【不倫・浮気】55歳の生理【告白体験談】

私は熊本県八代市に住む主婦55歳です。主人はここにある製紙会社の支社長で、59歳です。
子供は32歳の長女は結婚して、福岡県に住んでいます。孫は2名います。
長男は30歳で鹿児島で結婚して矢張り孫は2名です。
最後に26歳の次女がいるのですが、熊本の会社に専門学校を出て就職。そこの部長と不倫していて、東京に転勤になった時についていって、今も音信不通です。
さて子供も私の手を離れて、夫と二人だけが残りました。
何時までも家庭に浸かっていても、仕様が無いので、カラオケを13年前から始めました。
近所のカラオケ教室へ通い、大学時代に合唱部にいた所為か、直ぐに上手になり、八代でのカラオケ大会で何回も優勝しました。
NHKの「素人のど自慢大会」にも出場して、熊本代表に選ばれて、福岡の九州大会に出ました。
その時に一人の男性と知り合いました。
別に不倫には何の興味も無かったのに、50歳で同い年の彼をいつの間にか好きになっていたのです。
主人が工場長になって、物凄く忙しくなり、家庭はほったらかしで仕事一筋。モチロンSEXは殆ど年に1,2回でした。
ですがこの歳になっても生理が月に1回4週周期であるのです。
もう出血の量は少ないのですが、生理タンポンを入れています。
なのにセックスしない、この不満も少しはありました。
九州大会でその大分県の代表の人と知り合いました。

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年10月13日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】初めて【告白体験談】

転職した会社で配属された先は、私よりずっと年上の人ばかりで、同年代は
1人も居ませんでした。前職の時、彼と別れてから、いろんなことがあり、
転職することになりました。彼と名の付く存在は、すでに1年以上居ません
でしたから、ここで見つけようと思いましたが、皆さん既婚の方なので・・。
3ヶ月もするといろいろと、仕事を任されるようにになり、それに伴って、
帰りも遅くなりましたが、やさしいマネージャーが自宅まで、車で送ってくれた
ので、安心して仕事をしていました。
 マネージャーは気さくな方で、帰りの車の中では楽しいお話を沢山してくれ
ましたが、ちょっとセクハラもどきな話もありましたが嫌ではありませんでした。
慣れてくると、MNG(マネーシャー)は嫌味のないエッチ話をしたり、時には
ホテルに誘う素振りを見せました。如実に警戒すると、私が20歳でも処女だと
いうことがばれるのではないかと思って、必死にかわしてしました。また、食事や
時間が許す限りのドライブもするようになりましたが、あくまで、上司と部下と
いう感じでした。
 その日はいつもより遠くまでドライブして、食事を済ませた後に、湖のほとりで

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年10月13日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】エッチな専務【告白体験談】

ある日の飲み会に、私、みわ先輩、パートさん二人(40代)、男性社員6人の計10人が参加した時です。
二次会はラウンジ?でした。
みんな軽く酔って、盛り上がったころ、踊ろうってことになりました。
踊りって言ってもチークなんですが。
誘われるまま数人と踊りました。
その時の男性はみんなチン○が硬くなってきて、ブラウスの下から手を入れられ乳首コリコリされながら踊ったり、チン○握らされそうになったり、トイレに行く通路でキスされて胸揉まれたり…は、また別の話し。笑
その時のメンバーに専務(30代社長の息子、超真面目)がいました。
その専務に踊ろうかと誘われた時、思わずドキッとしてしまいました。
踊りながら(あれ?チン○硬くならないし〜)と思ってると、軽く耳にキス。
緊張で震える中、曲は終わりました。
しばらくしたある日、私とみわ先輩と部長は急な残業でバタバタしてました。
とりあえずコーヒーでも入れようとフロアの外にある給湯室に向かいました。
その時出口のところで帰ったはずの専務とバッタリはちあわせたのです。
残業がまだ終わりそうに無いことを告げ、足早に給湯室へ。
コーヒーカップを揃え、頭より少し高い場所にある棚のインスタントコーヒーに手を伸ばした瞬間、「キャッ!」いきなり後ろから専務が・・・。

