【人妻】ノーパンにレギンス姿で酒屋さんへ・・・【告白体験談】

妻の着衣の股間を他人に見せて楽しんでいる30代後半の夫婦です。
以前は他の場所に書き込みをしていましたが、私達夫婦には、ここがピッタ
リなようなので、
こちらで、告白させていただきます。
以前、妻にノーパンでレギンスを履かせ、上はTシャツ姿で
酒屋の50代くらいの店主に妻の膨らんだ恥骨と食い込みを見せました。
次は他の場所で見せてみようと思いましたが、酒屋の店主も結構喜んで見て
いたようなので、
今回もビールを買うついでにもう一度同じ酒屋に行くことにしました。
前回よりもう少し喜んで見てもらえるように、今回は、ノーパンに、白のレ
ギンス姿。
薄暗いと分かりませんが、明るい所では、膨らんだ恥骨の部分に薄っすらで
すが陰毛が透けて見えます。
丈がお尻が半分隠れる程度の服を着ているので、レギンスのお尻下半分と股
間は見えている状態です。

告白体験談関連タグ

||||||

2013年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の下着を狩る熟女②【告白体験談】

そしてまた10日ほど経って、私はこの日も仕事が早く終わったのでが家へ帰り音を発てない様に玄関を開けた。
すると、またしてもリビングの方から同じアパートに住むデブスの熟女の声が聞こえた。
この間と同じ様にして覗いて見ると、妻は既におばさんに服を脱がされていてパンティ1枚の姿で立たされていました。
妻は前回同様、同じ女に変態行為を受けた事により恥ずかしさのあまり顔を紅潮させている。
おばさんはリビングのソファーに座り、妻はその目の前に立たされた状態で話をしていました。
この日の妻は前回おばさんに剥ぎ取られたパンティと色違いの、セクシーな黒いパンティを着けていました。
おばさんは妻に「今日は全部脱いだ後は、一緒におばさんの家に行って気持ちいい事しようね!!」
なんとおばさんは妻の身に着けている物を奪うだけでは飽き足らず、妻を自分の住む部屋に連れ込もうとしているのだ。
妻はしばらく絶句して「そ…そんな…そんな事なら私、脱ぎません」と拒絶した。
それを聞いたおばさんは「うふふ、もう今更遅いよ!!あなたの身に着けている物を奪うだけじゃ物足りなくなったの。」
「今日はおばさんの部屋であなたを抱いてあげるから覚悟しなさいね」と妻に告げたのです。
次の瞬間「いやぁ~」と叫び恐怖に駆られた妻は、その場から逃げ出そうとおばさんに背を向け走り出したのだが…
逃げ出す妻の背後から、おばさんの手が伸びてきて妻は腕を掴まれてしまい、あっさりと捕まってしまった。
妻は捕まえられたと同時に、素早い手付きでおばさんにパンティの横紐部分に手を掛けられ……「あっ…」と小声を出した。
そしておばさんは、後ろ向きで無防備な体勢になった妻のパンティに手を掛けると…

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年12月28日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の下着を狩る熟女【告白体験談】

最近、結婚して2年になる私の妻(26歳)は同じアパートに住むおばさん(50歳過ぎ)に
日中、私が仕事で外出している時間帯を見計らい、我が家に押しかけては妻に強制的なレズ行為や変態行為をしている。
私の妻は結婚する前、某化粧品メーカーで化粧品などを販売する仕事をしていて
性格は少し勝気ですが顔は色白でスタイルも抜群、そしてかなりのの美人なので今でも私の自慢の妻です。
そんな妻が最近同じアパートに住む50歳過ぎのおばさんに、強制的なレズ行為、変態行為を受けていたのです。
この驚きの事実が分かったのは、ある日私は仕事が速く終わりお昼過ぎに妻に電話はせずに家に帰宅した時でした。
我が家の玄関の鍵を空け、ドアを開けると見知らぬ女物のサンダルが。
私は誰か妻の知り合いでも来ているのかなと思いました。
私は来客に挨拶しようとリビングに向かおうとした時、ドアの向こうのリビングから妙な言葉が聞こえました。
それは妻の声ではなく、明らかなおばさんっぽい様な声で「…いいから脱ぎなさい!!」と確かに聞こえたのです。
そしてすぐに妻の声がしました「い、いやです。許してください。」と怯えた感じの声なのです。
私は何か変な会話だなと思い、とりあえずリビングに入らずガラス付のドアから中の様子を見る事に。
すると、そこには同じアパートに住む正確な歳は不明ですが明らかに50歳は過ぎているおばさんと妻が見えました。
そのおばさんは、目つきの悪いの背の低いずんぐりと太った、いつもふてぶてしい態度のおばさんなのですが
どういう訳か我が家にいるのです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月28日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】処女を奪った上司【告白体験談】

