【不倫・浮気】浮気【告白体験談】

先日、彼がいながら別の男性Yの家に「お泊り」しました。もと同僚の男性で、職場が変わってから数年後の昨年関係を持ちました。
 現在隣県に住んでいるので会うのは1年ぶりでした。
 Yの最寄り駅で落ちあい、食材やビールを買ってYの部屋へ。
 久しぶりに焼酎を飲んだらかなり酔っ払ってしまって、途中から寝るとこまでの記憶が曖昧なんですが、覚えてるトコと翌日の出来事を・・。
 二人ともかなり酔っていたので、ささっとお風呂に入って寝ることにしました。
 先にベッドに入っていたYに促され、私が横に入っていくとお互い待っていたかのようにねっとりとしたディープキス。
 本当の彼とのエッチもクリスマス以来してなかった私は、もうそれだけで濡れてきちゃってました。
 Yは私の手をつかみ自分の股間へ促し握らせ、もう一方の手で私のアソコをまさぐり始めました。
「明日香、もう濡れてる。エッチだなぁ。ほら、ぐしょぐしょだよ。」
 Yは指を私の中に入れてわざと音を立てます。
 その音と言葉でますます濡れてきた私。
 私にMッ気があるのを知ってる彼は、少し乱暴に、ちょっと強引に足を絡ませて私の足を広げ、クリを攻め続けます。
「あ・・! あぁ〜ん!」
 我慢できずに声を出していたら、握らされていた彼のモノが硬く熱くなってきました。
 体勢を変え、私の足を抱えて広げると、彼が一気に私の中へ入ってきて何度も突き上げます。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年12月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】3Pのはずが、、、、【告白体験談】

こんにちは、愛子です。26歳主婦です。
 私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。高校時代のクラスメイトです。
 彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。
 エッチはいつも彼のマンションです。
 彼はずっと3Pがしたいと言っていました。愛子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、激しいセックスをしたいのだそうです。ずっと断っていましたが、ついにその日がやってきました。
 どうせすぐ脱がされるので、ノーパン・ノーブラです。外へデートに出かける日もありますが、そのときももちろんそうです。おでかけの日はなるべくミニスカートにします。
 この日はおでかけの予定はありませんでしたが、初めての男性とも会うので、刺激的なかっこうをすることにしました。
 おへその少し上からV字に割れたキャミで、編み上げになっています。キャミの丈は短くて、ミニスカもおもいっきり腰ではかないとお尻が見えてしまうほど短いものです。おなかまるだし。
 彼のアパートに着くと、S君の知り合いだと言うHさんが「おお〜」と、歓声を上げました。その喜びように、私は恥ずかしさも消えて、エロエロ愛子ちゃんのスイッチオン。そうなんです。私、エッチがとても好きなんです。
 でも、さすがの私もビビリました。S君とは馴染みまくった身体ですけど、そこにはHさんに加えて、もうひとり男性がいたのです。
 Kさんと紹介を受けました。
「3Pも4Pもかわらないだろ?」
 約束と違うじゃないと文句をいおうと思いましたが、速攻でS君に押し倒されて、唇を奪われました。舌を絡めながら、私は「もうどうにでもして」と心の中で呟きました。
 いつもと違うセックスに期待している私を自覚しました。どうせなら3Pよりも4P。なにかすごいことが起こりそうで、じゅくじゅくとアソコが激しく濡れ始めます。
 キャミとスカートをまくられ、乳首とアソコにも唇が吸い付いてきました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】同棲中の彼がいるのに【告白体験談】

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。
 相手は社員のMさんです。
 彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・
 Mさんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。
 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ・・だ・・だめですよ・・・わたし同棲してる彼氏がいるんですから・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」
 服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められるとお腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました・・・。
「あっ・・・いやっ・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」ジーパンを脱がされて。
「あっ下は・・いやっ・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・」
 パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに・・・
「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ・・・? 彼氏がいるのに俺とこんなことして・・・俺には見せちゃいけないんだろ・・・吉田はHだなあ・・・風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ・・・吉田の愛液の匂いだ・・・こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな・・・ビロビロが開きっぱなしだな・・・興奮するよ・・・」
 気づいたらパンツを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました・・・。
 わたし、見せちゃいけない相手に一番大事なところ見せちゃってる・・・彼氏以外の男性に・・・色、大きさ、厚さ・・・開き具合・・・濡れ方・・・味・・におい・・・知られちゃった・・・ごめんなさい・・・
 Mさんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。
「Mさん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!・・・もう少しでイクのっ! 吸って、クリ・・もっと吸って!! いいっ!! ああっ・・・!!!」
 カラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました・・・。

