【人妻】ナイロントリコットパンティのクロッチに2【告白体験談】

問いただしてみたい、いや白状するわけがない。
興信所にも行かなくてはと思っていた矢先に現場に遭遇したんです。あれは日帰り出張の日でした。夜の九時ごろに帰る予定が仕事が早くかたずき夕方の六時に帰宅しました。息子は私の実家に遊びに行くと言っていました。女房に連絡を入れずに帰って来ました。買い物に出掛けているのかまた男と会っているのか疑念を抱きながら冷蔵庫の缶ビールを飲んでいると電話が鳴り出ると無言電話。しかし、騒音らしき裏に低い声で「早く!」と言う声がしたのをキャッチ。しばらく考えてると玄関に人の気配がしました。女房の声がするので帰って来たのかなんて思っていると先程の男の声もするんです。確か電話では一言も声を出さなかったから私が帰っているなんて思ってないようです。バカですね。女房はちょっと酔っているようです。女房は「一時間くらいは大丈夫」と男に言っています。私はリビングでじっとして入って来れば話をつけようと冷静に居ました。しかし二人は二階の私たちの寝室に向かうじゃありませんか。私もついては二階に行くとベッドに横になった妻はスカートを顔が見えないくらい捲り上げ薄ピンクナイロントリコットパンティをはいたままM字開脚。男は女房の股間をナイロントリコットパンティのクロッチの上から『チューチューチューチュー』と音をたてて物凄い勢いで吸っているのです。女房は顔はスカートの裾で半分隠れてはいるものの目をつむり眼球を脳内に沈めるかのように陶酔しきっているようです。男が唇をナイロントリコットパンティのクロッチから離すと女房が出した汁と男の唾液で薄ピンク色が少々濃くなっています。クロッチをよく見るとナイロン生地が噛みきったのか所々破けてなくなっていて男が食べてしまったのかもしれません。堪らなくなったのでしょうか。ズボンのファスナーを下ろし自分のチンポを出しました。ピンコ立ちです!ナイロントリコットパンティのクロッチを横にずらしてオマンコから流れ出る白い液体を『ズルズルリュリュ』と吸い付き。
チンポをオマンコに入れる間もなしに
「何をしてる!」と一喝。気が付いた時はいち面血だらけ。男の股間にはチンポがなくなり、うずくまっていました。女房はガタガタと震えて何も言葉を発することなく。
まるで私を悪魔を見るような眼差しで見ていました。続く

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ナイロントリコットパンティのクロッチに【告白体験談】

私は43歳のごく平凡なサラリーマン。妻は1つ年上44歳の何処にでもいるタイプの専業主婦です。最近、様子がおかしいなあと思ったら浮気していたんです。中学一年の男の子が一人います。
浮気がわかったのは近所のお婆さんから「奥さん、駅で会ったけど挨拶しようと思ったけどご主人じゃなかったからやめたわ」「えっ!どういう事ですか」「50歳くらいの男の人と腕組んであるいていたからあなたばかりと思ったけど…。気をつけた方が良いわよ。あら、余計なこと言ったかしら」と言って立ち去って行った。
暫くぼんやりとして信じられない……
まさか……
ヘェ……
と言う感じだった。平凡で派手な感じはなくただ、何となく様子がおかしかったのは確かです。
何となく結婚して20年近く経つとわかるんです。空気みたいなものだとよく言いますが、臭うんです。問い詰めても白状するわけありません。
興信所もあたりたいと思います。妻は1日何をしているかはっきり言って不明です。
セックスも週一回位ありましたがここ二ヶ月前くらいから何の理由もなく拒否するんです。ただそんな気分にならない……と
どうしたもんだろう今日は気分が優れないので欠勤してます。女房は買い物に駅前のスーパーに買い物に行くと言うので一緒に行くと言うとゆっくりして家にいなさいとさっさと家を出ていきました。洗濯物が飛ぶかと思うくらいの風が吹いています。
ヒラヒラとナイロン系のショーツが
あのギャザーで波打ったクロックに接する私だけが知っていたはずの大事な女房の秘部を自由にしている奴がいるのかと思うといてもたってもいられなくなった。干してあるショーツを手にとると柔らかくクロック部分の裏布は微かに黄ばんだ染みがあり洗濯では落ちないくらいに汚したのか
妻の下着なんか興味がなかったが……?あのクロッチに当たるおまんこをと思うと嫉妬で狂う。
やはり、一度それとなしに問いただそうと思う。何か良い方法はないものか。
女房は痩せ型で顔は平凡でしかし正上位でのセックスを好み必ずかにばさみのように足を腰に絡ませ逝くときは「いっぱい流し込んで」と言い腰を激しく振る。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】男嫌いな清楚な妻が・・・【告白体験談】

