【怖い】わけあり家族旅行【告白体験談】

<>846名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/08/29(土)10:14:20ID:YXVajOwn0<>
両親からの又聞きの部分が多いので、想像っていうか妄想な部分も多々あるので勘弁、
そのかわりマジ話です。
子供の頃、姉を含めた家族4人で出かけることがよくあった。よくあったなんてレベルじゃなく、
休みが合えば確実に出かけてた。でもな、旅程が変だった。俺んち、北関東なのに、神奈川で一泊して
ネズミの国に行ったり、どう見てもヤクザが大好きな黒塗りのあの車をレンタカーで借りてきたり、
民宿って話だったのにどう見ても普通の家屋だったり…。
今年の夏、帰郷した時その話になってな、さりげなく両親に聞いてみた。そしたら両親、ケラケラ
笑いながら言うんだよ「あれは除霊」だって。
  
<>847名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/08/29(土)10:15:25ID:YXVajOwn0<>
意味がわからん俺に得意げに話す両親、なんでも俺の姉にはよくわからん浄化機能があって、
姉が一晩いた場所は霊的にとても清められるのだそうだ。…、理屈は解った、納得はしないが。
「そういえば、高そうな旅館に泊まった時に俺と姉美(仮名)だけ10にんくらい泊まれそうな
部屋で寝たことがあったな、あれは子供心にも変だと思ってたんだ…」

告白体験談関連タグ

|||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】夫の悪戯      (今年の出来事)【告白体験談】

夫の悪戯に困っている今日この頃です。
相変わらず、私に色々な格好をさせて夫は楽しんでいます。
結局、夫の友人(山口さん伊沢さん)はお正月に来る事はありませんでした。
しかし、春ももう直ぐと言う時、夫は友人達と飲みに出かけたんです。
夫が帰宅したのは、夜11時を過ぎていました。
ソファーに座り、酔い冷ましの水を飲んでいる時です。
「今度、プールにでも行こうか?」
「何!急に」
「山口がさぁ、無料チケット貰ったから一緒に行こうって誘って来たんだ」
「まだ寒いでしょ」
「温水プールだし、室内も夏並みに暑いらしいぞ」
「福○の・・・」
「あ~そうだよ。いいだろ!」
「ん~誰が行くの?」
「俺達と、山口、伊沢、それと山口の姪っ子」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】積極的な妻が起こした事件簿【告白体験談】

衝撃的な出来事からようやく落ち着いてきたので投稿します
妻33歳結婚5年目で3歳の息子が居ます。
数年前より他人棒や複数プレイに興味があり色々なサイトを巡ってました
夜の営み中、元彼とのセックスの話を聞くようになり
話しはどんどん過激な話題へと進んでいき、妻も最初は嫌がっていましたが
目隠しをし、ほら元彼チンポが入ってるよ等と言うと、身震いさせながら感じ
元彼の名前を呼びながら、気持ちいい気持ちいい、中に出して!と叫ぶように成りました
私は、プレイの一環として「元彼に抱かれて来い、子作りしてこい、3Pがしたい、おまえがやられてるところが見たい、皆で回したい、次の子供は元彼に作ってもらえ」
などなど色々な事を言いながら二年間ほどどんどん激しい事を言い続け何度も抱きました
変態な営みは日中もエスカレートし
パイパンノーパンミニスカートでショッピングモールへ出かけたり
ノーブラで脇がバックり空いたチュニックでも出かけるほどになり
ワンピース一枚で公園等へ行き裸でセックスもしてくれるようになりました
そんなことを続けていたら、ある日珍しく妻から誘いがあったのです
実家に子供を預け久しぶりに朝から晩までホテルでエッチしょうと

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】パートに出た妻【告白体験談】

妻の奈美は2年前から週4、5回、午前中のみのパートにでるようになりました。
私達夫婦には女の子が二人おり、下の子もあまり手が掛からなくなり、また、子供二人の教育費の負担も今後さらに増えてくるのが明らかだったからです。
私は自宅のある街の隣町で、父から譲り受けた小さな事業をやっており、妻にも帳面や伝票の整理、ちょっとした買い物など、私の仕事の裏方のようなことを手伝ってもらっています。
私の仕事はあまり経営が楽だとは言えないかもしれませんが、父の代からのお客様も多く、細々とではありますがそれなりに安定しています。
妻にはもっと外で働いて、より多くの現金収入を稼ぎたいという希望もありましたが、夕方以降にも勤務を頼まれるような、主婦業や私の仕事の手伝いに多少支障が出そうな職場を避けて、今の仕事を選びました。
妻の再就職、パート初出勤の日のことを、私は鮮明に覚えています。
私達に朝食を食べさせ子供達を学校に送り出したあと、妻は久しぶりにスーツを着て、少し緊張したような、でも何だかうきうきしているような、そんな感じでした。
いつもは二人の子持ちの主婦として、あまり身なりにも気を遣わなくなってきた妻ですが、妻は二人の出産後も20代の頃の体型のままですので、独身時代に着ていたスーツは全く違和感がありませんでした。
若い頃に着ていたスーツですので、スカートの丈が少し短く、ストッキングを穿いた妻の脚の、かわいい膝小僧がスカートから完全に出ています。
私は短いスカートを穿いた妻を、何年ぶりかで見ました。
いや、それどころか最近では妻がスカートを穿くこと自体、葬式や学校の懇談会に行くなどの場合を除けばほとんど無くなっていましたので、ストッキングを穿いた脚を短いスカートから見せている妻は、私の目にとても新鮮に映りました。
「奈美。スカートちょっと短くないか?」と私は言いました。
妻は笑って答えました。「朝から、私にやきもちを妬いてくれるんだ?あなたが私にやきもちを妬いてくれるなんて何だか久しぶりね。」
そして、二人そろって一緒に家を出ました。
もともと性格が明るく、働き者で、気が利き、他人の悪口や陰口を言わない妻は、勤め先でも正社員の男性たちに重宝がられ、あるいは若い女子社員たちのお姉さん的存在として、職場に馴染んでいったようです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【怖い】差別は必要ないが区別は必要【告白体験談】

