【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 【告白体験談】

結婚8年目、菜穂と智明の夫婦生活は2年前までは順調だった。

2人の子供に恵まれ、一戸建ての家もローンを組んで購入。

智明も、さぁこれからバリバリ働いていこうと意気込んでいた矢先の事だった。

2年前の猛烈な不況の煽りによって、智明が勤めていた会社が傾き始めたのだ。

それでも真面目な智明は必死に働いた。

家族のため、そして会社のためにも。

智明は、お金のためだけに働いていた訳じゃない。高い志を持って就職した会社だ。

上司も、社長も、若い頃からお世話になった人達ばかり。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年5月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁が町内の運動会の後から様子がおかしい・ 【告白体験談】

俺37歳、嫁35歳、長男7歳、次男4歳。

とある地方の中核都市で4人仲良く暮らしてた。
すぐ近所に、義母が1人暮らし。
嫁の両親は、嫁が学生の時に離婚、その後かなり苦労して、嫁と嫁弟を育てたらしい。
かなりの人格者で俺も尊敬してるし、何かの時に子供の面倒も見てくれるので頭があがらない。

俺の稼ぎは正直良くなかったが、嫁もパートで家計を助けてくれたので、贅沢さえしなければ、普通の生活には困らなかった。
何より、嫁仲間からは、「おしどり夫婦」と言われ、羨ましがられてた。

付き合ってから12年、結婚してから9年、ほとんど喧嘩らしい喧嘩をしたことが無い、ある種奇特な夫婦だった。
金以外は何でも有る、本当に幸せな家族だった。去年の町内会の運動会の日までは…。

去年、長男が小学校に入学した事で、秋の町内会の運動会に行く事になった。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【告白体験談】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。
32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。

これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、

嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。
男は、嫁の昔の知り合いだ。
40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。

「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」
男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。

目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【怖い】法医学研究室第一標本室 【告白体験談】

私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者ですが、オカルトではありませんが、医学部にはいろいろと不気味な場所が存在します。
そのなかの一つ、「法医学研究室第一標本室」のお話です。

私の住む地方には検視監制度がなく、いわゆる異状死体は全て大学の法医学教室に搬送され、司法ないしは行政解剖が行われます。
それはそれは様々な異状死体が運び込まれてくるわけで、中には練磨の法医学教室のメンバーでさえ目を覆いたくなるような無惨なものもあります。

これらの異状死体は証拠写真を撮影された後解剖され、遺族のもとに返されるわけですが、まれに、遺族からも引取りを拒否されたり、法医学・解剖学・病理学上、大変興味深い異状死体が搬入されることがあります。

このような医学上珍重な(そして大変グロテスクな)標本の多くが収容されているのが「法医学教室第一標本室」、通称「穴倉」です。

874名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/07/2320:55
「穴倉」は地階の教室を数個ぶち抜いた非常に広い部屋です。
しかし広いには広いのですが、地階であるせいか、はたまた建物が非常に古いせいか、隅々まで照明がいきわたっておらず、昼間でも電気をフルにつけていないと足元がおぼつかないほどです。

しかし私自身を含め「穴倉」に始めてやってきた人間は、電気がついたとたん、非常に驚いてしまいます。

告白体験談関連タグ

|||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】−滅−【告白体験談】

五人。
     白い部屋。
無骨なナイフ。

                 流れる血。

——————————

[点滅。]

目が覚めた。
 死体があった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【寝取られ】最悪な交渉 2 【告白体験談】

結局、私は
いてもたってもいられなくなり、仕事を早めに切り上げて
我が家に急ぎました。

友里が家にいることを信じて、ひたすら我を忘れて走りました

やっとのことで
なんとか夕方頃には家まで戻ってくることができましたが

いざ自分の家のドアの前に立つと

ここまで必死に走ってきたこと
最悪の結果が待っているかも知れないということなど
いろんな不安が混ざり合い、

告白体験談関連タグ

||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【怖い】邪霊の巣窟【告白体験談】

この話は十数年にも渡り自分と現妻や実兄、町をも巻き込み、恐怖のどん底に引きずり込んだ実話です。
かなり長い上に自分が書き込みに慣れてない為読みにくい部分もあると思いますがご容赦下さい。

