【人妻】犯された母に興奮【告白体験談】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。
「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」
母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。
恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。
「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」
男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。
私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。
母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。 39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。
50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。
私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。 「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」
伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。
初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。
伯父はトランクスを脱ぎ捨て全裸になると、股間の陰毛に被われたペニスは大きく勃起して、そそり立つペニスを母の手に握らせると、
「いいか、これを入れるからな、すっかりご無沙汰だろう、可愛がってやるから」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】離れられない【告白体験談】

皆さんの投稿を読ませて頂き、私も懺悔の気持ちを含めて投稿します。
結婚18年、子供は2人で受験などで大変な時期なんですが私は人に言えない事をしてるんです。
3年前交通事故を起こし相手の方に怪我をさせてしまいました私のミスで言い訳はできませんでした、しかし怪我も1ヶ月で治り示談も保険会社との間でスムーズに進み、最終的にお礼方々相手の方と会うことにしました。
昼間に相手が指定したホテルのロビーに行き、もう大丈夫ですよと和やかに話が出来、良い人で良かった安心してました
食事をご一緒しましたが主人以外の男性と2人っきりでの食事は緊張して味も判らなかったのですが食前酒の酔いもきて話は楽しくて進められるままにワインを呑み過ぎてしまいました、酔うと緊張感も薄れ事故の加害者・被害者の雰囲気は無くお互いの家庭の話や趣味の話になり久しぶりに日常を忘れてしまってました。
相手から真剣な顔で『忙しい私の時間を奪った貴方に1度だけでいいので私の気持ちを癒して欲しい』と言われたのですが瞬間的に理解できませんでしたが目の前に部屋の鍵を見せられて理解できましたが、OKできる訳ありません。
でもこの事故で迷惑掛けた事そして示談まで良心的に進めて頂いた事、優しく感じのいい方だったこと色々と考えました
1度だけですねと念を押すと『勿論ですよ』と言われ覚悟を決めました。
彼は理解したのでしょう、鍵を持って立ち上がりました。
私は後に着いて行く外無かったのです。
部屋に入るとスイートルームと言うんでしょうか私が泊った事は無く写真で見た事はありましたが彼の私に対する気持ちが伝わってきて覚悟ができたのです。
シャワーを先に使わせてもらい、ベットに入りました。
結婚後主人以外に裸を見せたことは無く迷いましたが部屋の照明を落としてバスタオルを取り下着だけでシーツの中に入ったのです。
彼もシャワーを浴び出てきて私の横に入ってきました。
私は目を閉じてましたが彼の顔が近づいてきた事は判りました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【告白体験談】

美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・
美和子の自宅は岡山駅の近くです。
自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。
自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。
隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。
父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。
そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。
週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。
との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。
早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。
玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。
常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。
畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・
夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。
美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】年下の男の子(初めての不倫)【告白体験談】

私は38才の人妻で職場では係長です。そんな私の初めての不倫?(かどうかわかり
ませんが)体験です。
以前の部下(28才、その時は別の営業所にいました)。その日の数日前のこと、彼
が私の営業所に来たが全く元気がありませんでした。ずっと心配になり彼にTel。い
ったん家に帰り旦那(彼の事は前から話はしていた)にも伝え彼のアパ−トに行っ
た。コタツに入りTVを見ながら悩みを聞いていた。実家に帰らなければならなくな
ったから、来月には会社を辞めるという。
「ただ、心残りは…」「何?」「辞めるときはプレゼントあるって行ってたよね?
今、ここで欲しい。でも嫌わないでね。あなたが欲しい」
「…、だめよ。私、主人以外とは。不倫なんて」
「そうだよね、だったらあんなこと言わなければいいのに。やっぱりあなたもウソ
つきなんだね」
返す言葉がなかった。彼は私を無視しTVを見ている。
私は搾り出すように「わかったから、無視しないで」
ベットのある部屋に行き「返事するまで開けないでね」とドアを閉めた。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】若い男の子の厭らしい視線が私に…【告白体験談】

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。
パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。
近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から
”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”
と勝手に思い込みドキドキし始めました。
ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。
平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)
エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。
”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”
私はカップルに近づきました。
私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。
最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。
私は調子にのり商品を屈んで見るふりをして、彼の方にパンティラインの浮き出たお尻を突き出しました。彼の厭らしい視線を感じます。
”わあ…見てる見てる…若い男の子が私のお尻を…彼女とデート中なのに…”
私は変な快感を覚えました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月29日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】いつもの私じゃあないみたい【告白体験談】

