【泣ける】少し昔話をしたくなった 【後日談板倉結婚式+α編】 【告白体験談】

540:福田◆RzEettbBGE2009/11/06(金)08:41:59.32ID:BYHeRsSO
竜也の話と板倉の結婚式を書きます

544:福田◆RzEettbBGE2009/11/06(金)16:06:03.56ID:CoPbrPA0
突然に投下します

545:福田◆RzEettbBGE2009/11/06(金)16:07:28.22ID:CoPbrPA0
少しスピンオフをしたくなった

〜腹減ったからイチゴの匂いの消しゴム食べたんですが、さっきからトイレに篭り切りです〜

546:福田◆RzEettbBGE2009/11/06(金)16:08:22.11ID:CoPbrPA0
暖かな陽気と成り、桜の蕾が膨らみ始めた。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【人妻】沖縄旅行【告白体験談】

昨年、3泊4日沖縄旅行に行った時の出来事を報告します。
私達は43歳同士の夫婦で、6歳になる娘が1人います。昨年
9月に連休をとることができ、妻の両親から娘の面倒を見るか
らと言ってもらって2人での沖縄旅行が実現しました。
2人きりでの旅行も娘が生まれてから初めてでしたし、夜の営
みも暫くなかったのでいい機会だと思い楽しみにしていました。
妻ですが、顔は美人な方でスタイルは吹石一恵より少しだけ
肉付きのいい身体をしていたので少し自慢に思っていました。
名前は一恵としておきます。
沖縄に到着してホテルにチェックイン後、軽くホテル内のガーデ
ンプールに行くことにしました。早速着替え、妻のビキニ姿を目
の当たりにすると相変わらずのスタイルに少しムラムラしました。
プール内はカップルが多く、子供連れはほとんどいないように感
じました。泳いだり、プールサイドチェアで休んだりを繰り返して
のんびり過ごしました。暫くして自分が1人で休んでいるとある

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】写真有。エレベーターでの羞恥露出プレイ。【告白体験談】

野外プレイというのは興奮する反面、けっこうなリスクがある。特に昼間の場合、周囲にバレる危険性が高く思い切ったことができなくて、無駄に時間だけが過ぎていくことも少なくない。出来そうな場所を探しているうちに女性の気持ちやカラダが落ち着いてしまい結局ホテルですることになったり。露出癖とは違い、人のいる場所や人が来そうな場所でする行為で悦びを感じるので、大自然の中で裸で…ということはしない。あくまでも羞恥プレイの一環として街中や店の中、公園、トイレなどで辱しめることが目的。。カラオケを出てしばらくするとあゆみは恥ずかしさに慣れたのか普通に話せるようになった。。
スカートは履いてるし、中が見られることはないので慣れるのにそう時間はかからない。「どうだい、少しは慣れたかな?」
「うん…もう大丈夫」大丈夫じゃよくないんだが…(^^;「あそこに入ってみようか?」そう言って指差したのは109。。「なにか買うの?」
「いや、買わないけど、エスカレーターやエレベーターがあるでしょ?」
「あ…」その言葉で理解したのか、あゆみは大人しくこちらのあとについてきた。。平日とはいえ、109はさすがに女子校生やギャルで溢れかえっていた。
修学旅行生もいるので店内はこの不景気にも関わらず混雑していた。。109のようなショップ型のビルだと、エスカレーターを利用するコが多く、エレベーターを利用する場合は少ないので比較的こういったプレイをしやすい。。
し易い…というのは適切な表現ではないけど…ね(^^;エレベーターに乗ると案の定、他の人はいなく、あゆみと2人だけだった。。
あまり時間も無いので乗り込むと早速命令をしてみた。。「いづみ、スカートを捲くっていやらしいオマンコをおれに見せてごらん?」
「う…うん」いづみもあまり時間がないことを分かってるようで、素直にこちらの言うことに従って、ゆっくりとそれでも素早い動作でミニスカートを捲くり始めた。。
「こ、これでいいですか?」
「可愛いね、もっと捲くってごらん?」
「う、うん…恥ずかしい」そういうと、手で持ったスカートの裾を胸元付近まで捲り上げるあゆみ。。
ここまで捲り上げるとほとんどなにも隠されることなく、あゆみのオマンコがあらわになる。。
あゆみのオマンコは毛が少なく、全体的にキレイな印象で、間近で見るとうっすらと生えた毛の中のオマンコは少し濡れているようだった。。「可愛くていやらしいオマンコだね、あゆみ。。」
「そんなことないよぉ…そんな近くで見ないでぇ」舐められるほどの距離…こちらの息遣いや言葉が発せられるたびにあゆみの陰毛が揺れる。。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】3.11の日にSEXしたせいで。。 【告白体験談】