最近妻が、綺麗になっていくのです。
妙に色ぽっさができたように思うのです。
妻は44才、私は45才。
夜の方もマンネリして、殆どご無沙汰です。
あまりかまっていません。要するにしていません。
妻の容姿は、人に言わせればすごい美人と言われますが、私から見れば
普通の主婦にしか見えないのですが?
髪は長くしていて、男好きのする顔をしています。
体つきは、中年になって肉付きも付き、ぽっちゃりまではなってませんが
161センチで確か50kgでスレンダーでしょうか。
ついでに3サイズは、B88 W62 H91 
子供は居ません。体型は結婚当時からはあまり変わってはいません。
不倫のドラマを見るのさえ嫌がる、堅物で清楚な女です。
処女のまま、私と結婚したし、浮気はまったくしてなかったはずです。
私の友人が「奥さんと付き合えたらいいな」と話していると云うだけで、

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】長期停電で妻が隣の旦那に【告白体験談】

これは数年前に起きた話です。
我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。
週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈
なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。
我が家も例外では無く、明かりは点いていません。
車を止め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。
その時です。隣の家から妻が出て来たんです。
「貴方、お帰りなさい!」
「どうしたんだ?」
「停電なの!」
妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)それに妻が
リビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごして居た様だった。
話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間がかかると言うのだ。
しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて
一緒に夕食を済ませたと言う(お隣さんはガスも使っていて、食事の準備は出来るらしく、しかも小さいながらも

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】最初で最後【告白体験談】

最初で最後、地元に帰る後輩に妻を抱かせました。
後輩W君27歳、妻みずき44歳です。
W君は、よく家に遊びに来ていたので妻ともHな会話も出来る程、仲が良かったんです。
そんなW君が、地元に帰る事になり、会社とはまた別に、家で送迎会をしました。
子供も寝たので、これからは大人の時間だと、三人で飲み始めました。
僕は、W君に「なんか欲しい物とか、して欲しい事ないか?」と聞くと、
何を思ったのか「なんでもいいんですか?うーん、じゃあ、奥さんと一回したいです」と訳のわからない事を言いました。
「あほか、それは無理だわ、本当アホだな~」
しかし妻は「最後だから一回だけならいいよ~なんて冗談だから」僕はびっくりしまた。
しばらく、そんな馬鹿な話しをして、W君がお風呂に入り、
僕は妻に「なぁ~さっきのW君と一度だけならいいって、本気で思ったしょ?正直に」
妻は「笑いながら、冗談だって、W君だって冗談で言ってたんだよ、おばさんなんて相手にしないって」
僕は「いや、一回だけしてみれば?多分もう会わないんだから、一回だけ、駄目?」
「実際Hしたら怒るくせに、本当にしちゃうよ」
妻は笑いながら軽く流していました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の疑惑【告白体験談】

妻は32歳。結婚して6年で子供はいない。
夜の行為は確かに回数が減ってしまっていたが、それなりに平和な結婚生活だった。
しかし半年程前に妻が絵画教室に通うようになってからおかしくなった。
その教室は週に一回自分で予約を入れて通うスタイルだったのだが
2か月前ぐらいから妻は予約を金曜か土曜の夜の部に入れるようになったのだ。
そしてとうとう絵画教室の後にメンバーで食事をするからと、帰りが遅くなるようになった。
おかしいなと思い始めたこの2週間前にある場面に遭遇した。
金曜の夜に妻は絵画教室で帰りが遅くなるということだったので
1人で食事をして家にいたのだが、たばこが切れてしまい深夜12時ごろに近所のコンビニに歩いて買いに出た。
我が家はマンションでその日は歩いてコンビニに行くのにエントランスを出てすぐの垣根の間をすり抜けて近道したのだが
その垣根越しにマンションの来客用の駐車場に止まっている車になんとなく目が行った。
ワゴンタイプの車で運転席にも助手席にも誰もいないように見えたが、すぐに助手席の方で誰かが起き上がった。
シートを倒している体制から起き上がった感じだった。
垣根の隙間からじっくり見た。間違いない妻だ。
残念ながら運転席に人の姿はないが起き上がった妻が何か喋っている感じだったので誰かが寝ているのだろう。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年1月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】どうしよう 俺【告白体験談】

まぁ現在進行形の話なんですが…
自己紹介など…
俺、48才 地方の商社の中間管理職。仕事はデスクワーク2/3 外回り1/3って感じです。
妻、43才 パートで会計事務所に月曜日から水曜日まで基本働いている。隔週で木曜日まで働くことがある。
事の発端は、部下が風邪で休んでしまいまして彼の担当する所のご用聞き+納品に行くことになった時の話で…
出社して一通り事務を片づけて品物を営業車に入れて納品先に向かいました。まず地元のお得様に荷物を配達し隣の市のお得意様に行きました。
隣の市と言っても県外でして私は国道をひた走りました。
俺、F市に向かって片側二車線の道路の左側を走っています。軽く右側を追い越す軽自動車…
車種・色とも見なれたもの、「妻の車と同じだ」と軽く思っていました。
ふとナンバーを見ると妻の軽と同じ…「あれ~A子だ」とつぶやきました。
今日は木曜日だがパートが無い週、私はF市に買い物でも行くのかな思いました。
道路は市街地に入りました。私はいたずら心が出て「どこに行くんだろ」とついて行けるところまでついていこうと思いました。気分は尾行する刑事気分!
この行動、不幸の始まりました…涙。
妻の車は国道と高速IC交わる付近を走っています。
近くには大きなショッピングセンターがあります。妻はそこに行くのかな?と思いました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と大学生【告白体験談】

