【寝取られ】彼女の部屋でハメ撮りDVDを発見【告白体験談】

大学時代付き合ってた子のアパートによ
く行ってた
向こうから告白してきて、遊びに行くと半分押しかけみたいにす
ぐ部屋まで来て 若かったので誘惑に負けた俺は なし崩しにダラ
ダラと付き合っていた
正直俺はそこまで好きではなかったんだが、悪い子ではなかっ
た・・・と思ってた
付き合って1年ぐらいして、夏休みだからお互い時間もあるし
1ヶ月ぐらい俺がバイトしながら彼女のアパートに半同棲みたい
な感じになってた
ある日、彼女が飲み会と言って遅くまで帰らないことがあった
えーと、テンプレだとスペックだよね(笑)
スペック、俺は前に書いてるので省略
彼女・・・身長156だったかな、顔は・・・たぬきみたい
な・・・可愛いんだが(笑)

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻  裕子【告白体験談】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】寝ている後輩の彼女に悪戯したら寝たふりしてイッていた!【告白体験談】

これは僕が昔に体験したお話です。
その前に僕の紹介をさせてもらいますが、僕はルックスがメガネデブなので初対面の女の人からは嫌煙されがちなタイプの男です。
趣味も盗撮やスカトロ物が好きで、自分でも変態だと思います。
昔から機械系の物が大好きで、いわゆる「秋葉系」の男と思って下さい。
でも、大学生時代に悪い友達に利用されながら、風俗のイベントを一緒にやっていたので、おこぼれの女の子と沢山エッチする機会があったので、ルックスの割にはイイ思いをさせてもらってます。

もう一つ、僕には特長があって、舌が異常に長くて、チ○コもデカイです。
小学生の頃はイジめられましたけど、今では無くてはならない物になっています。

このお話は社会人になって2年目に経験したお話です。

僕が社会人になって1年ちょっとが過ぎた頃に、久しぶりに大学時代の後輩から連絡が有りました。
そいつも僕と同じくオタク系のカワイイ感じの男でした。
なんで久しぶりに連絡してきたのかと思ったら、社会人になってから初めて彼女が出来て、やっと童貞から卒業出来た!と言うハイテンションな理由だった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】バイトの先輩を信じて家に行ったのに【告白体験談】

<>232えっちな21禁さんNew!04/07/1817:26ID:qqAdk8bN<>
1年位前にパチンコ屋でバイトしていた時、社員Tさんから地元じゃないし友達いないからバイト後遊びに行こうと誘われました。
Tさんは見た目はイマイチだけど悪い人じゃないし私をあまり女として見てないし社員の中でも結構仲良かったのでOKしました。
バイトは12時までで、Tさんの休みの日にドライブしたりビリヤードしたり何回か遊びました。
ある日アダルトビデオの話をしていて私が冗談で教師ものが見たいなと軽く言うとじゃあ一緒に借りて見ようと言われました。

<>233えっちな21禁さんNew!04/07/1817:36ID:qqAdk8bN<>
「えっ!?」っと私は彼氏がいたしまさか変なこと考えてないよねっと思いながらその時は暇だったらねと流しました。
何日かするとバイト中向こうからいつ暇かとか見たいAVビデオの内容とかきいてきました。
私はこの人本気なんだ、どうしよう、今更断りきれないと思いました。
そしてメールで何もしないよねって確認をとった。
Tさんからはあたりまえだ、ぼけ!と返信があった。
いよいよ当日がきました。
いつもどおり向こうが休みで私のバイトが終わってから会いました。
もちろん今まで二人で会った事は彼氏には内緒です。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】男嫌いな清楚な妻が・・・【告白体験談】

最近妻が、綺麗になっていくのです。
妙に色ぽっさができたように思うのです。
妻は44才、私は45才。
夜の方もマンネリして、殆どご無沙汰です。
あまりかまっていません。要するにしていません。
妻の容姿は、人に言わせればすごい美人と言われますが、私から見れば
普通の主婦にしか見えないのですが?
髪は長くしていて、男好きのする顔をしています。
体つきは、中年になって肉付きも付き、ぽっちゃりまではなってませんが
161センチで確か50kgでスレンダーでしょうか。
ついでに3サイズは、B88 W62 H91 
子供は居ません。体型は結婚当時からはあまり変わってはいません。
不倫のドラマを見るのさえ嫌がる、堅物で清楚な女です。
処女のまま、私と結婚したし、浮気はまったくしてなかったはずです。
私の友人が「奥さんと付き合えたらいいな」と話していると云うだけで、

