【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【告白体験談】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。
金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。
車庫に車を止めてから食事に出かけます。
高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。
先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。
個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。
数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。
吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。
坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。
美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。
坊やの先端部分はピカピカに輝いています。
両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。
一週間分の核爆発のストックです。
美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。
吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】進化【告白体験談】

主人と別居して1年が過ぎました、離婚は私も主人も良い出せないままです。
私は36歳子供は私に原因があって授かれません。
子供が居たらこのようにはならなかったと思います。
看護士ですから収入は主人よりも多く
これも主人にプレッシャーがあったのでしょう。
22歳で主人と知り合い1ヵ月後に初体験をしました。
SEXに興味はあったのですが抑制力も強く、
お付き合いした方も居ましたが、いざその時には拒んでしまってました。
主人が私の部屋に遊びに来た時、初めて部屋に入れた男性も
主人だったのですが、何度か来ましたがその様な雰囲気には
ならなかったので、その日も安心して部屋に入れたのですが
夜勤明けでパジャマでした、強引に私の最初の男性になりました。
泣く私に責任を取るからと、結婚の約束をしたのでした。
会うと必ず求めてきましたが、軽く見られるのを恐れ、
5回に1度くらいしか許さなかった。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】旦那にばれた・・・が! 逆キレ【告白体験談】

サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、
26歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
すぐ目の隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ
俺「お子さんかわいいですね~」
あけみ『ありがとうございます』
と世間話がはじまる
しばらくして、ベンチを移動して隣に座り
  中略
俺  「こんなかわいいお子さんだとだんなもイケメンなんでしょ?」
あけみ『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんでです」
俺  「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」
あけみ『なかなか相手がいないよ~』
俺  「そんなにかわいいなら、ヤリタイオーラ出せばいけるよ」
あけみ『こんなかんじ』
 とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開!!

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の悩ましい顔がみたくて【告白体験談】

去年の夏の話。
私40歳、と妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。
それがそもそもの間違いでした。ところで妻は、男性経験は私ひとりであり、
テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。それでもこんなことが
起きてしまい、驚きつつ妻の一面を知り今でも思い出しては興奮します。
妻の性のドロドロした深さを知ったものです。
ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長く
よく20代に見られて、色んな友人からも
「おまえの奥さんはいいな。
美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ。」
と同じようなことをよく言われます。そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。
それなのに・・・・
さて夜から乗り朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、
しかも車に乗っての乗船だったので先に歩いて乗って来た人たちで一杯でした。
何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さんたちの溜まり場になっていました。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【告白体験談】

ぼくホモなんです~
ぼくのアナルほじってください~
浣腸もしてください~
ちんこもいぢって~
ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~

ああ~

ああ~

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】まさか!【告白体験談】

私は32歳の平凡な主婦です。
実の母親を引き取って三人暮らしでした。
結婚して五年になりますが、何故か子供に恵まれません。
主人は38歳の働き盛りですがセックスの方も男盛りと言うのか週に二回は求めてきます。
平凡ながら三人仲良く生活していました。
昨年の秋に東京への転勤辞令が出たのです。
母を抱えている都合上、単身赴任で経過しておりました。
月に一度は会社の経費で帰宅できるように配慮していただいております。
週に二回が月に一度になってしまったんです。
帰宅した時は母は気を利かせて二人の時間を出来るだけ長く取れるようにしてくれます。
単身赴任が三ヶ月も過ぎてくると男盛りの主人は我慢できるのだろうか、浮気はしていないだろうかと少し心配になりました。
私自身も我慢が出来なくて深夜にこっそりオナニーをするようになったのです。
そんなある日、デパートにショッピングに行きました。
ボーイフレンドがいるわけでもないのに少しセクシーなブラとショーツをつけて何故かハイテンションでした。
主人にネクタイを送ってあげようと思い似合いそうなものを選んでいたんです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】子連れの母親をいただきました【告白体験談】

