【人妻】愛妻の昔【告白体験談】

このお盆にどうしても仕事を休めない私を残し妻と子供は実家に里帰り。
仕事から帰宅し風呂上りにいつも隠れて見ているこのサイトを誰もいないその日はゆっくり見ることが出来た。
結婚当時、妻はすでに処女ではなく数人と経験していることも聞かされていた。
投稿者の中に「妻の昔のアルバムを発見した」という記事を見て私も寝室の押入れにしまってある妻のアルバムケースを思い出した。
「まさか!」と思いながらも一冊一冊見ていくことに。
昔の彼とのデート中に撮った写真などは以前から見せてもらったことがあった。「最初は処分しろよ〜」とか言っていたが今は自分の妻になってるし「まぁ〜いいか〜」とその話題には触れないでた。
数冊見終えた頃、よくあるB4サイズのアルバムケースの中が一本のビデオテープとミニアルバムになっているのに気づく。
「え〜」と言う胸騒ぎとともにすごい興奮がこみ上げてきてミニアルバムを開く手が震える。
震える手をアルバムに持っていき最初のページを開けると当時物だと思われるポラロイド写真に映る裸の男女。
楽しそうな笑顔もあれば挿入されて感じてるのか目を瞑り半開きの口のもある。
 女の顔は間違えなく妻。男の顔は見たこともない人。お互い全裸で撮影しあったのだろう。
ほとんどが妻の卑猥な写真の数々! 大きくはない乳房に「ツン」と起ったピンク色の乳首。四つんばいでオシリの穴までさらけ出しているもの。自ら大股を広げ左右のビラビラまで指で開いたも、硬く硬直したクリトリスや尿道までわかるアソコのアップまであった。
心なしか今より綺麗に見えるのは出産前だからだろうか!?
2冊目のアルバムにはついに男との結合シーンやフェラシーンが・・・
若い男の反り返ったものが妻のビラビラを押し広げ根元まで挿入されている。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マンションの隣にチンピラ風の人が 続き【告白体験談】

私は自分で恥ずかしいぐらいアソコを広げて、小さい娘がオシッコさせられるような格好で、ソファーに座って足も広げていました。
男は膝を床について、私のアソコに固くなった大きなアレの先を当てました。
もちろんコンドームなんてしていません。
私は小さい声で「あのっ、コンドーっ」と言いかけると、男は先を「ブチュッ」と入れてきました。
私は「あうっ」と声がでてしまい、ゆがんだ顔で、もう一度男に「お願いですコンドームを」と言いました。
でも男は私の目をジッと見つめたまま、ゆっくりアレを押し込んできました。

私は必死で「お願い、あんっ、ああああ、ハァハァ、ゴムっ、お願いします、ああああ」と言いましたけど、男は無視して、半分ぐらい入れてしまいました。
もう気持ち良過ぎてどうでもよくなってしまいました。
半分しか入ってないのに、主人や元カレの何倍も存在感があって、何倍も気持ちイイです・・・
もっと奥まで欲しくなって、彼の顔を見つめました。

すると男は「スポンッ」とアレを抜いてしまいました!
私はびっくりして「あんっ、え?」と言ってしまいました。
すると彼は「ゴムないからやめるか?」と言いました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マンションの隣にチンピラ風の人が【告白体験談】

結婚して2年目の主婦です。
夫は公務員で、とても真面目な人です。
私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。
ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。
でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・

若い頃は人より少なかったと思います。
経験人数も3人だけで、オナニー以外ではイッた事はありませんでした・・・
それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオナニーをするのですが、中々おさまりません。

そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。
付合ってる時からもエッチは少ない人でした。
でも当時は私もエッチは好きではなかったので、良かったと思っていました。
ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を視姦していた木村と妻を…①【告白体験談】

