【人妻】嫁の浮気【告白体験談】

嫁さんの浮気現場を偶然見てしまいました まさか自宅に勤め先の上司二人を誘ってエッチにふけっていたなんて…驚きでした…でも嫁さんが二人の上司に犯されてる姿を目の当たりにして恥ずかしながら勃起してしまった自分が情けなく思ってしまいます…
私の会社は小さな印刷会社でたまたま暇だった土曜日に半日で終わっていい事になりました いつもは終わったら嫁さんに帰るコールをしてから帰宅するんですけど この日は驚かせてやろうとそのまま帰宅しました…すると自宅の前に嫁さんの勤める老人福祉施設の車が止まっています 今日は嫁さんは休みのはずやから 施設の人が急用で来てるのかとおもい 家に入りました「ただいまぁ」お客さんがいると思い少し控え目に言ったのですが反応がありません…リビングに入っても誰もいません?
すると二階から…話し声が…二階は寝室と空き部屋しかないのでお客さんを上げるとは考えにくいんです…階段の下から聞き耳をたててると…
「美也ちゃん濡れてきてるやん、そんなに我慢してたんや」って男の声が!その一言で私は全てを悟りました…嫁さんが浮気してると…何故か私の体が震え始めています 心臓の音がドクドクとリビング中に響いているかのようでした…私は怒鳴り込んで行く勇気よりも嫁さんがどんな事をされているのか気になってしまい ソーッと階段を上がり吹き抜けの途中にあるはめ殺しのガラスから寝室の中を覗き込みました…
そこには福祉施設の制服を着た嫁さんが四つん這いになっていてスカートを捲りあげられパンティーの上からお尻や割れ目を一人の男に弄られていました 驚いたのはもう一人男が居たのです その男は全裸で嫁さんにペニスをしゃぶらせています 「相変わらず美也ちゃんのお口は気持ちイイね何回でもイキそうや」…相変わらずって事は今日が初めてではないって事です…そのうちもう一人の男がパンティーをずらして嫁さんの秘部を曝しました…なんと今まで私が見た事もない程に濡れて光っています…「美也ちゃんのココ大洪水やで!溜まりまくってるんやろ」エッチな言葉を浴びせるように楽しんでいます 嫁さんは喘ぎながらペニスをしゃぶりお尻をクネクネさせながら…「主任のチンチンちょうだい早くぅ」なんて言っています…

私の位置から嫁さんのオマンコは主任の頭が邪魔になってよく見えなかったのですが 指を二本挿入しているようで…「美也ちゃんのオマンコくちゅくちゅとイヤらしい音がしてるよ 奥の方から熱いお汁が溢れ出してくるわ!」
「主任そんなに刺激されたらオシッコしたくなっちゃう」
「それなら美也ちゃんのオシッコ姿を課長と一緒に見ようかな」
「そんなの恥ずかしいから嫌ぁ」
するとフェラをさせているのが課長て言う事みたいで…
その課長が「まっちゃん!そろそろ交代してくれんか我慢できないわ」
そう言って主任と入れ替わり美也子のバックに回り込みました…フェラで激しく勃起したペニスをいきなり挿入したみたいで…
「んぁぁぁ!」美也子の背中が反り返り喘ぎ声を出します
「美也ちゃんのオマンコ締まるなぁ♪めちゃくちゃ気持ちええわ!」

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年8月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】裏 続無防備妻【告白体験談】

