【不倫・浮気】彼女との合コン【告白体験談】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】酔ってる【告白体験談】

年末に車で家に帰る途中、前をフラフラのミニスカの女が歩いていた。あぶない奴だと思いながら横を通って顔を見たら息子の友達のお母さんだった。参観や子供が遊びに来たときに知っていた。たぶん年は俺とそんなに変わらないと思うけど、若く見えるしスリムだけど胸は大きくて、いい女だったので目立っていた。
「**さん、どうしたんですか」
俺は窓を開けて声をかけた。こっちを不安そうに見ていたが俺の顔を確認するとすぐ笑顔になった。
「タクシーつかまらなくて、歩いて帰ってるの」
まだ家まで車でも15分はかかるだろう。
「乗っていきますか?送っていきますよ」
「ありがとう、おねがいします」
彼女はすぐに俺の車にのった。
「忘年会でね、遅くなっちゃった、旦那も遅いって言うから、私もつい遅くなっちゃって」
「子供は?」
「母に預けてるから」
話しながら俺は彼女のミニスカから見えるフトモモが気になっていた。
「フラフラ歩いてたでしょう、あぶないよ」
「大丈夫よ、こんなおばさん襲ってくれる人なんていないから」
そうじゃなくて、と思ったが

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻は父さんの部屋で【告白体験談】

その日の昼休み。
俺は一度家に戻ることにした。
書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。
なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。
別に明日でも良かった。
しかし職場から家まで車で10分。
俺は取りに帰ることを選んだ。
家は実家である。
2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。
住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。
父さん。
思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。
母は高校の時死んだ。
その後の2年間の浪人。
父さんにならって市役所を受けたが敗退。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ワールドカップの観戦中の出来事 (親善試合)【告白体験談】

最近の出来事になります。妻・千夏33歳は、サッカー好きで地元Jリーグのサポーターでもあった。
 <妻のプロフィール>
  ・小さな工場の事務員。顔は童顔だが美人!色白肌に体毛は薄い(マン気は剃っています)
   身長161cm 体重50k? B88W62H93って所でムッチりボディだと思います。
   M系で、酒が入ると特にエッチ度が増します。(飲み会は注意が必要なんです)
   サッカー観戦中は夢中なので、多少の悪戯も気にする事はありません。
   (いつも自宅観戦中は後ろに回り、胸やマンコを触るのが日課です。夢中で見ていますが、濡れます)5/30 ブルガリアとの親善試合。
その日、職場はサッカー好きが集まり親善試合の話で盛り上がっていました。
2つ年下の竹下は、根っからのサッカー好き!地元Jリーグのサポーターでもあり、妻とも面識が
あり一緒に自宅で観戦する事もしばしばでした。
「先輩!今日親善試合見ますよね。俺!遊びに行っても良いですか?」
「良いけど・・・」
「1人で見てるより、大勢の方が楽しいし・・・」
「そうだな!じゃ帰りに寄ってくれ」
「は~い」就業時間を終えると、サッカー好きはいつもより帰宅が早く職場は静まり返っていました。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻のストリップ【告白体験談】

この話はもうかなり前の話で恐縮ですが、書いてみたいと思います。 私達夫婦は独身時代から、当時のテレクラで知り合った単独男性と3Pを楽しんだり、
あるマンションのカップルラウンジ等で遊んでいました。 その後、結婚をしましたが、当時まだ子供の居なかった私達は二人で温泉旅行に行き、
混浴温泉等で刺激を楽しんでいました。 その日も休みを利用して、ある九州の小さな温泉に行きました。
食事の後二人でぶらぶらと温泉街を探索していると、
50歳位のオバサンが呼び込みをしている小さなストリップ小屋がありました。
何となく刺激を求めて二人で入りました。
キャパ20席位の小屋の中には、九州の他県から地域の旅行で来たらしい、
年配の温泉客7~8人のグループ一組だけが居ました。ショーが始まって驚いたのは、
呼び込みをしながら入場料を集めていたオバサンが舞台に立ったことです。
先客のグループ客も苦笑していました。 そこで、変態旦那の私の頭の中にパチンと弾けたようにある考えがよぎりました。「妻を舞台に立たせて曝したい!」私はその考えを妻の耳元で打ち明け、説得しました。
妻は私の申し出に多少驚いた様子でしたが、
元々、露出癖もありM性質の妻は、
お酒の勢いも手伝ってか、
以外とすんなり私の思いを受け入れてくれました。 早速、私達は客席後方にある機械室のような部屋に行き、
小屋主と思われる親父さんに私達の趣味の事を話して、お願いをしました。小屋主は照明のスイッチを触りながら、少し考え込んでいましたが、

