【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 完結 【告白体験談】

前回↓

最初から読みたい方は↓

天野と近藤、2人の男の手によってあっという間に絶頂に達してしまった菜穂は、身体を大きく仰け反らせた後、足腰をガクガクと震わせてカーペットの上に崩れ落ちるようにして座り込んだ。

「ハァ……ハァ……」

菜穂は自分でもあまりに早くイッてしまった事に驚いていた。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 6 【告白体験談】

前回↓

最初から読みたい方は↓

「天野部長の秘書?」

「……うん、近藤さんに頼まれちゃって……」

夜、天野部長の秘書になる事を頼まれたと菜穂が伝えると、夫の智明は当然驚いていた。

告白体験談関連タグ

|||||||

2015年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【告白体験談】

前回↓

早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。

そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。

「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」

食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(3) 【告白体験談】

「はあ・・・」
自然とため息が漏れる。

今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。
ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。

おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、
夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。

村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。
明らかに冗談だと分かってはいたが、それでも彼の下品な台詞は、いつまでも頭から離れなかった。

「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」

私はビジネスのことは良く分からない。

告白体験談関連タグ

|||

2014年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(2) 【告白体験談】

「はあ・・・」
自然とため息が漏れる。

今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。
ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。

おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、
夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。

村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。

彼の下品な台詞が、いつまでも頭から離れなかった。

「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」

告白体験談関連タグ

|||

2014年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【泣ける】「あなたのせいではない」小保方氏らへ遺書 【告白体験談】

理研・笹井氏自殺】
「あなたのせいではない」小保方氏らへ遺書
2014.8.519:48[STAP細胞]

 神戸市中央区の先端医療センター研究棟で自殺した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が残した遺書について、「STAP細胞」論文の筆頭著者の小保方晴子氏(30)にあてた遺書が含まれていたことが5日、関係者への取材で分かった。小保方氏には「あなたのせいではない」「STAP細胞を必ず再現してください」と書かれていたという。

 理化学研究所などによると、遺書は、笹井副センター長のかばんの中に3通あり、笹井副センター長の秘書の机の上に2通あった。

 かばんの3通は小保方氏のほか、CDBの竹市雅俊センター長ら理研幹部や理研関係者にあてたものだったという。

 小保方氏にあてた遺書には小保方氏の立場をかばい、思いやるような内容で、「疲れた」との趣旨や謝罪するような言葉もつづられていたという。

 秘書の机の上の遺書は、人事課長と総務課長あてだったという。

告白体験談関連タグ



2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【レイプ】パート従業員 菜生 【告白体験談】

私は秘書を派遣するような自営の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。
募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。
面接の際には、やはり
「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」
と思い、そういう観点から選考を進めました。
まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。
3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「菜生さん」と言う34歳のロングヘアの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。

最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。
特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。
「プロのモデルさんを頼まないといけないな」
と思っていたところ、彼女が
「私でできることなら協力しますけど・・」
といってくれたのです。
別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【怖い】【汚鮮】兵庫県大附属高の修学旅行【除鮮】【告白体験談】

【汚鮮】兵庫県大附属高の修学旅行【除鮮】

<>1:可愛い奥様:2012/09/06(木)23:55:36.30ID:slah1JBz0<>
<>1名前:修学旅行生◆g3hz0w7aiY:2012/09/06(木)22:45:40.77ID:k5wftYNe0<>
11月に修学旅行で韓国に行くことになってしまった

何とかして行き先を変更したいので知恵を下さい

兵庫の公立高校です

<>2:可愛い奥様:2012/09/06(木)23:56:49.09ID:slah1JBz0<>
<>2名前:修学旅行生◆g3hz0w7aiY:2012/09/06(木)22:47:13.76ID:k5wftYNe0<>

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 告白体験談カテゴリー:怖い体験談

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(10)【告白体験談】

元大商社の秘書室勤務の彼女。同社のエリート社員と結婚したが、米国勤務に。でも彼女は7歳の子供の教育の為に日本に。
とある都内のホテルのパーテイーの後で彼女と会話する機会があり、その後肉体関係になった。
スレンダーなスラリとした上品で気品の漂う彼女。いい女だ。僕はよくもこんな良い女をモノにしたものだ。昨日の土曜日、彼女は僕の恵比寿のマンションに昼の11時に来た。今日はよそ行きの洋装で、彼女が眩しく見えた。
僕は玄関に入った彼女を抱きしめて抱擁とキスを繰り返した。彼女は僕の首に手をまわして応じた。
彼女の全身に漂う香りが僕を興奮させる。「ねえッお風呂沸かしてッ。今日は夕方魔でゆっくりでいいわよ」
コーヒーを沸かして一緒に飲んだ。お風呂が沸いた。彼女は洋服を脱ぎ始めた。そしてブラジャーも外してパンテイ―姿になった。
白し眩しい見事な裸体が隣の部屋に見える。これが今まで5人の男を通り過ぎた女の体なんだ。
僕も彼女と一緒にお風呂に入った。お風呂の中で抱き合った。
張りのある豊かな乳房が僕の肌に吸い付く。暫くお風呂の中で抱き合った。何度も唇を奪った。「ねえ、舐めってよ」僕が促した。彼女は風呂中で僕の肉棒を咥えてくれた。一生懸命、口に出し入れしてる彼女。
「気持ちいい?」「うん最高だよ。ベットに行こうか?」バスタオルでお互いの裸体を拭き、ベットにそのまま寝ころんだ。
激しく抱き合った。獣のようなセックスを望む彼女。
彼女の全身に僕の口が這い回る。首筋、胸、乳房、脇腹、花心、美脚の内股、コブラはぎ、背中。
彼女はそのたびに大きく仰け反った。「欲しいわッ」彼女が囁いた。僕はいきり立った肉棒を正常位でゆっくり挿入した。
「あああああッ――――――感じるわッ―――ゆっくり突いてッーーーー」彼女は僕の腰を抱え込んだ。しっかりと結合した。
気持ち良さそうに腰を揺らす彼女。「後ろからさせてよ」彼女が後ろ向きになって腰を上げた。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】いつもの私じゃあないみたい【告白体験談】

私は39歳、兼業主婦をしています。
私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。そのときの様子をここに書いてみたくなりました。
先日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。
いつもの自分とは違った感覚・・何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。
寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。
当日私は社長に呼び出された場所へ行きました。
ホテルのロビーで待ち合わせをしていました。約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。
「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」とのことでした。
何となく・・・出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした・・これからの自分のことを考えると・・不安・・。
部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。
部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。
ドアのロックが外される音、それだけでドキッとしました。社長が顔を出し私の顔を見るなり「大丈夫?」と聞いてきました。
「はい。何とか大丈夫です・・・」と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。
「今日の仕事の話だが・・・・」と話し出す社長の言葉が、
私にはなかなか耳に入ってきません・・・私はかなり緊張をしていたと思います。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年3月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