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。
それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。
以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。
医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。
それからは私は妻を気をつけて見るようにしてきました。しかし私はそんな妻や、妻を狙ってくる男達を見ている間にどんどん自分の中で何かが変わっていってしまうのでした。
私の妻は自分の格好をまったく気にせず、夏場はいつもきまったワンピースで出かけます。
何年も着ているそのワンピースは胸元がのびきってしまっており、すこし屈むだけで胸が見えてしまい、縮んだ裾は膝小僧もまるだしで、ちょっと動作を激しくするだけでチラチラパンティを露出させていました。
洗濯の繰り返しですこしはげた薄手のニット地は、普通に立っているだけでパンティやブラジャーの模様、さらにはおへその黒い影までくっきり透けさせる。しかしそんな私の妻は、そんな自分の格好もまったく気にせず外出し、行くところ行くところで男達の視線を集めた。
気がつくと男達に囲まれ胸元やパンティを覗かれているのはしょっちゅうで、さらにはエスカレートした男達に体中をさわられてしまうのも度々あった。
そして私が何よりショックだったのは、そんな妻が覗かれることをまったく気にもしなかったのは言うまでもないが、それどころか体をさわられていても、抵抗もしないで普通の態度でいるのが、信じられなかった。
それを見た私は当然これ以上ないくらいのショックを受けた。しかしそんな現場を見ていくうちにそんな妻の様子にだんだん興奮するようになっていってしまった。
九月 ある残暑の日曜日
私達家族は休日で天気もよかったため、デパートで買い物をし公園で遊んでくることにした。
さすがにデパートに行くときぐらいはそれなりにオシャレをしているつもりか、いつもジーパンをはいていく妻だったが、いけない妄想をもつようになった自分は、あえてジーパンを隠しいつものワンピースを出しておいた。
「パーパー、あれっ、わたしのジーパン知らん?」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】お隣の奥さん【告白体験談】

先月国道沿いのラブホ街のわき道を通っていると、なんとお隣の奥さんの運転する車がのれんの奥から出てきました。奥さんも気づいたようで、奥さんは焦ったのか顔をすぐに背けました。
その後家にいると、奥さんの車が帰ってくるのが見え、しばらくして奥さんが「浮気のことは黙っていてほしい」と、訪ねてきました。妻も不在で時間もあったので奥さんに質問すると、
「ネットで知り合った」
「既に2人と会った」
「オナはする」
「旦那とは1年ない」
など簡単に答えてくれた。

浮気は黙っていると約束し、奥さんが帰ろうとしたとき、「オナ」を見せてというと、最初は嫌だと断っていたが、何度も頼むとあきらめてOKしてくれた。二人で奥さんの家へ行き、リビングで奥さんはストキングを脱ぎ、セーターをめくり乳首を触り、最初は恥ずかしがっていたもののオナを始めた。
パンティを脱ぐようにいうと素直に脱ぎ、ラブホでHしたあとシャワーをしていないアソコもしっかり見せてくれ、気持ち良さそうにイッタ。スリムでプロポーションもいい奥さんを全裸にし、全身を見ていると、自分もモノも硬くなり、お風呂で奥さんを洗い、そのままバックから挿入した。
奥さんは大きな声で喘ぎ、果てた。その後寝室へ行き、再度奥さんをいただいた。帰るときに、今夜旦那さんにアプローチするように言うと、「無理です」といいながらも、アプローチしたようで、1年ぶりのHがあったとのこと。
一日で3人とは凄い奥さんです。今では週1ペースに戻っているようでネットはしばらくおやすみをしているようですが、私とは相変わらず楽しんでいます。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】気が弱い夫【告白体験談】

妻が上司と不倫,妻は38歳、とてもスレンダーで若く見える。
生保の営業をやってる妻はいつも8時ごろ帰宅の準備をする。
たまたま自分の仕事の関係で近くを通ったんで、ついでに迎えて
一緒に帰ろうかと思い、妻の会社まで行ったら、ちょうど事務所の明かりが消えたところだった。
もういないのかな? と思って、出口の方に目をやると、妻が40歳ぐらいの渋い男性と出て来たところだった。
すぐに声を掛けて見ようとすると、なにやら二人の様子がおかしい。
手をつないでいたのだ。
やがて鍵を閉めた上司らしい男は、妻の手を引いて自分の車に乗せて発進した。
慌てて後を追いかけると人通りの無い海岸公園のトイレの所に止まった。
少し離れたところに自分の車を止めてシノビ足で近寄って行くと、二人は車から降りて女子便所に入っていった。
ここまでくると自分の心臓は早鐘のように鳴り出し、息をするのも苦しいぐらいだった。
これから何が起きるのか想像すると益々心臓が喉から飛び出そうになる。
もし浮気だったら怒鳴り込んで現場を抑えて、、、とか考えてる内に、中から声が聞こえ出した。
もう少し様子を見ようと思い女子便所に入って行くと、2つある内の奥のトイレに二人が入っているのがわかった。
下の方に10cmぐらいの隙間があり、足が4本見えていたからだ。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年7月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】隣【告白体験談】