妻子ある身、それも上司の立場で…しかも彼女は未婚で処女…、
深入りしてはとならぬと厳しく自己牽制…
しかし、ミニスカートに包まれたお尻のラインやすらりとした脚、その後ろ姿が男を惹きつける
深入りしてはダメだと言い聞かせながらも二人だけになる機会に進んでいく
ほろ酔いのあの日、ブラウスの上から胸の膨らみに触れ…
それから幾日か過ぎてのドライブ…、助手席の彼女の肩に手をかけ思い切って引き寄せついに唇を…
数週間経って今度はスカートに…手は豊満な太腿に触れる…
またも幾日か経って、ついにパンティの上から触れて擦り…
徐々に処女だった彼女を女の道に誘い込んでいく
何ヶ月も過ぎた晩春の夕暮れ、ついにさりげなくラブホに誘い
服を着たままの抱き合い…それは着衣のままでの濃厚な行為…
次のブホテルは…、脱がそうとしたが激しい抵抗に遭い諦める…
それから数ヶ月した日、そこは静かな川辺のカーホテル…、
彼女も観念したのかついに脱がすのに抵抗しなかった…
初めて男の前に曝した全裸の下半身…

告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】悪魔のような少年5【告白体験談】

何故、 こんな投稿をするのか。不思議に思っている人もいるでしょう。
これは、私の意志ではなく、大雅君に書かせられているのです。彼からは
様々な要求がされていますが、この投稿もそのひとつです。「少年との体
験」というサイトさえ、以前の私は知りませんでした。大雅君の部屋で彼
のパソコンで今、記載しています。私が今着衣しているのは、彼に言われ
てエプロンだけです。彼は私の後ろで、首筋を舐めたり、顔を彼の方へ向
けさせキスをしたり、旨を鷲掴みしたりいたずらをしています。今日も犯
されるでしょう。
 この土日、彼の両親は遠方へ旅行に行っており、来るように指示された
のです。この2日間の出来事は後日また記載します。
 今私は彼から「艶美」と呼ばれています。彼から命名されたのです。私
は、ほぼ彼の奴隷状態にあります。動画とか写真の性もあるのですが、恥辱
的なことをされるのが好きな私の気持ちに原因があります。主人と子供たち
には、不在について色々言い訳をしていますが、いつかばれるのが、とても
心配です。最近、6年生の娘からお母さんきれいになったと言われ、どきどき

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月25日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】姉の双子の子供が【告白体験談】

私も妻も同じ歳で30歳になり、子供はまだいません。
妻は背は小さいのですが、伊藤由奈に似た感じで可愛い顔立ちをしていて、スタイルも申し分ありません。
先日の日曜日の朝、妻の姉夫婦が所用の為に小学4年生になる双子の男の子達を預かる事になりました。
ちょくちょく遊びに来ては、家の中でケンカをしたりやたらと暴れ回る子供達なので、
こりゃ大変だなぁっと思いながらも、いつも仕方なく預かって一緒に遊んであげています。
いつもは夕方頃に姉夫婦が迎えに来てくるのですが、この日は迎えに来るのが夜の10時位になってしまうと電話が入り
子供達に夕食を食べさせ、お風呂も入らせて、ようやく妻と2人で晩酌の時間に。
ほろ酔いで気持ちよくなった頃、子供達がバタバタとお風呂から出てきて、私の所にやってくると
『ねえ プロレスごっこして遊んでよ』とねだってきたんですが、私はお酒も入ってるし面倒臭いから少しだけ相手をしてあげては、すぐに休憩しながらお酒を飲んでいました。
妻は『ほらっもっと蹴っちゃえ』などと言いながら悠々とお酒を飲んでいました。
しばらく相手をしていましたが、眠気でかったるくなってきて、『俺もお風呂に入らなくちゃ』と理由を付けて
そそくさとお風呂場に非難して、のんびりお風呂に入る事に。
わざと時間を掛け湯船に浸かっていると、子供達の暴れている声がまだ聞こえました。
まだ遊び終えないのか~って思っていると、何やら妻の声も聞こえてきました。
とうとう妻に叱られたかなと思いましたが、叱っているのとは少し違う様子。

