【レイプ】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【告白体験談】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。
連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【怖い】【北海道新聞セクハラ怪死事件】北海道新聞社員、函館支社の嘱託看護師に「愛人になれ」と体触り暴行!→看護師、自宅の火災で死亡!→女性の両親が北海道新聞男性社員2人を告訴 【告白体験談】

<>1:マカダミア★:2015/05/07(木)19:16:46.73ID:???*.net<>
北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、
女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を
北海道警函館中央署に告訴した。

告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=
当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。

父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に
自宅の火災で死亡した。

北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、
今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。

;

告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【怖い】神社の小屋 【告白体験談】

これは私の少年期の体験です。
実話ですので、人名地名は一切省いて書かせていただきます。

小学校の時、よく神社で遊んでいた記憶がある。
神社は町の高台にあり、同じ敷地内に公民館や駐車場などの公共設備もあった。
私はよくそこを友人達と遊び場にしていた。
ある日、小学校からの帰り道に友人と二人で神社へいったところ、神社の建物の斜め向かい、つまり公民館の正面にプレハブで出来た家が建っていた。
いつの間に建築したのかわからなかったが、結構立派だった。
別に何の気にもならず、無視して友人と公民館の周りを駆け回っていると、突然友人が立ち止まり、プレハブの窓から誰かがこちらを見ている、と言った。
私には確認できなかったが、確かにガラス窓のカーテンの隙間が開いている。
それは私達が騒いでいたから、怒って睨み付けているのかな?と思い、その日はさっさと友人と帰った。それからしばらくは、神社には近寄らなかった。

私達は中学生になり、よく学校帰りに買い食いをするのが日課だった。
その日も友人と駄菓子屋で低料金のお菓子やラムネ等を買い、ドコで食おうか迷ってると、高台の神社を思い出し、そこへ行く事にした。
同行していた友人は私とともに神社で遊んだ事を思い出した。

告白体験談関連タグ



2014年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【不倫・浮気】人妻釣ったwしかも看護婦w 【告白体験談】

出会い系にて、人妻36歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。
無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。
旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。

相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、
半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。
写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。
初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。
もちろんそのことは隠していたけど。

初デートが終わった後、今日はありがとうメールを送ったついでに次会う時はエッチしたいって
言ったらあっさりOK
・・・・・・あれだけガードが固かったのに。

そしてエッチすると約束した当日

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泣ける】ある愛のかたち 「殺してやんなきゃ・・・」【告白体験談】

秋田美人デリヘル嬢の究極の愛情表現 「殺してやんなきゃ…」

2013.12.2812:00(1/4ページ)[衝撃事件の核心]

デリヘル経営者の吉田達夫さんが殺害された当時、柳田葵被告は「くぅ」の源氏名で別のデリヘルに勤務。雑誌やインターネットの広告で「当店が誇る秋田代表」「絶品ですよ絶品」などと宣伝されていた(一部画像を処理しています)
デリヘル経営者の吉田達夫さんが殺害された当時、柳田葵被告は「くぅ」の源氏名で別のデリヘルに勤務。雑誌やインターネットの広告で「当店が誇る秋田代表」「絶品ですよ絶品」などと宣伝されていた(一部画像を処理しています)

 秋田市でデリバリーヘルス(派遣型風俗店)経営者の男性が自宅アパートで絞殺される事件があった。逮捕されたのは別のデリヘルに勤める女。男性から「俺を殺してくれ」と頼まれ、応じたのだ。望みをかなえた行為は究極の愛情表現だったのか…。

 ■デリヘル経営者がデリヘル利用

 事件があったのは9月3日早朝。デリヘル経営者、吉田達夫さん=当時(32)=が秋田市川尻御休町の自宅アパートで絞殺された。別のデリヘルに勤める柳田葵被告(29)=同市川尻大川町=が殺人容疑で秋田中央署に逮捕され、秋田地検は吉田さんの依頼を受けて殺害したとして、嘱託殺人罪に切り替えて秋田地裁に起訴した。産経新聞の取材や、12月24日に開かれた初公判での検察側冒頭陳述によると、事件の経緯はこうだ。

 柳田被告は秋田県内の生まれで、高校を中退した後、20代初めから秋田市のデリヘルに勤務。「スレンダー専門店」「デブいません」をうたう店で「くぅ」の源氏名で人気嬢だった。

告白体験談関連タグ

||||

2014年6月17日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【怖い】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『アケミちゃん』【告白体験談】

祖父の遺品
3年前くらいなんだけど、半ボケの80歳を迎えた祖父が亡くなった時の話。
頑固な爺さんで、絶対に息子夫婦の世話にならないと言って、築70年くらいの家でずっと一人暮らしだった。

家を取り壊すからってんで、遺品とかの整理をしにボロ屋に行ったんだよ。
庭なんか荒れ放題。荷物を外に出す時に草が邪魔だってんで、適当に雑草とかを始末しようとしたんだ。
そしたら、石に足をぶつけて転んでしまった。

なんだよもぅ、とか思って、地面からひょっこり隆起してる石を見るとさ。
なんか、石なんだけど耳みたいのがついてるんだよ。よく見ると耳どころか顔までついてる。
掘り返してみたら、すげぇ古いお地蔵さんが出てきた。
それも一体じゃなくて、六体(もっと掘ったらまだあったかも)。

そんなに広くもない庭からごろごろ出てきたんだ。
うへぇと思って、家族全員で気味悪がってたんだが、

告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【泣ける】しんのすけのいない夏【告白体験談】

青年は使い古された座布団の上に正座している。
おろしたてのスーツに身を包み、お茶を出すというその家の母親の申し出を丁寧に断り、
夫婦が寝室として使っている部屋の一角に置かれた仏壇をじっと見つめていた。
ひざの上に置いた拳を軽く握り締めると、風間は口を開いた。

