【寝取られ】家に帰ると妻が襲われていた話【告白体験談】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、
くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【告白体験談】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。

その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。

「やめろ! 離せっ!!」

小柄な男子は叫ぶ。
しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。

「本当かよ、伊藤が女だって」
「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」

押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。

「ふざけんな、俺は、男だっ!」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月4日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【レイプ】すり替え 【告白体験談】

日本兵が凌辱して殺した女性の写真。むごい。だが、ふくよかな感じ。これって敗戦後、満州で凌辱された日本女性の写真ではないのか?

告白体験談関連タグ

|

2015年2月26日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【不倫・浮気】続・新妻絶頂 【告白体験談】

前編:新妻絶頂

電話が鳴ったのは、一週間分溜った洗濯物を干し終わった時だった。
よく晴れた土曜日である。美佳の銀行も健介の会社も週休二日だったが、健介は仕事が残っているからと言って午前中に出かけてしまっていた。
今日はどうしても家にいて欲しかったのだけれど、そういえば婚約したばかりだった去年の夏も、健介は土日返上で働いていた。
年に一ヶ月のことだから、仕事だけなら我慢しなくてはいけないのだろう。
しかし今日はその上、学生時代の先輩の結婚式の二次会があるとかで、帰りが遅くなるという。
美佳はそれだけでも欠席して早く帰ってきて欲しいと頼んだのだが、健介は例によって柔和な口調で拒んだ。
「そうもいかないよ、なるべく早く帰って来るようにはするけど。ごめんな。」
「でも毎日遅くて疲れてるんだし…。」
「ああ、大丈夫だよ。ずいぶん実家にも帰らせてもらってるし。」
「そんなにここに帰るのが疲れるの?」
「そういうんじゃないよ。仕事は遅いけど、寝る時間はきちんと取ってるから大丈夫、ってこ と。」
「そう…じゃあ、できるだけ早く帰ってね。」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【レイプ】性同一性障害の災難 【告白体験談】

高校グランド奥の体育倉庫。テントや授業用の体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りはもう真っ暗で、全く人気はない。部活の生徒たちも、皆帰宅した時間だ。

そこに、制服のジャケットにズボンの男子生徒が4人。

一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。

「やめろ! 離せっ!!」

小柄な男子は叫ぶ。
しかし、この学校のグランド裏は、山林で叫びはどこにも届かない。

「本当かよ、伊藤が女だって」
「あぁ。伊藤と同じ中学だったやつから聞いたんだ」

押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【人妻】年末年始【告白体験談】

年末年始は実家に帰らず、学生時代にバイトをしていた屋内プールの支配人に頼まれごとをお願いされていた。
年末年始の休業中に一日一回、施設を見回って欲しいとのことだった。
バイト代は出ないが、プールで泳いでも構わないというから、経費を考えれば、かなり高額のバイトでもあると思った。
早速29日の午前中に部屋の大掃除を済ませてから、午後にプールに行ったが、
さすがに一人でプールにいるのは、寂しくなった。
併設されている小さなジムもやったが、それも虚しく器具のカチャカチャという音が響いて余計に寂しさを感じさせるものになった。
適当に見回って、ボイラーも最後消して施設を出て、引き受けてしまったことを少し後悔した。
誘えるような友達はみんな帰省してしまったか、仕事にはまっていて、帰省すればよかったと後悔した。
ところが、近所の子供で以前転んだところを助けたこともあって、遊んであげるような仲になった子供を
コンビニで見かけた。
母親も知っているが、家庭の事情が複雑そうで、挨拶程度しか話したことはなかった。
と言うのも、子供の父親は浮気相手の家に入り浸っており、母親は酒に溺れてしまった時期もあって、
それが嫌になった子供が突然夜に俺の部屋に泣きながら来た事があった。
子供から聞いたそういう話だから、内容はかいつまんだ感じだろうが、嘘はないと思った。
それを知ってから、母親の存在自体が俺の中で踏み込んじゃいけない領域になったような気がした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】私の罪・妻の功6(未完)【告白体験談】

