【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【告白体験談】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。
直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。
直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。
子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。
しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。
直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。
直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。
心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。
「愛さん・・・相談したい事があって・・・」
「いいわよ。どうしたの?」
「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」
「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」
「じゃあ、5時頃にお邪魔します」
「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」
電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・8【告白体験談】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。
勿論、妻を貸し出す件である。
写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。
私は愛に了解を得るため連絡ととりました。
「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」
「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」
「じゃ、少し遅くなるから・・・」
私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。
今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。
今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。
酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。
小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して
「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」
「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」
「社長なんでしょう?話しって・・・」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【告白体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】私の妄想癖【告白体験談】

私は39歳になる妻子ある男です。
妻と結婚して15年になり、子供も14歳と12歳になります。
夫婦円満!夜の営みも1/週で行われる程です。
妻は2歳年下で、可愛い系でしょうか?胸も大きめEカップ、30代後半の人妻らしい
肉付きのいい女性で、友人には日テレのみうらあさみアナに似てると言われています。話しは戻りますが、私には妄想癖があるんです。もちろん妻も知らないでしょう!
元々エッチ好きだった私でした、年々変態度は増し35歳を過ぎた辺りからでしょうか?
妻が他人に襲われたら・・・・何て考える様になっていました。日頃、目にする何気ない現場!一生懸命仕事をする男臭い工事現場などを見ていると
もし、あのプレハブ小屋の中に全裸の妻を押し入れたら・・・きっと男達が群がり汗臭い
巨根を次々と口やマンコやアナルに入れられ”ヒィヒィ”と妻が喘ぐんだろうか?
四つん這いで、バックから巨根を入れられアナルにも作業道具を入れられ、娼婦の様な扱い
をされ、やがて捨てられるんだろうか?
山中の工事現場に連れられ、一日中男達の性処理をさせられるのでは・・・
そんな事が頭を過ってしまうんです。温泉でも、この男湯に妻を連れて来たら、きっと男達は厭らしい目で妻をジロジロ見るだろう!
あの男達(学生風の数人)は妻を四つん這いにすると代わる代わる犯し続けるだろう!
そこの爺さんだって、フニュフニュのチンポを妻の口に押し込み、久々に精液を出す事だろう!

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】友人との旅行で初めての乱交【告白体験談】

最近、私は友人2人と温泉旅行に出かけて来ました。
友人の千佳さんが旅行にでも行きたいね!と言い出したのが始まりです。
私達3人は同い年で、子供が同級生だった事もあり、仲良くなりました。
千佳さん31歳は、小学5年と3年のお子さんがいます。
もう1人奈々子さんも31歳で、小学5年のお子さん、そして私も5年と4年の小学生の母です。
春休みに入った子供達を実家に預け、私達は2泊3日の旅行に行く計画を立てました。
夫も、たまには羽を伸ばして来いよ!と言ってくれました。女性だけの旅行なんて、何年ぶりでしょうか?
独身気分でウキウキだった私は、服装も若々しく化粧も念入りに気合が入っていました。
夫「随分気合入ってるなぁ・・・見違えたよ」
私「そうぉ?久々の女性だけの旅行だから、気合入れちゃった」
夫「良いんじゃない!20歳位に見えるよ」
私「そんなお世辞言っちゃって・・・でも嬉しいわ」
夫「ナンパとかされたりして・・・」夫から言われた”ナンパ”と言う言葉に、ちょっとドキドキする気持ちが芽生えていたのは事実です。
駅まで車で夫に送ってもらい、歩いて駅の中へ歩いて行くと既に千佳さんと奈々子さんが待っていました。
2人共、若々しい格好です。大学生とは言えませんが、まだ20代のOLって感じに見えるかも知れません。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】彼女がテニスの社会人サークルに参加してるんだけど 【告白体験談】

<>214名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2014/02/08(土)08:40:59.57ID:OGydkbEl0[1/3]<>
彼女がテニスの社会人サークルに参加してるんだけど
この間合宿(3泊)に行ってて帰ってきてから携帯をチェックしたら
デコって目線隠してはいるが明らかに彼女の合宿時のエロ写真がいっぱい出てきた俺はどうすればいいだろうか

おっぱい揉まれてるやつとか、露天風呂で男のものを触ってるやつとか
極めつけは夜に乱交みたいなことしてたのがあったんだけど

<>215名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2014/02/08(土)14:38:17.37ID:fj1zCIiO0<>
>>214
とりあえずうp

<>216名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2014/02/08(土)19:22:34.99ID:2WA0Wpyi0[2/2]<>
ここで相談するってことはそれなりの代価は用意してんだろうな?

告白体験談関連タグ

|||

2014年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】【胸糞注意】DQNに好きな子売り渡したら 【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2013/09/29(日)14:51:07.86ID:L/8ElVPB0<>
今夜十数年ぶりに会うことになった

<>2:名も無き被検体774号+2013/09/29(日)14:54:12.58ID:g0XgqAJV0<>
簡単尚且解りやすく説明できる?

