【人妻】旦那にばれた・・・が! 逆キレ【告白体験談】

サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、
26歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
すぐ目の隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ
俺「お子さんかわいいですね~」
あけみ『ありがとうございます』
と世間話がはじまる
しばらくして、ベンチを移動して隣に座り
  中略
俺  「こんなかわいいお子さんだとだんなもイケメンなんでしょ?」
あけみ『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんでです」
俺  「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」
あけみ『なかなか相手がいないよ~』
俺  「そんなにかわいいなら、ヤリタイオーラ出せばいけるよ」
あけみ『こんなかんじ』
 とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開!!

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【怖い】サバイバルゲーム【告白体験談】

俺はべつに霊感とかない人間なんだが、一度だけ恐かった思い出がある。

5年前の夏、たしか7月の話

当時、俺はいい年をしてサバイバルゲームにはまってた。

知らない方のために解説すると、おもちゃの空気銃を撃ち合う陣取り合戦みたいなもんなのね。

夏場は(昼間は暑いこともあり)もっぱら夜戦が専門で、その週末も、北関東T木県のK怒川の河原に十数人が集合して、夜戦に興じていた。

時計を合わせた覚えがあるから、深夜1時少し前だったと思う。

何回目かのゲームで、俺はフラッグ(相手の陣地のフラッグを取った方が勝ちになる)のディフェンスになり、フラッグの後方で藪に身を潜めて待ち伏せをかけてた。

今回俺のいたチームは優勢ではるか彼方の敵陣地深くからエアガンの銃声が聞こえてくる。

告白体験談関連タグ

||

2014年2月24日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【不倫・浮気】昨日会った人妻【告白体験談】

ようやく夏になりました。
この季節きっと女の子にとってもそうだけれども
俺もようやく動き出しやすいと言うことだし
この季節、人妻にとってもムンムンする季節だと勝手に確信して
人妻にターゲットを絞った俺
今回お世話になった不倫新生活は
人妻さんもかなりいるみたいで
若妻〜40代女性が多くやっぱり昼間のほうが書き込みが多いみたいで
人妻らしくメールの文面も優しさに満ち溢れているのだぁ♪
昼間なのにいきなりエッチな書き込みが多いので
ドキドキしながら不倫新生活の掲示板を回っていると
友紀さんという人妻さんからこんなメールをいただいちゃいました。
「刺激が欲しいの…」
人妻にそんな事言われるとグッとくるぅ!
メールのやり取りで詳しく話を聞いてみると、

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】陽子のおもいで 第18章 肉欲だけの夏休み Part7【告白体験談】

次の日、お昼前だったと思うが、僕はまだ陽子のベッドで眠っていた。
しかし、いつのまにか股間に違和感を覚えて目を覚ましたのです。
横で可愛い寝息をたてて眠っていた陽子の姿がありません。
どこへ行ったのかなと思っていると再び股間にゾクゾクとする感触を覚えます。
そうなんです、僕より早く目を覚ませた陽子がシーツの中に潜り込み、僕のチンポや玉袋を玩具にして遊んでいるのです。
横を向いて寝ている僕の背後に周り、お尻の間から見える袋に吸い付き中の睾丸を歯と舌で手繰り寄せようとしているところでした。
僕は、陽子の執拗な愛撫を受けていることも判らずに「こんな起こされ方を毎日して貰えたら 最高に幸せだろうな・・・で、このままお口に起き抜けの一発を思いっきり発射すれば気持ちよく起きられるだろうなあ・・・」などと夢か妄想か解らないことを頭に浮かべながらまどろんでいました。
「それにしても・・・玉袋への刺激は随分ハッキリとしたものだなあ・・・」
と夢と現実の境を行ったり来たりしていて、ハッと現実なんだと気づいて2度目の目覚めとなった陽子は僕が寝返りを打ったので袋から口を離して上に来たチンポの先っちょにキスをしながら僕の胸の上に可愛い顔を出してきた。
陽子は小さな声で「おっはよー」と声を掛けてきた。
「お早う・・・最高の起こされ方に感謝します・・・おお、神様ぼくはなんて気持ちの良い起こされ方をされてしまったのでしょうか、お陰様でチンポが朝から元気いっぱいです。・・・今日も陽子といっぱいHが出来ますように、・・・アーメン」
と冗談半分でお祈りをした。
陽子も最後「アーメン」と言ったのか「ザーメン」と言ったのかハッキリしなったけど呟いた。
「・・・うん?・・・陽子」「なに?」「今最後に何て言った?」陽子は耳元に口を持ってきて囁いた。
「アーメン・・・じゃなくてザーメンって言ったの。・・・だって・・・雅也の精子君、今日もいっぱい欲しいから・・・神様にお願いしたの・・・いっぱい出ますようにって・・・。どう・・・もうやる気満々みたいだけど・・・さっきから雅也のチンポがカチカチになって陽子のこと見つめてるよ・・・」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年12月28日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】計画的混浴〜1〜【告白体験談】

