【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる 【告白体験談】

『お帰りなさい。今日もお疲れ様!』
弾けるような声で夫を出迎えるさとみ。35歳のさとみは、6歳の子供がいるようには見えないくらいに若々しい。
昔から体を動かすのが好きな彼女は、今もジムでのトレーニングを欠かさない。そのおかげもあり、学生時代の洋服はすべて着ることができる。
そして、少し厚ぼったい唇がセクシーな彼女は、真っ黒な髪に少し太めの眉毛、そしてぱっちりとした二重まぶたの目は、いつも濡れたようにセクシーだ。
その見た目は、石原さとみに似ていると評されることがよくある。

夫を出迎える彼女は、白の清楚なブラウスに淡いグリーンのタイトスカートを穿いている。清楚な感じのするブラウスに対して、スカートは少し丈が短く、彼女のほどよく肉付いた美脚が強調されている。
いつもは、もっとラフで色気のない格好をする彼女だが、月に一度、金曜日の夜にはこんな姿になる。
そしてその日は、6歳になる可愛い息子を実家に預けるのが常だ。孫のことを溺愛する祖母と祖父の強いリクエストもあるのだが、さとみと夫にとっては別の理由もある。

「ただいま。今日も綺麗だね。弘樹は?」
夫は優しげな笑みを浮かべながら、さとみにカバンを渡す。さとみは、そのカバンを受け取りながら、
『もう預けました。どうします? 先に少し飲みますか?』
と、笑顔で答える。
「あぁ、そうだね。まだ30分くらいあるしね」

告白体験談関連タグ

|||||||

2015年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】おとり捜査 【告白体験談】

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」
主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。
「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」
「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」
「まあ、焦るな、高水」
そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。
「これで4人目か・・・」
高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。
「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」
「全く、何で鍵をしないんだか・・・」
「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」
「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」
そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。
「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」
高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【不倫・浮気】恋人はマンネリ化したらこうなる 【告白体験談】

僕がM2の時の話を書かせて頂きます。

●自分:23歳、某国立大学の大学院2年、2年間付き合ってる彼女(バイト先の社員、20歳)がいるものの、かなりマンネリ状態…。DJ(ハウス)の真似事が趣味。

●カナ:21歳、同じ大学の学部4年、168cmの長身スレンダー体型(A〜Bカップ)、美脚を強調したいらしくミニスカにポロシャツorTシャツ姿がほとんど、他大学に彼氏がいるものの、同じくマンネリ状態。下ネタ・エッチな話好き

僕とカナは、研究室で知り合って以来、数年間に渡って仲が良く、すでにお互いタメ口で研究のこと〜プライベートなことまで何でも話している関係でした。

そんなある日、「クラブ行ってハウスに興味を持ったから、アルバムを作って欲しい」と依頼?され、うちに来ました。

その日も、カナはいつものミニスカに白のポロシャツ姿で、薄ピンクのブラが透けており、後ろ姿を見ながら「キレイな脚してるし、そそられる身体してるな…」と生唾を何度か呑む思いでした。

作業はカナが聞いて良かった曲をリストアップしていき、それを僕が繋ぐという感じで数時間に渡り、やや疲れが溜まってきてました。

そこで、「ちょっと肩凝ったから、揉んでくれない?」と頼むと、「いいよー、今日のお礼にしてあげる♪」と元気良い返事。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月18日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(10)【告白体験談】

元大商社の秘書室勤務の彼女。同社のエリート社員と結婚したが、米国勤務に。でも彼女は7歳の子供の教育の為に日本に。
とある都内のホテルのパーテイーの後で彼女と会話する機会があり、その後肉体関係になった。
スレンダーなスラリとした上品で気品の漂う彼女。いい女だ。僕はよくもこんな良い女をモノにしたものだ。昨日の土曜日、彼女は僕の恵比寿のマンションに昼の11時に来た。今日はよそ行きの洋装で、彼女が眩しく見えた。
僕は玄関に入った彼女を抱きしめて抱擁とキスを繰り返した。彼女は僕の首に手をまわして応じた。
彼女の全身に漂う香りが僕を興奮させる。「ねえッお風呂沸かしてッ。今日は夕方魔でゆっくりでいいわよ」
コーヒーを沸かして一緒に飲んだ。お風呂が沸いた。彼女は洋服を脱ぎ始めた。そしてブラジャーも外してパンテイ―姿になった。
白し眩しい見事な裸体が隣の部屋に見える。これが今まで5人の男を通り過ぎた女の体なんだ。
僕も彼女と一緒にお風呂に入った。お風呂の中で抱き合った。
張りのある豊かな乳房が僕の肌に吸い付く。暫くお風呂の中で抱き合った。何度も唇を奪った。「ねえ、舐めってよ」僕が促した。彼女は風呂中で僕の肉棒を咥えてくれた。一生懸命、口に出し入れしてる彼女。
「気持ちいい?」「うん最高だよ。ベットに行こうか?」バスタオルでお互いの裸体を拭き、ベットにそのまま寝ころんだ。
激しく抱き合った。獣のようなセックスを望む彼女。
彼女の全身に僕の口が這い回る。首筋、胸、乳房、脇腹、花心、美脚の内股、コブラはぎ、背中。
彼女はそのたびに大きく仰け反った。「欲しいわッ」彼女が囁いた。僕はいきり立った肉棒を正常位でゆっくり挿入した。
「あああああッ――――――感じるわッ―――ゆっくり突いてッーーーー」彼女は僕の腰を抱え込んだ。しっかりと結合した。
気持ち良さそうに腰を揺らす彼女。「後ろからさせてよ」彼女が後ろ向きになって腰を上げた。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻がやたらと綺麗に見える。【告白体験談】

