【人妻】乱交サークル (出会い)【告白体験談】

私は以前より乱交に興味がありました。
もし、妻が・・・何て考えるうちにドンドン気持ちが膨らみ妄想する日々。
ネットで色々見ているうちに、ある人物と知り合う事になりました。
メールのやり取りをして、比較的家も近く、何度か外で会っているうちに相談事にも載ってもらったりしました。
弘 「俺は嫁さん居ないから、羨ましいよ」
私 「そうですか?色々うるさいですよ!」
弘 「一人よりずっといいよ。淋しいもんだぜ!」
私 「気楽そうで、羨ましいけどなぁ・・・」
弘 「夕食はいつもコンビニ・・・良いか?」
私 「じゃ、今度遊びに来てくださいよ。」
弘 「いいのか?」
私 「嫁、紹介します」
彼:弘さん37歳 自営業(スナック)
私:32歳(圭介)/妻30歳(美優)子供無し
ピーンポーン♪

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛する妻への告白【告白体験談】

私の妻は、私と付き合う前に3人の男性と付き合っています。最初の2人とはキスもしていません。
 3人目の男性と付き合い始めて1週間で初体験をし、その後1年10ヶ月の間付き合ったそうです。妻に聞いた話によると次のような性生活だったようです。順調に付き合っていた頃は週末毎に会っていた。金曜の夜に2回、土曜の朝に1回、土曜の夜に1回、日曜の朝に1回、日曜の夜に1回、合計6回というパターンのセックスです。最初の半年は、なぜか月に1度しか会えず、すると6ヶ月で36回程度のセックス回数でしょう。たぶんこの期間中、前彼は、二股で、遠距離恋愛でもしていた恋人と別れる段取りでもしていたのではないでしょうか。その後、約9ヶ月は、週末毎に会い、生理期間や用事を除くと月に20回程度、9ヶ月×1ヶ月あたり20回、合計180回程度のセックスをしています。別れる間際の最後の5ヶ月は月に4回程度だったらしいので、5ヶ月×4回、合計20回、合わせて36回+180回+20回=236回程度のセックスを前の彼氏としてきたと計算できます。妻にこの計算結果についての意見を求めると、多い時や週の途中で会うこともあったり、逆に喧嘩して会わない時や相手が出かける時もあるので、プラスマイナス20回程度の精度で240回前後だと思うと言ってます。
 セックスの内容ですが、だいたい、前彼が無言で服を脱ぎ、それに応じてフェラを10分程度、その後5分程度の愛撫があって、挿入して10分程度、射精後にまったり5分程度の後戯だそうです。1回のセックスがだいたい30分となります。愛撫中は、ともかく胸を舐められたと妻は話します。妻は、当時、仲間内でも噂されるほどの巨乳だったためでしょう。私も初めて妻の裸を見たとき、胸の大きさとその色形の美しさに「ほんとに良いものを手に入れた」と感嘆したものです。顔は若い頃の永作博美似ですが、体は宮沢リエの体つきです。ともかく、胸から腰にかけてが細身なのにむっちりと脂肪がついて、いやらしい。残念ながら足は美しいとは言い難い。変わったセックスをしたことはないのかと尋ねると、倉庫で1回したという話を聞きました。それ以外にかわったセックスはと聞いても、お風呂で2,3回したことがあるという程度でした。ラブホテルも1回行ったきりだそうです。前彼のことは私もまぁまぁ知っているのですが、強がったところはあるものの、根はスポーツマンとしの真面目さのある人物、なおかつ秀才タイプ+穏やかな信仰者なので、変態的なセックスはしそうにない。この彼氏が、妻の最初の相手で、妻のセックスとはこんなものという経験を形作ってくれた教師だったわけです。
 私は、妻が二人目の彼女でした。前彼女と比較すると、ともかくフェラチオに癖がある。私は風俗もそこそこ行った経験があるのですが、プロに比べても咥えこむ動作が変わっています。まず、ペニスを咥え込み、亀頭部分を妻自身の上口蓋や上の前歯裏あたりで左右にこする様に刺激しつづける癖があります。どうしてそのように動かすのと尋ねると、だって気持ちいいでしょうと言われます。それ以外にも、勃起したペニスを足の方向に軽く引っ張り倒し、陰茎の根本のスジを伸ばし、その筋を甘噛みしたり、堅くした舌を押しつけたりします。そういう動作を割に嬉々として繰り返し、フェラチオに没頭しています。特に私が声を出すとうれしいそうです。前彼が声をまったく出さない人だったので、素直でやりがいがあるとも言われました。いつも妻なりに男がよろこぶと考えていることをやってくれます。ただし、その男がよろこぶだろうというのは、前彼の反応から学んだり、身につけたものでしょう。正直なところ、こする動作や陰茎の根本の甘噛みは気持ちよくはあるが、クリティカルヒットというほどでもない。それよりは、裏スジを舌で舐めあげられたり、亀頭エラ部分を跳ね上げるように舌先で擦られるように舐められる方が好きです。あと、最後に射精させようと咥えて唇を上下させるピッチと強度が私に合わない。たぶんこれまた前彼のリズムだったんだと思う。私なりのリズムを伝えるのだが、覚えが悪いというか、なかなか直らないというか。
 ある時、前彼はどうやってフェラチオをさせていたのか尋ねたところ、
 ・初体験の時に、最初のキスの後に、いきなり顔を両手でつかまれて、
  むりやりに咥えさせられた。この時まだ処女。
 ・そのときに、奥まで入れられて、えづいた。
 ・それ以後、フェラチオでは、たいてい元彼の手が頭にかかり、
  強弱やリズムを指示された。
 ・最初はペニスの根本を舐めるように指で指示され、次に亀頭を刺激し、
  最後に咥えて、彼がリズムを指示し、「強く吸って」と言われる。
 ・それが数分続くと、フェラチオをやめさせれて、胸を刺激され、正常位で
  挿入ということが多かったらしい。
 ・フェラチオの際に喉奥までペニスを入られれる時があり、えづくからすごく