<>3:名も無き被検体774号+2013/09/29(日)15:00:48.43ID:L/8ElVPB0<>
高校の時同じクラスのDQN達に、
中学の同級生A(好きなだった子)の家と携帯番号教えろと言われ、ビビった俺は教えてしまった。
当時DQN達はある場所をヤリ部屋にしていてそこに気に入った女子を連れてきてはアレコレしていた。

<>4:名も無き被検体774号+2013/09/29(日)15:06:16.51ID:L/8ElVPB0<>
クラス中にハブられた時も、唯一変わらず接してくれた子だった。
ハブられた理由は、クラスのDQNボス的な奴がAの事が好きで、なのにAが俺なんかに優しくするから、だった。

告白体験談関連タグ

||||

2014年3月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】事故の後遺症? その2【告白体験談】

引っ越した先では子供を引っ張り込まないと約束させました。
事故から何気に毎日過ごしてきたので妻の変化に気づきませんでした。
夜の夫婦生活も週に1、2回と事故前から増えもせず減りもせずでした。
ただ天然でおおらかな性格でしたが服装はキッチリしていたのですが事故後は徐々に乱れてきたような気がしました。
自宅でもブラは付けていたのが最近ではノーブラで買い物に行くこともあるようです。
パンツルックが多かったのに短いスカートやワンピースが多くなりました。
肌の露出する服装を嫌っていたはずなのに今は露出度の大きな服を好んで着ているようです。
四六時中監視しているわけではないので推測が多いのですが自宅のタンスや衣装ケースとか見てて感じました。
妻が約束を守って子供たちを家に引き込んでいないか、しばらくは早退して様子をみていましたが守ってるようなので回数も減らしました。
引っ越した先は以前のように駅前に酒屋はありませんが自宅に帰る途中にコンビニがあり少し高くつきますがそこでビールとか買って帰るのが日課になりました。
ただコンビニってのはなぜか不良が溜まるんです。
その日もビールを買って出てくると駐車場の端で数人の中学生が溜まっていました。
自宅方向だったので彼らの横を通って帰ろうとした時ニタニタした顔で彼らは変な話をしていました。
何か引っかかる話だったので駐車場を出たところを曲がり彼らの塀の後ろ側でタバコを吸ってる振りをして聞いていました。
最近小さな子供を連れた30ぐらいのおばさんの話です。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・6【告白体験談】

金曜の夜、いつものようにシャワーを済ませソファーでビールを飲みながら寛いでいました。妻はまだお風呂から出てきません。私は思い出したように、ビデオをセットしてリモコンを操作しました。画面に、妻の姿が映し出されます。岡本君に跨って腰を振り、直樹のチンポを扱きながらフェラしてます。
「ああ・・・気持ちいい・・・」
「愛さんは本当に淫乱な奥さんだ。『私は淫乱な主婦です。主人以外のチンポに犯されてます』って言ってみな」
直樹に卑猥な言葉を言わされてます。
「私は・・・淫乱な・・・主婦です・・・あっ・・・あっ・・・主人以外の・・・あっ・・・チンポ・・・に・・・犯されて・・・あっ・・・ます・・・いい~・・・」
妻が部屋に入ってきました。パジャマ姿で私の隣に腰を降ろしました。
「また、観てるの?・・・あなた、恥かしいわ。」
「まるでAV女優だな。一人で3人の男に廻されて・・・淫乱な奥さんだ」
妻を言葉で責めていきます。
「・・・恥かしい・・・」
恥かしがる妻に追い討ちをかけます。
「直樹ってバイブを使ってるのに、岡本君ってバイブがいるね。今度、買いに行こうか?」
「・・・えっ!私も一緒に行くの?・・・」
「だって、使うのは愛なんだよ。アダルトショップに私と行って愛が選びなさい。格好は岡本君が来た夜の格好がいいな。選んだら店員さんに使ってもらえるしな」
妻は、恥かしい格好で店員さんやお客さんの好奇の目に晒されてる姿を想像して目を潤ませています。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年3月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】性の受け皿になった過去【告白体験談】

しばらく車で走ると、少し大きめの居酒屋に到着しました。
先を走っていた車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店内に入りました。
案内された個室には既に2人の男性がいらっしゃいましたので、主人と私と男性4人の計6人で一緒に飲むことになりました。
主人の横で手を握り緊張でいっぱいでした。
男性の方々は同年代で、みなさん楽しく優しく接していただき、お酒を飲んだこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました。
少しずつ皆さんの色々な体験談から、下ネタ話にも花が咲き、席を替わりながら飲んだりしていると軽くボディタッチをされたりしましたが、それはそれで楽しい席でした。
それなりに時間も経ち、誰かが「そろそろ…」と言いましたので、お開きとなり席を立つことになりました。
「奥さん、大丈夫?」の声に、これからの事に気が付き、一瞬で緊張が戻って来ました。
主人や男性達に勧められるように外へ出て、主人と迎えに来られた方が、車を近くの駐車場へ移動しに行きました。
残された私と男性達はしばらく店の駐車場で待っていました。
その間に何か話したのかも知れませんが、覚えていません。
程なくして主人達が戻ってきたので、みんなで1台の1BOXカーに乗りました。
車はしばらく走って郊外のホテルに着きました。
すごく緊張しながら、みんなで部屋の方へ入りました。
部屋は広く、みんなが座れるようなソファーがあり、その左右奥にベッドが2つありました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