最近、妻の葉子(38歳)がやたらと綺麗に見えてならない。
男がデキたのか?浮気をしてるのか、等とつまらない想像をする。
平日、有給休暇を取って仕事を休んで見た。
朝、娘が学校に出た後、妻は台所の整理と洗濯をしていた。庭の物干し竿に洗濯を干して入る時、妻のスカートが捲れ、太腿が露わに見える。性欲が沸いてきた。妻が部屋に入ってきた。「お風呂を沸かしてくれよッ。」「いいわよ一寸時間がかかるけど待ってね。」快い返事だ。
20分位して、「お風呂が沸いたわよッ。」すかさず俺は、「一緒に入ろうよ。」
妻が「エッ朝から一緒にお風呂ッ。」暫く沈黙をした後「いいわよ、一緒に入るわッ。」
妻は玄関と縁側の鍵錠を閉め、カーテンを引いてくれた。妻と平日、久しぶりの一緒のお風呂だ。
妻と一緒の湯船からはお湯があふれる。妻の肌がお湯加減でピンク色に染まってゆくのがわかる。
「葉子ッ、最近綺麗になったね。何か心の変化でもあったのかね?。」
妻が「私ももう30台後半でしょう。少しは変化しなくっちゃ。人間ですもの。友達と相談して変身してみる事にしたのよ。男とか浮気は無いから大丈夫よッ。」
妻がキスをしてくれた。湯船の中で妻の裸体を抱きしめた。妻を背後から抱きしめて挿入を試みた。
お尻のアナルの隣の花芯がやんわりと開いてる。
湯船の肩に腰を掛けて妻の花芯に挿入して腰を下ろさせた。
「あなたッ~~~~熱いわ~~~~すごいッ~~~~ウウウウウウッ~~~~~」
風呂場で呻く妻の葉子。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ人妻が急きょ(5)【告白体験談】

米国勤務の夫をもつ人妻と愛瀬が続く。その彼女から急きょ携帯が鳴った。「3月21日からの春休み、夫の居る米国ニューヨークに一週間、子供を連れて行って来るわ」。そんな時もあるだろうとは気に留めていたがやはり。「あッそう」。
4週間、毎土曜日に僕と激しく交じり合った人妻。今度は米国ニューヨークで旦那に抱かれるのか。一寸妬きモチを含め複雑な心境になった。僕に抱かれて女の喜びを満喫している彼女。今度は旦那に抱かれて同じ事をするのか。
でも所詮、人妻の不倫相手の僕。割り切らなくては。心にそう言い聞かせた。21日だとまだ今度の土曜日に逢える。
そうだ、土曜日の愛瀬には奥の手を使った秘技を使ってやろう。僕は決心した。明日、歌舞伎町の大人の玩具屋に行って道具を買おう。そして帰国してからも僕の秘技に溺れるようにしてやろう。
あの理知的で品があってスタイルの良い女をいつまでも僕のセックスの奴隷にしてやろう。そんな変な気持ちを抱かせたのだ。
先週、彼女は自分の秘局の黒毛を少し刷り、薄毛にして局部が良く見えるように気を使ってくれた。
蟹さんの様に美脚を開くと丸見えになって興奮するのだ。彼女の夫も同じ興奮状態になる妄想を抱いてしまった。
僕の肉棒を咥えた時、彼女は大きく腰を振って果て捲る。そんな光景が夫との交尾でもあるのだろうか。
一週間の間に夫と何回交尾するのだろうか?毎夜か、一日おきか?僕の心は複雑に揺れる。
暫く離れてる夫婦は、たまに会うとやはり激しいのか。
今度の土曜日の愛瀬では思いっきりのセックスを享受してやろう。そして夫との物足りない交尾で帰国させて、僕との愛瀬を楽しむような彼女にしてやろう。僕は決意した。
携帯に撮ってある彼女の写真を見ながら僕は攻め方を考えた。彼女の好きな騎乗位から背後から、そして69、正常位、斜め攻め等を考えた。彼女の感じる耳、そして首筋、脇腹などの愛撫。
私の極技を見せつけてから米国に行かそう。僕の決心は固まったんだ。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年3月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】事故を起こした巨乳妻が被害者と生エッチ 【告白体験談】

