【寝取られ】ココロとカラダ【告白体験談】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】俺の小さな嫁のレナちゃんが、おっさんのピアノ講師に【告白体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻の噂話をするバイトの男たち 続き【告白体験談】

妻は目の前に出された巨根を自分からくわえこんで「おっきのが好き」と信じられないことを言ったみたいだった。僕は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。
というより今まで自分が抱いていた妻のセックス嫌いが嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。
「それで○○さん興奮し始めてガンガン首ふってじゃぶりだしたんすよー、すげー「ジュボッ、ジュボッ」とか音出して。俺のデカいから半分もはいんないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ。」
「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・(M女って・・・)」
「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんどくさかったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー。」
「え、飲んだ?す、すごいね・・・(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)」
「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」
「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」
「そーなんすよー、それが一昨日の話で、今日も午前中隙みて一発抜かせましたよ」
「え?抜かせた?」
「ええ、そっす、午前中の休憩の前に従業員トイレの掃除してたんすよ、そしたら○○が休憩だよって声かけてきたんで、思わず個室に連れ込んでチ○ポ出して「しゃぶって」っつたら「ちょっと、ダメだよ」とかいってましたけど、先っぽつっこんだらまた勝手に首ふりだしてジュボジュボしゃぶってくれましたー、いい便所女みつけましたー、このバイト最高!」
「す、すごいねー・・・(こいつ人の嫁を便所女って・・・)」
「で、しばらくしゃぶらせてたんすけど、誰か人が入ってきたから中断してたらマ○コいじりたくなっちゃって、○○を便座に座らせてスカートめくってまんぐり返ししてパンツ横にずらしてやったらマ○コビッチャビチャ。すげーんだもんマジで。濃いめのマ○ゲが濡れちゃってビラビラに絡まっちゃてるぐらいヌルヌルしてんすよー」
「そりゃ大袈裟じゃないの・・・(あいつはそんな濡れやすい体質じゃないはずだ・・・)」
「いやいや、全然大袈裟じゃないっすよー、マジでパンツ生地が水分吸収できなくなって表地まで染みでてんすよ?変態っすよあの女」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その3・その4【告白体験談】

谷は完全に果帆とやりたがってる。
果帆も谷を嫌いになった訳では無い。
むしろ好きになってしまうのが怖いという状態か。

旦那に対する罪悪感は無い?ものの
時折家族としての罪悪感がブレーキになっていたが、いつまでもつか。

果帆は
平日の走りは1人でこなし
月何度かのランサーは休んでいたが
食事制限もしてダイエットは順調だった。

とある日
果帆から相談されました。
谷から休日にドライブの誘いが有ったのです。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年1月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻の手コキ【告白体験談】

