【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ2 【告白体験談】

美人だけど恥ずかしがりで、そのくせ少しむっつりな嫁景子と、あの日以来、今までにもましてセックスをするようになっていた。

ちょっとしたイタズラ心で、友人の浩介が遊びに来るたびに、嫁にわざと胸チラとかをさせていた。だんだんとエスカレートして、前回あんな事になってしまった。
浩介に挿入されてしまったわけではないが、ある意味で挿入したところを見るよりもショックな出来事だった。

今、ベッドの上ではセーラー服を着た嫁が、後ろ手に縛られて目隠しをされたまま俺のペニスをくわえている。口の周りをよだれでベタベタにして、必死でくわえる嫁のアソコには、バイブが突き刺さっていて、俺が抜き差ししている。

「ほら、浩介のこんな風に入れて欲しいんだろ?」
俺は本来こういうキャラではないのだけど、浩介との一件以来、こういう感じで嫁を責めるようになっていた。そして、嫁もすっかりとMな感じが定着してきた感じがある。
『んんっーっ! んーっ!』
俺のをくわえたまま、嫁が激しくうめく。浩介のことを言いながらバイブで責めると、嫁は本当に興奮しすぎてしまうようで、悲鳴でもあげているような感じなる。

そして抜き差しするバイブには、白い本気汁が所々についている。グチョッ! グチョッ! と、大きな音を立てて出入りするそんなバイブを見ていると、俺も興奮が限界になってくる。

30歳目前の嫁が、恥ずかしがりながらセーラー服を着て、バイブ責めをされている光景。強烈に痛い夫婦だと思うが、俺も嫁もこんなプレイにのめり込んでいる。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】人妻ってエロい体してる奴多いww 【告白体験談】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが

昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?

と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。

見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、

ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。

 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・

しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。

着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【レイプ】性同一性障害の災難 【告白体験談】

高校グランド奥の体育倉庫。テントや授業用の体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りはもう真っ暗で、全く人気はない。部活の生徒たちも、皆帰宅した時間だ。

そこに、制服のジャケットにズボンの男子生徒が4人。

一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。

「やめろ! 離せっ!!」

小柄な男子は叫ぶ。
しかし、この学校のグランド裏は、山林で叫びはどこにも届かない。

「本当かよ、伊藤が女だって」
「あぁ。伊藤と同じ中学だったやつから聞いたんだ」

押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【告白体験談】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【泣ける】死んだ彼女と瓜二つな女性と出会った時の話をする【告白体験談】

気長に聞いてくれ

スペック

1:男 25歳 177センチ 藤木直人に似ているらしい 体型細マッチョ 性格は結構ネガティブ

当時、俺はある鋳造品メーカーで努めていた。。
ちょうどその頃は繁忙期で毎日午前様の勤務状況で心身共に疲れ切っていた。
そして、精神的に疲弊していた理由は他にもあって
6年付き合った彼女(仮に真麻とします)との突然の死別で、婚約もしていた程の仲でもあった為
それは本当に精神的にやばかった。
ちなみに真麻は中島美嘉似で、身長は153位だったかな。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年5月24日 | 告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【不倫・浮気】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【告白体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた

週末の名古屋は熱い。
元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。

そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。
27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。
変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。

その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。
雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。

男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。
それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】女子大生 果歩 5 【告白体験談】

36

・・・ハァ・・・

カチコチに硬くなったペニスの茎部分を果歩の白く柔らかい手が上下にリズミカルに扱きあげている。

富田 「慣れてきたな、果歩ちゃん。」

果歩 「・・・ちょっとは・・・。」

しばらく続けていると、富田のペニスの先端部分から透明な液体がトロ〜っと溢れてきた事に気付いた果歩。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、その先っちょから出てきたの、何か知ってる?」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】嫁は昔、ヤクザとキメセク中毒だった 【告白体験談】

今日は、息子の10歳の誕生日だった。
子作りを開始して、なかなか授かれず、5年もかかって出来た息子なので、目に入れても痛くないほど可愛くて、少し甘やかし気味かも知れない。
そんな息子の10歳の誕生日なので、良くないとは思いながらも、学校を休ませて、ディズ○ーランドで一日過ごしていた。
もちろん、私も仕事を休んで…… とは言っても、自営業なので、そこはかなり融通が利く。仕事は、プロダクトデザインの事務所を経営していて、たまたま私のデザインした大手企業の商品が、ワールドビジネスサテライトに取り上げられるくらいヒットして、ありがたいことに毎年事務所の業績も右肩上がりが続いている。

今日は、平日ということもあって、比較的すいていたランドの中で、本当に楽しい時間を過ごしていた。
『お誕生日おめでとう! 本当に、大きくなったねぇ〜』
嫁の恵里菜も、心の底から嬉しそうだ。苦労して出来た子供なので、可愛くて仕方ないという感じだ。
恵里菜は42歳になるが、まだまだ綺麗だと思う。肩までの黒い髪が艶やかで、メイクも薄目で上品な感じだ。おっとりという感じで、子供に対しても声を荒げるところを見たことがない。

