【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【告白体験談】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【不倫・浮気】42歳の人妻とタダマン体験談 【告白体験談】

人妻好きの友人から教えてもらった癒し妻新空間というサイトがあるんだが
このサイトに掲示板があって色んな投稿がされている中で
タダマン出来る人妻がいないか呼びかけた。

俺は26歳なんだが若いから相手にされないと思っていたら
10分後には何人かの人妻からコメントがあった。

その中で気になったのは42歳の専業主婦の唯さん。

1番興味があったのはプロフィールに設定してあった写メ。

42歳って結構オバサンなイメージあったけど
イマドキの40代って思ったり若くてビックリした。

唯さんとの待ち合わせはすぐ決まった。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 9 【告白体験談】

〜121

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった 【告白体験談】

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。
こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。

嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。
そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。
こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。
きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【告白体験談】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】人妻と待ち合わしてラブホ直行 【告白体験談】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月3日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】 嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした完 【告白体験談】

嫁のまさみとは、結婚して8年近く経つ。
でも、出会ったのはずっと昔だ。

まさみが中学受験をするときの家庭教師だった俺は、まさみが小学6年生の時から、ずっと彼女を見ているということになる。
その頃から飛び抜けて美少女だったまさみ。
彼女に対して恋心を持ちながらも、立場上それを胸に秘めていた。でも、まさみも俺に恋心を持ってくれていて、彼女が2の時から交際を始めた。
順調に交際も進み、結婚し、子供も二人授かり、幸せそのものの人生を送っていた。

それが、俺のちょっとした見栄とか優越感で、会社の仲良しの先輩にまさみを抱かせてしまった。もちろん、初めはそんな事をするつもりはまったくなかった。それなのに、まさみが長田さんとデートをした報告を聞くだけで、異様に興奮する自分に気がつき、同時に自分の寝取られ性癖に気がついた結果、結局行くところまで行ってしまった……。

まさみは、俺が隠し撮りしている事に気がつき、見せつけるように長田さんとセックスをした。
『今までで一番気持ち良いよおっ!!!』
可愛らし顔を真っ赤にしながらそう叫び、イキまくるまさみ……悪夢としか言えない状況の中、俺は絶望に打ちひしがれながらも、確かに興奮していた……。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた3 【告白体験談】

嫁の加奈子とは、子供が中学になった頃から、セックスレスだった。
それでも俺は、キャバ嬢とよろしくやっていたし、家庭も幸せな家庭だと思っていた。

それが、偶然見てしまった、嫁が若い男達にひどいことをされている動画、、、 それによって、すべてが壊れつつあった、、

俺に、ある日突然送りつけられた動画は、嫁をオモチャにする、大学生くらいの男達3人が映っていた、、
嫁は何かで脅されてレイプされている、、、 そう思っていたのに、嫁は積極的に快感をむさぼっているように見えた、、、

ただ、どちらにしても、この酷い状況を変えなければいけない、、 そう思った。
でも、加奈子も含めて、誰かに動画のことを話したら、ネットにばらまくと警告されている、、、

ネット拡散の恐怖は、過去の色々な流出事件でよく知っている、、 正直、手の打ちようがないと思った。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【泣ける】ババアの肉奴隷なんだけど質問ある?【告白体験談】

<>1:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:56:27.03ID:fUSq/UmM0<>
きもいババアの肉奴隷です
特定以外なら答えるよ

<>2:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:04.55ID:Q9YsF1Cm0<>
経緯は?

2
喫茶店でお茶してたら話しかけられて怪しいなと思いながらも
現金見せられてついて行ったら肉奴隷になった

<>4:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:11.00ID:Sk0vMRWI0<>
いくらもらえるの

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月24日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした9【告白体験談】

ケイスケさん夫妻と、パートナーを入れ替えるという、ちょとどころではないくらい過激なことをしてしまいました。

自分の家にケイスケさんの奧さんのマコさんが来て、ケイスケさんの家に嫁のユキがお邪魔する、、、
何もないはずもなく、僕とマコさんは受精するためのセックスを繰り返し、ケイスケさんとユキもしてしまったとのことでした。

それでも、ユキの僕に対する愛情はまったく変わっていないように思えましたし、僕もユキに対する気持ちが、よりいっそう強くなったと思えました。
刺激的な出来事が、結果的に夫婦の絆を強めてくれたと思っていました。

マコさんが録音した、ケイスケさんとユキの音声は、想像をはるかに超えるほど濃厚なものでした。

まだ、初日の途中までしか聞いていないのに、敗北感のような気持ちを持ってしまいました。

そして、マコさんに呼び出されて、ケイスケさんの家に行きました。
ケイスケさんは留守で、マコさんが出迎えてくれました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