私は39歳、兼業主婦をしています。
私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。そのときの様子をここに書いてみたくなりました。
先日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。
いつもの自分とは違った感覚・・何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。
寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。
当日私は社長に呼び出された場所へ行きました。
ホテルのロビーで待ち合わせをしていました。約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。
「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」とのことでした。
何となく・・・出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした・・これからの自分のことを考えると・・不安・・。
部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。
部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。
ドアのロックが外される音、それだけでドキッとしました。社長が顔を出し私の顔を見るなり「大丈夫?」と聞いてきました。
「はい。何とか大丈夫です・・・」と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。
「今日の仕事の話だが・・・・」と話し出す社長の言葉が、
私にはなかなか耳に入ってきません・・・私はかなり緊張をしていたと思います。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年3月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】旦那のためにネトラレを【告白体験談】

ネットの書き込みを読んで、寝取られ趣味の男性がわりと
多いので、少しほっとしています。私の旦那も寝取られ
趣味だからです。結婚するまでは普通の男性のようでしたが、
結婚して1年目に、私が隠していたモトカレとセックスしている
ビデオを旦那に見られてしまい、旦那が変わってしまったのです。
急に旦那様のアソコが立たなくなってしまい、私に他の男性とセックスするように
強要しだしたのです。もちろん私は拒否しましたが、このままでは
僕は立たないと怒るので、仕方なくセフレをつくって、ホテルで録画
したビデオを旦那にみせるようになりました。旦那はそのビデオを
見せた時には、興奮してしてHしてくれるのです。相手のセフレには
旦那に見せていることは知らせていません。私が寂しいときに、
こっそり一人で見ていると言ってあります。最初はビデオ一台でしたが、
据え置きと手持ちの二台を使って、手持ちビデオはセフレに頼んで撮って
もらっています。最初は撮り方が悪いと言って旦那に怒られましたが、最近は
満足しているようです。先日は中だしさせて来いというので、安全日に

告白体験談関連タグ

||||

2014年3月24日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】一回の過ち【告白体験談】

ある地方都市に住む内科医の妻です。
私達夫婦はボランティアやゴルフのコンペに参加するグループを作ってアクティブに活動しています。
毎月、このグループのなかで参加者を募りコンペに参加していますが、そのなかにN医師が居ます。
彼は私より10歳年下の外科医です。
私の夫は医師会の理事をしていて、彼はその下で医師会の仕事を手伝っています。
ゴルフの時には彼は何かと私の面倒を見てくれていますが、
夫との関係から私に気を使ってくれているのだと思っていました。
昨年の秋にコンペに参加したときですが、急用で夫が参加できなくなりました。
車を運転できないので私も欠席しようと思いましたが、
Nは「自分が送り迎えをするので是非参加してください」というので結局参加しました。
ゴルフ場でも宴席でもいつも彼は紳士的でスマートです。
ゴルフも終わり約束どおりに彼は自宅まで送ってくれることになりました。
夫以外の車の助手席に乗ることはほとんどなかったので、妙な高ぶりを感じていたのは事実です。
そのゴルフ場からの帰路にモーテルが集まっている地域がありますが、
そこまで来ると、お互いに妙な沈黙を意識するようになりました。

告白体験談関連タグ

||||

2014年3月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】とうとう越えてしまいました【告白体験談】

私は、35歳の主婦で小学生の子供が二人います。
主人とは仲が良く円満な家庭です。主人の親と同居ですが何の諍いもありま
せん。
ただ、現在主人は単身赴任中で月に一度くらいしか戻ってきません。
友人のE子はもう3年前からダブル不倫をしています。E子の相手のM君が友達
を連れてくるから一緒に飲もう!と誘われたので気が進みませんでしたが行
く事にしました。
と言うのも 以前から「不倫」に私は否定的でしたし軽蔑もしていました。
もちろん、不倫などした事はありません。
昨晩、E子とM君・M君の友達のS君そして私の4人で居酒屋で飲みました。
S君の印象は、素敵で爽やかで楽しい方でした。
お店を出てから、カラオケに行くと、E子とM君は二人だけの世界に入ってし
まいキスをしていました。
私の隣にいたS君の腕が私の肩に回り、私は思わず寄り添ってしまいました。
そして私たちもキスをしました。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年3月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】進化【告白体験談】

主人と別居して1年が過ぎました、離婚は私も主人も良い出せないままです。
私は36歳子供は私に原因があって授かれません。
子供が居たらこのようにはならなかったと思います。
看護士ですから収入は主人よりも多く
これも主人にプレッシャーがあったのでしょう。
22歳で主人と知り合い1ヵ月後に初体験をしました。
SEXに興味はあったのですが抑制力も強く、
お付き合いした方も居ましたが、いざその時には拒んでしまってました。
主人が私の部屋に遊びに来た時、初めて部屋に入れた男性も
主人だったのですが、何度か来ましたがその様な雰囲気には
ならなかったので、その日も安心して部屋に入れたのですが
夜勤明けでパジャマでした、強引に私の最初の男性になりました。
泣く私に責任を取るからと、結婚の約束をしたのでした。
会うと必ず求めてきましたが、軽く見られるのを恐れ、
5回に1度くらいしか許さなかった。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