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】弟の友達とバツ1の私【告白体験談】

私の家は昔から弟達の溜り場だったのですが、いつものようにみんなでお酒を飲んでいて、夜も更けて雑魚寝していたら…
で、結局その時は口でしちゃいました。
その後何度か同じような状況になり最後までしちゃったんですけど、自分的に今まで弟のような関係だったのでかなり衝撃だったんですが、大した話ではないですかね?
ゆうこ(私,仮名):29才二児の母バツ1出戻り
さとし(弟の友達,仮名):28才二児の父
初めて関係を持ったのは、3年前の6月でした。
私は離婚して出戻ったばかりで、さとしは奥さんとの関係がうまくいっておらず別居していた時でした。
中学の頃から私の家は弟達の溜り場になっていて、弟の友達は皆私にとっても弟のようでした。
だから、飲んでそのまま雑魚寝しようがそんな関係になるなんて思ってもいませんでした。
その日も居間で10人くらいで飲んでいて、彼女や奥さん連れで来ていた人達はそれぞれに家に帰り、弟は彼女と自室に戻ったころ、居間には私とさとしも含めて4人が残っていました。
私も自室に戻ればいいものを、少しだけ横になろうと何の疑いもなく身体を倒しました。
ウトウトし始めた頃、「ゆうこ一緒に寝よう」と、さとしが私の頭を浮かせ腕を滑り込ませてきました。
ふと周りを見ると他の二人はすっかり寝ていたようなので、そのまま腕枕をされた状態で眠りにつきました。
それからどれくらいの時間が過ぎたのか…胸に冷たい感触を覚え目を開けると、さとしの顔が近付いてきて、唇が重なる時には、胸にある冷たいものがさとしの手なんだとはっきりとわかりました。
なぜあの時受け入れてしまったのか、なぜ弟のようだったさとしが私の身体に触れてきたのか。

告白体験談関連タグ

||||

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】奴隷妻でいいの 【告白体験談】

 初めて投稿いたします。45歳の既婚者です。
投稿されている内容がみんな凄いので、BBSROMに嵌ってしまいましたが、
程度の差こそあれ、皆似たようなことをしているんだという妙な安心感もあって、
文章には自信はありませんが、私自身のことを書いてみようと思いました。
 実は私も夫に内緒でもう11年、ある人との逢瀬を楽しんでいます。
会うのは大体月に1回~2回です。
仕事もしていますので、大抵火曜日か木曜のいずれかで会っています。
彼とは普通のメル友として出会いました。
住まいも近かったせいか、メール交換をし始めてから2週間後の3月6日に初めて会いました。
彼は私より1歳年下の人で、細身で、カッコよく見た目も好印象でした。
一緒にお食事し、お話を進めていくうちに、人柄の良さや話の面白さに引き込まれ、
夕方帰る頃には(もう一度会いたい・・・)という気持ちになっていました。
 2度目に会った時、3月15日木曜日でした。
市内を見下ろす公園の展望台で、いきなり唇を奪われました。
私も心の準備はできていたのですが、あまりにも唐突だったことと、

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】ユリの職場エッチ【告白体験談】

経理部のTさん・・・普段接することあんまり無かったけど、
たまたまちょっとした仕事で会話することがあって、
優しくていい方だなってのが最初の印象。
それがきっかけで、社内ですれ違ったときとかに、
少し話しするようになりました。
気が付いたら、好きになってて・・・。
でも指輪してたから、諦めなきゃなって思ってた。
あるときTさんと同じ部署Kさんの有志での送別会の話が。
幹事のTさんより女子社員が少ないから、参加してくれない?とのこと。
Kさんには仕事でお世話になっていたので、出ます!と私は即答。
他の女の子にも声かけてって頼まれて、
連絡取るのにメルアド教えてもらった。
そのアドレスは携帯のアドレスで・・・、
これを知ってしまってのがきっかけだったのかな・・・。
その後何人か女子社員声かけて、携帯からメールを送った。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】別の社員と【告白体験談】