全ての始まりは小学3年生の時でした。
兄と兄の友達3人に誘われてこの町で大人たちから「絶対に近ずくな」ときつく言われていた場所に内緒で行く事になりました。
その場所とは今は誰もいない寂れた神社で子供ながらにかなり不気味で嫌な感じがしました。
本当は乗り気ではなかったのですが兄たちに半ば強引に誘われる形で行く事になり仕方なく行くといった感じでした。
決行当日の昼に自分と兄は少し様子見に現地に行きました。すると最近この町に町の役所だか町長だかから仕事を頼まれてやって来たらしい20代半ばくらいの男性がその場所にいて、
「君達、ここには何があっても絶対に来ては駄目だよ近づかない方がいい、早く戻るんだ。いいね?」
と言われ追い返されてしまいました。しかし兄達はその夜に計画を実行してしまいました。
まずその神社は町の高台にあり、さらにそこから伸びる坂を上がった所にあります。その坂には鳥居が幾つも連なっておりかなり不気味でした。最初は皆固まってあるいていたのですが誰かが
「別行動しよう」
と言い出して兄と自分、兄の友達3人に別れて行動する事になりました。
そしてしばらく歩いていると急に周りの空気というか空間自体というか・・・とにかく何かが変わりました。自分は兄に「帰りたい」と言おうとしたら・・

告白体験談関連タグ

|||

2014年5月24日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】ウゴン様【告白体験談】

今はもういないが小学校からのツレの『健』には爺様がいて、一緒に暮らしていた。遊びに行くといつもニコニコしながらお菓子なんかをくれたりした。

月に一度くらいは『山歩き』といって、休みの前日の夜中からテント泊まりして、まだ暗いうちから山に入り散策なんかに連れて行ってもらったり、長い休みには爺様の生まれ故郷の山奥に健と一緒に連れて行ってもらった。

小学校6年生の時、毎年の行事のように爺様の田舎に連れて行ってもらった時の事。

長文になります。苦手な方はスルーでお願いします。

毎度のように午前中のうちに爺様の家屋の掃除を手伝い、川遊びに出掛けた。

昼も過ぎた頃、川まで爺様が迎えにきてくれた。片手には瓶を持っている。

告白体験談関連タグ

||||

2014年5月18日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【寝取られ】FXで失敗した私のせいで嫁がやられた 【告白体験談】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。
32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。

これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、

嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。
男は、嫁の昔の知り合いだ。
40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。

「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」
男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。

目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】近所のハゲ親父に妻を寝取られてた【告白体験談】

1年半ちょっと前、平日の夜でしたが、帰宅後にソファーでライターを見つけました。
疲れた体をドサッと降ろすと、腰の所にある窪みに硬い物体があったんです。
何だこれ?と思い引っ張り出すと、見覚えの無いジッポライターが出てきました。
俺は煙草を吸いますが、自分のライターぐらい記憶してます。
「これ誰の?」と妻に尋ねました。
誰かが昼間に来て忘れていったんだろうなって軽く考えていたから。
妻は「あぁぁーあっ、水野さんかな?!」と近所の奥さん仲間の名前を言ってました。
その時は「あぁ~そうなんだ、ここ置いとくから」と何も考えていませんでした。

それから2~3ヵ月ほどした頃だったと思います。
仕事の都合で19時頃に帰宅した日がありました。
普段は早くても21時頃にならないと帰れません。
早く帰る事は途中でメールしていたので、いつも通りに帰宅しました。
リビングに入った瞬間、微かな煙草のニオイを感じました。
「誰か煙草吸ってたんか?」妻は俺に煙草は外か換気扇の下で、といつも言います。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