前編:私の罪・妻の功5

妻の後を追って、こんな関係を阻止しようか…
妻の後を追って、また覗き見するのか…
このまま寝たふりで朝を待つのか…
混濁した意識の中で、かなりの時間考えていました。ふらつく体を支え、私は立ち上がりかけました。
すると、私を呼び止める声がして、「覗きに行くんですか?」と問い掛けられました。
鼾をかいて寝ているものだと思っていた社員の一人が、体を起こしていました。その男は他の社員と同じく、妻を叔父の愛人だと思っているらしくて、「澄江さんいい女ですよね。実は私も目を覚ましていたんですよ。社長とキスしてるところから盗み見していて、覗くなら一緒に行きましょう。」
と立ち上がりました。
私はそんなつもりではないと、拒絶しようとしましたが、その男に体を押されるまま叔父の寝室がある2階へと上がっていきました。澄江をまさか私の妻だとは思っていないその男性社員は、寝室に向かう間、声をひそめながら私に囁きます。
「実は噂は聞いていたんですよ。社長の家の飲み会に誘われて、秘書の澄江さんが参加してる時は、適当に飲んで寝たふりをしてろって…いい事があるって、これだったんですね。」
厭らしい笑顔を浮かべる男に相づちを打ちながら、すでに何度も行われてしかも社内の噂にまでなっている事に、ショックと嫉妬の感情がのしかかってきました。
叔父の寝室らしい部屋が見えました。
よく見ると若干明かりが洩れています。一緒にいる男が呟きました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】鬼畜男に堕とされた妻【告白体験談】

私は35歳、32歳になる妻と一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。ありがたく務めさせていただく事にしました。

妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。しかし。ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影をひそめ憂鬱そうな素振りを見せ始めたのです。
「どうした?会社で何か嫌な事でもあるのか?」
心配する私に、
「ううん。大丈夫よ・・・」
と、言う妻。
「そうか・・・」
私は、それ以上詮索できませんでした。

ですが、日増しに妻の様子はおかしくなっていったのです。
いつもは、満員電車に乗らなければならない為、パンツスーツで出勤していたにも関わらず急に独身時代に着用していたミニのタイトスーツに身を包み始めたかと思うと、必要以上に胸元の開いたブラウスを着込んだり・・・。髪型を気にしたり、化粧も念入りにするようになってきた妻。
(もしや浮気・・・?)
いつしか私は、そんな不信感に捕らわれ始めたのです。
妻は、夫の私が言うのも何ですが結婚してからも清楚な雰囲気を失わず、見た目には子供がいるようには思えないほど魅力的な女性です。身長は高くありませんが、スレンダーな体型で、しかし胸はあるほうだと思います。会社で、男性社員からの誘惑があったとしても不思議ではありません。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】堕とされた母【告白体験談】

堕とされた母 
−21−
「今日は、一段と激しいじゃない、佐知子さん」
肉根の切っ先で、臀肌をなぞりながら、達也が言った。
「あぁん、だってぇ…」熱く硬い感触に気もそぞろなようすで、佐知子は答える。
「だって、昨日は一度も…」
抱えられた臀を微妙に蠢かせる。這いまわる達也の先端を、待ち望む場所に誘いこもうとする意志を見せて。
「ああ、そういや、そうだったね」
中心へと誘おうとする巨臀の動きをいなして、達也はあくまでも臀丘の表面だけをなぞる。ぬめ白い肌に、極太の筆で字を書くように。
「でも、たった一日だよ? 一日空いただけで、そんなに我慢できないの?」
「あぁ、だって、達也くんが、毎日、何度も…」
「何度もしてるから、クセになっちゃったって? それじゃあ、セックス中毒じゃないか」
「ああ…ひどいわ……」
「そう言いながら、このケツの動きはなに? 必死にチ○ポ咥えこもうとしてさ」
ピシャリ、と。淫らがましい蠢きを続ける熟れ臀に平手を叩きつけた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】慣れない電車【告白体験談】

昼過ぎに仕事終わった時とかは、色んな電車に乗り換えて物色してるんです。
なぜかと言いますと…勤務先は大阪の方なんですけど、帰りに乗る路線は決めてないんです
よ。何故かと言うと鉄警にマークされないようになんです。だから最後に帰宅するために乗
る路線では絶対にアレはやりません(^^)んでこの前なんですけど、梅田〜大阪間の地下街を
ウロウロしてたらいましたいました♪エジキに最適っぽい中〇生発見!年の頃は13〜15
くらいでしょうか、メガネをかけたロングストレートの黒髪がそそるおとなしめの子が。で
、よく顔を見るとこれがまたかなりの美少女で、少しだけ垂れ目気味なのが俺のド真ん中の
ストライク。早速、後を着けて行くと電車に乗るみたいで、かなり高額のキッブを何度も確
認しながら買ってたのであまり乗らない路線なのでしょう。慣れない電車・おとなし目・メ
ガネっ娘(笑)ときたらいくしかないでしょ?(笑)(笑)(笑)んでホームに上がるとすっと並ん
だのが車両の端の所。分かります?その車両の座ってる人達はみんな向こうを向いてる状態
なんですよ(^^)その上座席は全部二人掛けのみ。電車が来たので乗り込んで見るとガラガラ
で、香奈(後で名前聞いたら香奈と言ってた)は狙い通り一番後ろの窓側の席に座った。隣に
座ると、少し強張った表情をしたが何も言わないで窓の外を向いた。さあ、凌辱タイムです
♪まずは様子見に横に左手を降ろし、指先でふとももの辺りをスリスリしてみる。ビクッと

告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