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年12月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】盛りのついた私を彼氏が満足させないから・・・【告白体験談】

こんにちは!私は今学生の女の子です!
私のエッチな体験談を聞いて下さい!
私は処女をあげた彼氏がいるんですけど、その彼氏とは2年付合っています。
初めてしてから、何回かしているうちに、どんどん気持ち良くなって、元々オナニーしてたのもあって、エッチが大大大好きになってしまいました!
彼氏もエッチ大好きだから、最初は毎週彼氏の家で一日7回位していました。
でも、もちろん誰でもいいわけじゃ無くて、大好きな彼氏だからいっぱいしたいって思っていました!
彼氏も私の事が大好きで、「結婚しようね!」って二人で約束しています!
でも、彼氏は体力が無いのか、精力が無いのか、今ではほとんど前戯もなしで、入れて終わりって感じです!
私は何回でもイケるってゆーか、何回もイキたいから、「もっともっと」って言うんですけど、彼氏は「ちょっと疲れちゃったよー」ってすぐに面倒くさいみたいに言うんです!
正直それで喧嘩した事もいっぱいあります!
そんな話を友達の麻衣子にしたら「あたしの彼氏と交換してよ!うちらの逆じゃん!」って冗談で言ってたんだけど、麻衣子の彼氏は柔道部のサトル君って言うんだけど、麻衣子とは3年も付合ってるのに毎週何回もエッチしようとするらしいです!
でも麻衣子は飽きちゃって、完全に拒否ってるらしいです!もったいない!!!
麻衣子は私の話もサトル君にしてるらしいけど、サトル君も「もったいねー!」って言ってるらしいです!
そんな不満だらけの中で、ある夏の土曜日の夜に彼氏の家にいました!
なんか夏の夜って、それだけでエッチになりますよね?

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】離婚【告白体験談】

俺が34歳、彼女が22歳の時俺たちは知り合った。というより交際を始めた。当時彼女には俺の友人のKと交際をしていた。Kに会うといつも彼女のおのろけを聞かされていた。そんなとき俺はKから友人として紹介された。Kとの交際はほぼ1年近くだったと思う。そんなKが他に彼女を作り彼女はそのことで俺に相談に来ていた。不幸にもKは彼女のところには戻ってこなかった。その傷心を慰めている内にお互い好意を持つようになり、その時から4か月後に俺たちは一緒になった。1まわり歳の違う彼女は献身的に尽くしてくれた。彼女のいなかった俺は昼と夜を問わず、彼女の身体に魅了された。平日の夜もそうだったが、休みの日などは午前中はお互い全裸のままお互いの身体を貪り合った。まるで今から思えばまさにオスとメスであった。Kに教えられたのかフェラもうまいし、彼女が俺の身体の上になって腰を振るのもなかなかのものであり、俺は射精をしない日などなかった。俺は彼女の頭の先から足の指先まで隅々まで彼女の身体を舐めまくった。女に飢えた男として。エロ本などで仕入れた情報を実行しようとそのすべてを彼女に当たった。剃毛、アナル舐め、カーセックス、野外露出、ノーパン、ノーブラでの外出、全裸撮影などどんなことも彼女はしたがってくれた。一時俺のPCの壁紙は彼女の全裸写真だった。そんな彼女もある日仕事から帰ると一枚の置手紙が・・・「私のこと探さないでください。申し訳ないけど、離婚届けに印鑑を押して提出してください。今まで短い間だったけど、男と女の交わりをいろいろ教えてくれてありがとう。一生懸命頑張ったつもりです。でも貴方と生活した日々を思い起こすと男女の営み以外、なにをしたんだろうと思いだすことが出来ません。貴方に貫かれて恥ずかしくも喘ぎ声を出し、汗を流しながら交わっていた日々、女としてのあの時の喜びも教えていただきました。でもそれだけだったんです。もうこれ以上貴方にそのことだけで一緒に暮らすことは出来ません。私が悪かったんですね。貴方を愛していると思っていたのは実は女として男である貴方からその喜びを味わいたかっただけだったんですね。
これから先どんな男性とめぐり合うか分りませんが、心を満たしてくれる、満たしてあげられる男性が現れることを夢見て、しばらく一人で自分を見直してみようと思っています。貴方のことだからきっと素敵な女性が現れることでしょう?幸せにしてあげて下さいね。最後に、貴方と交わっていた時の喜びは決して演技などではありません。・・・貴方とのセックスは最高でした。」と。失ったものはとてつもなく大きく、立ち上がることさえ出来ませんでした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年12月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】体験談【告白体験談】