これは私達夫婦がペンション型ホテルで体験した話しです。
結婚して3年、まだ子供はいません。私33歳173cm中肉中背、普通のサラリーマン。
妻、27歳167cm、学生時代に雑誌モデルを目指していた時からのエステやセルフケアの賜物か、結婚した時よりも肌質も良くなりSEXも積極的になりました。
現在はOL、昔よりいい肉付きになってきましたがむっちりした胸は張りのあるお椀型のDカップ、顔や雰囲気は雑誌モデルの上原歩に似ていますが少しボケてる所がありその事で私が苦労する事も度々あります。
とりあえず上原歩似なので名前はあゆむとしておきます。
その日二人で久々の外出をした帰りにラブホテルに入る事になり、外観もモダンで改装して間もない感じの綺麗でいい雰囲気のペンション型ホテルに入る事にしました。
ですが金額や設備が書いてある場所が見当たらなかったのでフロントに行くと、窓口ではなく横のドアから元気のいい中年小太りの方が出てきたんです。
おいおい出てきちゃったよ…
と思いましたがそこはつっこず。
その方ははっきりいうとややメタボといいますか……身長は170後半ぐらいででもよく見るとお腹以外はがっしりして何かスポーツをやっている様な体格でした。
少し話して彼オススメの露天風呂付きの部屋というのを紹介してくれていましたがその間、他の部屋のパネルを見ているあゆむをチラチラと何度も見ているんです。
たまにじっくりと脚から顔まで見ていましたが、その間も流暢に話していました。
彼に違和感がありましたが、その部屋は他の部屋よりかは設備が良さそうだったので彼オススメの部屋に決め、さっそく入室。
ソファで一服しながら話していると、あゆむから「さっきの人にチラチラ見られてたんだけど?」
「確かにあゆむを見てたね??」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】私の性癖【告白体験談】

私は男性38歳既婚者です。
私の性癖…趣味…それは妻を始め、今までお付き合いした多くの女性、
体だけの関係を持った女性達、人妻達、ほぼ全ての女性が身に付けていた
パンティを頂きコレクションにしている事です。通常の男性ならば女性の体が目当てで口説いたりすると思うのですが
私の場合は女性の体(SEX )が目的で口説いたりお付き合いするのでは無く
その女性が身に付けているパンティをモノにする目的で近づきます。
私はいつもSEX をする前に、まずその女性がどんなパンティを穿いているのかを必ずチェックします。何故チェックするのかと言えば、私好みの下着
(紐パン.極小パンティ.極小Tバック.サイド部分が1㎝以下の細いパンティ.)
を穿いているかどうかを確認したいが為にチェックしているのですが
女性が自ら衣服を脱ぎ自動的に下着姿を確認ができる場合と
衣服を着たまま抱き合ってキスをしたりという状態の時に
お尻を何気なく撫でてパンティの形を確認したりしています。確認の結果その女性がどんなに美人であろうと、おばさんパンツ
少しでも大きいパンツを穿いていた場合はモノにはしません。
只淡々とSEXをして終了…即サヨナラします。しかしその女性が私好みのパンティを身に付けていた場合には
前戯で女性と絡み合っている最中でも、私の頭の中では

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】娘の借金で、知った、真実【告白体験談】

ある日、郵便受けの手紙を見て、驚愕した。内容は、借金の督促状だった。
娘、晴美30歳は、今だに、独立できない、長男とそんな、息子を溺愛している。母親共々そりが合わず。
私の庇護の元、
高校卒業と共に、家を出た。私には、近況を知らせていたが。今だに、子供たちは、30を過ぎても結婚すら、出来ずにいる。困ったもんだ。
晴美も、仕送りと称して、度々小遣いをせびるしまつだ。
しかし、2百万も借金してるとは、ドッと気落ちしたが。このままには、出来ず。
晴美の部屋を訪ねる事にした。
娘は、私の突然の訪問に、ドギマギしているが、部屋に迎えてくれた。
晴美、、、何だ、このボロアパートは。家賃が安いからさ(苦笑)。
家賃は毎月分、仕送りしてるだろ。
晴美は、何とも言えない顔で、沈黙していた。
私は、娘に、督促状を手渡した。
娘は、ごめんなさいを連呼し、泣き崩れた。私は、借金の理由を問いただした。
去年、務め先で、会社に、多額の損害を与えてしまい。退社(クビに近い形らしい)、三十路の娘は、なかなか再就職が、出来ずに、悪徳金融ではないが、ヤミ金に手をだし。
ヤミ金業者から、風俗務めを進められ。決心したところに、実家に督促状って事だ。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】親も親なら【告白体験談】

