【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 10 【告白体験談】

〜153

裸でも寒くないような室温に保たれている部屋。

その部屋の中央、明るく光るライトの下で果歩は裸で四つん這いの格好になる。

やはりまだ男の人の前、特にまだ2度しか会っていない大林の前で裸姿を晒すのは恥ずかしい。

それなのに、羞恥心が刺激されると自然と身体が熱くなってしまう。

大林 「・・・もっと私の方へお尻を突き出してください。」

告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 【告白体験談】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。
オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で
オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。
名前は仮名ですが「かおり」としておきます。
うちの会社の事務員は色気のないおばさんと
普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど
そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり
新卒採用できたのがかおりだった。

第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが
よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。
オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど
かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。
そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス 【告白体験談】

俺は浮かれていたんだと思う。

中学高校と暗い青春時代を過ごしてきた俺は、大学入学前に心に決めていたんだ。これからの大学生活は絶対に楽しく充実したものにするんだと。

地元から離れてわざわざ遠くの大学を選んだのは、全てを1からスタートさせたかったから。

初めて住む街、初めての1人暮らし、ここには過去の俺を知っている人間はいない。全てが新しい。

過去を脱ぎ去って、生まれ変わりたかったんだ。

大学に入学して、俺は自ら周囲にいる人達に積極的に話し掛けた。

明るく振る舞って、早く大学の雰囲気に馴染もうとできる限りの努力をした。(出しゃばり過ぎて大学デビューだと思われないように、その辺りはコントロールしながら)

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【告白体験談】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】おとり捜査 【告白体験談】

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」
主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。
「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」
「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」
「まあ、焦るな、高水」
そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。
「これで4人目か・・・」
高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。
「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」
「全く、何で鍵をしないんだか・・・」
「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」
「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」
そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。
「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」
高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 9 【告白体験談】

〜121

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った 【告白体験談】

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。
なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。

僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。
一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。

僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。

僕は身長175cm、体重60kgと痩せ型で、顔もごくごく普通だ。
そんな僕に対して、真美は本当に可愛いと思う。最近消えてしまったが、グラドルの山真美に似ていると思う。

どうして僕なんかを好きになってくれたのか、未だに謎だ。僕といると安心すると言ってくれるので、ありがたいことだと思ってる。

ただ、一つ心配事がある。真美がまだ大学生活を送っているということだ。ゼミの飲み会、サークルの飲み会、心配の種は尽きない。でも、真美は見た目のエロさとは違い、すごく恥ずかしがりで、貞操観念もしっかりしていると思う。そこは、信じるしかないと思っている。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】先輩カップルとスワッピング 先輩の巨根にイカされまくる彼女 【告白体験談】

今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に
那須の別荘に遊びに行った時のこと。
ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ
顔はホントに結構かわいいと思う。
夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。先輩たちとはよく
一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。
優も2人のことはすごく慕っていていつも楽しそうにしていた。

3時間くらい飲んでいると、先輩達が結構いい感じになってきてキスとかをしだした。僕はびっくりして固まっていた。優も僕の隣で恥ずかしそうに下を見ていた。

正志さんが「2人ともちょっとそこで見てて」というと正志さんは濃厚なキスをして志穂さんを愛撫しだした。
初めて見る他人の行為に僕はかなり興奮していた。僕達は恥ずかしくて何も言えず黙って2人の行為を見ているしか出来なかった。

志穂さんが下着だけになりブラを外されると大きなおっぱいが見えた。正志さんが乳首を舐めると「あっ、ん、」と志穂さんの甘い声が漏れた。

告白体験談関連タグ

|||||||

2015年1月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】同期の彼女が巨根の先輩と同僚に寝取られる 【告白体験談】

僕は同じ会社の同期のヒロミと最近付き合い始めました。
付き合ったきっかけは、同じ会社にいる先輩とヒロミが別れて落ち込んでいるときに飲みに行ったりして仲良くなって付き合いました。
ヒロミは先輩にかなり惚れていて、全然忘れることが出来ないみたいでしたけど、僕はそれでも待ってるから、ゆっくりでいいから少しづつ恋人になろうって告白しました。
ヒロミも少しづつ心を開いてくれて、最近やっとキスをするようになりました。
でもその先にいこうとすると「もうちょっと待って」と言われて、一緒に泊まっても手をつないで寝るだけでした。
それでもヒロミが大好きだったので僕は全然満足でした。
ヒロミが先輩と付き合っている時は、会社でも何人か知っている人がいましたが、僕と付き合ったときはヒロミから「絶対に秘密にして」と強く言われていました。

