【怖い】黒こげの乗用車【告白体験談】

警官をしている友人数年前に体験した話。

そいつは高速道路交通警察隊に努めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。
内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。
その事故ってのは、一家四人が乗った自動車が平日の深夜に
中央分離帯に激突して全員死亡した事故の事だったらしい。

事件のことを少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから
××インターチェンジ付近で乗用車が燃えているって通報があって、
夜勤で待機していた友人が現場に直行したんだけど、友人が到着した時には
既に乗用車の中にいた人は全員黒こげになって死んでたんだって。

その後身元の特定と検死が行われて、歯の治療記録から死んだのは
東京西多摩地方に住んでいる家族だってのがわかった。
死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美、長男の正一、長女の恵那の四人。

告白体験談関連タグ

|

2014年5月21日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】妻 朋華 夫の知らない顔【告白体験談】

私は45歳になる、世間ではお堅いと言われている職業についている。
妻の名は「朋華」という。43歳、身長は160センチ弱、子供は2人いる。
美人タイプではないが、他人には愛想がよく、妻はパートで歯科病院の受付をしているが、そのお客さんにも受けがいいという。たまに、男の客にあからさまに誘われることもあるという。少し男好きのするタイプである。
だが、家庭では、独裁者そのものだ。事あるごとに、私につらく当たり、私をなじる。
そんな時私は口答えもせず、じっと耐える。
一番上の子は、妻の離婚した前夫の子である。
結婚して15年といったところだ。さすがに「女」としては、まったく興味がない。
この妻のことで、先日、知り合いの男性のAから、知り合いといっても、妻の妹の亭主である。歳はわたしより、上であるが、このAからずいぶん昔…、私と妻が結婚する前のことだが、私には、普段の妻からは想像もつかない意外なことを聞かされた。
それは一緒に酒を飲んだとき、かなり、二人とも出来上がってきたときのことだ。
突然Aは「奥さん(朋華)元気?」
私「相変わらずだよ。なんで?」
A「奥さんから何か聞いた?」
私「いゃ、別に」
A「それならいいよ」と言い含み笑いをした。
私はすごく気になり「何だよ。話してくれよ。」

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年3月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【怖い】なぜ女は恨みをいつまでも忘れないか【告白体験談】

パートナーとケンカをするたび、昔のことをほじくり返されてネチネチ言われる。そんな思いをした男性は多いのではないでしょうか。

 なぜ女性は根に持つのか。それは、嫌な思いをした記憶を忘れては困るからです。「子を産み・育てる性」である女性は、基本的に自分と自分の子どもの身を守ることを第一に考えます。自分に与えられた危害を忘れてしまうと、また同じ人に嫌な思いをさせられるかもしれません。2度と同じ目にあわないために、嫌な記憶を脳に留めておくのです。

 女性の脳は、不快な思いを大脳皮質という部位で処理するようにできています。大脳皮質は、理性、知性、言語といった高度な脳活動を司っているところです。女性は大脳皮質でネガティブな感情を捉えると、その感情を言語化し、長期記憶として蓄えます。

 一方、男性は感情を脳の中心の扁桃体という器官で処理します。そこが司るのは短期記憶。だから、すぐに忘れてしまう。いうなれば、女性の脳は感情をどんどんため込むバケツで、男性の脳は感情を網目から素通りさせるザルです。そして、女性のバケツはいつか水があふれ出し、ひっくり返ります。そのときになって初めて男性はあわてふためくのですが、もう手遅れということも少なくありません。

 私の友人の1人で、妻が毎日「結婚後、知らない土地でさびしい思いをした」「育児を手伝ってくれなかった」などと昔のことを引きずり出して、自分を責めてくるといって困っている人がいました。私は「しゃべりたいだけ、しゃべらせなさい。そして、つらかったね、僕も悪かったと共感してあげなさい」とアドバイスしました。その人は、それから毎日、黙って妻の話を聞き続けたといいます。

 1カ月もすると「私も変わらないといけない」と妻が反省し始め、そしてある日「あなたがいないと私は生きていけない」と言ったそうです。相手の言葉を受け入れ、共感してあげる。これが女性との対話の第一歩です。

女性が昔のことを掘り返して責め立ててきたら、下手な反論は火に油。男性はそんな昔のことをあまり覚えていないので、ケンカをしても勝てません。「そういうこともあったね。申し訳なかった」と認めるしかないのです。