『蛙の子は蛙』という諺があるけど、最近それを身をもって実感することになった
13歳になる息子がいるのだが、妻が息子の部屋を掃除してて机の奥から1足の黒いパンストを発見したのだ
俺に見せてくれたのだが、黒いパンストには息子の精液を思われるものが付着して乾いてた
まさか中学生の息子が他人の家から泥棒したとは考えにくいし考えたくもない、おそらく妻が穿いたものだろう
妻は問い詰めて叱ると言ったが、俺も昔から黒いパンストが好きで姉の黒いパンストでオナニーしたことがある
気持ちがわからないでもないから息子を弁護した、「しばらく気付かないふりして様子を見よう」となった
考えてみれば息子は妻の穿いた黒いパンストに欲情してパンストのままセックスした時にできた子供である
息子ができたのは結婚してすぐだった、その頃はしばらく2人だけの夫婦生活を楽しもうと考えてたので避妊してた、
ところがある日妻の実家で法事があり、俺たち夫婦は出席することになった、法事なんだから当然妻は黒いパンストを穿いていた
法事は午前中で終わったのだが、お昼に妻の実家の家族や坊さんや親戚と近くの料亭で会食した
それが終わり帰ろうとしたら義父が「○○君飲み足りんだろう、家で飲みなおさんか」と言ってきた
結局夕方まで飲んで夕食もごちそうになりかなり酔った状態でタクシーで家に帰った
実はすでに朝から妻の黒いパンストに欲情されてた、いつも穿いているベージュのパンストとは違うエロさがあった
家に入って2人きりになると我慢できなくなった、酔いも手伝って服を脱ごうとしてる妻をそのまま押し倒した
「スーツが皺になる」というのを無視して妻をむさぼった、最初は抵抗してたがしばらくして観念したらしく

告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年3月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】離婚調停中 義兄に捕まり 2【告白体験談】

気を揉み落ち込む日々の中生理がきた。
ホッとした途端情けなくて涙が流れいろいろ考えピルを飲むことにした。
もう堕胎はしたくないから。
就職した会社の男性先輩と付き合い「結婚を前提」と言われ体の交際に進展した。
避妊には注意したが妊娠。
彼は実家の不幸で突然退社し別れの言葉を残しひとり田舎へ帰ってしまった。
弄ばれただけだったと知り初めての堕胎をした。
友人の紹介で主人と出会いお付き合いを始めた。
主人の優しさにほだされ「結婚を前提」で深い関係になると主人に高校時代の友人を紹介された。彼は少し心配顔で私に主人の生い立ち、家族、性格について教えてくれた。
この友人に誘われるまま体を開き関係を持ってしまいセックスの快楽を教えてもらった。
彼もいつも生中だし、危険日は外だしでゴムはしてくれなかった。
そして2度目の妊娠。結婚前の主人には言えず彼は「責任を取る」と言ってくれたが堕胎し、主人と結婚した。
結婚前の2度の堕胎を主人は知らない。
主人の子供を2人授かり平穏な日々を過ごしていた。
主人の無関心から子供の運動クラブの父親とW不倫になった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】年上の嫁2【告白体験談】

前編:年上の嫁1

目が覚めたら夜中の1時過ぎだった。
シャツとトランクスだけになってベッドで寝てた。
現実味がなく、夢だったんじゃないかとも思ったがヒビが入った
寝室の扉が夢じゃないことを教えてくれた。

・・・とりあえず、どうしたものか。

焦燥感のようなものはまだ心の中を渦巻いていたが、さっきまでの
怒りやイライラは現金なもので、ある程度、収まってしまっていた。

「・・・っ」
口の端からたらたらとよだれを垂れ流しながらモノをほお張るC子の痴態を

告白体験談関連タグ

||||||

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻の浮気は辛いものですね【告白体験談】

私は44歳・妻は38歳の夫婦です。そして小1の娘が1人おります。
子供が小学校に入学を切っ掛けに妻はパートに出ました。
妻はパートに出てから間も無く、職場の上司に喰われてしまいました。

条件も良く、かなりの競争率だったようで、最初は採用は無理だと思い、面接に行きました。すると、数日後に採用の連絡が入り妻の就職が決まりました。
結局、上司は私的な考えで妻をに気に入っていた様です。
初出勤の日から、妻は特別待遇だったそうです、秘書的な部署へ配置替えされての採用でした。
更に、正社員の話しもされました。
妻はその上司を信じて慕ってしまうのです。
間も無く、妻は出張に出掛ける事になりましたが、勿論、上司の同行でした。
当初は日帰りのはずで、22時には帰る予定でしたが、仕事が縺れて帰れないとの連絡が入りました。
私は疑う事も無く妻を気遣った。
後から知りましたが、その時が初めての日となったのです。

探らなければ浮気を知る事は無く、疑いだけで済んだはずでした。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