【不倫・浮気】可愛く快楽に溺れる義妹とセックス 【告白体験談】

愚弟が結婚して義妹が出来た。
少し沢尻エリカ似で可愛い。
明るい性格で「お義兄さん、お義兄さん」と懐いてくる。
俺も義妹が出来て嬉しくて、可愛がっていた。
だが紹介されて数ヵ月で、俺の心は邪な考えで支配されてしまった。

人懐っこい義妹の性格も災いした「コイツを俺の女にしたい」
だがそうそう簡単にチャンスが来るわけもなく彼女は義妹となった。

しかし、神は俺に微笑んだ。
新婚生活を始めて3ヶ月がたった時、愚弟が北米支社に長期出張に出されたのだ。
俺は神に感謝したね。
そこで俺は、策略を巡らせた。
昨今の女性の独り暮らしは危険だから俺の家で生活しないかと提案したのだ。
俺はフリーでデザインの仕事をしていて、まあ結構売れっ子である。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】親は大切に【告白体験談】

今日よ
俺の養父におとんって言ってやったんだよwwwwww
そしたら養父がいきなり泣き出しやがったのwwwwww
そしたらどうよ?
俺もなんか突然泣き出しやがんのwwwwwwwwwww
真冬の縁側で男二人が会話もなく鼻水だらだら流しながら泣いてんのwwwwwwww

俺ね
小学校4年生の時にね両親が交通事故で死んだのよwwwwwwwwww
なんか弟と妹も一緒に死んでやがんのwwwwwwwwww
俺突然天涯孤独だよwwwwwwwwwww
ビックリしたねwwwwwwwwwwww
母方の祖父ちゃんがいい人でよ、なんか俺を引き取るとか言い出したんで引き取られたのよwwwwwwwwwww
そしたら中学校1年の時に祖父ちゃんもあっけなく逝ったねwwwwwwwwwww
ちょっwwwwwおまwwwwwwww

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】小6・4・1の3人姉妹を引き取り、一人で育てた【告白体験談】

867名前:離婚さんいらっしゃい[]投稿日:2005/09/15(木)23:27:19

スレタイに引かれて、
つい立ち寄ってしまいました。

40代ですが仲間に入れてもらってもいいですか?

870名前:離婚さんいらっしゃい[sage]投稿日:2005/09/15(木)23:49:53

俺も40代だよ、遠慮は無用

告白体験談関連タグ

||

2014年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】余命宣告。娘にしてあげられること。【告白体験談】

【余命宣告。娘にしてあげられること。】ふるふる2009年6月3日23:50

こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。
29歳のふるふるです。
家族構成は、主人と5歳の娘です。
私は先月末、進行性の癌と診断され、余命数か月の宣告を受けました。
現在は通院と病院に短期入院での治療が主ですが、近い将来、身動きが取れなくなることはわかっています。
今のうちに、少しでも動けるうちに、娘に何か残してあげたい、と思いは募るのですが、頭の中が整理出来ていなくて、いいアイディアが思い浮かびません。
些細なことでも結構です。
アドバイスお願い致します。
とりあえず今は将来の娘に手紙を書いています。
あとは毎日精一杯、笑顔で接するようにしています。
寂しがりやで感受性の強い娘のために、母はこれだけあなたを愛していたのよ、と何か証を残したいです。
あまり時間がありません。お知恵を貸してください。
よろしくお願い致します。

告白体験談関連タグ

||||

2014年6月12日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】変な女とラブホ テル行ってきたん だけど … 哲也【告白体験談】

—part3—
変な女とラブホ テル行ってきたん だけど … 哲也

【レス抽出】
対象スレ:変な女とラブホ テル行ってきたん だけど … 哲也
キーワード:rqpISWoB0

<>226名前:哲也◆XcjTGWayIE[]投稿日:2007/08/17(金)19:33:27.14ID:rqpISWoB0<>
こんばんは。哲也です。
2個目のトリもばれてたんすか。