私はそのとき二十歳。
○○大学に通う二年生でした。
その日は当時入っていたバドミントンサークルでコンパがありました。
カラオケボックスの一室でコンパは宴たけなわ。
私もそんな談笑の輪の中に交じっていました。
「どうだ、宮原、佐伯さんとは順調なのか」
隣に座る一つ年上の多田さんが話しかけてきました。
彼は同じサークルの先輩です。
四角い、面長の顔だち。
背が高く、広がった鼻は……言っては悪いかも知れませんが、どこか豚を連想しました。
「ええ、まあ」
私は我知らず、頬を赤くしました。
佐伯さんは二つ年上の先輩です。
今年の春先にサークルで知り合い、彼から告白されて、付き合うようになりました。
私にとっては高校時代以来、二年ぶりにできた彼氏です。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月2日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】ママの男に犯されて【告白体験談】

こんにちは、私はまだ10代の女子学生です。
詳しい年は言えませんが、私のママはまだ30代で凄く綺麗です。
パパとは、私が12才の時に離婚したから、ママは今フリーで遊んでいるみたいです。
ママはスナックで働いています。
そこのお客さんで、ママを気に入ってる人がいて、お金をいっぱい貰えるみたいです。
だから、私も良い生活が出来ます。
でも、お金を沢山くれるお客さんとは結婚しないみたいで、家に違う男の人が来る事があります。
その男の人は、ママより若くて、たぶん30才位で、ホストみたいな服を着ていました。
ママは夜から仕事だから、たまに早く学校から帰ると、その男の人とママがエッチをしています。
私はなるべく家に遅く帰るようにしているんですけど、着替えたい時とかはしょうがなく家に戻ります。
ママはいつも獣みたいな声を出していて、いつものママとは別人で、すごい嫌な気分になります。
私は彼氏がいるので、いつも彼氏の家か、友達の家に遊びにいっています。
でも、私もママの子供だと思う事があります・・・
初体験は12才で、部活の先輩でした。
それから、今の彼氏とは二人っきりになるといつもエッチしています。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年12月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】エッチから始った恋愛【告白体験談】

今から二年程まえの話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。
もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…
パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。
毎日、家に帰りたくなかった。毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。
そんな時、出会った人が彼だった…。
当時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。友達を誘ってご飯を食べたり。
でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。
私はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶしたり、たまにはナンパされてついて行ってしまうこともありました。
正直一人で間が持たなくてというのもあり、また半分ヤケで何かで気を紛らわしたかったのかもしれません。
そんな時、街で偶然、声をかけてきたのが彼でした。
「ねぇ、一人なら一緒に飲みに行こうか?」
歳はたぶん、私より少し若いかな。
詳しい歳はあまり若くないので勘弁してください。三十路とだけ言っておきます。
見た目は少し軽そうだったけど当時の私は荒れてたから、そのままホテルへ行こうと言われても気にならない程どうでもよかった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月1日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】ヤリ友がいます【告白体験談】

わたしには彼とセフレ、いわゆるヤリ友がいます。
どちらが好きかって聞かれたら、当然彼の方です。
でもヤリ友の彼だって、友だちとして大切な人です。
当然、お金のやり取りもないです。
ホテル代は払ってもらっているけれど。
でもあちらにお金のないときは、
わたしが払ったり催促ナシで貸したりもします。
彼とはもう、3年付き合っています。
友だちの紹介で付き合い始めて、ずっとですね。
1年半前に、彼が転勤になって。
それほど遠くはないんですが、
会うのに電車で片道3時間ぐらいかかるんです。
だからそれほど、頻繁にはあえなくなりました。
デートはいつも、買い物をしたり部屋でビデオをみたり。
とりたてて、特別なことはしないことが多いです。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年11月30日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】初めての浮気【告白体験談】

こないだ、浮気をしてしまいました。
友達、親友という関係だった彼に相談にのってほしいといわれて
どうしても!という事で家にお泊りに呼ばれて行きました。
最初は友達のノリで人生の話とかをしていましたが
酒もまわってきて、お腹もいっぱいになった時・・・
私がほんっとに冗談で「よし!Hだね!」と言いました。
そういう事も笑いあえる仲でした。
彼も「アホか!ウケルな!!」と言いました。
そんな感じで、テレビを見ながら談笑しているうちに、もう深夜の3時をまわり
二人とも、まったりモードに・・・
彼「ねみー・・・電気消すわ・・・」私も「ねー。頭ボーとすんわー。寝ヨ!!!」
電気をけして、二人でTVを見ていました。
すると、彼が急に私の上に覆いかぶさり、キスをしてきました。
私が「え!?何!?」と超驚くと
彼が「だってさっきHしようって言ったじゃん。」と言ってきたので

告白体験談関連タグ

|||||

2013年11月30日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