私は、とある市に住んでいます。二階建の一軒家で隣との間は50㎝位しか開いていなくて隣も二階建てです。当時私は両親と3人暮らしで、両親は昼間会社勤めで私は大学生でバイト
に行っていますが、夜間のバイトの為昼間は家にいます。ある夏の日私は暑いので窓を開けていたら、何やら隣から変な音が聞こえてきてるので、ベランダから隣の部屋の窓が少し
開いているので覗いたら、奥さんが素っ裸で此方を向いて股を広げ電動コケシを使いオナニーの真っ最中。私は暫く眺め
ていたら股間がムクムクしてきて、キンタマをシコシコしながら眺めていたら奥さんと目が合ってしまい慌てて隠れたが
奥さん起きて来て、窓を開け私にこっちの部屋に来るように
言うので窓から隣の窓へ移り中へ入り奥さんが、
[今見た事は近所へは黙っていてほしい。良いわね坊や、あら
彼方のズボンの前凄く膨らんでいるわね?私が沈めてあげるわ
ね、私の側に来なさい。]
ズボン、シャツ、パンツを脱がされて裸になったら、奥さん
[あらー、彼方のチンチン凄く大きいわね、立派だわ家の旦那
とは比べ物にならないわ。しゃぶらせて、]
奥さんは、チンチンを口に入れようとしたら太くて入らず側面を舐めまわし、後背位で入れて欲しいのと言い四つん這いになり、私のほうにお尻を向けたのでオマンコ丸見え、中から汁が垂れて太もも迄濡らしている。私は後ろからオマンコ
に入れたら、奥さん[ンアァー、気持ちイイワァー、ンアァァ
ァァー、一緒に行ってぇー、アン、アン、アァー。]と奥さん

告白体験談関連タグ

|||||||

2013年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】親子?【告白体験談】

23歳OLです、先週の金曜日に彼とラブホテルに行ったときのこです。
私達がいっぱい楽しんでフロントに降りてきました、フロントの前に40代くらいの女性と若い男がいました。二人はどの部屋にするか案内板をみてるところででした。
私たちは二人が部屋に向かうまで少し観葉植物の影で待ちました。
女性のほうが「どこがいい?」って聞いてるようでした、その時です「お母さんはどの部屋がいい?」
確かにそう聞こえたんです!
私たちは一瞬びっくりして顔を見合わせてしまいました。
なんと親子???びっくりです。
二人は手を取り合って私たちの前を通り過ぎてエレベーターに乗って行きました。
帰りの車の中で彼は「あれは確かに親子かもね」って、私もそうかも知れないなって思いました。
世の中広いから親子同士も不思議じゃないのかもと思ってしまいました。
こんな組み合わせでラブホに来る男女も居るんですね。

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】何か、複雑で!【告白体験談】

私達家族は、近所の家族と仲良くお付き合いしているのですが、今回はその内の1軒の
人との事です。
私達家族は、その日、夕食を済ませてのんびりとテレビを見ていました。
夕食の片づけを終わった妻が「Kさんの家に、ちょっと行ってくるね。DVD返してくる。」
そう言って我が家を出たのが8:30頃でした。
Kさんの家までは直線距離で30m位の距離です。歩いても1分もかかりません。
Kさんは50代半ばの未婚の独身女性で一人住まいです。
「今さら、結婚なんて面倒くさい。昔は結婚に憧れた事もあったけど」
「友達は、何人か居るけど結婚する気は無いわ」
「お金もそこそこ有るし、老後は老人ホームよ」  そんな彼女でした。
妻が出かけて30分位すると、妻の友人から電話がありました。
私はそのことを妻に連絡しようと携帯電話をかけました。
妻の携帯の着信音がリビングのテーブルの上で鳴っていました。
妻は「近所だし、直ぐに帰る」と思って置いて行ったようです。
Kさんの家に電話をしても良かったのですが、私も暇を持て余していたし、酔いざましに