俺は56歳、妻52歳です。妻は中学校の教師、私はサラリーマンです。平日はお互い忙しくて朝と夜に少し話をする程度です。
しかし週末の夜は二人とも晩酌を済ますと暗黙の内にお風呂に入りベットに行きます。すると妻の方から「可愛がって・・」と
素肌に下着を付けないで薄い寝着を自分で脱いで全裸でベットに入って来ます。たまには妻の全裸を見たくてベット脇のナイト
ランプを点すと「やめて、・・恥ずかしい」と言いますが、「久しぶりのお前の全裸を見たいんだよ」と言うと、「エッチね、でも
いいわ、特別見せてあげる」と言うので「じゃあ、向こうを向いて、両脚を開いて、お尻を突き出してくれよ。」と言うと
「えっ?どこがみたいの?」と聞くから「決まっているじゃない。お前のおま○こだよ」と言うと「わかったわ、それでみるだけ?」と聞いてくる。「なにしてほしいの?」と。妻は「見せてあげるから、お返しにここ舐めて・・・」と。俺はとぼけて「この大きな
お尻か?」と。「いじわる・・・判っているくせに・・・。貴方のおちんちんが入るところよ。」と。俺は「じゃあ、そこをお前の両手で開いてくれよ。」というと黙ってそこを開いてお尻を俺の顔に近づけてくる。俺はそこをじっと見ていると「いや、見るばかりして…舐めて・・・」と催促してくる。俺は吸いつくようにそこを舐めまわす。妻は次第にもだえてくる。しばらく、あそこがべとべとになるほど舐めまわしていると「猛、我慢できない。入れて・・・」と。俺はその言葉を合図のように妻の前に仁王立ちになり、腰を付きだす。妻は無言でそれを口に含み、舐めたり、手でこすったりしてくれる。「ね、お願い、もうじらさないで入れて・・」と
仰向けになり、両足を開く。俺が挿入を終えると妻は両脚を高く上げエビのように両足を自分の顔を方に移し挿入を深くする。
「ああ・・・気持ちいいわ、この歳になってますます気持ち良くなって来るわ。週に一度愛されるだけでは、物足りないわ。
せめて2度か3度してほしいの」と。もうすぐ出そうだよ」と言うと」駄目。もっとしていたい。」というももう発車寸前。腰の動きを一段と速めると妻は「いいよ、すごく気持ちいい・・・もっと・・・もっと」と。妻は「いく・・・いく・・・ちんぽ気持いい」と。射精中は俺の背中を思い切り抱き締め、腰を突き出している。射精が終わると、妻は「はあ、はあ・・・」いいながらも俺が仰向けにぐったりしているところへ、片手を伸ばし、ぺニスを握ってくる、とぱくりと咥え、顔を上下に動かしたり、舌で俺の先っぽを
ぺろぺろ舐める。俺のぺにスが再び固くなるのを確認すると「お願い、もう一度突っ込んで・・・」と哀願してくる。
そして2回戦の始まり。終わると朝まで二人とも全裸のまま眠る。翌日寝が覚めても布団からは起き出さない。妻はそっと全裸の俺のペニスを握って来る。「起きる前にもう一度して・・・」と。或る時俺は妻に言った、「する前に、お前のここの毛をツルツルにさせてくれない?」というと「えっ?なんでここの毛を剃るの?恥ずかしいじゃない。それって変態よ」と俺のペニスをぐっと握ってくる。俺は言う「ここを舐める時、どうしても毛が口の中に入るんだ。毛が無いと、もっとうまく舐めてあげることが出来るよ。」と。
「うーん。そうかな。誰にも見られるところじゃないし、無くてもいいけど・・」と言うので、妻の気が変わらない間に、起き出して、鋏と、T字剃刀と、乳液を持って来て、妻に大きく脚を開くようにいう。黙って妻は従う。ばさりばさりと毛を切った後、乳液を付け、ジョリ、ジョリと毛を剃って行く。あそこの部分は柔らかくてよりていねいに剃って行く。そしてついにツルツルに。
俺はそのまま風呂に妻を連れて行って、シャワーで毛を流す。妻に感想を聞くと「幼い子供になったようだわ。貴方これがいいの?」と聞くから、「すごく興奮するよ」とすでにいきり立ったペニスを付きだすと妻は「じゃあ、思い切りしてね。」と自分から風呂場にの壁に向かって立ち、両足を拡げると大きなお尻を付きだす。毛が無いので妻のあそこはパクリと開いている。俺は一気に突っ込みピストンを開始。妻は思い切り腰を突き出して来るので風呂場に仲は二人の身体がぶつかり合う音がする。そして射精。
遅い朝ご飯を食べながら妻が言った。「今日は一日下着を付けないでおこうかな?「」というので「なんで?」と聞くと「今日は、したくなったらなんどでもおねだりしたいから・・・」と言う。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年1月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】人妻の加奈さんと期間限定の恋人になった【告白体験談】

