【不倫・浮気】彼氏は本当の私を知りません。【告白体験談】

こんにちは、私は19才の大学生です。
今、同じ大学に彼氏がいます。
彼氏は同じ高校で、付き合って2年目です。
二人とも実家だから、あまりエッチはできません。
でも彼氏もそんなに言ってこないから、すごくたまにホテルとかに行きます。
そんな私は、彼氏には言えない事があります。
私が中学生の時に好きだった男の子がいて、中学2年の時に付き合いました。
付き合うって言っても、当時は一緒に帰るだけで、途中で何かタコ焼きとか食べたりするだけでした。
でも、その彼氏はちょっと不良だったから、たまに「家に来い」って誘われました。
私はもちろんバージンだったから、恐くていつも断っていました。
そんな感じで付き合っていると、修学旅行の夜に、彼氏の友達から部屋に呼び出されて、その友達の彼女達と一緒の部屋で集まりました。
ペアが4組でした。
そしたら、いきなり部屋を誰かが暗くして、それぞれの恋人どうしでイチャつきだしたんです!
私はバージンだったけど、あと2組はヤリまくっていて、あと1組は2回目でした。
私は空気的に断れなくなって、彼氏にまかせる感じになっちゃいました。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月20日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】続 農家の嫁として エピソード(ファイナル)【告白体験談】

 月日が経つのは、早いもので長男が生まれてから3年が経とうとしていた。嫁は、あいかわらず
露出が激しく風呂上りの定番となったデカパイの展覧会も一双エスカレートして行き、俺がいない
時には、良夫さんと叔父を替わる替わる相手をしてデカパイを揉むばかりかフェラの奉仕活動も
するようになっていた。デカパイは、ついに120㎝のKカップとなり今までのブラが一切使用不可に
なってしまい、出掛ける時でさえノーブラで外出するようになってしまった。俺も安定してきた
経営に一段落の限りを付け 農業の発展と地域の活性化に力を入れるようになり家を留守にする事が
多くなっていた。淫乱になってしまった嫁は、俺の留守中に良夫さんと叔父を咥え込んでは、欲求
を満たしていたのだろう、しかし不思議と中での放出は避けて妊娠とかはなかったのだ。
淫乱な話もあった。トモ(同級生)の家にフィリピンからきた研修生にデカパイを見せびらかし
誘っておいて、自分の股に咥え込んで楽しんだり、65歳位の一人暮らしの初老の家に行きデカパイを
半分以上見せて誘惑しやっとの思いで勃起した初老のマラを口で弄んだりして、毎日 日課のように
この初老の家に通いフェラ三昧 最終的に股に引き込んでその気にさせて後は、知らんふりとまるで
人が変わってしまったように、SEXをする日々だった。俺も廻りから聞かされたが、そんな事は、
ないだろうと聞く耳を持たなかった。一番ショックだった話は、隣町に通う高校生(農作業時と家と
畑の行ったり来たりでは、すれ違う事さえない)に目を付け 誘惑していたとの話だ。ある日自転車

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年12月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】DQNの手でヤリマン化した幼なじみ【告白体験談】

高校1年の時の話です。
当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。
告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。
少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。
家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。
誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました・・・。
レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。
3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えています。
1回目は小学生の時、2回目3回目は中学生の時と。
引っ込み思案な彼女は全てお断りしていたそうですけど。
僕とレイコが付き合っていた事を知っている人はあまりいなかったと思います。
5月に入った辺りの事です。放課後、レイコとゲームセンターで遊んでいるとAに声をかけられたのです。
「久しぶりだなぁオイ」
Aは近所に住んでいた素行のよろしくない男でした。僕より5歳年上で小学生の時から彼を知っていますが
弱い者イジメと暴力が大好きで、僕も何度か被害に遭っていたものです。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】寝取られ妄想【告白体験談】

寝取られ妄想です。
夫33歳、妻28歳。
夫は営業マンで外回りが多い会社員です。
妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦です。
こんなシーンから始まります。
夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま営業で外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見つけました。
初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていました。
別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたのですが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていました。
その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だったのです。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭やカリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねえ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねえ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねえ・・旦那のよりも全然気持ち良さそう・・ああ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、「ああ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていました。
その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい勃起して来たのを感じました。
ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのです。
「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たのですが、段々その怒りは興奮と嫉妬に変わって行きました。
妻は、自分が見ているとは知らずに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那のより全然大きい・・ああ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・ああ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。
夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めました。
そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】やめられない乱交パーティー【告白体験談】