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ちょっとー!【告白体験談】

今年のゴールデンウイークにオレの嫁さんと子供2人(男×2)、
それに嫁さんのアニキ夫婦と子供2人(男・女)の4人で旅行に
行った。道が混むので夜中にクルマを走らせて旅館に向かった。
旅館に着いたのは朝の4時過ぎ。
運転疲れでオレとアニキ(義理)は大浴場に入りたいと言ってみたら、
24時間OKですよ。と言われ喜んでいたら子供も目を覚ましたので
結局みんなで大浴場に向かった。
大浴場は男湯・女湯と当然分かれており、オレとアニキ(義理)とが
2人で男湯に入り、子供4人はまだ小さいのでママさん2人と女湯に
入ることになっていた。
しばらくすると、うちのチビ(男・3歳)の声が壁の向こうで響いている。
それに続けとばかりに残りの3人もキャアキャア騒ぎ出し、随分と
女湯は賑やかな雰囲気のようだ。
オレとアニキ(義理)は交代で運転したせいもあり、ただボーッと湯に浸かっていた。
それでもチビさんたちの大合唱は止まず、パタパタと走る音も聞こえる。

告白体験談関連タグ

||||||

2013年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】昔の同僚のハプニング【告白体験談】

昔会社にいた同僚の女性(Iさん)とは、彼女が会社を辞めて5年経った今でもみんなで交流がある。Iさんは23歳。顔は辺見エミリ似で巨乳、さらに性格も姉御肌でサバサバしていて入社当時会社でも結構人気があった。現在はすでに結婚していて一児(男の子Y)の母になっている。
その日俺は同じ会社の友人(F)と彼女の家に遊びに行った。着いたのは昼過ぎで、日中はIさんの1歳の息子Yと遊んでいた。夜は旦那さんの帰りを待ってIさんの手料理を御馳走になる予定だったのだが、夕方Fが家庭の事情で急遽帰らなければならなくなってしまった。俺も一緒に帰るべきか迷っていると...
「Aさん(俺)、ゆっくりしてきなよ。もう食事の準備も始めちゃってるし。」
と、Iさんが言ってくれた。というわけで俺はその言葉に甘えることにした。しかし数時間後、彼女はその自分の言葉を後悔することになる...
19時過ぎ、Yがぐずりだした。
「あぁもう眠くなっちゃたね。今日はお兄ちゃん達とたくさん遊んだから疲れたんだねぇ。」Iさんがあやす。
「じゃあ寝かしてあげた方がいいんじゃない。」と俺。
「でも昨日この子お風呂入れてないから、今日は入れないとまずいんだよね。」
参ったね。俺、赤ちゃん風呂入れてあげること出来ないしなぁ。旦那さんの帰宅は21時頃。さすがにそれまで待つわけにもいかないようだ。
「ごめん!悪いんだけど私入れてきちゃうわ。なるべく早く出てくるからさぁ。」
「ああ、全然いいよ。料理の方は?何かやることあれば、俺やっとくけど。」
「とりあえず、もうあとは暖めるだけだから大丈夫。じゃあホント悪いんだけど、ちょっとTVでも見て待っててね。」
かくして彼女は息子を連れ風呂に入った。始めのうちはTVを見ていた俺だったが、聞こえてくるシャワー音にだんだんムラムラしてきてしまった。今あのIさんがシャワー浴びてんのかぁ〜。“覗いちゃおうかなぁ”と思った時には、もうすでに二人が風呂に入ってからだいぶ時間が経っていたので、出てくる恐れがあるため、そのスケベ心もあっさり姿を消した。
数分後、風呂場のドアが開く音がした。そして...
「こぉらーY!ちゃんと拭かなきゃダメだってぇ!あぁちょっとぉー...ねぇAさぁーん!Yつかまえて。」

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年3月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
13 / 13« 先頭...910111213

このページの先頭へ