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻③【告白体験談】

手で顔を覆いながら濡れたオマンコは丸出し・・・間隔が長くなって行きながらもビクンビクンと前後に痙攣する腰・・・
男からすれば何とも卑猥な眺めです。
息も絶え絶えの彼女を俯きに替え四つん這いにさせました。
イた太ばかりの彼女はグッタリとして為すがまま・・・私の唾液と愛液が入り混じり、オマンコはグチャグチャです。私はチンポをあてがうと、オマンコの入り口をまた何度もなぞり上げます。
“アン・・・あっ・・・”しばらく続ける彼女は喘ぎだしました。わずかながら腰もグラインドしています。チンポのカリでクリトリスを擦り上げると“ああっ・・・いっ・・・”“ほら欲しがってるよ。どうする?チンポ嵌めたいんでしょ?”“ン・・・いやっ・・・いっ・・・あっ”彼女の声は弱弱しく、言葉に反して腰のグラインドは大きくなって行きました。“言ってごらん、どうして欲しい?ヌルヌルのオマンコにチンポ嵌めて欲しいって。”私は彼女の耳元で何度も囁きながら同じ動作を繰り返します。
“・・・さい・・・を・・・て・・・”“ちゃんと言わないとこのままだよ。クリ舐められてイッたでしょ?恥ずかしいことないやん。”“・・・てください・・・んちんを入れ・・・”“ほら、はっきり言わないと分かんないよ!私のオマンコにチンポをハメてっていいなよ!”そう言いながらクリを擦りたて、オマンコの入口に先をあてがいジッとしてると、
何とか入れようと彼女の腰が押し付けられてきます。
そのたびに腰を引き、彼女の望みは叶えてあげませんでした。絶対に落としてやる!そう決めていました。私もビンビンに興奮し、チンポのカリはパンパンに膨れあがっています。“お願いします。私のオマンコにビンビンのチンポをハメて下さいって言いなよ!”
彼女は堪らないようで、腰のグラインドも早くなっていました。
危うく入りそうになったり・・・私は尻を掴み動かせないようにするや入口にチンポをあてがいます。カリの手前まで挿入し“早く!言わないと抜いちゃうよ!”とうとう彼女が落ちる瞬間が来ました。“お願いします…私・・・わたしの…ンコ・・・オマンコにおちんちんを・・・て・・・入れて下さい。”“はっきり言わないとダメでしょう?それに子供じゃあるまいしおちんちんなんて・・・チンポと言いなさい!”そう言いながら腰を少し引きました。“あっ・・・いやっ・・・オマンコに…私のオマンコにチン・・・チンポをハメて下さい・・・”“チンポじゃなくてビンビンのチンポだろ?言い直し!S子のオマンコにTさんのビンビンに起ったチンポをハメて下さいっていいな!”
ここまで来ると口調も変えます。
“あ~っ・・・お願いします、チンポを・・・ビンビンに起ったTさんのチンポをS子のオマンコにハメて下さい・・あ~っ、イッ!”
私はS子の言葉が終わらない内にゆっくりと入れ始めました。
ビンビンに起ったSさんのチンポまで言った時にはカリまで、S子のオマンコまで来たときは半分まで、ハメて下さいの直後には子宮口に届くまで深く・・・
あ~っ凄い・・・奥まで届いてる・・・す、すごい・・・っ・・・”ゆっくりと抜けてしまうくらいにチンポを引くと“あっ!いやっダメっ!”とS子。大丈夫、抜きはしないよ。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】洋美さんに・・・2【告白体験談】

以前も書き込みをしたのだが
俺は今、洋美さんという32歳スレンダー美人の人妻の
奴隷の様な存在になっている。
詳しくいうと洋美さんの性欲処理のお相手をしているのだが
某FCチェーンのオーナーとSVという関係なので
仕事上も上手く利用されている。
会社にばれるとまずいのもあるのだが
それよりも俺は彼女とのSEXに嵌っているのだ。
洋美さんはSというわけでは無いが
男を虜にするのが上手だ。
勿論、他の男を誘惑するのを見たわけではないが
俺は彼女の言葉責めとSEXテクの虜にされている。
数ヶ月前に彼女に誘惑され、まんまと骨抜きにされた。
彼女とのSEXのコースはこんな感じ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】旦那を亡くして別の男性と(まとめ編)【告白体験談】