<>235名前:哲也◆mLDidKKbwk[]投稿日:2007/08/17(金)19:34:35.60ID:rqpISWoB0<>
最初のトリがこれっすね。

告白体験談関連タグ

||||

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】護りをオロシタ【告白体験談】

<>432:本当にあった怖い名無し:2005/11/08(火)22:24:35ID:bn8JM1580<>
我が家で起きた洒落にならない話。

私がまだ実家で生活していた頃、度々金縛りや怪奇現象に合っていました。

ある日の晩、ベッドの上で本を読んでいたときでした。
突然身体が引っ張られベッドから落ち、そのままドアの近くまで移動。
ビビリながら足元を見ると、ドアから異様に長い腕が生えているのです。
しかも、私の足首をしっかり握っているんです。
コレはやばいと感じた私は、知っている限りのお経を唱え、死んだひいばあさんに助けを求めました。
それでも足を掴まれている感覚は無くなりません。
じりじり引っ張られ、足の裏にドアがあったたところで気絶したのか、気がついたときには腕はありませんでした。

まだ外も暗かったので寝なおすことに。
そしてウトウトしはじめた時でした。

告白体験談関連タグ

|||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】しんのすけのいない夏【告白体験談】

青年は使い古された座布団の上に正座している。
おろしたてのスーツに身を包み、お茶を出すというその家の母親の申し出を丁寧に断り、
夫婦が寝室として使っている部屋の一角に置かれた仏壇をじっと見つめていた。
ひざの上に置いた拳を軽く握り締めると、風間は口を開いた。

「しんのすけ、僕たちはこの春から大学生になるんだ。もう車の免許だって取れちゃうんだぜ」

彼の口調は幼稚園の時とほとんど変わっていない。
ただ少し、お高いプライドを振りかざすようなとげのある喋り方ではなくなった。ホンの少しだけだが。

「ボーちゃんは北海道の大学で農業を勉強するんだ。これからの時代は農業がくるんだって。
 ネネちゃんは服飾の専門学校。まさお君は一浪してなんとか国立大学に入るってさ」

仏壇に置いてある写真の中で彼は屈託のない笑顔をしている。
僕達はこれからもずっと一緒にいるんだろうなぁと信じて疑わなかった頃の写真だ、と見る度に風間は思う。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【不倫・浮気】平日休みで人妻抱きたい奴来い 【告白体験談】

出会い系で知り合った人妻の尚美。

41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。

ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。

2週間くらいメールし、彼女は平日の昼間がいいという話をしてきていたから、代休のタイミングを見て彼女を誘いました。

しかし、

「ひと回り違うんだよ?ガッカリするよ?」

とか話して来ましたが、会いたいとメールをし、ようやく誘い出しました。

昼前11時に某ショッピングセンターにて待ち合わせて、俺の車の特徴を教えると、軽の車が止まりました。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月5日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした14 【告白体験談】

嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。
僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。

僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じです。
ケイスケさんはSな部分もありますが、マコさんが寝取られるのを見て、僕と同じように手も触れずに射精してしまうくらいの、重度の寝取られ好きです。

僕は生粋のMだと思っていましたが、ケイスケさんの目の前でマコさんを抱くうちに、自分の中にもSがあるのを発見したりしていました。

今日は、いつものように4人で集まり、ケイスケさんと僕がじゃんけんをしました。負けた方が見学という流れなのですが、微妙に僕もケイスケさんも後出し気味で、負けようとします……。

今日は、運悪く僕が勝ってしまったので、ケイスケさんが見学でした。

「ちくしょ〜 負けちゃったよ〜w」
ケイスケさんは、言ってることと表情が真逆な感じで、笑顔です。
【またわざと負けてw でも、ちょうど良いかも。昨日あたりが排卵日だから、今日ならバッチリ妊娠できると思う】

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【泣ける】叔父さん【告白体験談】

まだ1歳にもなってない頃。

両親が事故にあって、俺は叔父に引き取られた。

俺も事故に巻き込まれたらしいのだが、母親が俺を抱え、

その母を親父が力強く抱えていた。

その話を聞いたのは中学生のときだった。

それまでは叔父を親父だと当たり前のように思い、

従兄妹にあたる紗代を妹だと思っていた。

告白体験談関連タグ



2014年6月1日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

このページの先頭へ