【人妻】復讐鬼【告白体験談】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。
妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。
確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。
すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。
妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが
怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。
まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、
麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、
海外留学させて、心を癒させた。
妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。
数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【告白体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 4【告白体験談】

ついにセックス解禁日
仕事の休みを取り、ドライブに出掛けることにした。
性欲の塊のようになってしまった彼女も、
今日こそはセックスが出来ると、
普段より積極的に私の命令に従った。
ノーブラノーパンに黒い乳首が透けない程度のブラウスと短めのスカートを履かせた彼女を助手席に乗せ出発。
人の少なそうな郊外に車を走らせた。
腕と脚の毛は普段の生活のなかで目にすることがあったが、
横目に見えるスラリと伸びた真っ白い毛深い脚に興奮した。
昼食に立ち寄ったレストランで向かい合わせに座り、人目を盗んで胸を露出させるよう指示した。
二ヶ月ぶりに目にする卑猥な乳輪、
しかも誰に見られてもおかしくないシチュエーションに胸が高鳴った。
店員や他の客にばれない様にコソコソとボタンを外す彼女。
チラリと見える谷間には、濃い産毛がみっしりと生え揃っていた。
そして露わとなった乳房も産毛で覆われ、

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 3【告白体験談】

彼女とセックスするたびにイヤラシイ乳輪とバカでかいクリトリスに興奮しまくっていたが、
付き合い始めて一年位の頃だろうか
私は彼女に更なるいやらしさを求めた。
もともと毛深い女性が好きだったので、恥ずかしさもあったが思い切って彼女に女性の体毛フェチだと告白した。
勿論、彼女は驚いていた。
彼女は嫌がっていたが何とか説得して、首から下全ての無駄毛処理をやめさせた。
毛の生える途中経過を見ずに完全に生え揃った姿を味わいたかった私は、
二ヶ月間禁欲をした。
その頃の彼女はセックスの快感を覚え、性欲も強くなっていたので、
毎晩のように誘って来たが、私は断り続けた。
そのうちになぜか私と彼女の間に主従関係が築き上げられていった。
私はオナニーをしていたが、彼女はオナニーもしたことないような女だったので、完全な禁欲生活。
欲求が溜まりに溜まった彼女は私が言うイヤラシイ命令に従う様になったのだ。
初めのうちは、ノーブラでデートしてみたり、
処理されていない腕毛や脚の毛を露出させて出掛けさせたりと。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 2【告白体験談】

私と妻は出会い8年前
現在 私が36歳 妻が34歳
結婚して3年。
私と付き合うまで妻は男性経験がなかったそうだ。
彼氏が出来たことがない子が居るから会うだけ会ってみてと女友達の紹介で出会った。
初めて会った時、美人だしスタイルもいいし、明るく性格も良さそうだし、
付き合ったことがないなんて信じられなかった。
デートを重ね、そろそろかなって雰囲気になった時に彼女から結婚して欲しいと言われた。
まだセックスもしてないが、私も結婚するならこの人かなと思っては居たものの驚いた。
付き合って二ヶ月、まだキスしかしてないのにもう結婚の話⁈
笑いながら彼女に言った。
聞く自分のカラダにコンプレックスがあり、結婚する相手じゃないて見せたくないというのだ。
どんなコンプレックスか聞くのも野暮だと思い、
将来の結婚を約束した。
その晩自宅に彼女が泊まることになり、彼女の裸を見ることになった。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年3月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 1【告白体験談】

私の妻は恥ずかしいカラダをしている。
神様のいたずらとしか思えない。
服を着ている時は非の打ち所がない完璧なスタイル。
少し古いがキョンキョン似の色白で身長168と背が高く、Fカップの巨乳の持ち主だ。
しかし服を脱がすと印象がガラリと変わり、
いささかグロささえ感じてしまう。
かたちが良くツンと上を向いた白い胸には似つかわしくない直径7センチもある乳輪。
出産経験もないのに黒くてブツブツしている。
性器に至っては、縦にも長い大きく黒いびらびら。
人差し指の先ほどあるクリトリス。
そして全身毛深い。
私は毛深い女性フェチなので、処理を禁止している。
黒ぐろと伸びた腋毛、
全身に濃いめの産毛がビッシリ生えていて、色白なので良く目立つ。
乳輪に渦巻くように乳毛が生え、へそから陰部 アナル周りからお尻のほっぺたにまで汚らしく生い茂っている。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年3月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】事故の後遺症? その2【告白体験談】