告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】芋蔓【告白体験談】

28歳の社会人、彼女有りです。
かなり美味しい思いをしちゃいましたので投稿します。
彼女とのデート(H無し)からの帰りに、久々にDVDでも買おうかとアダルトショップに。いろいろ物色した結果、軽い気持ちで『地元で会える』とか謳っている2ショットカードを購入。
早速、帰りの車内からコールしてみたらすぐに繋がった。
なんか、喘ぎ声だけが聞こえ、話しかけても返答せず。テレHも面白いかと思ったけど、話せないなら意味無しとスルー。ポイントがもったいないなと思いながら待ってたら、すぐに次のコールが。
俺『もしもし?』
?「…もしもし」
OK、今度はちゃんと話せる。
まみ22歳でキャバ嬢。最初は割り希望と言ってたが、話してみたら、仕事から帰ると家の鍵を忘れて来たのか家に入れない。もう電車も無い。どうしようかと思い、暇だし電話したとの事。ちなみに場所は俺のウチから第2最寄の駅付近だとさ。ほんとに地元だ…。
もうポイントが無いことをまみに話し、とりあえず会ってみる事に。番号を交換して電話を掛けながら待ち合わせ場所に向かった。
ホットコーヒーとミルクティーを買って、待ち合わせのバス停に着くとベンチにポツンと一人座っている。良かった、見た感じチョイぽちゃ位かも知れないが普通だ。よく考えれば体型とかも何も聞いてなかった。
俺『こんばんわ~、まみちゃん?』
ま「こんばんわぁ、ホントに来た^^」
俺『寒いやろ?はよ乗って。』
ま「うん」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年12月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】続 農家の嫁として エピソードⅢ(リストラ編)【告白体験談】

 真夏の暑い日、相変わらず元気な嫁 デカパイを縦横無尽にブルブル揺らし農作業に励んでいる。
昼の休憩時は、作業用のシャツを脱ぎ捨てデカパイを丸出しにして昼食を食べている。この光景が
日常となり、叔父や良夫さん 誰も目をくれなくなった。昼食後は、子供と遊ぶ嫁、デカパイを
利用しおっぱいロケット(デカパイを両手で持ち上げ走って子供を追いかける)やおっぱいビンタ
(ソフトに子供の頬を打つ)できゃっきゃいいながら遊んでいる。近所の人達が手伝いに来ても
同じありさまで、完全にこの地域に溶け込んでしまっていた。しかし子供を産んで何年経っても
垂れずに重力に逆らうように聳え立つデカパイと多人数の経験からか尻もデカパイに負けず劣らず
デカくなりデカ尻化していてデカい胸と尻の割りには、ウエストは、締まっていて文字どおり
エロボディーの言葉が当てはまる体になっていった。俺も殆ど毎晩 この体を弄び快楽に酔っていて
そろそろ二人目もと考えていた。昨今の不景気でリストラされた40代後半の人達が、単身でこの村に
2名ほど住み込みで働きに来ていて俺の同級生 トモの家(酪農)に1人 ヤマの家(フルーツ系)
に1人と働いていて来週からは、俺の家にも53歳の人がくる事になっていた。嫁も堂々と寛げる日が
来なくなる事にいささか不満げだったが、否応なしにその日は、やってきた。
うちに来たのは、某大手工場で働いていたヒデジさん(仮名)で、北海道から出稼ぎに来ていて
子供さんは、20歳と19歳の短大生と専門学生だそうだ。年に数度は、実家に帰るそうだが、最近は、