この話は先週の休日、馬鹿な亭主、そう私が妄想の世界を現実の世界へと計画してしまった話です。
記憶がまだ鮮明に残っていますので、皆さんに告白します。
尚、ご意見、感想等、ありましたら当掲示板または直接メール頂けると嬉しいです。また、奥様との和合の写真や妄想亭主の画像でもありましたら、次の計画の種になりますので送って下さい。
では、今回実行した計画をお話しましょう・・・・・・・。

妻が見ず知らずの男たちに体を嬲られ、精が尽き果てるまで妻の膣穴に中出しさる。
挙げ句に奥深く挿入された亀頭が子宮口を貫き子宮内に直接精液を注ぎ込む。
亭主はそれを見ながら己の魔羅を極限にまで勃起させ、自らの興奮を手淫で果たす。
こんな妄想を抱いているご同輩の亭主族がこんなに多くいるとは、私自身驚いた。
私は42才、妻は25才のごく一般的なリーマン家庭。
私達夫婦は結婚3年を迎え、そろそろSEXに対しても倦怠期を迎えていた。
近頃、妻とのSEX時、妻が他の男に抱かれながら痴態をさらけ出し、
男の精を生で受けるという妄想を抱きながら、最後の瞬間を迎えていた。
現実的には、なかなか妻を他の男に抱かせるといった事は困難であり、
また、妻もそう簡単には承知するはずも無い。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】社内の人妻 【告白体験談】

44歳の既婚者です。今までも7〜8人の人妻と不倫してます。
今回は先月から今も続いている裕美との事です。先月社内で飲み会があり、
前から一度でいいからエッチしたいと思っていた裕美の隣に座る事ができました。
裕美はとても明るくスレンダーですが胸はおっきくとてもそそる人妻です。
酒がある程度廻ってくると、だんだん旦那の愚痴が出てきて俺の腕にしがみつくように話してきました。
ブラの上からでも大きくて柔らかい胸がはっきりわかり、俺も肘でぐりぐりと感触を楽しんでいました。
そのうち話が下ねたになってきて裕美はもう二ヶ月もしてないの、と言ってきました。
俺はもしかしたら裕美とできるかもと思い、肩を抱いて、可哀想にと髪をなぜてやりました。
裕美はさらにもたれかかってきました。俺は裕美の手を取り半立ちの股間へ持ってきました。
裕美は全然嫌がらずズボンの上からから軽く揉むように触ってきました。
俺は絶対大丈夫と確信し肩に回した手で胸を触ったりスカートの上から太股を触ったりしてると裕美は俺の堅くなった物をさらに力を入れて握ってきました。
俺もスカートの上から裕美の股間辺りを触ると「あっ」と声を出しました。俺は我慢できなくなり
「先に出るら10分後に駅前の交番で待ってるから」と言って先に出ました。しばらくすると裕美がうつむきかげんにやってきました。
俺は裕美の腕を取り歩き出すと裕美はオッパイを押しつけるようにしがみついてきました。
道玄坂のルミエールというホテルに入りました。部屋に入るとその場で裕美が抱きついてきてしばらくねっとりとしたディープキスをし抱えるようにソファーに行きました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年8月17日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】中出し 【告白体験談】

先日、主人が会社に行っている間、お義父さんに近くの温泉へ連れて行って
もらいました。
温泉といっても、スーパー銭湯ではなく、立派な温泉旅館なんです。
そこには、家族の貸切風呂があり、お義父さんたらそれが目的だったらしい
のです。でも、旅館の人には歳が離れているので白い目で見られ、とても恥
かしい思いをしました。
「ねえ、お義父さん、あの人たち私を愛人と思ったのかしら。」
「そうじゃないか。良子さんをじろじろ見ていたから。」
「本物の家族なのに、失礼しちゃうわね、お義父さん。」
「いいじゃないか、良子さんが息子の嫁だと知ったら、もっとじろじろ見ら
れるぞ。」
「それもそうね、ふふふ、、」
お義父さんと二人、脱衣場で裸になり、お風呂に入ってびっくりしました。
そこはなんと露天風呂で、陶器の大きいお椀型の湯船があり、その横には3
畳の畳があり休めるようにそこだけ屋根があるんです。