立った。勝手に語っていく。

スペック
 俺:当時32歳、今34歳
身長175程度
 IT会社勤務

 後輩ちゃん:当時23歳、今25歳
 155cm程度ちっちゃい
 胸でかい

うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。
そこに中途入社で入った俺は判りやすい肩書きで言えば係長?プロジェクトリーダー?
のような仕事をやっているのね。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻と若い男の情事(歳の差16歳)【告白体験談】

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。
凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。
市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。
妻(37)は短大生時代に取得した簿記1級を活かし今でもOLをしていますが、凛太郎が簿記合格を目指しているということで、たまに夕食を兼ねて自宅に呼んでは簿記の問題を解いて教えたりもしていました。
凛太郎も解らない箇所があれば直ぐに電話してくるようになりました。
解らなければ学校で講師に聞けば?そのために学校に通ってるんじゃないの?なんて思ったりもしましたが、凛太郎もまんざら妻に会いたかったのだと思います。
妻は妻で、自分に頼ってくる今風の可愛いカッコいい凛太郎がとってもお気に入りでした。
「そんな先生の教え方じゃダメよ、あたしに聞いてね!!」なんてよく言ってましたので。
その甲斐あってか、まずは2級に合格しました。
ある日、凛太郎が、「お世話になってるし、合格もしたのでお二人にお礼がしたいです。」と言ってきたので、自分はこれを利用出来るかも!!とすぐに考えました。
自分は、妻に内緒で、先に男同士でお祝いだと凛太郎を誘い居酒屋へ行き、彼を結構酔わせて胸の内を聞き出すと、案の定、妻が気になって仕方ない、結婚するなら奥さんみたいな女性がいいです、などと勝手に熱く語り始めました。
「妻みたいな女性か・・・。例えばだけど、シテみたいとか思ったことある?」と聞くと、照れながら「奥さんとですか!?う~ん、無いと言ったらウソになりますけど…少し思いましたよ、だって美人だし大人の女性の色気があるから…アハッ」と誘導尋問に段々と引っ掛かってきました。
そこでズバリ、「口説いてみる?もし嫁がOKしたら一晩限りということで。」と切り出し、「奥さんに叱られそうだし、嫌われそうだけど…、好きって言われて嫌な女性はいないですかね!!」と無理やり言わせました。
そして、あらかじめ紙にメモっておいた手順をバッグから出して凛太郎に見せました。
◎お礼したいと2人を食事に誘うが、自分は直前に出張で行けなくなる。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と実弟(実話)【告白体験談】

私40歳
妻35歳
弟37歳
現在同居中の母親と5歳になったばかりの息子との4人暮らしの家に海外事業に失敗し借金を抱えた弟が帰国してきました。
四年前に身辺整理をし、アメリカへ渡った弟から去年11月に電話があり、帰国したいが住む家もなけりゃあ生活するお金もない…ルームメイトにお金借りて帰国はできるが少しの間、兄貴ん家に置いてくれないか(泣)と…
2LDKの我が家に、もう1人大人が同居する…
これはかなり無茶な状態ではありましたが、実の弟の事でもあり、母親が長男の私と同居している以上、うちが実家みたいなものでもあったので、とりあえず安い借家が見つかるまでという事で弟を居候させる事にしました。
それから約2ヶ月半…
弟は就職活動+借家探し
夜は私たち夫婦と子供の部屋で寝泊まりする日々が続きました。
寝る順番は、私、妻、チビ、弟の並びで布団は三組。
チビは毎日遊んでくれる叔父さんの横で眠るのが当たり前になっていました。
そして先週土曜日…仕事も決まり、その仕事場付近でマンションも見つけた弟が(月)にはでていくとなった夜、ささやからお祝いをしました。
これはその夜~朝方にかけての出来事です…
いつもより少し奮発して、ビールとすき焼きでお祝いをしました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】告白しようと思ってた彼女が先輩にやられるのを目撃した 【告白体験談】

662:えっちな18禁さん:2012/10/27(土)11:19:06.47ID:YiH3RGKD0
大学のサークルの女の子…
今時珍しくおぼこい、セーラー服に
お下げ髪が似合う感じの純真な感じの
それでいて巨乳の娘だった…
本人の話によると、山奥の過疎の村で
育って、あまり村から出る事も無かったらしい…
無茶苦茶好きになって、今年の夏の合宿で
告ろうと思っていたら
チャラ男の彼女持ちの先輩にヤられてるのを目撃してしまった…
非常に鬱だが、思い出すとオカズにしてしまう…

663:えっちな18禁さん:2012/10/27(土)11:27:33.63ID:qY1C0SeW0

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】元嫁に托卵されてた 【告白体験談】

625:おさかなくわえた名無しさん2013/05/1508:13:51ID:rWzUJN9C

一年前だが、娘が実は俺の子じゃないことが発覚して離婚した。思い出しながらだから間違ってたりおかしかったりするだろうけど

当時
俺38歳
看護師でブサオタ。腹黒鬼畜だけど自分より弱い者には優しいかと思う。患者アンケートで看護師人気No.1に良く選ばれるくらいには外面はいいはず。
料理好き。

元嫁37歳
美人で我の強いタイプ。家事が苦手で、昔娘が言った「ママのご飯よりパパのご飯が好き」により食事を作らなくなったりと、家事放棄気味

娘15歳
嫁に似て可愛い、嫁に似ず性格もよく勉強も運動も出来る、それなんてエロゲヒロイン?って感じ。家事も良く手伝う自慢の娘だった
元嫁の浮気相手

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【人妻】妻を貫いた他人棒 その2【告白体験談】

以前、「妻を貫いた他人棒」を投稿した者です。あれから、妻の理香との毎日は、とても細やかなものになり、2人で過ごすひとときがとても充実しているように思えるようになりました。夜の営みも、若いときほどではありませんが、前よりは頻繁になり、濃密度を増してきました。もちろん、精力回復という訳ではありませんが、思いの方向が相手の方に向き、パートナーの喜びが自分の喜びと思えるようになってきたのです。
複数の人と交わることはアレ以来しばらく遠ざかりました。あんなに凄いことを体験したのだからアレ以上のものは無いだろうって、お互い満足感でいっぱいだったのです。でも、あの時からしばらくして、再びめくるめく喜びを私にもたらしてくれる機会がある日突然に訪れました。今回は、そのときのことをお話します。
それは、桜の花が咲き誇る頃、二人でとある観光地へ旅行に行ったときのことです。この頃になると、私たちは都合をつけて二人で旅行に出かけることを慣例にしています。今回は、どこか田舎の鄙びた所でのんびりしたいと思って、民宿を選びました。2泊3日の予定です。
1日目は、市内観光でたくさんのお寺を見て歩きました。春の陽射しを浴びながら、妻と手を繋いで歩くのもまた格別なものです。長い道のりを歩いたので、民宿へたどり着いたときはとても疲れており、旅館の人の勧めで先ずお風呂に入ることにしました。脱衣場がとても狭い上、湯場も男女の別がなく、二人が入るので精一杯です。妻といっしょに入り、旅の垢を落とし、着衣し始めた時でした。突然、二人の男性客がドアを開けて入ってきました。
「アッ!ごめんなさい。女性がいるとは知らなかったものですから・・・」
二人は一瞬、妻の方へ目をやり、慌ててドアを閉めました。
「いいですよ。こんな小さなお風呂場ですから無理もありません。さあ、どうぞ。」
そそくさと私たちは身支度を急ぎながら、男性客に背を向けて着替えを済ませました。私たちが、浴室のドアを閉めたとき、後ろから小声が聞こえました。
「いいなあ−っ!あの女、あんなのとヤリてえなあ・・・」
私は、その声を後ろに聞きながら妻に、
「おい、おい・・あんなこと言ってるぞ。お前もまんざら見捨てたもんじゃないなあ。」
「うふっ、ちょっと嬉しいな。こんな昔のお姉さんでも、まだその目で見てもらえるんだ。」
一息入れているうちに夕食の時間になりました。食事は飯台を二つ連ねて、都合6人が相向かいに座りました。食卓の上には、お家の方が作ってくださった心づくしの手料理が並んでいます。席を共にすることになった相客さんは、私と同じ40代と見える方がお独り、後の3人は20代後半か30代前半のように見えました。私が、一番年配に見られたのでしょうか、妻を傍にして上座を勧められ、おまけに「旅のご縁で・・出会いを記念して・・・」と乾杯の音頭までお願いされ恐縮しました。
「小野(仮名)と申します。今回は妻と二人でささやかな旅行を、と思ってやって来ました。」
「そうですか。私は山本(仮名)という者です。こちらで、若い者と一緒に仕事をさせていただいているのです。」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】2年付き合った彼女が浮気をしてた2 【告白体験談】

2年も付き合っていて、近々結婚をしようと思っていた彼女の香織が、俺と知り合う2年も前から既婚者とずっと不倫をしていることを知ってしまった。

俺と付き合いだしてからも、ずっと継続して不倫中だと知ってしまった、、、

黒い髪とめがねが似合う、文学少女みたいな見た目の香織が、俺を裏切りながら既婚者との不倫に溺れているなんて、今でも信じられない。

香織と男がPCでのチャットセックスのようなことをしている事を知り、香織のPCに仕掛けをしてその様子を録画してみた。

あんなにラリったメールのやりとりをしているのを見た後でも、心のどこかで何かの間違いだと思っていた。
ちょっとした好奇心とか、魔が差したとか、男がしつこくて仕方なくとか、そんな風に思っていた。
ただ、録画した動画の内容は、それを全否定していた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