 女性のほうも、過去のことをいまさらどうしろとは思っていない。はっきり言うと、「言いたいだけ」。いまの怒りの気持ちをわかってほしいのです。

告白体験談関連タグ



2014年2月23日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【不倫・浮気】医師の医療行為?【告白体験談】

これはオリジナル。しかも現在進行形。。状況が入り組んでいるんで、ジャンルをどの分野にしようか迷ったけど、大筋はこれで間違いないと思う。あまりに話が長いので割愛して語っていく。
まず、スペックから。俺→28歳独身サラリーマン(バツ1)彼女→34歳人妻 色白、井上和香似。胸はあそこまでデカくないけど(笑) パパ(彼女の旦那)→某
まず、俺と彼女が知り合ったのは約1年前。そのころ俺は近所の歯医者に通院してて、行くのは大体土曜日。余りにも歯が痛くて仕方なく、初夏の土曜日、汗をかきながら駅前の坂の上にある歯科を訪ねてみた。初診の時、健康保険証を提示するでしょ。会計の時に彼女が対応してくれて、保険証を俺に返すときに初めて個人的な会話をした。彼女が保険証に書いてある会社名をみて『あら、あなた○○会社なのね。うちの弟も同じ会社よ。』『え?そうなんですか?奇遇ですね』などとあくまで世間話をしてその日は終わった。翌週、予約した時間に歯医者に行き、帰る時に俺から声をかけてみた。『あの、弟さんて、差し支えなければどこの部署ですか?』『あ、弟?ん、、確かデジカメの開発部署って言ってたかな。詳しくは知らないけど』プリンター!。。。おいおい、俺個人は直接関係ないけど、隣の島の取引相手じゃん!と思って、一瞬ビビッた。『そうですか、、じゃあ、僕の仕事とは直接関係はないみたいですね。』『そうなの、でもお仕事大変みたいね。弟、夜、かなり遅いみたいだし。。』『まあ、開発はみんな遅いですよ。弟さんも大変ですね』こんな感じで、ふつうに会話する感じになったわけだ。

告白体験談関連タグ

||

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】嫁がペニスバンドを隠していた【告白体験談】

今日、ハンコを探していて、とんでもないものを見つけてしまった。
サイドボードの中の、細々としたものを入れるボックスの裏側に、隠すように置いてあった巾着袋。
何の気なしに中を見てみると、黒光りするペニスバンドだった、、、

嫁の志織は24歳で、まだ結婚して2年も経っていない。
嫁は今妊娠中だが、妊娠前はセックスは週に1〜2回はしていた。
そして今、安定期に入って、そろそろまたセックスをしようと思っていたところだ。
欲求不満だったのだろうか?

でも、普通のバイブじゃなくて、腰にベルトで装着するタイプの大人のオモチャだ。
相手がいる?浮気?
だが、浮気ならペニスバンドなんて必要ないはずだ、、、

もっと情報を得ようと、ペニスバンドをマジマジと見ると、ベルトの調整部分のくたびれ感が凄い。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】もう一人の妻?【告白体験談】

従業員の歯科衛生士、もちろん既婚ですが子供はおらず、何度か飲
みに行く仲になってきました。ある日の午後、仕事中に背後から抱
きしめると抵抗もしなかったのでそのまま白衣の胸元にてを入れ、
コリっとした固い乳首を弄んでも軽いうめき声が返ってきて、その
まま白衣の裾をまくり上げ、受付まで連れて行きパンティーの中に
てを滑り込ませ、一気に膣に指を2本立て込みました。軽くうめい
た後、外の風景が気になる様でしたが、従順になり、しばらく濡れ
行くマンコの具合を楽しんでいました。
さすがにこちらも我慢できなくなり、丁度土曜日で午前中診療だっ
たので、玄関を施錠し、すぐさま休憩室へ連れ込み白衣を脱がし、
薄毛のマンコに見入りながらその中をこねくりまわして遊んでいま
した。
そうこうするうち、頭の中にダンナの顔が浮かんではきましたが、
一気にハメ込み、そのままナマで中に射精してしまいました。
妊娠したら?という危険はありましたが、やはり男の本能というか

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【泣ける】あなたは勃起できますか?ED 〜勃起障害〜【告白体験談】