上司と不倫しています。でも 最近忙しいのでなかなか会えません。何回か会議室でしたこともあるくらいエロい関係だったのにメールは来るものの、エッチする時間もないみたい。だからさみしくて毎日うずいていました。
先日、会社で飲み会があって、そのときは絶対エッチできると思ってたら、上司は他の上司の人の誘いを断れなくて、また連絡するといって、別の店に行ってしまいました。つまんないなと思っていたら、社員の裕太がもう1軒と誘ってくれました。5人くらいで飲み直しているとそのうちの女性を含む2人が帰ってしまいました。私は上司から連絡が来るかもしれないので、残りました。裕太ともう一人の男性は、私より2つほどしか違わず、社内でもかっこいい方で、楽しく飲んでいました。だんだん酔っぱらってきて、エッチな話題で盛り上がっていたんです。すると、そのうちの一人が眠いので帰るといって、去っていきました。ちょっとやばいなと思いながら、裕太と話しのつづきをしていました。すると、「部長のすごいデカいんですよ」という話しをされたとき、私は思わず、「そう、すごい太いの、最高」といってしまったのです。裕太はフッと笑って「やっぱり、千穂さんデキてたんだ」と私と上司の関係を知ってるようでした。そこに、上司から「今日はムリ」とメールが入りました。私は「裕太、だまっててもらうかわりに、エッチする?」と言ってしまいました。
いつも上司と行くホテルとはちがって、すごいチープなラブホに入りました。酔ってるもの手伝って、裕太は私に飛びついてきました。「千穂さん、俺すごいたまってるんだ」と少し立ったチンポを顔の前に出してきます。私は膝をついてむさぼるようにしゃぶりつき、サオをペロペロなめました。「部長にしてるみたいに激しくくわえろ」。さっきの優しい裕太とは思えないほど、凛々しい声。思ったより骨太の体格に、たくましいチンポ。濃いチン毛。赤くなってきたチンポを、いつも上司にするように、ジュッボッジュッボッジュッボッしはじめました。カリが張った裕太のチンポは、とってもおいしい。激しく顔を前後左右に動かしました。すると、すごいあえぎ声が聞こえ出して「すごいいい、千穂、もう出そう」。私は口からチンポを離し、四つんばいになってお尻を突き出します。「だめ、入れて、濡れ濡れのおまんこにぶちまけて」といいました。裕太は「千穂エッチすぎる」と笑いながらすぐ入れてきました。おまんこの中で若いチンポが暴れ、ヒダにカリがからみつき、タマが当たる音とびちゃびちゃというスケベな音が響きます。あンあンあンあンあン、と叫ぶような私の声と興奮した裕太の荒い鼻息。ほどなく一緒にイキました。
前戯もなく、いきなり全開だったので、2人でお風呂に入ってゆっくりさわりあいました。湯舟で裕太にさわられるがままにさわられて、私はおまんこを指2本いれられてまたイッてしまいました。お風呂からあがって、「今度は俺をイカせて」といわれたので、裕太をベッドに立たせて股を大きく開かせました。そして、下から股を攻めました。タマを口にふくんで、うがいをするようにクチュクチュして、サオは付け根から先っぽまでを激しくこすり、お尻の穴の付近も指でグリグリとなぞりました。裕太は「立ってられない」と壁によりかかり、大きな声であーあーといいながら、チンポをパンパンにしていきます。そこで、69になって、私のおまんこを舐めてもらいました。でも、もう裕太がビンビンだったので、正常位でハメました。ものすごいスピードで、「千穂千穂気持ちいい気持ちいい」と奥まで届かせてくれます。最後は顔にいっぱい濃い液をかけてくれました。
「部長といつもこんなことしてるの」といわれたので、少しどんなプレイをするのか話しました。すると、それで興奮した裕太はまた立ってきたので、私が上にまたがって、腰をグリグリを思い切り動かしました。また発射したあと、今度は抜かずにゆっくり2人でキスしまくりました。
「こんなに千穂がエッチとはしらなかったよ。彼女には内緒でまたしよ」と約束したので、上司と会えないときは裕太と会ったりしています。たまに上司や主人とのエッチをビデオで撮って裕太と見たりしています。
会社ではなにくわぬ顔で、裕太と上司が話ししています。2人とも私の大切なチンポ。また別の社員ともしたいなと思っています。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】不倫【告白体験談】