私には、過ぎた女房だと思う。

『ほら、あなた、もっと裕哉とくっついて、写真撮りますから』
カメラを構えながら、上品な口調で言う恵里菜。
本当に、上品な奥様という感じだ。でも私は、恵里菜が夜の生活の時には、思いの外大胆に乱れるのを知っている。セックスの時の恵里菜は、上品な見た目とはギャップがあり、そこもたまらないと思っている。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】彼氏持ちのDカップ専門学生の沙奈を部屋に連れ込んで 【告白体験談】

俺が最初の職場をやめて貯金を切り崩しながら優雅な(?)ニート生活を送っていた頃,まだ出会い系サイトが援デリ業者に侵される前の話

純粋な出会い目当ての女も多かったけどやっぱりその中から可愛い子を引き当てるのは当時も難しくて、運良く出会えたとしてもモンスター級ばっか、それでも性欲に負けてやっちゃったりしたんだけどさw

そんなこんなでしばらくサイトを放置してたおかげでサービスポイントがたまってた、んで援で募集してる女の子の書き込み、プロフや写真を暇つぶし程度に眺めてたんだ。タダでたまったと思えばきわどい角度の写真を見たりやエロいプロフィール、書き込みを読むたびにすこしずつ減っていくポイントも気にならない。リアルな性のやりとりは下手なAVを見るより興奮するw

そんなことしてるうちに家の近くのコンビニを待ち合わせ場所に指定して援で募集しているる19歳の女の子発見、サイトに登録されてるスペックはスレンダーなDカップ160cm台前半で専門学生、プロフ写真も掲載されてて口元を隠してるけど目はめっちゃくりっとして可愛い感じだ。

援で出会う気は全くなかった(金もなかったしね)んだけど、近所に住んでるであろう可愛い子が援で募集してる事に興奮してどうしても実際に会ってみたくなってアポったんだ。家帰ってからリアルなオナネタにでもしようくらいの気軽な考えだった。もちろん当時は援デリなんて言葉もなかったしね。
今思うと稚拙な作戦ではあるけど適当に現金もたずに出て銀行ATMが動かないとか何とか適当な事言って放流しようと思ってたんだ。

運良く事が進んで待ち合わせ場所のコンビニまで車で(歩いて5分の実家カー)5分、超特急で向かうとコンビニの前でケータイをいじりながら立ってる女の子を見つけた。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月16日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【レイプ】屈強な男たちによって殴られ、蹴られ、髪の毛を持って引きずり回され 【告白体験談】

 アダルトビデオ(AV)に出演するのは本人の自由なんだから、演技なんだから、そこに人権侵害なんてあるわけがない、と思われています。
 
 しかし、ある有名なAV制作会社が出演女性にひどい虐待を加え、重大な傷害を与え、監督や会長などの主要な関係者に最高で懲役18年の実刑判決が下された事件が実際に起きています(判決は2007年)。これは商業ポルノでの制作被害が裁かれた珍しい事例ですが、ほとんどは被害届も出されず、裁判にはなりません。
 
 『強制子宮破壊』や『水地獄』という同社のシリーズでは、一人の女優に数十人の「男優」が襲いかかって次々とレイプする、漏斗を使って女優に大量のアルコールを流し込む、いやがる女性の顔を水の中に何度もつけて窒息させる、等々の暴行を加えました。これらの出演女性は撮影後、ひどいPTSDの症状に悩まされ、水地獄の被害者の場合、お風呂にさえ入れなくなりました。
 
 このような暴力AVが広がるきっかけとなったのは、1990年代に出されたバクシーシ山下監督による『女犯(にょはん)』というAVシリーズです。その中で出演女優は、何をされるか事前にきちんと教えられないまま、屈強な男たちによって殴られ、蹴られ、髪の毛を持って引きずり回され、吐しゃ物を吐きかけられ、レイプされています。
 
 このようなビデオはとくにひどいものですが、さまざまな虐待や暴力が出演女性に加えられていることは、一般に流通しているAVの映像からもうかがえます。合意のあるなしに関わらず、出演女性の人格、身体、安全を脅かし傷つける行為は明白な人権侵害です。
 
 殴る蹴るといった直接の暴力でなくても、たとえば避妊具なしの挿入行為やフェラチオ、アナルセックス、「中出し」などは、女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関わる健康)を著しく脅かす行為ですし、いわゆる露出モノやスカトロといったジャンルのポルノも女性の性的人格権を著しく侵害し、その安全と健康を脅かします。
 
 また膣内を指で乱暴にかき回したり、道具を性器やアナルに挿入したり、いわゆる「潮吹き」をさせたりする行為も、女性の身体に著しい負担を加え、粘膜を傷つけたり、時には重大な傷害を与えることになります。
 
 普通のヌードや絡みを中心としたものであっても、契約の過程で騙しや脅しがあったり、撮影現場で同意していない行為をさせられたりすることは頻繁に起こっています。

告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月16日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