引っ越した先では子供を引っ張り込まないと約束させました。
事故から何気に毎日過ごしてきたので妻の変化に気づきませんでした。
夜の夫婦生活も週に1、2回と事故前から増えもせず減りもせずでした。
ただ天然でおおらかな性格でしたが服装はキッチリしていたのですが事故後は徐々に乱れてきたような気がしました。
自宅でもブラは付けていたのが最近ではノーブラで買い物に行くこともあるようです。
パンツルックが多かったのに短いスカートやワンピースが多くなりました。
肌の露出する服装を嫌っていたはずなのに今は露出度の大きな服を好んで着ているようです。
四六時中監視しているわけではないので推測が多いのですが自宅のタンスや衣装ケースとか見てて感じました。
妻が約束を守って子供たちを家に引き込んでいないか、しばらくは早退して様子をみていましたが守ってるようなので回数も減らしました。
引っ越した先は以前のように駅前に酒屋はありませんが自宅に帰る途中にコンビニがあり少し高くつきますがそこでビールとか買って帰るのが日課になりました。
ただコンビニってのはなぜか不良が溜まるんです。
その日もビールを買って出てくると駐車場の端で数人の中学生が溜まっていました。
自宅方向だったので彼らの横を通って帰ろうとした時ニタニタした顔で彼らは変な話をしていました。
何か引っかかる話だったので駐車場を出たところを曲がり彼らの塀の後ろ側でタバコを吸ってる振りをして聞いていました。
最近小さな子供を連れた30ぐらいのおばさんの話です。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】事故の後遺症? その1【告白体験談】

俺31歳、妻32歳、結婚8して8年余りの夫婦です。
この春から子供が小学校に入学しました。
一見普通の家族なのですがここ3年で6回も引っ越ししています。
それは妻の行動によるものでそこにいられなくなり引っ越しているのですが俺の仕事場の関係もありあまり遠方には引っ越しできません。
しかしいずれは転職も考えていますし場合によっては・・・
ことの発端は4年前の妻の交通事故なんです。
自転車での単独事故で外傷も大したことなかったのですが頭部を強打して一晩意識がありませんでした。
意識が戻っても記憶が一時的に戻らずに心配しましたが、三日ほどで元に戻り安堵しました。
医者からは後遺症が出るかもしれないので妻の状態には気をつけてみるようにと言われてましたが数ヶ月しても普段と変わらないようなのでいつの間にか病院へも行かなくなり忘れていたのです。
今から思えば躁病のように少しハイなところもあったような気がしますが元気になったんだと勘違いしていました。
最初の事件は3年余り前でした。
地区の会合に出た時に「いつもお世話になっています。」と30代半ばから40前後の奥さんたちに声を掛けられました。
奥さんたちは共働きだったり片親だったりして夕方遅くに帰宅するらしいのですが、どうも妻がその子供たちの面倒をみているようだったのです。
少し天然でおっとりしていますが気の優しい面倒見のよい妻らしい話で午後3時、4時ころから夕方6時、7時ころまで俺んちに小学生たちが集まって妻に勉強を教えてもらってるとのことでした。
ところがある頃からピタッと子供たちが来なくなったと妻がぼやくのです。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年3月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【告白体験談】

ぼくホモなんです~
ぼくのアナルほじってください~
浣腸もしてください~
ちんこもいぢって~
ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~

ああ~

ああ~

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻が息子を【告白体験談】

私は34歳、妻は30歳、息子は7歳で小学1年生です。
私たち一家は仲良く平和な充実した日々を送っていた。ある日私は仕事が早く終わり家族を驚かそうと連絡せず帰り家のドアを静かに開けると中から息子が泣いていたので急いでリビングに行くと妻が何と息子のズボンとパンツを下ろしチンコを口に咥えてた。
息子は「やめて、ママ」と嫌がっていたものの妻は一向にやめようとせず妻は自分の上を脱ぐと息子の顔を持ち自分の胸に近づけると無理矢理に舐めさせた。
妻は片手で息子の顔を持ちもう片手で息子のチンコを扱き始めた。
息子は「あ~あ何か出る」と息子が言うと妻は口を近づけそのまま扱いているとやがて射精した。
妻はそれを全部飲んだ。
妻は自分の穿いてるスカートとパンツを脱ぎマンコを息子の顔に近づけて「舐めて頂戴」と言うと息子は怯えながらうなづき舐め出した。
妻は69の体制になり息子のチンコを舐めると息子もマンコを舐めていた。
やがて息子はまた射精して妻もそれを全部飲んだ。
妻も愛液を出し息子に全部飲ませた。
妻は夢中になっていて私の存在に気づいていない様子だった。
妻は息子のチンコにマンコを挿入し揺らし始めた。
妻は「あ~あ~」と喘ぎ声を出し楽しんでいました。
私は流石に見てれなくなり「何してるんだ」と出て行った。
妻は「あら早かったのね」と妻が言ってきた。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