不倫ってよくないことだとわかっているんだけど、人を好きになってしまうと、常識とかって考えられなくなってしまうの。

 どの視点から見ても婚姻の威力は強い。奥さんに訴えられたらまず、勝ち目はない。不倫のリスクは大きい。──そんなことはわかってる。
 ……でも、やめられないの。

 愛人と呼ばれる人はお金も受け取っているんでしょうけど、わたしはただの不倫です。正直、彼は自分の自由に出来るお金をあまり持ってない。
 でも、彼に会いたくなるんだ。彼と話がしたいし、彼とどこかへ行きたいし、彼とセックスもしたいって思うの。

 彼とのセックスは……たぶん、ノーマル。どちらかといったか彼のほうに主導権があって、わたしは彼の愛撫するまま、要求するままに、受け入れるの。
 でも、ときどき不意をついてしゃぶってあげてる。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年10月11日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】別れられない【告白体験談】

26歳の会社員です。私は,一応結婚していて夫がいます。
でも,いつも,職場でも男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。
「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?
男の人たちは結構若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは
後腐れなく遊べて捨てれば良いんだという,そんな気楽さの対象なのですか?
私は,上司に無理やり犯されました。部長は,私が結婚しているのを知っていて,
私に関係を迫り,犯したのです。
私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは
初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。
藁にもすがる思いだった私は,
「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。
最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れ
だんだん妙な動きをするようになりました。
そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,
私は後ろから抱きすくめられていました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】続・若い男達に玩具にされた私【告白体験談】

・秋の学園祭
 純君の通う大学で学園祭が開かれ、私も誘われて初めて学園祭に行った。
大学構内は祭りで賑わっていた。大学に入り、直ぐの所で純君と啓太君が待っていた。正人君は後で来ると聞き
3人で構内を見て回った。私も年齢を忘れ学生になった気分だった。そんな時、純君の友達が”お~何だ彼女か”
って純君に言ってきた。純君は”まぁ、友達だ”って苦笑いしていた。何だか嬉しかった。こんなオバサン相手に
友達なんて…。構内の奥に行くと、純君のサークルでやっているイベント会場があった。そこは、何とお化け屋敷!
純君が入ろうか?って言うので、”うん”とついていった。中はもちろん暗く、よく見えない!大学生だけあって
結構、手が込んでいた。多分中盤位だと思うが、急に純君が私の手を引っ張り、コースから外れた。
そこは、多分準備する為のスペースだと思う。私は、スカートを捲り上げられ、純君のチンポを挿入させられた。
純君が逝くと、今度は啓太君が挿入した。そうして、抜き終わると服装を整えてくれた。しかし、パンティは履かせて
くれなかった。ノーパン状態で、またお化け屋敷を歩いていると、お化けが抱きついて来た。”きゃ~”って言うと
お化けが、スカートの中に手を入れて来た。”えっ 嘘”って言うと、純君が”そのまま動くな”って言ってきた。
私はお化け役に散々マンコを弄られた。満足したのか、お化けが居なくなると純君はまた歩き始めた。
風景は病室らしき所になり、ベットが置かれていた。すると、今度は包グルグル巻きの人がゆっくり近づき私をベットに
押し倒した。純君達もニタニタ笑っていた。包帯巻きの男は私のスカートを捲ると、上着も脱がせ私は、全裸状態

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