僕はいずれヒロミが「皆に言ってもいいよ!」と言ってくれる日を期待していました。
でも先週やなことがありました。
会社の新年会にいったのですが、二次会でヒロミの元彼の先輩と一緒に6人ぐらいで飲むことになりました。
その中に一番年下で若いエリナっていう女の子がいました。
エリナは可愛いので皆からも人気が高く、先輩も狙ってるようすがありました。
僕は内心エリナと先輩がくっつけば、ヒロミと僕の関係も安定すると思って嬉しい限りでした。
でもエリナが予想外の事を言い出しました。

告白体験談関連タグ

|||||||

2015年1月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】※拡散希望※ 【告白体験談】

皆さんどうかこの文章をいろんな掲示板に拡散してください。私の友人で、広島県呉市の柏木菌茸という障害者の為の会社で働いていたのですが、その子は、会社にいた原田ってゆう三原市からきた男の子が好きだったんです。
その男の子に告白したんですが、その男の子に好みのタイプじゃない。彼女がいるからって言われました。それでも諦めずに仕事が終わった後、その男の子に抱きついてしまいました。( ̄▽ ̄;)
俺のことまだ好きなん?って言われて、抱きつくの嫌だったら離すよって言ったら、抱きついてもいいよ。一回だけだよ。胸触れているよ。触ってもいいの?と聞かれ、うなづいたら、向こうが抱きついてもいい?と聞かれ、向こうも抱きつかれておもいっきし触られました。抱きつかれて安心感がありました。その時は4月26日(土)の2時55分頃でした。
月曜日になり、原田さんから抱きつかれてどうだった?って聞かれ、好きな人に抱きつかれたらドキッとしたと言ったら、気持ちいいことを教えてあげようかと言われ、ついていってしまい、胸と下半身を見られ、触られました。
トイレにも連れていかれ、下半身をおもいっきし触られました。その時はケータイを持っていて、ジャンパーで顔を隠され、ケータイで写真を撮って、撮った写真を職場の人に見せていました。その子は撮られた事が全くしりませんでした。写真撮られた話は職場の人に後日に聞きました。
それに俺の前でおしっこしろって言われ、無理やりされました。本当に恥ずかしかったそうです。原田さんの前でおしっこをしたくありませんでした。そして触るのがこれで最後よと言われ、ずっとそばにいたい。話がしたいと言ったら、彼女がいるから。ごめんなと言われ、その子はそれでも忘れる事ができず、手紙を何回も書いてしまいました。そしたら相手もうんざりになったのか、うるさい。しつこい。やかましい。好みのタイプじゃない。と言いながら体を何回か触られました。彼女がいるのに何で女の子は触られたら、精子がでるの?と言われました。女の子の中ではお前にしかいないといわれたり、俺の下半身舐めてみる?触ってみる?と言われました。最後的には、お前の人生は絶望した。お前の人生はなくなったと思っとけ。お前の人生はなくなった。だから部長に信用なくされるんだよ。お前が部長に言っても俺が言った事しか通用しない。部長は俺の気持ちをお前に言う。お前が言ったとしても無駄。部長に言う。親には言ってるが部長には言わないでと言ったとか言ってきた
ついてくるな。ストーカーと言われた。
(原田さんも可愛い女の子が見かけたらストーカーしているみたい)
7月7日話し合いしましたが、親と向こうの親と話し合いしましたが部長はあなたが悪いと言われました。原田さんの言い分しか通用しませんでした。その子だけ厳しくして、反省文書きなさいと言われ、そしたら会社、働いていてイヤになったので辞めました。
今は原田さんは嫌がっています。嫌っています。話しかけてきたらあっちいけ。話しかけてくるな。ついてくるな。と言われました。うちは体の写真ですら部長に話を通用されてくれませんでした。納得がいきませんでしたが、それでも原田さんの事が忘れられません。
何年か経ったら、忘れて原田さんはその子に話しかけてくるのでしょうか?無視するのしょうか?
今は相手にせずそっとしています。
話しかけたら、相手の親に話しています。
原田さんの悪いことは原田さんの親に言わず、その子の悪いことしか話していません。
その子は自分のやったことは全て話しています。それなのに部長は自分のやったことは話していないと言われました。あまりにも前の部長はひどいです。

告白体験談関連タグ

|||

2014年12月24日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