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅵ【告白体験談】

5枚目のDVDをセットした。
再生ボタンを押し、映像が始まった。
”ガチャ”まさかのタイミングだった。
妻が起きて来て、映像を見てしまった。
妻「あなた・・・それ」
私「・・・何て言っていいのか?
妻「どうして?・・・許してあなた」 妻が膝間ついて謝ってきた。
私「俺もビックリしたんだ!俺から話すよ」
私は、高橋さんと言う方から連絡が来て、色々教えてもらいDVDを渡された事を告げた。
そして、DVDを見た事も全て話した。
妻は泣きながら、”どうしていいか分からなかった”と一言発した。
何時間話したんだろうか?結局、妻は、翌日辞表を提出。
私も同席すると、社長が土下座をして来た。
社長「この事は、内緒にして貰えないかと・・・」
私  「あなたもズルい人ですね。犯罪ですよ」

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バイトの中学生に妻を抱かせた 【告白体験談】

今から、5年前の話をします。
私は両親と一緒に漁業(ワカメ・ホタテ・魚)で生活を送っていました。
そんな時、ネットで知り合った女性(妻)と仲良くなり半年の交際の末、結婚しました。
子作りも励んだのですが、中々出来なかった事もあり病院で調べると、妻に原因が
ありました。妻はその事を切っ掛けに、元気を無くし人とあまり話さない様になりました。
そんな生活も半年程続いた頃、仕事も最盛期(3月)で忙しくバイトを雇う事になりました。
結局、近所に住む中学生(3年 圭太)が名乗りを上げ手伝ってもらう事にしました。
彼の家は、両親が出稼ぎで祖父母と一緒に住んでいて、体格も良く(身長173cm・65kg)
スポーツマンの彼は、大人同様の稼ぎをしてくれました。
彼は明るく、よく喋るので妻もだんだん打ち解け、今までに無い位明るくなり笑顔が見られる様になりました。
彼が手伝いに来てから、10日程過ぎた頃に、私は彼を家に招き夕食を一緒に食べる事にしました。
彼は、両親との別居に関しても明るく話していましたが、淋しさを感じる事ができました。
もちろん妻も同じだったと思います。その日は、彼に泊まって貰う事にして布団の準備をしました。
夕食も終え、リビングでTVを見ながら世間話をしていると、圭太の彼女話になり妻が”彼女居るの?”と
聞くと、”居ませんよ”とちょっとムッとした感じで答えた。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年2月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】母を眠らせて【告白体験談】