小学生5年生〜中学夏休み前まで同じ学校にいた重度の知的障害・重度の身体障害・重度の発達障害を持ってた障害者について話してみたいと思います。

障害者との出会いは小学五年生の頃。
当時、学年全体で障害者を4クラスあるうち、どこの組に入れるか?と言う話し合いが行われた。
私は当時、小学五年生。
担任の先生から「今度、障害を持った生徒(男子)が来ることになった、そこで2組(私のクラス)に入れたいと思うのだが皆の意見を聞きたい」
私を含め周りはまだ小学五年生で上記の事について意見を聞きたいと言われても誰も意見らしい意見を言えなかった(特に男子)
女子の一部(グループ的には女子の中では権限ある系のグループ)は、信じられないような綺麗事・理想論を展開していた。
かなり色々な事を言ってたが簡単にまとめると「障害者に理解ある私達素敵!!」的な台詞連発。
先生も「分かってはいたが、やっぱり私のクラスの生徒は素直で良い子ばかり」的な発言をして障害者の受け入れを職員会議でする、と宣言。

俺や他の男子は内心反対していた。(この時しっかり意見を言わなかった事を後悔している)
要介護レベル、とだけで程度の情報しか貰えずしかも他人の介護など、やった事もない。
安易な受け入れと安っぽい綺麗事を言ってる女子達が、障害者の面倒をしっかり見れるのか男子は全員不安だったが、不安が的中するのは当然の事だった。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年4月6日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】エッチな夫婦仲間【告白体験談】

私30歳、妻27歳、結婚3年目の夫婦です。
今は、私の会社宿舎に住んでいて、家賃が安く助かっています。
妻も近くのスーパーでパートで働き、”いつかマイホーム!”を目標に頑張っています。
そんな宿舎生活も3年が過ぎ、今では近所に仲のいい夫婦2組が出来ました。(寺岡さん・石井さん)
皆20代後半の若い夫婦。私達同様マイホーム目指して貯金する仲間!
子供は、家を購入した後で・・・って思っている。
3組の夫婦は、週末一緒に過ごす事が多く、酒を飲んだり・食事をしたり、時には旅行にも・・・。
年が近い事とお互い一緒にいて不愉快な思いが無いと言うのが、長い付き合いになっていると思うが、
何より、皆エッチ好きと言う事が仲良しの秘訣に思える。
まぁ、こうなったのも酒の席(男性陣だけ)で夫婦の営みが気になった寺岡さんが、自ら暴露を始めた事にあった。
寺岡夫妻もエッチ好きで、3回/週で行っていると言う。しかも普通のSEXでは満足出来ないらしく、
道具を使ったり、時には外ですると言うのです。外は開放感があり、しかも誰かに見られるかも?と言う状況に
興奮が高まると言います。
私を始め石井さんも驚きながらも、興味津々・・・。
その日は、お互い暴露大会!お互いの奥さんがあんな事を・・・こんな事まで・・・って、想像を超えた実話に

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【怖い】餓鬼魂【告白体験談】

助けて欲しい・・・・これを見ている人・・・誰か・・・助けて下さい・・・。救ってください・・・。先月、友人が一人自殺しました。ヤツに名前を呼ばれたからだと思うんです。

もう一人の友人が逃げ出そうとしたそいつの名前を叫んでしまったから・・・。ヤツに気づかれるから喋るなって言われたのに・・・次は叫んだ彼かも知れません。

俺は言われた通り喋りませんでした。しかし俺達三人は贄(にえ)だったんです。

彼がもし死んだら・・・次は俺・・・誰か・・・助けて・・・頼む・・・助けて・・・

暗闇が怖い・・・・青い光が見えそうで・・・・眠れない・・・・

俺達三人は中学からの悪友で、未だにプラプラしてるダメな人間だった。ところが英二の奴に仕事が決まり、三人で遊ぶ事ももう無くなるかもなって、俺の車で当てもなく小旅行へと出かけたのだ。

「今まで行った事の無い所へ行こう。」言い出したのは信秋。

「じゃ~運転はお前に任せる。」って俺が運転席から降りたのがそもそもの間違いだった。

告白体験談関連タグ

|

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】妻を後輩君に抱かせて…【告白体験談】

私は42歳で最近性欲も減退し勃起力も弱くなり中折れもする様になり女盛りの妻35歳は少々不満気味でした…
子供一人14歳がいます妻が一人目の子供を産んでからは2人目はなかなか出来ずにいました子作りSEXも最近は3ヶ月の間に1回有るか無いかぐらいしかしていませんでした…
ここ2・3年は私が自分から妻を誘うような事もしませんでした、妻からも私を求める事は今まで一度も有りませんそろそろ2人目の子供を作らないと高年齢出産と成ります。
妻は処女でしたし不倫していなければ私のチンポだけしか知らないはずです。
私は妻を本当に愛してます、しかし最近は妻を満足させてやれない自分に腹が立つのと、一体妻は他の男に抱かれると、どんな声を上げるんだろうか…
私とのマンネリSEXに飽きてこのままでは不倫もしかねないしいや…既に不倫しているのか?と心配に成り2人目の子作りよりも色々疑心暗鬼に悩む日々が続きました。
ネットの素人投稿動画サイトで妻を公認で他人に抱かせてその様子を撮影して投稿している人が居るのを知りました
その人とはネット上で直にメル友に成りました、その人の意見は他所で知らない男と妻が不倫するより公認SEXだと妻を管理できて安心できると聞きました。
私もそう思いました、自分の部下なら安心だし頼みやすいので公認で後輩と妻とSEXさせる計画を立てました。
私の信頼の置ける後輩にK君という27歳の独身男がいます、顔は普通ですが柔道経験が有り大柄でガッチリとした体格で真面目で男らしいですが、少し恥かしがりやの好青年です、妻とも会社の慰安旅行の時面識が有りました。
会社のトイレで小便器で先に用を足してるK君がいましたので、私も横に並んで小便をしていました…ふとK君の股間をみるとぶら下げている一物はそれは立派な男性器でした…
平常時でも私の勃起時よりも大きい感じです私が「K君のチンポ大きいな~」と話しかけるとK君は恥ずかしそうに焦りながら「課長(私の事)恥ずかしいから見ないで下さい」と股間を隠しながら逃げるようにトイレから出て行きました。
そのK君に計画を相談すると彼はしぶしぶながら2つ返事でこの話を受けてくれました。
今度は、妻にK君とSEXしてみないかと話してみました妻は驚いていましたが私が真剣に話をすると妻は「最近欲求不満でもう…誰でも良いからSEXしたくて溜まらなかったの…」
と正直に言いました、計画が遅ければもう少しで妻は浮気する所でした。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【泣ける】10年片思いしてたんだが【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:17:08.15ID:34+70FSKO<>
立ったら書く

<>2:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:23:30.77ID:34+70FSKO<>
出会ったのは厨房の頃
俺神聖のアホ

片思いの娘超優等生

最初は恋するとは思わんかった。

<>4:名も無き被検体774号+:2012/01/12(木)20:30:53.86ID:34+70FSKO<>
話すきっかけはとなりの席になったこと。

優等生オーラがあったが、話してみるととてもフレンドリーに接してくれたw

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【人妻】通夜のあと【告白体験談】

僕と浩太郎は大学の付属小学校から、大学までずっと一緒の親友でした。
今から25年前に妻の舞子と、浩太郎の奥さんの未央と会いました。
それは夏休みに入り7月の下旬で、初めて八丈島に行ったときです。
最初からよからぬ目論見で、ナンパが目的でした。
僕も彼も本当はもう既に童貞を失っていて、セフレはいましたが、恋人ではありませんでした。
そこでナンパと恋人を求めて2泊3日で「八丈島観光ホテル」に予約を入れて学生にしては最高の贅沢旅行でした。
二人とも子供の頃から水泳部で、大学生になり釣りに目覚めて、船で魚を釣るのも予定に入っていました。
ついてすぐに水着に着替えて、海に入りましたが、岩場が物凄く危険な状態で、すぐにプールに変更して2,3千mを泳ぎまくりました。
そこのプールに、未央と舞子が来たのです。最初は物珍しそうに見ていましたが、やはり暑さに我慢できずにプールに入りました。
ミイちゃんは胸が大きく今でいうところのDカップ、マイちゃんは背は高いのですがバストは80㎝前後の、Cカップぐらいでした。
だんだんと近寄り話しかけましたが、二人ともに泳ぎは苦手らしく、僕たちが手をもってクロールから教えました。
最初はお腹の下に手を差し入れて浮かせ、手をバタバタさせます。
二人ともに下手糞で何回も抱きつかれます。
ミオちゃんは胸が大きく僕の教えに忠実にするので、1時間もするとかなり泳げるようになりました。
浩太郎はマイちゃん専門ですが、彼女は水が苦手らしく、すぐに彼に抱きついてあまり上達しませんでした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