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を視姦していた木村と妻を…①【告白体験談】

これは私達夫婦がペンション型ホテルで体験した話しです。
結婚して3年、まだ子供はいません。私33歳173cm中肉中背、普通のサラリーマン。
妻、27歳167cm、学生時代に雑誌モデルを目指していた時からのエステやセルフケアの賜物か、結婚した時よりも肌質も良くなりSEXも積極的になりました。
現在はOL、昔よりいい肉付きになってきましたがむっちりした胸は張りのあるお椀型のDカップ、顔や雰囲気は雑誌モデルの上原歩に似ていますが少しボケてる所がありその事で私が苦労する事も度々あります。
とりあえず上原歩似なので名前はあゆむとしておきます。
その日二人で久々の外出をした帰りにラブホテルに入る事になり、外観もモダンで改装して間もない感じの綺麗でいい雰囲気のペンション型ホテルに入る事にしました。
ですが金額や設備が書いてある場所が見当たらなかったのでフロントに行くと、窓口ではなく横のドアから元気のいい中年小太りの方が出てきたんです。
おいおい出てきちゃったよ…
と思いましたがそこはつっこず。
その方ははっきりいうとややメタボといいますか……身長は170後半ぐらいででもよく見るとお腹以外はがっしりして何かスポーツをやっている様な体格でした。
少し話して彼オススメの露天風呂付きの部屋というのを紹介してくれていましたがその間、他の部屋のパネルを見ているあゆむをチラチラと何度も見ているんです。
たまにじっくりと脚から顔まで見ていましたが、その間も流暢に話していました。
彼に違和感がありましたが、その部屋は他の部屋よりかは設備が良さそうだったので彼オススメの部屋に決め、さっそく入室。
ソファで一服しながら話していると、あゆむから「さっきの人にチラチラ見られてたんだけど?」
「確かにあゆむを見てたね??」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】アルバイト先のパートさんと【告白体験談】

アルバイト先のパートさんと今日始めて結ばれました。名前は恵理34歳
で主人と5歳の幼稚園児がいます。僕が仕事を1から教えるようになったき
っかけで付き合うようになりました。付き合ってから半年、長かったです。
何度も何度もデートを重ねて初キスは付き合ってから3ヵ月後。何度もアプ
ローチをしても「ごめんなさい、主人がいるから・・」と断られていまし
た。でもあきらめないでがんばった甲斐がありました。先週の金曜日カラオ
ケに行ってそこでペッティングに成功し後は簡単に持っていけました。恵理
にキスをした後そっとシャツの中に手をすべらせてBカップくらいのおっぱ
いを愛撫してブラをずらしてシャツを捲り上げておっぱいに吸い付きまし
た。うっすらと暗い中での恵理のおっぱいでしたが乳首は勃起していてとっ
ても綺麗で、ずっと吸い付いていると恵理が小さな喘ぎ声を出しました。僕
はカラオケボックスだったのでペッティングを止めました。店員に見つかっ
たらやばいし、どうなるかわからなかったからです。そして帰り際に車で送
った後「恵理、綺麗だったよ」と言って別れました。次の日からも恵理は普
通にパートに出勤してきました。そして昨日の木曜日にデートの約束を取り

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】友達の奥さん【告白体験談】

俺の友達に、中学の時の同級生と結婚したやつがいます。
この間、買い物に出かけた時にその奥さんにたまたまあい、話が弾み彼女の家に行く事になりました。
旦那…俺の友達が帰ってくるまでに5時間ほどあり、帰ってくるまで待っている事にしました。
友達夫婦には、子供がいたので俺は子供と遊びながら奥さんと中学の頃の思い出話に花を咲かせていました。
が、子供が遊びつかれて寝てしまい、話が夫婦生活の悩み相談に変わってきました。
友達からも聞いてましたが、子供ができてから夜の営みがなくなってきたみたいです。
ここは、チャ〜ンスっとちょっと遠巻きにHな話に持って行きました。
やっぱり食いついてきました。
徐々に奥さん自身のHな話にもっていき、とうとう奥さんの肩に触れる事に成功しました!
軽くキスを迫ると、奥さんは顔を背け嫌がりましたが強引に唇を奪うと、まんざらでない感じ…そのまま手を胸に伸ばすと、触ってくれと言わんばかりに胸を押し付けてきました。
キスをしながら、モミモミと柔らかさを楽しんだ後に、乳首を服の上からコリコリっと刺激してやると、「ん…んん…。」っと感じてる様子。
俺も、胸だけではガマンできなくなり、股間の方に手を伸ばします。
ジーパンを履いていたので、ベルトをはずしチャックを開け股間に指を滑り込ませます。
パンツの上からでもわかるくらいに、股間が汗ばんでいます。
あそこの割れ目に指を這わせると、もうすでに濡れている様でお口がパックリと口を開けているのがわかります。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】元彼【告白体験談】