こんにちは、僕は23才の大学生の男です。
僕と友達のヒロシはいつも一緒に行動している親友です。
僕達は周りからはアキバ系だと思われている二人です。
でも、自慢じゃ無いけど家もお金持ちだし、頭もいいのでイケメンに馬鹿にされても、内心は勝ち組だと思っているので、いつも二人でコソコソと頭の悪いモテ男達を馬鹿にしています。
そんな僕達も、やっぱり女の子とエッチしてみたい欲求はあります。
でもどうしていいか分りません。
だから二人とも童貞でした。
風俗店にいった事はあるのですが、イケメン達の話のネタに使われる為に一緒に連れていかれたのが1回あるだけでした。
でもそれでも興奮しました。
だからヒロシと一緒に必死で作戦を考えて、いつも馬鹿にされてるイケメン達を使って面白い事をしようと考えました。
その計画は、ヒロシの家の別荘が都内から車で2時間のところにあります。
その別荘に男女40人をイケメン達に集めてもらいました。
交通費は僕達が出しますが、それでも40人を集めるのは大変なので、男は参加費用1万円で、女は逆に5千円もらえる話にしました。
内容は言わなくて、ただの飲み会という話にしてあります。
で、どういうふうに進めたかというと、まず普通に40人で飲み会をします。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】隣の部屋でも【告白体験談】

実際に経験したとっても恥ずかしい話です。読んでくれますか?

私には長く付き合っている彼がいるのですが、先日友達に人数あわせのためにどうしても!と頼まれてコンパに参加しました。
男4人、女4人のコンパだったのですが、カラオケで飲んで歌って踊ってとわいわい楽しく過ごしていました。
何人かは次の日も仕事があるとのことだったので 二次会には行かずにカラオケで解散。
私と女友達は次の日はお休みだったので 彼らに誘われるままに一人の男の子の家にそのまま遊びにいきました。

男3人と私たち2人の5人でまた飲んで、色々な馬鹿話からエロ話までして気がつくともう3時過ぎていました。

一緒にいた女友達のAちゃんは、お気に入りの男の子といちゃいちゃしはじめて隣の部屋のベッドに二人で入ってしまいました。
残った私たちは、二人の邪魔をしちゃいけないと、隣の部屋の電気を消して戸をしめてあげたのですが、実は何か起きるんじゃないかとワクワクしていた私たちは隣の部屋で耳をすましていたんです

数分たっても何も起きないので、私たちも眠くなったし、もう一人の男の子も私たちがいる部屋の片隅で酔っ払って寝ちゃったので、残ったもう一人の彼と私も寝ることにしました。
私は彼がいるのでもう一人の彼とは隣には寝ていましたが何も起きないよう、その彼に背中を向けて寝始めました。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】妻を含めた2×7の乱交体験【告白体験談】

当時、俺30歳・妻27歳。
妻と出会って2年ほど交際して結婚。1年後に男の子が生まれた。
F県でサービス業界の中堅企業に働く至って普通の男、妻は結婚してからは専業です。
互いの両親とも仲良くやっており、まあ良くも悪くも極普通の男と思って頂いて結構です。
恋愛経験も人並みだと思う。ただ妻によく言われるが、典型的なO型で人付き合いも好きで、好奇心旺盛な細かいことは気にしない単純なS男。
顔は老けて見られるので決して良くないと思う。
妻は出会った当時幼稚園でバイトしていた。
俺はあまり意識しないんだが、電車で痴漢にあったり園の父兄に口説かれたりした事もあったみたいなので、
ルックスは少なくても人並みはあると思う。
身長は157で体重は45キロ。スリーサイズは覚えていないが胸はDカップ。後、足が体系の割には長い。
子供は好きだが男性に対しては非常に人見知激しく大人しいM性格。その為、経験人数も俺以外で2人。
それで、子ども生まれて全然旅行とかも行けなかったし、俺も仕事で疲れまくっていたので溜まった有給使って妻と二人で
隣の隣の県にある田舎の穴場的なホテルに1泊夫婦旅行に出掛けた。
スローライフ的にのんびりしたかったので、車じゃなくてJRやローカル線を使ってのんびり移動。
子供は妻の実家に預かって貰った。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】旅行に行った時の事2【告白体験談】