平日、一人で車で近くのショッピングセンターに行ったときのこと。
駐車場で車を出すときに雷雨になり、そのショッピングセンターの入り口で,傘をもたず立ち往生している子どもが目に入った。数年前にうちの子供と同じ幼稚園に通っていたお友達である。その後、通う学校が違ったのか、うちの子どもが一緒に遊んでいるとは聞いていない。
声をかけ、家まで送ってあげた。母親が出てきて、お互い見覚えがる間柄であったので、多少遠慮があったものの、外の大雨で車とはいえ、ちょっと時間をつぶしたいとの思いもあり、誘われるままにお邪魔してお茶をいただくことになった。
子供は自分の部屋に戻った。しばらく世間話をしていたが、ふとした瞬間に私の手のひらが母親の太ももにあたってしまい、それがきっかけとなり、そのままリビングで母親の貞操をいただくことになった。
子供に聞こえぬように気を使いつつ、母親を床に伏せて、スカートをまくり、パンストをずりおりおろした。ちょっと、いやいやをされる。「はずかしい」と何度も母親はつぶやいた。私は、その丸見えになった秘部を天井に向けるような形で両ひざを抱え、そのままの形で静止した。恥ずかしさからか母親の顔は真っ赤にほてっている。ようやくペニ○をあてがった。母親は目も口もしっかりと閉じている。
でも、秘部は充分に濡れていて、私のペニ○はズルッと付け根まで入っていった。
ペニ○を出し入れをする。あまり使い込んでいない身体のようだった。母親はしっかり私にしがみつく。元々、その母親は私の好みタイプだったので、思いもかけず至福の時間を味わった。
その後、その母親とは会っていないけれど、こちらから連絡すれば必ずまた、ご馳走をいただくことになると思う。

告白体験談関連タグ

||||

2014年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】元トラック運転手妻の過去【告白体験談】

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ〜ん、あなたぁ〜ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ〜ん」だととか「もう、だめ〜」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
「は、はい」
「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ〜。私たちのチ〇ポに」
思いもかけない単語が耳に入ってきた。
とても信じられませんでした。
「はぁ?」

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】キャンプに行った時の出来事【告白体験談】

高校1年の時だった。
僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。

僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた時、一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。

夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。

年は30前くらいかな?

で僕達はその家族の横を通り抜けて、少し離れた所に陣取って、双眼鏡でギャルを物色する事にした。
しばらくすると、裕弥が

「あそこのベージュの水着の子、透けそうで凄い・・・」

と言ったので、僕もすぐにその子を探す為、双眼鏡を手に持って、見ていると、

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】好機は、いつやってくるか解らない【告白体験談】

B○夏の野外のコンサートで、前の女の子が可愛くて、コンサートどころじゃなかった。
立ち上がって、ノリノリ状態の女の子の香りが、シャンプーなのか、体臭なのか、香水なのか解らないけど、思わず目の前の頭を、嗅いでいた。
JUMPしながら、曲にノリノリだ。ミニスカがまくれあがり。白いパンツがだ。すると、小雨がふりだした。炎天下でアゲアゲ状態を、クールダウンさせ、誰一人濡れるのを、かまわずに、ノリノリだ。Tシャツが濡れて、ブラの線がくっきり現れ、横乳を見ると、けっこう巨乳だ。
夕方になり、トークも終わり。ハデな曲に、女の子は気分は、MAXで、頭をシェイクしだした。まだまだ、曲は続くのに、この娘もつのかなって、思った、矢先に、フラフラと、俺に、倒れかかった。
ラッキーだ。手を添えるが、豊満な乳を、ガッチリと手のひらに、ホールドして、君、大丈夫?うん。
熱中症だ。俺は、友達が、倒れた事も気づかない。連れの女の子に、
熱中症だから。
水分取らせてくると伝え。彼女を抱き抱え。そのままコンサート会場を出て、ラブホに、
連れ込み、水分を与え、ぬるめの水風呂に、体をつけて、クールダウンさせた。バッチリ彼女の 芸術的なナイスボディを堪能し、風呂の彼女に、気づかれないように、
パンツを、拝借し、ベットで、究極のオナをした。
彼女も気分が、回復し、事情をしり、プラチナチケットを不意にした事を、誤りながら、俺の優しさに感激して、
連絡先を交換し、
紆余曲折あり、
今、その娘は、
俺の優しくて、

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