大学時代に付き合っていた彼女と30年ぶりに会った。と言ってももちろん偶然にであったが。スーパーで買物をして駐車場に行くと向こうから歩いてくる女性。気に止めることなく買物袋を車に乗せていると、隣の車のドアが開いた。ないげなく振り返るとお互いにびっくり。其処には間違いなく2年間位付き合いしていた彼女がいた。昔の面影はアチコチに残ってはいるが随分と変わっていた。言葉が見つからずお互い「ひさしぶり・・元気でしたか?」ではあったが頭の中は其の頃の二人のことは瞬時に思い出した。「時間ある?」と聞くと「2時間くらいなら・・」との事であり、私の車に乗せ近くの河川敷に車を停めた。あの頃は若く二人はある日を境に
会えば必ずセックスをしていた。彼女にとっては私が最初の男である。少しお互いの近況を話あっていたが、思い切って彼女の座っている助手席を倒し上に乗った。少し抵抗したがキスをするとそれに答えて来た。近くに人が寄って来る場所ではないので、セーターの上からおっぱいを揉んでみた。相変わらずおおきな胸ではあったが当時より柔らかい感じがした。抵抗も全くしなかったのでセーターを首から抜き取った。白いブラが残った。ホックも外すと久しぶりに見る乳房も大きく黒くなったいた。彼女は目を閉じたまま「あのころと違って垂れてしまっているでしょう?」と。口で乳首を含み
転がした。もうあの頃と一緒ではばかりのないあえぎ声を出してきた。もう私の下半身も戦闘状態になっていた。運転席に戻りシートを倒し仰向けになって「久しぶりにしゃぶってくれる?」と言うと
黙って私のベルトを外しズボンを下ろしてくれた。当時よくやったことである。ぼっきしているので脱がせにくかったと思うがブリーフも足下から取り去った。かぶさるように一気に咥えてきた。
一度口から離し「どうするの?口に出す?それとも・・」って言うので最初は口に出したい。それから以前のようにお前の好きなバックで出そう・・・」と言うと必死で玉を握りもみながら頭を上下に動かせ・・・そして喉の奥いっぱいに射精した。全て飲み込んでから口から離し「でも車の中ではどうやってバック出来ないよ」と言うので、廻りを見渡して、車を降りて腰の辺りまで草が生えている川岸に行った。スカートのショーツも取ってしまい、全裸にした。
相変わらず陰毛が濃く、外で見るそれはより黒々と生い茂っていた。ヨツンバにして向こう向きに座らせ腰を高く上げさせると卑猥さも最高であった。「旦那にかわいがってもらっている?」と言うともう主人も歳だし1ヶ月に一度くらいかな・・・」。「中に出してもいい?」と聞くと「子供を産んでから避妊したから生でも大丈夫よ」とのこと。一気にに突っ込んでグラインドした。慣れた体位である。二度目でもありしばらく気持ちよさを味わうことが出来た。以前のように射精後黙っていても口できれいにしてくれた。
久しぶりに人妻になった彼女の全裸も見たし、口にも、下半身にも出して幸せな気分になった。「これからも時には味見出来る?」と聞くと「実家には余り帰らないから、出来たら他の場所で会ったほうがいい」との返事であった。やはり昔の女はいつまでもいいものだ。「どう久しぶりの気持ちは?」と聞くと若いときより気持ちよかった。」とのことであった。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】しんちゃん、凄い【告白体験談】

昔、高校生の頃
ウチの裏にあるアパートの住人が窓全開で音聞かせまくりセックルしてた
毎週土曜日女が泊まりに来て
【カトちゃんケンちゃんゴキゲンTV】見て笑い合ったあと激しく突き合ってた
女がいつも絶叫
「あン~しんちゃん凄いィイ~」って
本気声で叫んでた
多感な時期
しんちゃんはどんな凄い技をお持ちなのか気になって仕方なかった
いつも始まると母を呼びに行って
一緒に聞いてたw

告白体験談関連タグ

|||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
3 / 13212345...102030...最後 »

このページの先頭へ