<>360:360:2014/01/19(日)18:12:49.93ID:ZK5mXZa70<>
もう別れたので書きます。
若くて美人でいいカラダしてたのに・・・

結婚2年目に妻(25歳)の様子がおかしいから問いただすと、
実は事故を起こして、被害者(50代独身)に言い寄られて
断れなかったと泣きながら話した。

弁護士に相談に行くと、妻が事情を詳しく聞かれて説明した。
洗いざらい聞かされた自分は精神を病んだ。
妻は職業柄交通事故はまずく、接触した後に怖くなって
一度逃げてしまった。でもすぐ戻って対処した。
被害者は妻を気に入ったようで、「逃げてない」ことにして
くれた上に、初めての事故で気が動転している妻に親切だった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【告白体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】海外赴任中の夫を持つ美人妻(3)【告白体験談】

米国単身勤務の夫を持つ美人妻との逢瀬が続いてるんです。毎週土曜日は必ず逢ってる。先日は錦糸町のラブホテルにイン。このラブホテルは以前にも使った事があるお気に入りのホテルなんです。今日の彼女はお目明しで一段と綺麗。163cm,の気品があってスタイルも良いエリートの妻。僕との不倫は今回で3回目なんです。部屋に入るなりコートを脱がして抱きしめてキスの激しい連続。
沈黙のまま洋服を脱ぎ始めたんです。Tパンティーだけになって「昨日、生理が終わったの。今日はちょっとハードでも良いわ」僕たちはまず湯船に。背向きで僕に抱かれ乳房を背後から揉みながら自然に僕のシンボルが彼女の花心に入ってしまったの。湯船の中で腰を動かして「貴方のって熱いわ。奥まで入れてッ」僕は腰を浮かして一段と彼女の膣の中へ入れ込んだら「ウウウウウッ」呻き始めたの。美脚を開いて持ち上げて激しく揺さぶる。そして敷いたマットレスの上にローションをぬり、絡み合ったの。ツルツルしたお互いの肌が絡み合う。もう獣みたいにアクロバット。正常位でしっかりと抱き合い果て捲ったんです。暫くはベットで抱き合いながらテレビを見てたんです。またしても僕のシンボルが起きだしたんです。彼女が口に咥えてくれたんです。周囲の鏡には僕たちが怪しく絡み合う姿が映るんです。69、バック、騎乗位、ななめ等やりたい放題。特に騎乗位になった時の彼女の激しい事。遠慮無しに攻めてくるんです。知性的な女がここまで乱れるとは。何回も果て捲っては攻めてくるんです。「私、こんな激しいセックス経験がないの。旦那はありきたりの正常位なの。貴方とは遠慮無しに乱れるわ」その日は3回戦で終わったの。鏡に向かって化粧して髪を整えてる彼女のサッパリした綺麗な顔が素敵なんです。ホテルを出て錦糸町の中華料理店で食事をしてタクシーで銀座へ。手を繋いで銀座デートなんです。もう遠慮無しの恋人関係という感じなんです。「貴方のおかげで素晴らしいセックス楽しめるわ」彼女が小声でささやくんです。
手をしっかりと握り合い目と目とが合う。満足感を得た女の顔が垣間見える。こんないい女をモノにした自分を褒める。彼女のコートを着た身が僕に寄り添う。「旦那の米国勤務はあと何年あるの?」「あと3年位あるわ。大丈夫よ」銀座から日比谷公園に入り手を繋いだまま歩いたんです。夕方のベンチで肩を寄せキスしたんです。タクシーで彼女の家に近くまで送って行き、僕は帰ったんです。今日の彼女の大胆な乱れっぷりが脳裏に浮かんだんです。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした【告白体験談】

嫁のまさみとは、結婚して7年ほど過ぎた。
俺は38歳で、嫁はまだギリ20代の29歳だ。

出会い自体は古くて、嫁が中学受験をするときの家庭教師が俺だった。
ロリ属性は全くないと思っていた俺だったけど、初めて嫁の家に行って、まだ小6の嫁と対面したとき、一気に心を奪われそうになったのをよく覚えている。

嫁は本当に美少女で、長澤まさみくらい輝いていた。
そのまま順調に育ち、今もかなりの美人だと思う。

家庭教師をしていたときは、もちろん手を出すことはなかったし、ひたすら真面目に勉強を教えていた。
そして結果も出せて、嫁は中学受験に成功した。
エスカレーター式で、大学まで行ける女子校に入学した嫁は、中学に入った後も俺を家庭教師にリクエストしてくれて、大学院まで行った俺は、結局嫁が高2になるまで教え続けた。
受験もないので、家庭教師など必要ないと言えばなかったのだけど、嫁は俺に恋心を持ってくれていたそうだ。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