告白体験談関連タグ

|||||

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】隣のおばさんPART5【告白体験談】

今仕事から帰りました。
今朝もおばさんからメールが来ました。
俺はすぐに裏の勝手口から入ります。
今朝はおばさんはいつものように待ってました、お早うのキスです。
おばさんは相変わらずノーブラです、ブラウス両乳首が透けて見えていやらしい。
俺はブラウスの下に手を入れえだけでて乳房を揉みまわします、おばさんはキスしながらもう声を殺してます、うぅうぅ・・・
それだけでおれのあそこはビンビンに。今朝は最初に二人でお風呂に入りました。
俺はビンビンのあそこを水面から出しておばさんに見せます。おばさんは俺を咥え潜望鏡です・・・気持ちがいいです。
俺はおばさんのあそこに指を入れ強く出し入れしました。おばさんは苦しそうにしてますがお構いなしです。
俺は我慢が出来ずにおばさんを抱きよせ、俺にまたがせます。おばさんは俺に手を添え腰を沈めました。
俺はおばさんに包まれて深く挿入です。お風呂のお湯がタプタプ音がします。俺は下から大きくおばさんを突き上げました。
おばさんは俺に抱きつついてきます。おばさんを抱きしめてキスをしながら上下に大きく動かして俺はクライマックスを迎えて
おばさんの中に精子を放出です。おばんさんは目を閉じて俺の動きに耐えてます。俺は思いきりおばさんの中に精子を振りまき
ました。お風呂の中におばさんから漏れた精子が白く糸を引いているのが見えました
俺はおばささんをシャワーを使って奇麗に洗ってあげました。その後はおばさんをバスタオルで拭いてそのまま抱き上げ2階のおばさんの寝室に移動です。ベッドに横たえたおばさんを見ながら苛めぬきました。両足を思いきり広げあそこを舐めて

告白体験談関連タグ

|||||

2013年8月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】娘のお産で娘婿さんに・・・最終話 【告白体験談】

サイト様にはご迷惑かも知れませんが、一度投稿した以上最後まで書かせて頂きたく、笑われ疑われる事を覚悟して、なれぬPCを触っているのです。

留意事項を参考にされて、妄想であろうと実話であろうと、読んでくださる方のご判断で結構で御座います。
事実の事を文章に置き換えるのは難しいですし、方言を解かり易い標準語等で書くのも苦労ですし、卑猥言葉をそのまま書く事は出来ないのが事実ですの。

夫婦の間では興奮時には遠慮なく、オメコやチンポといえるのですが、文面には取り入れ出来ないのです。
この点を考慮して頂き、最終話を妄想だと思い読んで頂ければ幸いだと思いつつ、書かせてもらいますわ。

娘婿さんも3夜目、4夜目とアパートを留守にしたので、一人で暇を持て余しましたが、お掃除をする為各部屋を調べたのです。 夫婦の部屋のゴミ入れにはティシュが丸められて、多く入っていて黄色くシミが付いて、硬く乾いていましたので、娘婿が自分でオナニーしたか、娘が処理して片づけを忘れのだと思いました。

例のタンスの引き出しを開けてみると、コンドームのグロス箱が5ケースあり、そのうち一ダースは減っていました。
大人の電動バイブも膣用、肛門用と十数本あり、アナルプラグも二つ見つけましたが、触らずに元に戻したのです、娘も夫婦でアナルプレーをしていたのだと、確信致しました。

夫婦ですから合意で行うならば、どの様な行為でも部外者から口出しを出来ないでしょう。
私のオマンコは思っただけで濡れてきたのが解かりましたが、掃除機で丁寧に吸い取りゴミ箱の中は捨てました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】破談 【告白体験談】

腹が立つと言うか、情けないと言うか・・・

インターネットが普及して以来、暇さえあればアダルトサイトにはまって人生の貴重な時間を浪費してきた事への罰なのか。

先頃、婚約者との破談を経験した。僕は31歳、彼女は25歳。高校卒業後、田舎から都会へ出て大学、就職と普通の道を歩み、もちろん人並みに恋愛と失恋も経験したが、彼女と出会ったのは昨年夏のお盆の帰省の折だった。知り合いの紹介で彼女に会って以来、実家もお互いに近く、6歳年下でかぶってはいないものの中学・高校と同じであった事もわかり、驚く程スムーズに意気投合して交際が始まった。彼女の前向きで明るい性格はもちろん、何よりも学生時代にモデルのバイトの経験もあるというその容姿は僕にはもったいない程だった。彼女も、こちらが期待する以上に僕の事を気に入ってくれ、今年の春にはプロポーズ、そして婚約、という所までこぎつけた。人生で本当に幸せを感じた初めてのひとときだったというと大袈裟かもしれないが、まさにそうだった。彼女も間違いなくそう見えた。

ところが、状況が一変したのは5月。僕のメールに、ex○○○eのフリーメールで差し出し人不明の一通のメールが届いた。subjectには「○○○さんへ」と僕の名字が書かれてあった。僕は何気なくそのメールを開いた。そこには、多くは書かれていなかったけれども、にわかには信じがたい内容があった。

「○○○さん
 田舎というのは怖いもので、人の噂はすぐに耳に入って参ります。
 先日、○○○さんと△△R子さんが結婚されると聞きました。
 R子さんはご家庭も公務員で堅く育てられ、容姿もご存知の通り、
 結婚される○○○さんとしては男冥利に尽きると思います。
 
 ぶしつけながら、そんなR子さんと私は一度だけ関係を持っております。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談
1 / 212

このページの先頭へ