【不倫・浮気】初めての浮気【告白体験談】

俺は今年で22になる大学生なんですが、この前初めて浮気をしました。
彼女とは付き合って2年になるのですが、なんかこう・・マンネリ気味というか
良い意味で信頼しあってるって言うのかな。ドキドキはなく愛はあるみたいな?
だからセックスも欲望というよりは愛情表現みたいなものになってます。

インターネットで知り合った子にサリナ(漢字はどう書くのか知りません)という子がいて、彼女とも共通の友達なのですが、女って不思議な生き物ですね・・彼女が居ない時には俺にモーションかけてきたり甘えてきたりしてる子です。

そしてこの前、初めて彼女と内緒でサリナと3泊の旅行にいきました。

すごく明るい子で一緒に居て楽しいです。
書き忘れてました、サリナは20歳で俺と彼女より2歳したです。
155cmと小柄な子ですが、胸はそれなりに(Cカップくらい)で髪がきれいで
痩せてて鼻筋が高くて、目はたれ目というより「^^」こういうアーチ型のニコニコしてる目をしてます。すごく元気な子ですが、内気で人見知りが激しくて俺以外にはほとんどなつきません。大勢のオフ会みたいなのをすると、借りてきた猫みたいです。

旅行デートの内容はすっごく普通の内容なので夜の出来事だけを書きます。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。【告白体験談】

友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。
それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、部屋が一つしか空いてなかった。
そこでその部屋を借りて4人で入ることに。
俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。

実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。
デカいし上手いって。

4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。
俺の相手がリカでY雄がアキ。
シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。
シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。
アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。
アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」
Y雄「どこ?ここ?あ、発見!ここでしょ?」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年11月25日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】性感マッサージ【告白体験談】

僕は一度でいいから我が妻が他の男に抱かれることをいつも想像していた。
結婚当初は考えもつかないことであったが子供ができ成長しマンネリ化した頃から
いつのまにかそう考えるようになっていた。
しかし妻は厳粛な家庭で育ったせいか、貞淑でカタブツでテレビなどで見る不倫
浮気などはまるで別世界のように考えていた。
三五歳になると身体の線は少し崩れてきたが女の魅力はますます磨きがかかってきた
と思う、髪はセミロングヘアで顔は童顔だが綺麗だ。背は163センチと普通で決して太っていない。
同僚や友人は美人で色気があり羨ましいと妬む。
そんな妻を誰かに抱かしてみたいという考えは異常であり変態かも知れない。
でも実際に妻の仕草を見ているとそう思ってしまうのだ。
これが愛の究極というのは大げさな考えなのだろうか。
僕が仕事の関係で都内へ出張することとなった、支店長会議だ。
妻のそのことを告げると珍しく一緒に行きたいと言う、久しぶりに東京へ行きたい
と言い出した。
子供は親に見てもらい何年か振りに妻と二人きりで出かけることとなった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年11月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】義理の娘を・・・・の続き【告白体験談】

義理の娘を・・・の続き、みたいなものです。
娘が十三歳の時、ちょっと問題が起こりました。
娘の友達に私達の行為がバレました。
その日は妻も出張で家に居なかったのですが、娘の友達が泊まりに来ていました。その子はAちゃんとでも称しましょうか、小学生の頃からの友達で時折我が家によく遊びに来る子です。
この子の家は我が家の近所で両親は共働きしているみたいです。その為か娘を一人にするのは不安だということなのでよく我が家に泊まりに来ています。前に話したところ私は近所でも評判がいいとのことなので安心して預けられるとのこと。
そんなAちゃんの身長は小柄な娘よりも小さくクラスの中でも最前列にいるみたいです。礼儀正しく大人しいとてもいい子です。ですが娘の話によると実は彼氏がいるとかいないとか・・・・・最近の子は進んでいるのでおかしくは無いと思うのですがあのAちゃんが・・・・とちょっと驚きましたね。
そんな彼女が我が家に泊まりに来た日は私も腕を揮い、料理を作ってAちゃんを歓迎しました。
食べ終わった後は娘はAちゃんと自分の部屋に行き、私は下の娘をお風呂に入れることにしました。
下の娘にはまだ手を出すつもりは無いので普通に洗って父親らしく接します。妻よりも私といる時間の方が長いせいかこの子もかなりのお父さんっ子になってきました。
その姿に妻は少し悲しそうな顔をしながら私に嫉妬し、娘も私を取られたと嫉妬します。まあ娘は抱いてやれば機嫌は直るんですけど。
ですが下の娘もこのままファザコンでいてくれればいつか調教する時楽かもしれませんね。
下の娘を風呂から上げ、身体を拭き、パジャマを着せたら、寝かしつけます。今日はAちゃんが着たので興奮し疲れたのでグッスリでした。
いつもだったらこの時点で娘を抱いているのですが今日はAちゃんがいるので断念、明日に持ち越しとなってしまいました。
娘たちも寝て、深夜私はテレビでつまらない芸人の番組を見ていると誰かが階段を降りる音がしました。振り返るとそこには娘がいました。ですが目をトロンとさせ、パジャマのズボンに手を突っ込み自分で秘所を弄っていました。
「パパァ・・・・しよ」と完全に発情しておりハァハァと息を荒げていました。どうやらこの妻が二日間休暇でずっと家にいたので抱いてやれなかったせいか、遂に我慢できなくなってしまったようです。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月25日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】因果応報【告白体験談】

付き合って二年になる彼女と僕たちは当時共に23才。
周囲も公認の仲で将来的には結婚も視野に入れた交際をしていたのです。
彼女は健康的な感じで体を動かすのが大好きなコでしたから
スポーツジムやテニススクールに通ったりするのが日課になって
いました。時には週末にテニスの試合があり、僕も応援がてら
見物に行ったりしているうちに彼女のテニス仲間やコーチ達とも
顔見知りになって彼女と一緒にその仲間内で開催される飲み会
にも参加したりして、しだいに打ち解けていったのです。そこで
知り合ったテニスコーチの美幸さん(27才)の大人の魅力というか
なんとなく醸し出すフェロモンに誘発されて一夜限りの過ちを
犯してしまいました。彼女は既婚者であり夫は同じテニススクール
のコーチで隆明さんという見るからに浅黒く日焼けした爽やか
イケメンという感じの人。そして、この一夜限りの情事に罪悪感
を持った彼女は彼に全てを打ち解けてしまったのです。隆明さん
から僕の携帯に電話があり彼と二人で会う事に。僕は殴られるのでは

告白体験談関連タグ

|||||||

2013年11月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】意趣返し【告白体験談】

もう5年ぐらい前の話ですが・・・。
嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。
大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。
当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、セックスレスになりました。
まあ、付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。
まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。
セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。
会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。
背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつなんだろうと思っていると
「Bの妻のC美と言います。俺さんにお話があって来ました」と言いました。
Bという名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。
「単刀直入に言いますと私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」
「はぁ?」
最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした、意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間にC美は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。
「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】JKを寝取り淫乱に調教【告白体験談】

去年の冬に援交サイトで17歳の女子高生香織と出会った。
すぐに会うのは怖いと言うことでメールを繰り返し電話しお互い写メ交換をした上で会うことに。
くだらない話やエッチな話で彼氏では何か物足りないと性欲の強さをアピールし俺はチンポはでかく太いので楽しみにしてと話すと大喜び。
したい、やりたいこととかを聞くと玩具や露出だったりアナルも興味があると話した。
写メ交換したが上目使いの可愛い感じだが実際会うとガッカリと言う経験があり期待はあまりなかったが女子高生とエッチできるならとそんな気持ちだった。
外出しと言う約束で生での了承も得ていた。
当日、待ち合わせに行くと背の小さい黒髪ロングの清楚な感じの子が立っていた。
声をかけるとビンゴ。
予想以上に可愛くて声も可愛い。
ちょっと興奮しながらも手を引き車にのせる。
制服から伸びる白い足や何気に発達しているおっぱいに目を奪われ手を当てると笑顔。
香織「早いって!フフッ」
俺「いや、何か想像以上に可愛いし!エッチ好きには見えないギャップがまたいいよね!」
香織「あっ!それは言われる!彼氏は今2人目だけと付き合ってエッチした時言われた!」
俺「でしょ!」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月23日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】Rちゃん2 生チンでズボズボされながら彼氏とラブメッセ【告白体験談】

グチュグチュのアソコに、20歳以上年上の
さえないオヤジのチンポを入れられながら
彼氏とメッセンジャーでラブラブのやり取りをしてるRちゃんw
この状況、いやらしいぜぇ
是非体験してもらいたい!!
いい年したおっさんの俺も興奮しまくりだw
オヤジのカチカチチンポで
あそこをヒクヒクさせて感じながら
やっとの思いで 「わーぃ^^まってたのぉ」 とか返してるRちゃんw
耳元で 
「待ってたのはなんでかな?
このおちんちん欲しかったからでしょ?」
と返事を打てるように止めてたチンポを
動かしてズボズボ出し入れしてやる!
「ぅ・・・ぁ ぁ だめぇ」 とびくんとハネるように

告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】初めての不倫【告白体験談】

大学時代テニス倶楽部のインストラクターをやってました、かなり強豪倶楽部で有名でした
倶楽部No.1はひと回り上の主婦メンバーさんの瞳さんでした、夏に大会が重なって私は瞳さんの引率で大会に行きました
瞳さんは大学時代以来負けなしのスーパープレイヤーでした、この大会も初開催以来連覇達成してました

しかしその大会で瞳さんに生理が近づいしまい、苦しい大会となり遂にラスト1セットでペース崩した瞳さんは立て直せず、準決勝で前回準優勝者を破り勢いに乗る無名の大学生プレイヤーのスタミナの前に力尽き逆転敗北した

控え室で泣き伏した瞳さんを抱き締め初めて女性と意識した

小一時間してシャワーへ入った瞳さんに呼ばれ声をかけると、全裸の瞳さんが抱きついた
真っ黒に日焼けした肉体はもの勢い筋肉量で、バストが見事に盛り上がっていた、生理近くより一層張ったバストは高校生を思わせる状態でした
『お願い、黙って私に時間を頂戴』そういうと唇を合わせ舌を入れてきた、あっという間に全裸されPは反りあがってしまった

瞳さんはPをくわえフル勃起を確認すると私を床に寝かせ騎乗位で飲み込んできました、膣内は熱く締まりの良さに興奮して夢中に腰をふってしまいました
生理近くで生挿入は予想以上に瞳さんにダメージをバストを鷲掴みにして勃起した乳首を舌で転がしたら、腰使いが瞳さんの快感度合いを表していた、一気に勝負かけ遂に瞳さんを逝かせた

告白体験談関連タグ

||||||||

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】遠征妻【告白体験談】

以前、\で「●●●スタイル」というサイトで31歳の人妻のゆかりと出会ってすばらしいひと時を過ごさせていただいたのですが、それから1ヶ月か1ヶ月半ほど経った頃に偶然、ゆかりさんと街で再会しました。
ゆかりさんとは体の相性もよくて、セフレの1人にでもと思ったのですが、遠方から来ていたようで、頻繁に会えないようなので泣く泣く別れたことを覚えています。
そんなゆかりさんがどうしたのかと思っていると、彼女の方も僕に気付いて「久しぶりね」って声をかけてきました。
ゆかりさんは「ちょっとすっぽかされちゃったみたいで」と少し照れながら言いました。僕は、まだ出会い系とかしてるんだと思い、とっさに「私もです」と話を合わせました。
それから喫茶店に行って世間話や彼女の愚痴なんかを聞いてるうちに、「せっかくだから、またどうですか?」と誘うと、「そうですね。でも、なんか恥かしい……」と伏せ見がちに答えました。
ゆかりさんは月に1~2度、他県から知り合いに出会う確率が低い都内に出て来ているということでした。もちろん、ひと時の情事を楽しむために。
ホテルに入ると、さっきまで頬を赤らめていた貞淑な女性とは一変して、欲求不満のスケベな人妻に変貌するのが表情を見てすぐにわかります。
手に余るような爆乳を背後から抱き寄せるように揉みながら、固くなり始めたチンチンを押し付けると、ハァハァと息を弾ませて顔以外も赤くなっていきます。
タイトスカートを巻くって、パンティの上から触るとすでに湿っていて、直接触るともうグチョグチョでした。
クリトリスを指で刺激すると、体をビクンビクンと反応させて、膝や腰をガクガクさせてるので、お尻に押し付けていたチンチンが刺激されてきて、完全にボッキしてきてしまいました。
ゆかりさんは、まだ部屋に入ったばかりの玄関先だというのに、「お願い、入れて、後から突っ込んでぇ」とお尻を突き出しながらお願いしてきました。
僕は基本的に相手のプレイに合わせる主義だし、僕も彼女のお尻に刺激されて結構ヤバかったので、リクエストに応えて激しく反り返ったチンチンを入れてあげました。
生で入れた膣は、僕のチンチンに絡み付いてくるような感触で、あの日の甘いひと時を一瞬にして思い出させてくれました。でも同時に、甘美な興奮も蘇えり、やばいくらい興奮してきてしまいました。
ゆかりさんの色っぽい喘ぎい声に混じって、腰を打つたびに鳴るパンパンといういやらしい音が響いて、また僕を興奮させます。
ゆかりさんもどんどんいやらしくなり、「久しぶりのチンポ、あぁ、いいの、子宮に響いて、あぁぁ」と淫らな言葉を発して、膣を収縮させてチンチンを締めつけてきます。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年11月19日 | 告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