俺は22歳の大学生で、留年しながら遊んでばかりいた。
運良くそれなりにイケメンに生まれてきたので、コンパやナンパで、女には不自由せずに面白可笑しく過ごしていた。

ただ、セックスの相性が良いと思うことはあっても、惚れるという気持ちになったことはなく、まともに女性と恋人関係になったことはなかった。

適当に楽しく刹那的に過ごしていたが、俺のバイト先の小洒落たカフェ(夜は食事も出来る)に、加奈さんが新しく入ってきてから、ちょっと俺自身変化があった。

加奈さんは28歳だ。
28歳と聞いたときは、本当に驚いた。
俺とタメか年下くらいに見えた、、、
それくらい若い見た目で、アラサーには全然見えなかった。

童顔の加奈さんは、肩まで伸びた黒い髪がとてもつややかで、清楚というか、清純というか、俺の身の回りにいる女とは全く違っていた。
有名人でいうと、フィギュアの浅田姉妹を足して割った感じだ。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月20日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】セ〇ブ〇イ〇トで人生イージーモードに?【告白体験談】

↓いいなー。 こういう彼がいるのにお泊り可能女子って
 実際にるんでしょうか?

 自分ブラック企業で残業と通勤時間MAXで死にかけなんで、
 経験ある人いたらコツとか聞いてみたいです。

 管理人さんへ。転載まずかったら、消してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イチスス対局絵巻館をしれっとゲリラ更新しとりますので、
お時間ある方はお付き合いヨロシクどぞ(σ・ω・)σ

→イチスス対局絵巻館
 (;

告白体験談関連タグ

||||

2014年1月19日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その1【告白体験談】

私の妻、果帆が
28歳の時の話です。

果帆は食品関係の会社へ派遣社員として就業。
アパレルの正社員時とはうって変わって
アフター5や7に比較的時間も使える生活スタイル。
俺は仕事の重責が最高潮で基本終電帰宅、社内泊まりという
夫婦としても、すれ違いの増えた試練の時期でした。

平日、家で一緒に過ごす時間も少ないので
せめて休日だけでも一緒に居る時間を増やせば良いのでしょうが
休日にもお互いにそれぞれの付き合いも有りますし大事にしたい。
その一つが俺のランニングサークルだったのですが
とある土曜日、果帆も一緒に遊びに行く事になったのです。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】偶然に【告白体験談】

最近、体験したことを軽く書き込みたいと思う。
私と妻は共に41歳。結婚8年目。子供はいません。
今年に入って私は妻に以前から持っていた願望について話した。
それは混浴温泉巡り。
最初は妻はこの話にけんもほろろで取り付くしまもない。
やっとの説得で、妻の了解を得てGWに初めて混浴温泉旅行に行ったのだが
露天風呂には、周りに客がほとんどいない。
私は少しがっかりしたが最初はこのような感じで良かったかもしれない。
緊張していた妻は想像していたよりも混浴がHな感じではなく
美味しいものを食べて温泉に入れるしで旅行に満足していたから。
そして、この秋に九州に混浴温泉旅行に行くことがすんなりと決まった。
先月、九州新幹線で旅館へ。今回は少し贅沢をして高めの旅館に2泊3日宿泊した。
旅館に到着したら私は早速広い混浴露天風呂に直行した。
妻はもう少し部屋で休んでから露天風呂に来るとのこと。
この旅館は男女別の内湯から出てくる造りになっていて脱衣所も別々だった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】綺麗な妻が【告白体験談】

私は32歳、妻は28歳、二年前に職場恋愛で結婚しました。
妻は、受付で社員の高嶺の花的存在で
なぜか私が口説き落としました。
自分で言うのもおかしいのですが、
妻は身長165細身だけど86のDカップで
女優の瀬戸朝香にマジでそっくりです。
結婚後も真面目でいい妻なのですが
1つ欠点が・・・夜が淡白なのです。
SEXもあまり積極的ではありません。
そこで私は皆さんのように妻が他人に抱かれたら
どうなるのか非常に興味を持ちました。
妻は、私の高校時代の女友達の宝石店で働いております。
その女友達A子は、独身ながら宝石店の社長でありかなりの好き物です。
以前から男と乱交まがいな事をしていると
聞かされていたので相談しました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