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜②)」【告白体験談】

(①より承前)これも想像すると ヤタラに昂奮してしまうようなイメージである。ヤルことは恭しく丁寧に 敬語を使って教えるのだろうが、結局はマラの勃つ意味を教え マスタベーションまで教えるかどうかは別としても、女官は自ら裸になり マラをオメコの嵌める嵌め方から、 嵌めた後の抽送の仕方‥要するに ピストン運動の仕方まで教えるのである。
‥と云うことは 「そこは‥モット 速くお腰をお遣い遊ばして‥、さようでございます‥ ソコソコ‥そこが女が最も悦んで、泣くようなお声を上げ 叫びたくなる処でございます。」とでも‥云うのだろうか?‥。
哀れにも‥思いが残るのは 結婚前の‥この最後の入浴に際して、その男の「みそぎ」つまり筆おろしをした女官に 独身最後の入浴の相手をさせることである。
女官は男の身体を洗いながら 自分が初めて女を教え‥男にしてやった‥、生涯で最初の精通を 自分の身体の中に垂れ流させた‥「男」の身体に別れを告げるのである。
名残り‥再び一緒に風呂に這入ることも無い‥ 名残である。そのとき女官は 手塩に掛けた息子を結婚させる、母親にも似た 心境になるのでは無かろうか?‥。
初夜が目前に迫った情況では そこで媾合も出来無いだろうが、マラを勃てた男と オメコをシトド濡らした女官が、その場で 抱き合うくらいのことはあっても良い気がする。
形式に囚われてはいても 心のあるのが人間なのだから‥。
『「入浴潔斎の儀」を終えると 「初夜装束」と呼ばれる白い着物に着替える。その「初夜装束」の下には 一切下着を着け無いのが極まりである。
そこでいよいよ男女は 初夜の床入りになり、寝具の上に 並んで座ると、そこで「三箇夜餅の儀」とも呼ばれる 平安の時代から続く伝統的な儀式がある。
まず女(花嫁)の歳の数だけの 白餅を用意し、四枚の 銀盤に乗せる。これを既に 子宝に恵まれた老夫婦(大体は 子供のいる侍従上がりの人間)が、初夜の寝床に運んで 二人に供える。新婚夫婦は この餅を一つずつ食べた後、抱き合って 男女の媾合の行為に及ぶ。元々はこれを3日間‥繰り返したが 近代は初夜のみとされる。要するに 初めてのセックスで 子宝に恵まれるように霊力を与える(縁起を担ぐ)儀式である。』
まぁ‥ここいらは「縁起担ぎ」で 毒にも薬にもなら無い話である。ただ‥ジャーナリズムが報道出来るのはこの辺までで 後は公には秘事とされるのだろう。
『ここで更に特筆すべきは 以上の儀式‥一連の媾合行為の遂行に際しては、介添人(民間での仲人夫婦に当たる立場の人で 媾合行為の一部始終を見届ける役目の人)として一組の男女‥ それぞれの身分を保証された夫と妻が、部屋の一隅に控えて立ち会い 媾合行為の総てを見届ける‥と云う途方も無い形式が存在することである。
この介添人には更に 儀式が無事に最後まで終了した(性行為‥ 肉体的にマラをオメコに嵌め 射精を終えて果てた)ことを確認すると、続いてそのことを傍で待つ親族に 立ち処に知らせる、「露見」と云う お披露目を行なう役目があるのである。』
さぁ‥こうなるともう いっそ無知な、指図通りに動く お人形同然の人格の方が、心理的には 仕合せかも知れない。自我などは 邪魔以上の障害要因にしかなら無いのだ。
悲惨なのは 初めての(血の証拠を 要求されるような)媾合の初夜に、無事な媾合・射精の完遂を前提にして 親族が待ち兼ねる情況で、媾合を行う 二人の心境である。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜①)」【告白体験談】

何かで見たが 「初夜は 合意の強姦だ」と云う言葉がある。確かに初夜には 肉体的のみならず、精神的にも当事者‥特に 花嫁の心の問題を無視して、コトが 運ばれる傾向が強い。それは時に 花婿の恣意でも無く、時の権力者とか 村やその一族の権力の維持のために行なわれる。あるいは権威の事大主義で 形式を維持・厳守したり、権威の統制力を高めたり、性的妄想を 閉鎖社会の享楽に供することもある。
それは多く 性と言う非公開の個人的な秘事に、その手続きがあることで 第三者が公然と介入する根拠にされる。つまり‥極まりだから 悪いけど‥堂々と形式を執り行わせてもらうよ‥と云う訳である。考えれば このブログで私が書いた記事の中にも「新規参入者の 一族との和合」「特殊な血統の 濃縮維持」「媾合可能年齢(初潮・精通)の 通過儀礼」「血族の俸禄継承のための 嫁姦」「夜這い対策の 女通し」等があった。
その場では 花嫁や女通しを受ける娘の側には、全くと云って良いほど 発言する余地は無い。それも‥ 肉体的に侵されるだけで無く、その行為を一般に公知することが 付帯で無く‥本来の目的のように段取られている。花嫁はその初めてその局面に遭遇し、未知だった意外な情況を 肉体的な苦痛と精神的な衝撃を克服して、とにかく消化し‥止まらずに、恥ずかしくてもそれを凌ぎ切って 先へ進まなければなら無いのである。
            
