!しつけなおしてやるー!」
って叫んでるウトを無視して、レスリングの技を思い出しながらかけてみた。
その後、月曜日まで居座ってやったわ!

告白体験談関連タグ

||

2013年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【レイプ】凌辱奴隷委員長 【告白体験談】

「有紀ぃー、今日はあれだから…早く帰るのよー」
「はいはいはい」
革の手提げを引っつかんで、半袖のセーラー服姿の女子高生が玄関を飛び出してく
る。肩甲骨の下まで伸びたつややかなストレートヘアが翻る。XX大付属高1年の
15歳、本田有紀は小走りに学校への道を急ぐ。まだ残暑の日差しが強い中を走る
と、すぐに汗が噴き出てくる。長い髪を横から流しただけの清潔なヘアスタイルだ
が、抜けるような白い肌と、タレントの石原さとみをきりっとさせたような美しい
、はっきりした目鼻立ちが人目を引いてしまう美少女だ。
(ああ、もう。今日は用事多すぎ)とぼやきながら急ぐ有紀は、脇からふらふらと
こぎ出してきた自転車には最初気付かなかった。
「…XX高のひと?」
急に横から声をかけられて驚いた。小走りの有紀の脇に、ママチャリに乗った高校
生らしき男がいつのまにか並走していた。
「あ…は、はい」男は寝癖ではねたセットしていない髪で、にこにこしている。
「1年生?」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月11日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談
1 / 212

このページの先頭へ