私は彼女の部屋に向かった。同室の女性いわく戻って居ないという。
2時間ほど探し回ったが結局見つからず、まさかと思いながらS課長の部屋に向かった。
課長の部屋には、I 主任とH主任も一緒に居るはずなので連れ込まれることなど無いと
思っていた。
ノックもせず、部屋に入ると何人かが寝ている。
ぐちゃぐちゃに重なった掛布団の束が、盛り上がっていた。
布団から出ている毛むくじゃらの男の足に混ざって、その端からしろい女性の素足が太股まで出でいるのが見えた。
私は布団を次々と思い切りはね上げた。
むわっとした汗と精液のまざったすえた匂いが立ち上り、思わず咽せそうになった。
そして、そこに見たものに愕然とした。
そこに居たのは大股を開いて寝ている全裸の彼女、SとHとIもそれぞれ全裸で寝ていた。
4人ともしたたか飲んでいるのか、快感に酔いしれているのか、布団を捲りあげても一向
に起きる気配は無い。
全裸の彼女の股間からは、ぬらぬらと精液が溢れだして敷布団を汚していた。
おまんこどころか、お尻の穴からも・・・大量に!

告白体験談関連タグ

||||||

2013年12月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】社員旅行の出来事【告白体験談】

社員旅行に行った時の出来事だった。
当時、私(37歳)と彼女(33歳)は世間でいう不倫関係にあった。
周りにばれないよう注意していたので、旅行はなるべく別行動をしていた。
宴会の時も席を離れて座っていたのだったが、それが悪かった。
彼女の隣に座ったのが、社内の女性を食いまくっているS課長(37歳)だった。
宴会中に彼女に言い寄っているのが、遠目でも感じられた。
お開きとなった後もS課長と彼女は、離れずに他の社員と二次会のカラオケに向かった。
私は、T部長らと付き合ってラーメン屋へ行く羽目に・・・
彼女の事が心配だったので、途中で切り上げて部屋にいくとまだ帰ってこないという。
館内を歩きまわるうちに露天風呂が見渡せる小高い庭に入り込んでいた。
そうしたら、露天風呂に彼女が腰かけているのが見えた。
縁にタオルも掛けずに素裸で、腰かけており、乳も隠さず、股からちらっと薄い陰毛
が見え隠れしていた。
何やら、笑いながら話している。
はす向かいの縁に男の姿があった。S課長だった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】ビーチボーイ【告白体験談】

数年前、友人と旅行に行った南の島で、いわゆるビーチボーイと過ごした夜の体験についてお話しします。
噂には聞いていたのですが、女二人で行ったその島は想像以上のナンパ・アイランドでした。
次から次へと下心ミエミエの男たちに声をかけられたり、露骨に男を買わないかと言われたりして、私と友人の美帆も少々うんざりしていた時に…
私たちはビーチで本当にカワイイ二人の男の子に声をかけられました。
素朴な言葉やしぐさで私たちをしきりに褒めてくれる彼らに、いつのまにか乗せられてしまった私と美帆は、結局その夜を彼らと一緒に過ごしたのです。
部屋に戻ると、私よりも男性経験が豊富でセックスに対してオープンな美帆が、さっそく二人のうちのS君とシャワー室に消えて行きました。
私はちょっと戸惑いながら、慣れない外国語でもう一人の男性R君とおしゃべりしていると、バスルームからは楽しそうにふざけあうS君と美帆の声が聞こえてきました。
その声を聞いて刺激されたみたいで、R君は私の肩を抱き寄せ、唇や首筋から肩の辺りに情熱的なキスを浴びせてきました。
私は取り繕うように少しだけ抵抗していたのですが、やがて素っ裸のままシャワーから上がってきたS君と美帆が、体もろくに拭かずに見せ付けるかのように濃厚に愛し合い始めたのを見て、私の体も熱く火照ってきてしまいました。
私は生まれて始めて見る、他人のセックスの光景にすっかり興奮していました。
押し付けてくるようなR君のたくましいキスに私も乗せられて、彼氏ともした覚えがないくらい長い時間をかけて、ネットリと舌を絡み合わせました。
S君とシックスナインの状態になって、長いチンボをおいしそうに食べていた美帆が、催促するような視線を私に送ってきました。
私もR君とお互いに服を脱がせ合って、全裸になってベッドに入りました。
R君は音を立てながら、私の体の隅々にまでキスしてくれました。
あまり上手ではなかったけど、本当に情熱的で体が溶かされてしまいそうな感覚でした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年12月14日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談
10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