前に書いた「女通し」の場合でも 無垢で清純な生娘は、親戚の叔母が 待ち女郎になって介添してくれるとは云え、始めて会った年配の男の前で いきなり丸裸にされ、男と叔母との媾合の仕方を見せられる。そして男に抑え込まれ叔母に拘束されて 脚を割られ180度に拡げられ、これも始めて目にする巨大なマラを オメコに割り挿れられる。そしてオメコに熱い子種を浴びせ掛けられ 男と女のスル‥一通りを教え込まれるのだ。
更に娘は その余韻も覚めぬ内に、広間で酒盛りをして待つ 親戚の連中に、髪を梳き流しの(今‥ヤラれて来ましたと 言わんばかりの)姿で、股の間のマラの異物感を感じたまま、ガニ股で這い出して 報告とお礼の挨拶をさせられる。場合によってはその場に 破瓜の鮮血に染まった敷布が披露されるのである。その姿を見て 宴会は大いに盛り上がり、一同はその嗜虐的な刺激を基に 家に戻って銘々に媾合に励むのだろう。
この場合でも肉体的な破瓜と 精神的な被虐的な露出の強姦性を比べるなら、明らかに 精神的なトラウマの方が遙に大きいことが想定される。このことの連想から 私は、(恐らく そう云う形式が色濃く残っているであろう)皇室などの事情は どうなっているのか?が気になり、ネットで 調べてみた。もちろんネットで‥ 全くの真実が得られるとも思わなかったが、取り敢えず手掛かりくらいは 得られるのでは無いかと考えたのだ。
その結果‥判ったことは 果たして次のような 大変な形式に満ちた手続だった。もちろんこれは 真実であるか否かは保証の限りでは無いが、如何にもそれは 〝在りそうなこと〟である。そしてその行事の 精神的な拷問性は、生まれてからズッとそんな感覚に馴れている皇室育ちの人間よりも、新たに民間から皇室に這入った人間への 衝撃が大きく、その心中は察するに余りがあり 私などは想像しただけで昂奮してしまった。
資料は 「皇族ってセックスの知識どこで入手するの?」2006-02-08T⑩:28:05+09:00 《VIPOIR:vip板観測所(a view point of VIew Point より)》である。興味のある方には 是非とも原文のご一覧をお奨めする。以下の説明は 私が多少ともアレンジしたり、一部‥表現を 変えている処があるからである。皇族の結婚式は もちろん昼間の、宮中三殿での行事には 何の不思議も問題も無く、違和感は その後の行事である。
『皇族の初夜の儀式は 「入浴潔斎の儀」から始まる。昼間の儀式は 宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」など、正式な束帯と十二単の衣装を纏うのが 大変だが、間違え無いように 試行も行なうだろうし、間違えたら付き添いが直してくれるから 問題は無い。』
まぁ‥ここまでは 肉体的な疲労ぐらいで、馴れてい無いと 地髪を鬢付け油で固めるのが‥固めるのも落とすのも 大変だと云うくらいいの事である。
『それらの一連の結婚の儀を 滞り無く終えると、いよいよ初夜を迎えるための 準備の行事になるが その最初が「入浴潔斎の儀」である。簡単に云えば 風呂に這入って身を清めるのだが、その入浴たるや 昼の疲れを洗い流す‥ようなものでは無い。
それはその日 結婚の式を終えたばかりの男女が、その意志に関わらず 執り行われる、神聖な初夜を迎えるための 儀式を超えた‥実質的には検証の入浴なのだ。
女‥花嫁は 巫女と呼ばれる女官(正式には 神社の処女の娘とされるが、実際に行われるのは 大概‥皇族に仕える中高年の女性だと云う。(そりゃぁそうだろう‥ 未通の処女では、これから入浴を兼ねて行う‥ 女が処女か?媾合に耐え得るか?の検査など‥出来はし無いのだから‥)
巫女は 女(花嫁)と一緒に入浴する。浴室に入ると女は (少し‥股が透き弛むくらいの 足の間隔で)仁王立ちに立たされ、それからはそのままの形で、一切‥自分では 自分の身体に手を触れてはなら無いのだと云う。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