【不倫・浮気】結婚後初めて浮気してみた 【告白体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、
ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、
でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。
そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、

手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、
誠実そうだったから会うことにした。

会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、

ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】最高のご褒美 【告白体験談】

スーっとするの、わしだけだったら申し訳ないのだが吐き出させてくれ。

おじさん、遅くしてできた一人娘がいるんだが、赤子の頃に母乳を一切飲めなかったからか、はたまたミルクが飲めなくて二ヶ月成長がとまったからか、とても体の小さい病弱な子だった。
お金もなくて小さい頃に治療させてやれんかったせいで、大人になった今とても苦労をしとる。

そんな娘が立派に成人式迎えた年、おじさんの務める会社が結構な黒字をだしてな、感謝祭を開くことになった。
感謝祭は家族を呼んで会社の土地使ってお祭りみたいな事をする。娘は成人したし興味無いかと思っとんだが、お父さんの職場見てみたいって言ってくれてな。祭りに来てくれた。

その時にな、うちの社長と仲の良い、取引先の社長とその跡継ぎのぼっちゃんに鉢合わせして挨拶しとったのよ。
おじさんの娘は病弱なせいか、いっつも中学生に間違えられるくらい小柄で、それがコンプレックスだったのよ。
でも、ぼっちゃんはうちの娘をたいそう気に入ってくれて、周りからはお前んところの娘は子ども産めるんかとか馬鹿にされとったんだが、なんとうちの会社の社長通じて、見合いを申し込まれた。

ぼっちゃんの年齢を聞くと30過ぎとったし、断る気満々だったのが、周りの圧力もあってぼっちゃんと娘をあわせることになった。

相手方の社長はええ人なんだが、ぼっちゃん、一人息子で甘やかされたのか、娘に対して背は小さいのにとか、失礼な冗談言い出して、わし、もう握りしめた手が震えとった。

告白体験談関連タグ

|

2014年9月23日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【不倫・浮気】結婚後初めて浮気してみたw 【告白体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、
ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、
でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。
そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、

手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、
誠実そうだったから会うことにした。

会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、

ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】女だけど婚約前に浮気した 【告白体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

3:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月)13:54:55.92

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】新婚なのに欲求不満で浮気した 【告白体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

3:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月)13:54:55.92

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】新婚だったけど遊びまくった私 【告白体験談】

スペック
26歳 既婚
156cm 42kg
関西在住

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月18日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】既婚男性版1の人気スレ テンプレ【告白体験談】

1:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/02(土)08:39:46.66
  …10代で仕込まれ、
  20代で遊びまくるも、やりすてられ、
  そして30代、他の男が喰い散らかし残った余り物
  そんな貞操観念の欠けた女性を『残飯』と呼んでいます

  残飯処理兼ATM。生涯保障付き。それが俺達残飯持ち。

  このスレは残飯と結婚して
  後悔している既婚男性の集まりです
  存分に吐いて下さい。

2:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/02(土)08:40:43.01
【真面目な男の人生】

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】ジャニヲタは総じてキチガイ【告白体験談】

<>977:本当にあった怖い名無し:2011/10/19(水)15:13:50.10ID:64GmiNln0<>
当方三十路のババアですが、髪型を変えて以来よく某男性アイドルに間違えられます。
で、こないだの話。
電車に乗っていたら、全身真っ赤の異様な格好をした
化粧の凄まじく濃いおばさんが私を二度見して、
「○くーん!!!!」って絶叫しながら抱きついてきました。
状況が飲み込めずに固まってると、いきなり顔を舌で舐め回されました。あの感覚はトラウマものです。
絶叫する私に、唖然としていた近くのサラリーマンがハッとし、
おばさんを取り押さえてくれました。
おばさんはいつのまにか盗んでいた私の腕時計を満足そうにしゃぶっていました。
駅員につれられながら私を見つめるおばさんの笑顔は多分一生忘れられません。

告白体験談関連タグ

||

2014年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】旦那様が大好きすぎる【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:18:15.72ID:428WlOhu0<>
文章ヘタだから、読みにくいけど聞いてくれる?

<>8:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:23:26.83ID:428WlOhu0<>
それでも書いちゃいます!
あと、旦那さんはもういません。
なので思い出を書こうかなって!

旦那様とは出会ったのは、私が18歳で旦那は23歳だった。

私は高校の頃引きこもりで中退、
大検を取って服飾の専門学校にいった。
専門学校の友達が旦那さん。

<>13:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:29:08.02ID:428WlOhu0<>

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月21日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【人妻】娘の借金で、知った、真実【告白体験談】

ある日、郵便受けの手紙を見て、驚愕した。内容は、借金の督促状だった。
娘、晴美30歳は、今だに、独立できない、長男とそんな、息子を溺愛している。母親共々そりが合わず。
私の庇護の元、
高校卒業と共に、家を出た。私には、近況を知らせていたが。今だに、子供たちは、30を過ぎても結婚すら、出来ずにいる。困ったもんだ。
晴美も、仕送りと称して、度々小遣いをせびるしまつだ。
しかし、2百万も借金してるとは、ドッと気落ちしたが。このままには、出来ず。
晴美の部屋を訪ねる事にした。
娘は、私の突然の訪問に、ドギマギしているが、部屋に迎えてくれた。
晴美、、、何だ、このボロアパートは。家賃が安いからさ(苦笑)。
家賃は毎月分、仕送りしてるだろ。
晴美は、何とも言えない顔で、沈黙していた。
私は、娘に、督促状を手渡した。
娘は、ごめんなさいを連呼し、泣き崩れた。私は、借金の理由を問いただした。
去年、務め先で、会社に、多額の損害を与えてしまい。退社(クビに近い形らしい)、三十路の娘は、なかなか再就職が、出来ずに、悪徳金融ではないが、ヤミ金に手をだし。
ヤミ金業者から、風俗務めを進められ。決心したところに、実家に督促状って事だ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