私は長野県で酒屋&コンビニをやっているたけちゃんと申します。
昔から細々と父がやっていた酒屋をコンビニにして妻と二人でやっています。
今は父も無くなり二人でコンビニを深夜はやらずに営んでおります。
私は46歳、妻は45歳、子供はおりません。私の友人からもお客さんからも、妻は高島礼子にそっくりだと言われています。男性のお客さんが「好きな人いないなら、付き合って下さい」と真剣に誘って来る人も多いと聞いています。
妻は貞淑というか堅物というか、お世辞よ と相手にしません。妻の病気の関係で子供はできなくなりましたが、夫婦仲良くやっております。
夕方から週3~4日入ってもらっている大学生のK君は静岡出身で、弓道をやっている為か非常に均整のとれた体型で好青年であったため、普段から妻ともいい子だと話し合っておりました。
いっしょに仕事をしていた時、K君の視線が妻のお尻や胸によく行くことがあったのですが、それでも若いからこんなおばさんにでも目が行っちゃうのかなと思っておりました。
その後、妻が実家の母に会いに行った時にKくんを誘い、仕事の後家で二人で食事をしていた時のことです。
二人で少し酔っぱらった時のこと、室内に干していた妻の下着にK君が何度も目をやっておりました。
私は「おい、K君!あんなおばさんのブラに興味があるのかい!」とからかい半分で言ったところ、K君はうつむいて黙り込んでしまいました。もしやと思い、色々聞き出すと、K君は本当に妻に興味があるようでした。色々聞き出すと軽く酔っているせいか色々と話し出したのです。
大きな胸の谷間を見たときから、仕事中はついつい妻に目が行ってしまうこと。
家では妻の妄想でオナニーもしているとのこと。
いつもの好青年のイメージが崩れ落ちそうな瞬間でした。
また、これまでにない興奮をしてもおりました。
私の下半身はその時勃起していたのです。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】家に残した妻と友人【告白体験談】

自分の妻が他の男に抱かれる姿を想像しては1人興奮している私でしたが
つい先日現実になってしまいました。興奮したのも事実ですが同時に
不安がつのって落ち着かない毎日なのです。友人にも相談できず
書き込めば少しは落ち着くかと思い投稿させてもらいました。
電車の中で20年ぶりに大学時代バンドをやっていた友人に会いました。
友人は地方都市に住んでいて出張で都内に出てきたそうであまりの懐かしさに
私は家に誘いました。私は50歳、妻は41歳、子供はいません。
家では昔の話に花が咲きついつい飲みすぎました。友人は出張の疲れも
有ったのでしょうつぶれてしまいリビングのソファーで寝てしまいました。
友人には毛布をかけてやって私たちは2階の寝室へ。私も妻もかなり飲んだので
すぐに寝てしまいました。
翌朝私が目を覚ますと妻は既に起きて朝食の支度をしていました。
私も起き出して友人に声を掛けると、二日酔いで苦しいもう少し寝ていたい。
というので私は食事を済まして出勤する前にもう一度友人に声を掛けると
本当に申し訳ないけどもう少し休んだら帰るから。と言うので私は家を出ました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と20年来の友達【告白体験談】

私52才、妻46才の夫婦です。
友達の政雄さんとは以前、同じ職場で一緒に働いていました。お互い20年来の友達ですが、どうやら妻は織田ゆうじ似の政雄さんが自宅に遊びに来ると意識しているのが解りました。
政雄さんも結婚はしています。
そして妻の生保の顧客でもあります。
政雄さんには昔から本当、綺麗な嫁さんで羨ましいよ!って言われていました。正直、私も自慢の女房です。
割と長身でスタイルが良く特に脚が綺麗なんですよ!
妻と付き合い始めて初めて関係した時でした。アルコールが好きな妻は食事の際に飲んだアルコールで酔ってしまいホテルに入り、そのまま関係してしまいました。セックスの真っ只中、妻の中で動き足フェチの私は興奮して妻の脚から爪先裏まで触っていました。私も妻も久し振りだったせいか凄く興奮していました。酔っていたのもあり妻の様子を伺う為、悪戯に態と両足指に鼻を当て深く動いてやったのです。
当然の事ながら妻は大興奮。
恐らく妻も足指舐めは私が初めてだったみたいで足を強く引き逃がしました。
綺麗な顔に似合わず爪先は蒸れ濃厚な匂いがしていました。私も妻も大興奮してしまい妻は悲鳴を上げ直ぐ逝ってしまい私も久し振りの濃厚な女臭に大爆発してしまいました。
そんな訳で以来、妻もフェチ的なセックスに興奮を覚えました。
政雄さんも女臭が大好きで私と同じ足フェチなんです。
同じ趣味を持つ同士でお互いの妻の黒ストッキングを交換した事もあります。
一度、妻が他人としている所を、どうしても見てみたいと思った事があります。
もし政雄さんだったら?

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