「しんのすけ、僕たちはこの春から大学生になるんだ。もう車の免許だって取れちゃうんだぜ」

彼の口調は幼稚園の時とほとんど変わっていない。
ただ少し、お高いプライドを振りかざすようなとげのある喋り方ではなくなった。ホンの少しだけだが。

「ボーちゃんは北海道の大学で農業を勉強するんだ。これからの時代は農業がくるんだって。
 ネネちゃんは服飾の専門学校。まさお君は一浪してなんとか国立大学に入るってさ」

仏壇に置いてある写真の中で彼は屈託のない笑顔をしている。
僕達はこれからもずっと一緒にいるんだろうなぁと信じて疑わなかった頃の写真だ、と見る度に風間は思う。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】天国まで連れ添った夫婦・5つの実話【告白体験談】

お互いを愛し合っている証として「死ぬ時は一緒」という文句がある。
どんなに愛し合っている夫婦であっても、人間が必ず死ぬ運命にある限り、いずれ別れの時が訪れるもの。
別れを迎えたあとの寂しさや、片時も離れたくないとの想いなどから、「死ぬときは一緒に」と願う夫婦もいるかもしれない。
実際には同時に人生を全うするのは、ほとんど奇跡と言ってもおかしくないだろう。
しかし、本当に深く愛し合っていたカップルなら、そんな驚きの出来事も起こせてしまうのかもしれない。

1.これぞ究極の愛…手をつないで死を迎えた90歳超え夫婦

米国のアイオワ州で、結婚72年になるイーガー夫妻が病院のベッドで手をつないだ状態で1時間のうちに亡くなった。

家族によれば、夫ゴードンは94歳、妻ノーマは90歳。
ノーマが高校を卒業した1939年5月26日、ふたりは永遠の愛を誓った。

告白体験談関連タグ

||

2014年5月16日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】夫のお小遣い、月3万円以下が全体の54%である事が判明【告白体験談】

<>1:名無しさん@涙目です。(青森県):2011/10/26(水)20:34:17.87ID:kaP2lAsA0<>
夫のお小遣い、3万円以下が全体の54%

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは10月26日、同社の既婚女性会員を対象に実施した「夫のお小遣い実態調査」の結果を公開した。同調査は、同社登録の20代?60代の既婚女性会員を対象に実施。

家計の管理について、妻が管理している割合は全体の82%で、夫のお小遣い制を取り入れているのは全体の76%だった。

夫のお小遣いをめぐる夫婦の交渉では、「月初めにまとめて渡すと途中でなくなるようで、月末に近づくにつれ私の財布から毎朝気づかれないように抜いていく」(40代夫)、「ウチの主人は浪費家なので、以前は月1万円のお小遣いでしたが5万円程カードを使用していました。カードを回収して、月3万円にしましたが、結局違うカードで2万円位使っています」(20代夫)、
「夫のお小遣いから、車のガソリン代など家計費からの支出費を立て替えた時はレシートがなければ返金しない」(50代以上夫)など、さまざまな意見がみられた。

夫のお小遣い金額については、3万円以下が全体の5割以上で、20代では81%、30代では73%、40代では53%、50代以上では32%と年代が上がるごとにお小遣い金額が増えていることが明らかとなった。

具体的なコメントでは、「最近、昇進したので、お小遣いを2万5千円から3万円にUPしてさしあげました」(30代夫)や、「結婚23年目ですが新婚当初から3万円を22年間続けていました。子供の教育費が終了したので去年4月から4万円にしています。

平均お小遣いより少なくても文句を言わない(時々春闘していましたが)主人でした。でも、ボーナス時には年2回16万円渡していました」(40代夫)など、夫の収入や家計バランスなどに応じてお小遣いも変化している人が多いようだ。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年4月19日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【泣ける】包茎はイヤだ、馬鹿にされたくない!【告白体験談】

二十一歳の時、包茎手術をしました。
性の知識もあまりなく、友達との会話の中で「包茎だぜえよな」とかいうことを
妄信して、バイトの金を30万円ほど貯めて、包茎の手術をしている美容整形外科に向かいました。
中に入ると受付は女性でした。
受付の女の人と目が合うと、受付から「こちらで受付をお願いします。」と声をかけられました。
受付に歩み寄りましたが、「包茎で診察を受けに来ました。」とは言えずもじもじしていると、受付の女性から「それでは、こちらのカルテにご記入お願いします。」とカルテを渡され、今日の来院の目的の欄に「包茎の相談」と書いて、カルテを受付に渡し、長いすに腰掛けて しばらく待ちました。

しばらくすると「○○さん、こちらに来てください。」と近くの個室から看護婦さんらしき人から声がかかりました。
看護婦さんの方へ、僕は小走りに向かい、通されたのは机とベットがある10畳ほどの個室でした。
看護婦さんは僕に軽く笑顔を向け、「今日は包茎のご相談とのことですね。」とはっきり通る声で言いました。
僕は即座に振り返り廊下の近くでだれか聞いていやしないか心配になりました。
そして、僕がもじもじしながら「ええ、包茎で・・・・。」と言うと察したように看護婦さんは「この部屋の声は外に聞こえないので安心してくださいね。」と言い、続けて
「それでは、ズボンとパンツを脱いでそこのベットに仰向けて寝てください。」と言いました。
僕は躊躇しました。こんな明るい部屋でしかも女性の前で包茎を晒すのは羞恥に耐えがたい気持ちであり、よく見ると看護婦さんは年も自分とそんな変わらない感じも その気持ちに拍車をかけました。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年4月14日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