先日、旦那を若くして不慮の事故で亡くし、絶望感でいっぱいのところに
山登り仲間のMくんと・・・。

旦那と私、Mくん(独身で27歳、私と同い年)は週末に山登りのサークル仲間です。
ただ、旦那とMくんは特に仲が良いわけでなく、サークルにいる普通のメンバーという感じ。
Mくんと私は結構、仲が良くて旦那と結婚する前は良くしゃべっていてメールすることも
しばしば。

旦那の通夜でMくんに会って挨拶だけだったのですが、数日したら携帯にメールが来て
晩ご飯に誘われました。

娘の咲希(2才)もいるし断ろうか迷っていましたが、旦那を亡くして「いろいろ話を聞いてもらいたい!!」という気持ちが強く、結局、咲希の面倒をみられる私のマンションでゴハンという話になりました。

咲希を適当に寝かしつけてから、いろいろ今の悩みとかを相談。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】こんな私って・・・抱かれる人妻 14【告白体験談】

「きゃあぁぁ・・・いやだってば・・・いやぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・いいからおとなしくするんだ・・・優しくしてあげるよ」
「きゃっ・・・あっ・・・うぐっ・・・」
真紀の口から押しつぶられたような小さな悲鳴が漏れて、口唇が重ねられる。
「きゃぁ・・・いやいや・・・んぐぅぅ・・・」
きつく抱きしめられた真紀の口唇がこじ開けられ、逃げ惑う舌が捕らえられ舌同士が絡み合い、吸われる音が響く。
ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・
オジさんが強く滑らかに吸うと真紀の口から柔らかい喘ぎ声が漏れてくる・・・
「あうぅ・・・ぐぅ・・・」
「そう・・・真紀ちゃん・・・いい子だわ。あなたはわたしたちのもの・・・逃げられないのよ・・・」
喘ぎ声を聞きながら真紀の柔らかい乳房をワンピースの薄い生地の上からゆっくりと揉む。
「ひいぃ・・・ユキさん・・・だめ・・・だめよ・・・」
「真紀ちゃん・・・キスの途中だよ・・・」
「うっ・・・あぐぅ・・・あぁっ・・・」
オジさんの口唇が再び真紀に重なって言葉が遮られ、じゅるじゅる・・・びちゃびちょ・・・と濃厚に絡み合う音に変わってくる。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】こんな私って・・・抱かれる人妻 13【告白体験談】

それから二、三日さまざまな場面をシュミレーションし、真紀が泣いて悦ぶ場面を想像してみた。
いろんな男たちを当てはめてみたが、私の気持ちを考えてくれながら真紀を抱ける人がなかなか思いつかない・・・
もちろんダンナは最初から排除しているので論外だ。
早めに決めないとせっかく手にいれた真紀奥さまの調教がまた振り出しに戻ってしまう。
あきらめることを覚えてもらったのだから・・・
そもそも私がこうなったのはオジさんのせい。
屈辱に耐え、あきらめてセックスを楽しむことを教えてくれたのもM女として調教されたのもこの人・・・
一時期はいつも抱かれていたが、いつしか私が他の男を求めるようになり関係はだんだん希薄に。
オジさんが私の中に眠っていた『女』を目覚めさせたのだからこれはこれで仕方のないこと・・・
いつまでも一人の男だけで我慢できるわけがない。
オジさんと最後に二人きりで会ったのは一年以上前のこと・・・真紀を手に入れる前だった。
そのころの真紀との関係はダンナがらみだったし、彼女がいなくなってからはいろんな男性との新しい関係をもとめていたので、オジさんとは距離を置くようになっていた。
それなのにオジさんはそんな私を脅したりしつこくつきまとうわけでもなく、オジさんもその辺りは心得ているというか、遊ぶ相手には不自由しない人だから去る者は追わずってことで自然消滅・・・
適当に遊んでもよかったけれど束縛されそうで嫌だったし、私自身がまたのめり込みそうな気がしてブレーキをかけていたのだ。
真紀をどうしてここまで責めるのか・・・可愛い奥さまに自分と同じ思いをさせたいからだ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