1臨床検査技師(愛知県) 投稿日:2010/08/30(月)21:20:22.57ID:jbtC4XBk0
成人男性の5人に1人がEDと自覚

 バイエル薬品が「ED(勃起障害)に関する現代人の意識調査」を実施いたしました(対象=20〜59歳の男女、方法=インターネットリサーチ、時期=09年12月7日〜8日、サンプル数=824)。

 男性全体に「あなたはご自身がEDだと思いますか?」と質問したところ、19・9%が「思う」と回答。年代別では20代が8・7%、30代が13・6%がEDを自覚してたそうです。

 また、EDを自覚している男性に対し、「EDはあなたの自信にどう影響を及ぼしましたか?」と質問したところ、

「性生活に自信がなくなった」という回答が63・4%。
世代別に見ると30代男性では「仕事に対して自信がなくなった」(21・4%)、
40代男性では「女性とのコミュニケーションに自信がなくなった」(27・3%)

という回答が多かったそうです。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年1月26日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【修羅場】DQNだらけのややこしい昔話 【告白体験談】

394名前:恋人は名無しさん

※DQNだらけのややこしい昔話です。長文面倒な方はすっ飛ばしてください。

登場人物

元彼:ジャイ男 20歳(ビジュアルも性格もまんまジャイアン) 実家自営土建屋の跡取り。
新しい彼氏:二宮 19歳(嵐の二宮似)レストランの厨房で修行中。
私:かおる 18歳 (顔も性格も杉田かおると言われるおっさん女) 歯科助手なりたて。
女友達1:ジャイ子 18歳 (ジャイ男と兄弟かと思うほど激似) 高校卒業後進路未定。
女友達2:ハナ 18歳(モデルのハナ似)高校卒業後、毒親から逃げてきて私の実家に居候。
—————————————–
高校を卒業してしばらく経った、とある日曜の昼間。
つきあい始めたばかりの彼、二宮の家でまったりしていたら、駐車場から車のクラクションと
「かおるいるんだろ!?出てこい!男もだ!!」という、元彼ジャイ男の怒号が聞こえてきた。

告白体験談関連タグ

|||

2013年11月16日 | 告白体験談カテゴリー:修羅場体験談

【泣ける】ジョージ・ハリソンによるビートルズ全員の偽物サイン 【告白体験談】

ザ・ビートルズの訳ありサイン、落札される
(バークス-05月05日11:20)

ザ・ビートルズのサイン入り写真(2枚セット)が1,300ポンド(約19万5,000円)で落札された。同サインは“偽物”とも呼ばれる代物。というのも、ジョージ・ハリソンがほかのメンバーのサインを代筆したとみられているからだ。

この写真は、もともと1960年代、白血病に侵された16歳の少女に贈られたもの。専門家は、ハリソンが少女を喜ばせようと、自分のものだけでなくほかのバンド・メイト、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターのサインを加えたとみている。

写真は2枚あり、1枚はジョージ・ハリソンの1人のもの。こちらにはジョージ・ハリソンのサインのほか、少女に宛てたメッセージが記されている。もう1枚はグループ写真で、4人のそれぞれのサインが記載されている。

病気と闘う少女は、ザ・ビートルズの歯科医であったジョン・ライリーの隣人で、ライリーを通しザ・ビートルズに似顔絵を手渡してもらったところ、お返しにサイン付きの写真が送られてきたという。

亡き少女の父親により出品されたこの写真の売り上げは、白血病の研究団体へ寄付されたという。

専門家によると、ジョージ・ハリソンはほかのメンバーのサインをまねるのが得意で、彼によりなされたと思われる4人のサインというものがかなりの数存在するという。専門家は、少女の余命が短いことを知るジョージ・ハリソンが、ほかの3人のサインをすぐには入手できないと考え、彼女を喜ばせるために偽造したのだろうと推測している。

告白体験談関連タグ



2013年11月7日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【寝取られ】女には気を付けて 【告白体験談】

俺のつまらない話を聞いてくれ。
1人の青年が、ダメな大人へと成長して行く話。

当時
俺:17才高三
由紀:15才高一

クラスの奴と、高校が有る町の中学校卒業アルバムを見ていた。

なぜか、その年の高一世代の奴ね(笑)

誰がヤンキーだの、誰が可愛いだので盛り上がってた。

その中で、完全にレベルが違ってたのが由紀。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 212

このページの先頭へ