【怖い】【汚鮮】兵庫県大附属高の修学旅行【除鮮】【告白体験談】

【汚鮮】兵庫県大附属高の修学旅行【除鮮】

<>1:可愛い奥様:2012/09/06(木)23:55:36.30ID:slah1JBz0<>
<>1名前:修学旅行生◆g3hz0w7aiY:2012/09/06(木)22:45:40.77ID:k5wftYNe0<>
11月に修学旅行で韓国に行くことになってしまった

何とかして行き先を変更したいので知恵を下さい

兵庫の公立高校です

<>2:可愛い奥様:2012/09/06(木)23:56:49.09ID:slah1JBz0<>
<>2名前:修学旅行生◆g3hz0w7aiY:2012/09/06(木)22:47:13.76ID:k5wftYNe0<>

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【告白体験談】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【修羅場】ツーリングDQN 【告白体験談】

410おさかなくわえた名無しさん2012/11/13(火)02:45:07.36ID:iaFA4YwR

ちょっとDQN要素ですが。

何年か前に当時付き合ってた彼氏に車でツーリングに誘われた。
当日、初めて会う彼氏の仲間やその彼女さん等。
緊張しながらもツーリングは順調。

だったのですが、途中寄ったコンビニで事件は起こりました。
彼氏の隣に止まってたクラウンから3人ほど、元気の良さそうなお兄さん達が
「ヲタクそうなやつ等がこんな車乗りやがって」つっかかってきました。
当時出たばっかりのスポーツタイプの車で
皆さんいい大人の方達も多く、ほとんどがノーマルでしたので。
(私はノーマルもいいと思うんですけどね。)

告白体験談関連タグ

||

2013年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【怖い】狂った家族 【告白体験談】

490本当にあった怖い名無しsage2010/03/03(水)23:53:04ID:7WkghPrLO
携帯から失礼します
今からお話しするのは自分の実体験で…
なんていうか…
まだ終わっていないというか…
とりあえずお話しします……
自分は23歳の男で,実家暮らしの介護士です
家族は父(52),母(44),弟(18)の4人家族で
弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定で
その日も夕食後,居間で父,母,俺でTVを見ながら「弟の家はどこにする?」や「一人暮らしで必要は物は?」など話しており
弟は自室(弟と自分は同じ部屋)で就職に関する支度(?)をしていた
TVは確か「なんでも鑑定団」を見ていたと思う

491本当にあった怖い名無しsage2010/03/03(水)23:53:55ID:7WkghPrLO
続き

告白体験談関連タグ

||

2013年12月7日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】三浦先生がんばれッ! 【告白体験談】

40℃の高熱でダウン。考えてみれば今年はまだ2日しか休んでない。(1993年・12号)

7月で27歳、ふり返ればマンガだらけの27年、これでいいのか?(1993年・14号)

な〜〜んもせんのに5キロやせた。なぜだろう???(1993年・21号)

この2か月で平均睡眠時間が4時間を切った。これでもうすぐ里中さん。(1993年・23号)

毎年の事だけどクリスマスも正月もお仕事。たまにはおせちが食べたい。(1994年・3号)

引越し以来、平均睡眠時間が4時間を下回る。ガ、ガンムになる。(1994年・16号)

綿の国星にまたはまった。学生時代、学ランで映画も見に行った。(1994年・22号)

ひと月半ぶりに休みがとれて外出したら熱射病にやられた!!(1995年・17号)

告白体験談関連タグ

|||||

2013年10月27日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】最近体験した幽霊の話 【告白体験談】

132名無しさんの初恋New!2007/05/13(日)19:45:00ID:oYtc+6WG
俺は幽霊とか居てもいいし、別に干渉しなけりゃ勝ちかなって思ってたんだ。
そんな俺が最近体験した幽霊の話

夜、目が覚めると天上に人の顔があった。
ちょっと考えて、それを幽霊と判断した俺は起き上がろうとした
しかし、体が動かない。金縛りみたいな感じかな。
とりあえず、顔を見る。女だ。割と若い
(こんにちは)
話そうにも声が出ないから、とりあえず念じてみた。
「こんば…は」
かすれたか細い声で幽霊がいった。念じれば通じるらしい。
(何用でござるか?)
ちょっと時代劇口調で念じてみると
「え…?別に…無用で……ござる…?」

告白体験談関連タグ

|

2013年9月4日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【レイプ】魔界の戦士 陵辱編 【告白体験談】

魔界の戦士 陵辱編

 西暦1999年7月。
 それは、なにか得体の知れぬものであった。
 気の遠くなるような長い時間をかけて、何処ともしれぬ遙か宇宙の彼方より飛来したそれこそが、古の賢者がその著作の中で予言した未来だったのかもしれない。
 光はおろか、あらゆる電磁波にすら干渉することなく、秘やかに地球へ忍び寄った、全く不可触の純粋な精神エネルギー体は、星の瞬きが支配する荒涼として凍てつく真空の世界から、高層ビルディングが連立し、コンクリートとアスファルトにがっちりと塗り固められた大地へと舞い降りた。そして、そのまま音もなく地中深くに沈みこむと、ふたたび、今度はつかの間の眠りについた。その土地で安寧をむさぼる一千万以上の人々の誰一人に知られることもなく。

 その翌朝から、人間の世界は少しずつ様相を変えはじめた。
 まず、歴史の流れの中に忘れ去ってきたような奇怪な事件が、各地で頻発するようになった。狼憑き、吸血鬼、ポルターガイスト、人喰い鬼、さまよい歩く死人…、今では三流小説やパニック映画の題材にもならなくなった、そんな古くさいオカルト現象が、現実の恐怖として人々を襲いはじめた。そして、それに呼応するかのように、科学では解明できない能力をもった人々が、一斉にその秘められていた力を発揮しはじめた。その大多数は取るに足りない程度の微力を操るにすぎなかったが、ごく少数の本物の能力者も確かに存在し、時には人々を怪異から救うのに力を貸すこともあった。
 人類はその未知の力を畏れはしたが、それが現実の生活において利用できうる力であることに気がつくと、それらの力は徐々に人々の生活へと浸透していった。
 街角に奇妙な能力者の経営する呪い屋が建ち、魔法と科学の結合によるまったく新しいテクノロジーが開発され、製品化された。技術者達の懸命の努力によって、過去のあらゆるテクノロジーとはまったく異なる超科学の分野が押し開かれつつある。
 その一方で怪現象の発生はとどまることをしらずに増え続け、人々の生活を脅かし続けていた。各国政府は魔法技術を取り入れた武装組織を編成し、怪現象と対決した。同時に、魔法の応用テクノロジーは人類社会のダークサイドにも流れこみ、闇社会においても、能力者は貴重な存在として、もてはやされるようになっていった。
 そして、運命の夜から十年の歳月が流れた。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