今から5年前位の話です
僕は中学2年で母が40歳の時で 当時母は父と離婚の話を進めていて美容師の母は仕事でも家庭でも休む事が出来ずに頑張っている時でした
母は身長があって中肉で背中の真ん中位まで髪が長く美容師なので何時も綺麗にしていて街に出かけると周りのおじさんの視線が少し自慢でした 悪友には「お前のかあちゃんのパンツ見せろよ!」ってよくせがまれたりしてました
父は営業職で家を空ける時が多く母は「なかなか離婚の話が進まなくやんなっちゃう!」っと夕飯時に言っていました
ある日母の帰りが遅く23時位になっても帰らないので母の携帯に電話をしようか迷っていると ピンポン! っと玄関のチャイムが鳴りドアを開けると帽子をかぶったおじさんが立っていました よく見るとタクシーの運転手さんで「すみません!お客さんがここが家だと言っているんですが泥酔していてご家族の方か確認していただけますか?」っと言ってきたので車の中を見てみると母が後ろの席で窓に頭をもたれて寝ていました 「母に間違いないです」「申し訳ないが降ろすの手伝っていただけますか?」運転手と2人で泥酔している母を何とか玄関まで入れて料金を母のバックから財布だして支払い運転手さんに話を聞くと「繁華街で会社の同僚らしき人たちに酔いつぶれているからよろしく!」と家の当たりまで来て何とか母をおこしやっとここにたどり着いたとのことでした ドアを閉めて母を見ると薄いブルーのワンピースに肌色のストッキングを穿いた太ももが人の字みたいに横たわって見えて長い髪も顔にかかって真っ赤染まった頬だけ見えて僕は母と言うより肉の塊に見えてドキ!っとしました
「そんな所に寝てると風邪ひくよ!」「おきなよ!」っと話しかけても身体をゆざぶっても反応が無いので何とかリビングに引きずり込みソファーに寝かせました ソファーで寝ている母を上から眺めると女性にしてはデカイよな。。。友達の母親は太っていたりチビで歳相応に見えるのに母はとても40歳には見えないな。。。 今まで友達におまえの母親は美人だとかパンツ見せろとか言われてもピンとこなかったけど女として見てみると。。。「ねえねえ腹へったよ夕飯作らないならコンビニ行くよ!」っとわざと強めに母を揺さぶってみましたが「うん~」っと気持ち悪げに喘ぐだけでおきるようすが。。。前に友達が「おまえのかあちゃんいい匂いがするんだろうな~」って言われたの思い出して。。。母を調べる事にしました!
ソファーの前のテーブルをカーペットと一緒に引っ張り母の横たわる所にスペースを作り母の横に座り もう一度母を揺さぶりおきない事を確認してから母をしみじみ診始めました 肌色のストッキングを穿いた脚は針で刺せばパン!っという音で破裂するする位パンパンで寝ているからかなり太く診え脛は逆に骨っぽく見えて顔を近づけて診ると少し産毛がみえて脛にはもう少し濃い毛が数本生えていて「母も毛が脚に生えてるんだ!」っと当たり前だけどドキドキしました 手のひらで脚をそっと撫でると熱い位の体温と柔らかさに初めての女性の質感に僕の股間に血が集まり始めてもうそれだけで射精感が込み上げてきました ワンピースを少しづつたくし上げ太ももを全て露わにして今度は匂いを嗅いでみました つま先に鼻を近づけ嗅いでみると納豆みたいなすえた臭いにおもわず咽てしまいました 周りに綺麗だと言われる母もおやじの足みたいな臭いがする事にワクワクして今度は鼻の穴に親指が入る位近づけ臭いをかいでみるとここに寝ている母がやらしい身体をした女にしか見えなくなりました
気が付くとストッキングに唾液が滲み出る位母の脚を舐めまわしていました 足の指、脛、太もも。。。大胆になって行く自分が不思議で気づかれても酔って寝たから着替えたんだ!っと言い訳をすれば大丈夫だろうと思ってました
ワンピースを脱がそうと母の背中のファスナーを下し始めた時に玄関に音がして?父が帰ってきた!慌てて近くにあったひざ掛けを母に掛けて母から距離を取ってテレビの電源を入れて父を迎え入れました 「なんか酔いつぶれて寝てるんだ」っと父を誤魔化し後はよろしくと父に言って自分の部屋に行きました。。。
部屋で自慰をしながら後悔しました「もっと早く母の全てを診れば良かった。。。あんな酔って帰って来る事はめったに無いし!」
もう母の身体を悪戯しないと我慢できないと射精しなが強く思いました
翌日学校で友人に昨夜の出来事を話してみたら「オレに良い考えがあるから今日お前の家に遊びに行くよ!」っと言われました
続きはまた!

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】室内プールで妻が【告白体験談】

去年の秋、家族で旅行に出かけた時の話をします。
私32歳、妻30歳、子供(男)10歳
子供の要求もあり、ケ○○ワ○○ドに泊まりで出かけました。
そこは、流れるプールや、波の出る所があり1日中遊べる子供にとっては最高の場所でした。
現地に到着と同時に、プールへ向かいました。休日と言う事もあり、施設内は非常に混雑しており
プールは芋洗い状態でした。
妻は薄い黄色いビキニ姿で、ちょっとムチムチした体は男がムラムラくる体系だと思います。私が言うのも
何ですが、顔も結構可愛く自慢できる妻です。
妻は子供に手を引かれる様に、波の出るプールに向かっていました。私は、場所を探し歩いていました。
人通りが多い通路脇ですが、何とか場所をキープし妻達の元へ向かいました。初めて見る波の出るプールは
想像よりも激しく、子供以上にハシャイでしまいました。妻も浮き輪に乗り何度もひっくり返っていました。
「パパ楽しいね!」 そう言って、ドンドン深い方へ向かって行きます。子供も夢中で、私は子供から目を離さないよう
にしていました。その時、会場内に放送が鳴り波が大きくなりました。今まで以上に大きく、周りのお客さんと体が
ぶつかる位大きな波でした。「妻は!」そう思って辺りを見回しても見つからず、子供の浮き輪をひっぱっりながら
ちょっと沖の方へ向かうと、一番沖の方に妻が見えました。よく見ると、妻を囲む様に若い男性数人がいました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】真面目な妻の火遊び【告白体験談】

私は35歳で士業を営んでいます。妻は春先まで建設業者で経理の仕事をしていて資格を取るために学校に行きたいと言ってきたの私も賛成し妻も働きながら私の仕事も少し軌道に乗ってきていたので社会人学校に行かせてあげれるくらいの余裕もでてきていたので反対する理由もありませんでした。ちなみに妻は一つ年上の36歳で現在、今年から小学生になった子どもが居ます。学童にこどもをともできたので時間的にも余裕ができ自営なので私が子どもを迎えに行きお互いの仕事や学校が終わるまで私の実家に子どもを連れてくこともできましたので妻が資格取得の為学校に通うのは仕事をしている時とさほど生活に変化はありませんでした。学校に行きだした妻は良く学校でこういう人がいてとか先生はこんな人でとか話をしてくれて私も開業前に社会人学校に通っていたことをおもいだしたりしながら聞いていました。妻が学校に通い出してひと月ほどしたある日スーツで通うのも浮いちゃうから服を買いに行きたいからついてきてと言い出し普段は案外保守的なので仕事に行っていた時もスーツで通勤し職場で制服に着替えたりしていたので私も服くらいなら好きなの買えばいいよとついて行くことにして妻にしては珍しい丈の短めのスカートやデニムのホットパンツなどを買い、それまでは意外にスーツ以外は膝丈のワンピースやロングとはいかないまでも膝丈の地味目のスカートを好んで履いていたので私も「イメチェン?似合ってるからいいけど・・・勇気あるなぁそんな服着るなんて意外やわぁ」と妻の露出した脚に久々にどきっとしてしまい内心嬉しかったのを覚えています。妻も「仕事じゃ着ていけない服を選んでみたの」と嬉しそうにしていました。妻は一人子どもを産んでからは少し下半身にお肉がついた感じにはなりましたが160センチの身長で胸はBカップで腰もそれなりに括れていて若い服装をするとまだまだいけるなぁと再認識してしまいほぼ半年ぶりくらいにその夜は抱いてしまいました。それからまたひと月ほどして妻の会話にやたら同じ名前の7歳年上の男性が出てくることが気になりだしてきて私も妻に「美加さん(私は冗談を言う時は妻をさんづけします)その人に気があるんですかぁ?」とちょっとやきもちもありつっこんでみて、妻は「え~違う違う~西さんはなお君(私)と同じ仕事しているしもう一つ資格取るために学校来ている人だから将来のための人脈作りとあと勉強もすごくできて実務も詳しいから仲良くして利用してるだけだよ~やいてるの~もしかして?」と笑いながら言われ、だいたい人を利用できるような性格じゃないだろと思いながら私もその時はそれ以上突っ込まず「冗談冗談」と言い軽く流していました。その後少しして妻の事も知っている友人から「そういやぁ美加ちゃんて仕事やめたん?」と聞かれ「えっああそうやけどなんで?」と聞くと「いやこの間市内の屋上にプールのあるスーパー銭湯に行ったら平日の昼やのに美香ちゃんによく似た子見てなぁほらあそこ屋上のプールて水着で男女兼用やろ?そこで見かけたんやけど・・・」と言われここ最近私も妻の昼学校以外の行動まで把握していたわけでなく元々束縛しないタイプの私は一々毎日今日は何してたとか聞くこともないので学校ない日はそりゃ勉強ばかりしてるわけでもないんだろうなぁと思い「あっそうそうもう辞めて随分たつよっ言ってなかったけなぁ?あそこなら今行ってる学校の近くやし嫁と思うよ風呂好きやしえっ?声かけへんかったの?」と私も言いすると友人が少し苦笑いで「えっああやっぱそうかぁ俺も見間違えるはずないと思ったんやが少し遠目あったしなぁ声かけるも何も人と来てたみたいやし・・・」少し言いづらそうに困った表情でその言葉を聞き私もこれは一緒に居た人って男性だったんだなと思い冷静を装い「あっ今嫁も学校に行って仲いい人結構出来たみたいなんで飲みに行ったりもしてるみたいなんでその中の人と遊んでたんやろなぁ」と動揺してる風に見せず答えると「そうかぁそれあったらええんやけど・・・まぁ美加ちゃんに限ってめったなことにわなぁ」と少し安心したようにまだ何か言いたそうだったけど話をやめてしまい私も詳しくどんなやつと来てたんだとか聞いてみたかったが友人の前で嫉妬深い旦那の姿を見せたくないというチッポケなプライドが邪魔をしてそれ以上聞けずその日はそのまま友人と別れこの事をどうしよう妻に聞いてみようかと考えながら相手は多分よく話に出てくる西という男だろうか?とか考えながらただ一緒に遊んでるだけなのかそれとも既に深い中にあるのかと妄想が妄想を呼び私の出した結論はその日の友人の目撃情報を伝え否定すればおそらく黒、行ったことを認めればその男とは本当に何もなくただの学校内での遊び友達程度だろうと考えただ本当に友人の見間違えということもあるので私は妻が電車の回数券を使い通学していることを知っていたのでその日スーパー銭湯に行ったという事実を確信させる証拠が欲しかったため友人と会った夜妻が自宅で入浴中に妻のバッグから財布を出し回数券を見てみると学校の最寄駅と自宅の最寄り駅意外に学校から一駅のスーパー銭湯の最寄駅で降りている友人から聞いた日と一致するのが判明。それ以外にも学校と自宅意外に週に二度ほどよく降りている駅がありそんな駅で降りて何かをしていると聞いたことがなくまずその駅に何があるのか知りたくてその日お風呂上がりの妻に少しかまをかけてみることにして「美加さん美加さん最近学校はどうですかぁ?勉強順調ですかぁ?」と聞いてみて妻「えっあっうん難しいけど頑張ってるよ~」私「そっかぁ美加ちゃんは真面目やからあんま根つめても仕方ないしたまには気晴らしでもした方がいいよ~」妻「あっうん私もなお君知ってると思うけどたまに飲みに行ったりしてるしそれに仲のいい人も結構できてそれなりにお互い切磋琢磨しながらやってるから大丈夫よありがとっ」と嬉しそうに妻。私「あっそうやよね~あっよく美加ちゃんが褒めてるえ~と誰あったかなぁ?あの優秀なぁ・・・(名前分かっていたがわざと忘れたふりをしながら)」妻「あっ西さんのことかな?私「あっそうそうその人っその西さんってどこで開業してるの?」妻「えっ確か学校の近くって言っていたよ事務所からは徒歩で来れるって住んでるのは○○らしいけど・・」私「へ~そおなんやぁ(内心ビンゴっと思い。。。その○○が妻の回数券に4回ほど降車したっ証拠がある駅でした)それでもあんま遠くないね学校から~美加さんは事務所やご自宅にお邪魔したことあるんですかぁ?(と冗談ぽく聞いてみると)」妻がお風呂上がりに話をしながら飲んでいた缶ビールを少しぷぷ~と吹き出し「ないない~事務所とかは参考のために見せては欲しいけど~それでも迷惑でしょうしお邪魔できないよ~」と笑いながら妻が答え私も完全に嘘ついたなぁという事は西さんと肉体関係になってる可能性あるなぁと思いこの時既にかなり私のほうが妻より多分鼓動が激しかったと思います。その激しい鼓動のまま妻の掛けている正面に向かい座り意を決していつもの軽い感じではなく少しトーンを落とし「ほな・・・スパ○ールド(学校からひと駅のスーパー銭湯)行ったんも西さんやなかったんやぁ」と言うと妻が一瞬顔が引きつったのがまともにわかりました。「えっ!えっ・・・スパ○ールドって・・・・何?」私「なぁ・・・美加ちゃん俺今までは嘘ついたのかまわんけど今からは全部聞かれた事に正直に答えてくれる?怒る気もないし責める気も今やってる事勉強も含めやめさす気もないから・・ただ本当の事知りたいだけで俺は美加ちゃんが俺より好きな人が出来たのなら知りたいしそうやなくただの遊びならたまにはかまわんと思ってんねんで。。。ただ西って人の家には行ったやろ?○日と○日あたりに?それにスパの屋上のプールで遊んでたんちゃうん?それはまた別の人?」といつもの冗談ぽくではなく真面目に少し声は荒げていないが凄みを効かせた感じで(実際は心臓バクバクでしたが)聞くと妻は椅子に両膝を立てたまま部屋着のシャツとキュロットで三角座りのような格好で少しの間(5秒くらいでしたでしょうか?)黙り込みビールを飲んでるのに顔から血の気が引いていく感じで青白くなっていきやっと口を開きました「えっと。。。なお君・・・ごめんなさい・・・・あの・・・なお君今言ったの・・・スパも西さんと行ったし・・・家も行きました・・・でもなお君が思ってるように好きとかじゃなく・・・その尊敬はしているし好きか嫌いかて言うと好きだけどそんな・・・なおくんと比べるとか以前の問題で・・・・」と言うと泣きながらうつむいてしまいました。私もやっぱりかぁと思いながら本気で好きやないとは思っていたけど今まで妻が私に嘘をつくことは無いいや多分無かったんだと(この時はそう思っていたので)思っていたので仕事をしていて同僚や学校にしても同じコースに通っている人たちと飲みに行くくらいは全然良いと思っていたのですが隠されたのが一番ショックで私もそう言われたあと少しの間無言でようやく考えがまとまり「美加ちゃん・・・で結局その西さんは本気で好きじゃないってわかったけど・・・したんやなぁそれだけは今のでわかるわ・・・そうやなかったら謝らんもんなぁ泣くほど・・・それでもう長いんか?」妻「(少しの沈黙)3回・・・・西さんに家で2回と・・スパの帰りにホテルで休憩して」その後の妻の供述をまとめると最初は学校の友人何人かと飲みに行った帰りに西さんの事務所を見せてもらうことになりその後に自宅に学校が毎回の授業受けれるわけでない西さんは他に通信の授業も受けているらしくそちらのDVDを見せてもらいに行くことになりその時に酔っていたのと服装など普段から褒めてくれる西さんにふらっと行ってしまいキスされてそのまま流されしてしまいその後二階訪問した時はキスだけでこの事は忘れて今までどおり良い友人でいたいと妻から申し出て一度はそれで収まっていたらしいがスパに行った日にホテルでいけないとも思いながら
してしまったセックスでかなり逝かされてしまい正直今までのセックスで一番良かったと思ってしまいその次の日も家に行った時にしてしまったらしいです。妻の告白が正直ならば西さんとはその3回らしいですが私もそれを聞き怒ることもせず離婚する気もないし今まで真面目にしてくれてたし(正直セックスの回数も少なく蛋白であった私にも原因はあると思い子どもが生まれてからはほとんどしていない状況でしたので)ただ今後も遊ぶのはほどほどにして正直に言ってくれたらかまわないからと伝え妻はもうしないと謝っていましたが私もそれは俺が止めてもする時はするやろうし俺は他の女性とどうこうなる気もないから自分より好きな人ができたら正直に話してと言いました。妻はそんなことはないからと泣きながら言っていました。そして妙に妻の告白を聞き興奮してしまった私は服を買いに行ったあの日以来妻を抱きました。いつもより凄く感じている(ふり?)妻を私は尋問のように今まで西さん以外にも他の男性と寝たことあるのかが気になり聞き出すとベッドで私に突かれながら二人と一回ずつ二回だけあると白状しその告白中に射精してしまいました。自分でも驚く程自分の大事な妻が寝取られることがこんなに興奮するとは思いませんでした。その後妻とは以前のように上手くいっていますしセックスの回数も増え今はハプニングバーに行こうと嫌がっている妻を説得中です

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻が熟女フェチのイケメンに・・・【告白体験談】

なんか変な言い方だけど、寝取られた事がきっかけでかえって夫婦の絆が強まった方、いらっしゃいますか?
俺と嫁さんはそうなんだが。
俺は40歳、妻は45歳。
子供は2人。
妻は健康的なタイプで顔は美人、かなり若く見られる。
スレンダーでスタイルもいい(特に足とお尻が)。
妻は優しくて従順だから、俺も調子に乗っていたんだろうな。
妻には何かときつく当たいて、夫婦間はちょっとギクシャクしていたかな。
少なくとも、妻はただひたすら耐えるみたいな感じ。
辛い毎日だったんだろう。
ある週末の夜、妻は職場の上司の送別会に行った。
妻は家庭があるからということで一次会で辞退したが、妻の職場に通うアルバイトの大学2年の19歳のE君も
帰るということで駅まで二人で歩いた。
E君が、知ってるお店があるからちょっと寄って行きませんかというので、妻は若干の抵抗もあったが、
少しだけならということで、二人はそのお店に入った。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅴ【告白体験談】

3枚目のDVDを入れたのは、深夜1時を回っていました。
気になる私は、時間を忘れDVDをセットしました。
映像は、社長室でした。
妻は、社長が出勤すると直ぐに近づき、社長の元に膝まづきフェラをしていました。
チンポがギンギンになると、妻は机に手を付き社長にバックから入れられていました。
抜き終えると、社長は妻のマンコにローターをセットし、パンティを履かせていました。
仕事中も、社長は何かとローターのスイッチを入れ妻の動きを見て楽しんでいました。
来客が来ると、妻はコーヒーを出しお客さんの後ろ側に立っていました。
お客さんからは、見えない位置で社長が合図すると妻はスカートを捲り上げたり、胸を
露出させたりしていました。何も知らないお客は、社長と話を進めていました。
お客が帰ると直ぐに、妻は社長からバック攻撃を受け、中に出された精液が太股をタラ~っと垂れ落ちていました。
トイレで、拭き取った妻、一日中社長の玩具として働いている光景は、もう私の知る妻では
ありませんでした。もちろんビデオを見ている私ですら、妻を見ていると言うより、アダルトビデオを見ている
感覚でしたから・・・。
3枚目は、こんな感じで昼の妻が映し出され、残業時間も同じ様な事をされ続けている妻でした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅳ【告白体験談】

興奮を押えながら、2枚目のDVDをセットした。
映像が流れ始め、秘書初日というタイトルが流れた。
映像は、社長室だろうか?綺麗な部屋で、高そうな家具が並んでいた。
正面に社長の机だろう、そして向かい会う様にちょっと小さい机があり、妻が座っていた。
”ガチャ” 扉が開いた。社長が入って来た。妻も立ち上がり頭を下げ、”おはようございます”
社長が、妻の前に立ち”今日から、よろしく頼むよ”とニヤけた顔で妻に言った。
社長は、机に座るなり”美香さん!こっち来て”と妻を呼んだ。
妻は、立ち上がると社長の前に向かった。
「ここに来なさい」と社長は自分のすぐ横を指さした。妻は恐る恐る隣に立つと、スカートを捲られ
パンティを曝け出した。社長はパンティの上からマンコを触り始めた。
「何をするんですか?」
「分からないか?会社辞めれないだろ!お金稼がないと・・・ね」
「でも・・・」
「俺の女になれば、給料は倍あげるよ」
「倍ですか?」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