【レイプ】逆ナンパ【告白体験談】

去年に友達4人(全員女)でプールに行った時の事。
友達と売店でお昼ご飯を買ってたらいきなり後ろから
「ねえねえ!」って感じで男の人が声をかけてきたから振り返ると、
なんと中学生2人組!しかも1人はあきらかに中学生ってわかるぐらい背が低くて童顔!!すごく笑えたけど、その時は私達も2人だったから
一応「友達いるから。」って言ってその場を離れたんです。それでも彼等はしつこくついてきて「一緒にあそぼ~よ」とか言ってくるから
だんだん腹が立ってきて「ガキに興味ないから。」って言ってやったの♪そしたらいきなり逆ギレして「うるせー!ブス!」
とかいって目の前でツバをはいたりしてきたんです。私の友達はそれでとうとう怒っちゃって背の低いほうの彼の髪をつかんだんです。
それと同時に私達も「あ~あ。し~らない。」
「この娘の彼は怖いからね~♪」とかいってやったの♪実際はそうでもないんだけど・・・彼等はそれですごくビビッちゃって黙ってた。
それで調子に乗った私達は4人で彼の海パンを脱がして足元から抜き取ってやったんです。
私達は大爆笑♪その間にもう1人の彼は走って逃げてっちゃったけど…。周りには他にも女の人がいたわけで…脱がされた彼は、かなり慌ててた(笑)
まだ毛が生えてなくて皮が被ってたから、割り箸でつついたりつまんだりして
「こんなんでよくナンパするよね~♪」とかいって苛めてやった。さすがに泣きそうな顔してたけど、結局、最後は友達が彼の海パンを女子トイレに捨てて彼は帰してやった。
あれからどうなったんだろう?それにしてももう1人の友達もひどいよね・・・。
男ってそういうもんなのかな?

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【人妻】しんちゃん、凄い【告白体験談】

昔、高校生の頃
ウチの裏にあるアパートの住人が窓全開で音聞かせまくりセックルしてた
毎週土曜日女が泊まりに来て
【カトちゃんケンちゃんゴキゲンTV】見て笑い合ったあと激しく突き合ってた
女がいつも絶叫
「あン~しんちゃん凄いィイ~」って
本気声で叫んでた
多感な時期
しんちゃんはどんな凄い技をお持ちなのか気になって仕方なかった
いつも始まると母を呼びに行って
一緒に聞いてたw

告白体験談関連タグ

|||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・【告白体験談】

美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・芳田さんとの出会いの翌日でした。
深夜に電話がかかってきました。
昨夜の出来事が楽しかったと言ってくれました。
近寄りがたかった美和子さんと仲良くできて感激したとの事でした。高校時代の試験成績はほとんどの生徒が95点以上でしたので、90点以下の成績の人は私学か地方の二期校しかいけなかったのです。
芳田さんはテニスに夢中でしたから予習や復習をされなかったとの事でした。
希望校を受験されましたが散々な成績だった様でした。
やむなく、昼間と夜間に複数の予備校へ通って猛勉強をされたようでした。理科三類は浪人が多くて3年以上も頑張った同級生が多かったみたい。
ご両親が郷里で開業されていたので、地元の大学で学位を取り病院を継承したいとの考えで帰郷されたとのことでした。
研究者にならないで臨床の道を選択されたのですが悩まれての結論でした。そして、三十前まで女性を知らなかったと告白されました。
美和子さんとのデイトで目覚めたと・・・。
そのようなお話の後で週末に食事をする事になりました。結婚を申し込まれそうな気配でしたから新しい洋服で出かけました。
下着も可愛いデザインのものを着ています。
髪も整えて精一杯のおしゃれです。尾道を経て福山の鞆の浦までドライブしました。
夕食は鞆の浦の夕陽を楽しみ乍らでした。
瀬戸内海の小魚料理が美味しかったのを憶えています。倉敷のホテルのラウンジでお休みしてからお部屋へ移動しました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の秘密 その1【告白体験談】

あれは妻が二人目を産んで間もない夜の出来事でした。久しぶりのセックスだったせいかその日に限って私は「俺を興奮させてくれ!」と妻に言うと「怒らない?」と返事が返って来ました。怒らない?何の事だか判らないけど何か嫌な予感がした瞬間今までにない興奮が襲いました。私達夫婦は結婚する前に秘密事は無しにしてから結婚しようと約束してたからです。もともと私は束縛男だったせいか妻も本当の事は話せなかったらしい。それから私の質問責めが始まった。妻は始めは話しづらそうにしていたが、セックスをしながら話してくれた。妻が高校生の時に帰宅途中で男の人に道を聞かれている内に男に「良かったら近くまで案内してくれませんか?」と言われ断り切れずにその人の車に乗ってしまったらしい。それを聞いた瞬間イキそうになるくらい興奮している自分がいた。それから道を教えながら走っていると人気のない線路沿いの空き地に車を止めた瞬間!男は助手席のシートを倒しキスをして来たそうです。この話は高校生の時に話してくれてました。でもその時はキスされただけと言われていましたが!続きがあるらしく、何度も「怒らない?」と聞いて来ました。キスをされ抵抗しているとスカートの中に手が入って来て最初はパンツの上から触られたそうです!抵抗してる内にその手がパンツの中に入って来て激しく手マンされてたそうです!私達夫婦は高校生から付き合い始めて何もかも初めて同士で当時はぎこちないエッチを何度かしてるくらいでした。フェラも無かったです。その手マンが凄く気持ち良くて気がつくと自分から助手席で足を広げていたそうです!すると男の人がズボンを脱ぎ始め、「フェラして?」と言って来たそうです。始めはやった事がないのでためらったらしいが言われるようにその人のチンチンを舐めたらしいです。妻が「その人のチンチンはあなたよりも大きくて太かったよ」と!その瞬間!嫉妬心なのか大量の精子を妻の中に出してしまいました。出しても出しても回復し質問責めをしました。教えてもらいながらフェラをしていると口の中にたくさん出されて飲んであげたそうです!俺のは飲まないのに!飲んだあと男の人を見ながら「おいちぃ!」と言ってあげたそうです!事が終わり車の中でタバコを吸っているとそこの場所は電車から丸見えだったそうです!さすがに本番はしなかったみたいだけど今だに信じられません。この時から私は束縛男でわなく寝取られ男に変わってしまいました。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年3月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【告白体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】小学校以来【告白体験談】

高1の夏休み前に小学校の同窓会をやった。俺は中学は私立でみんなと別だったから懐かしかった。2次会3次会と連れまわされ結局最後までいた。遅くなったからお開きになった後Y子と帰り道が一緒になった。Y子は小学校の時は男子と鬼ごっこするようなショートカットのボーイッシュな女子で清楚な可愛いさとは逆の明るい性格で男子に人気だった。道でたまに会っていたがこんなに長い距離二人きりは卒業して以来初めてだった。恋愛の話しになったが俺は男子部女子部に別れた学校で付き合えない。Y子は男がイマイチと言って笑っていた。話しは反れて行き「〇〇はいつ頃毛生えた?」とか聞いて来て俺も聞き返した。話しは盛り上がり公園まで来た時見せてよって言ったら「〇〇が見せてくれるならいいよ」って言ってきた。公園の街頭の下で俺が出すとY子は「うわ—初めてみるよ私…」と目を丸くして真剣に観察して触ったりして、あれこれ聞いて来た。今度はY子の番。「私…胸がコンプレックス」と言って上と下を出す。確かに小学校からの幼児体型は変わっていなくブラではなくキャミソールが膨らみかけのような胸を守っていたし下もお飾り程度。俺の方が生えている。俺は初めての女の恥部に興奮した。Y子も目が据わって来た。俺がちょっと触ると「ひやっ」と反応する。オナしたことある?と聞くと「ないよ~やり方知らないしぃ〇〇教えて」と言って来たから俺はエロ本で学んだ知識をフルに使ってイカしてやった。Y子も俺のをみよう見まねで抜いてくれた。
それ以来たまに会ってイカしあうようになり高校を卒業と同時に初体験を済ませた。
結局その後付き合い妻がY子だ。

告白体験談関連タグ

||||

2014年3月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】同級生の母親【告白体験談】

初めて投稿します。
俺は十八歳の高校生です。親父は地方で、ヤクザの組長をやってます。
母親は、小さいときに死にました。
そんな事もあって親父は、俺には優しく何でもいう事を聞いてくれたり、
買ってくれました。
去年の夏、俺の誕生日に、親父が「何かほしいものあるか?なんでもええ
よ。」と言ったので
俺は、「女。」と言いました。親父は、ちょっとビックリしてたけど、
「ふ~ん、女かぁ。ソープでも行きたいんか?」
と言うので、俺は、「違う、違う 同級生の母親や。」と言いました。
去年の春に転校してきた男子の母親で、そいつとは、結構、遊んだりしてま
した。
と言うより俺のことが怖くて俺に合わせてたと言ったほうがいいかも知れな
い。
授業参観でそいつ(悟と言います。)の母親を見たら水野真紀にそっくりの

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月12日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美しき叔母【告白体験談】

昔話を聞いて下さい。
当時、私は北陸のある県の普通高校に通学する真面目な一高校生だった。
あるとき、勉強に疲れたので一休みしようと自分の部屋を出て、台所に入った。お菓子でもつまもうと思ったのである。
台所のテーブルの上に週刊誌があったので、お菓子と一緒にその雑誌を手に自分の部屋に戻った。
週刊誌のページをくくると、そこには「私が落ちた快感地獄」というタイトルでいくつかの投稿記事が載っていた。
「よくこんな記事書くよな!」と馬鹿にしながら読み始めたのだが、そのなかの一つの記事に釘付けになった。
若い甥に犯され、若さに蹂躙され、ついにはそのセックスの虜になってしまった人妻の物語が書かれていたのだ。いま思えば、それこそネタ記事の一つに過ぎなかったのだと思うが、昔の田舎の高校生にはそこそこ刺激的な記事であった。
その記事を読みながら、私は一人の女性を思い浮かべた。それは、母の弟にあたる叔父の妻、すなわち叔母のことであった。
玲子さんといい、私より12歳年上だった。
玲子さんに初めて会ったのは、私が小学校5年の時である。子供心にも「なんて綺麗な人なんだろう!」と思った。目は憂いを込めたように光っていながら、それでいて知性と優しさを感じさせた。鼻筋は通って、唇も形良い人だった。
身近や同級生でも、それなりに綺麗な子はいたが、玲子さんほどきれいな人はなかった。
いまの女優さんでいうと真野あずさに似ていたかもしれない。
そんな美人が叔父の奥さんになったのである。私は、小さいときから叔父に懐いていたので、とても嬉しい気持ちになった。
叔父の家に遊びに行ったりすると、しらずしらずのうちに、眼で玲子さんの姿を追っていた。そばにいて彼女の声を聞いているだけで幸せだった。
「俺は女の人を好きにならないかもしれない」

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】キャンプに行った時の出来事【告白体験談】

高校1年の時だった。
僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。

僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた時、一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。

夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。

年は30前くらいかな?

で僕達はその家族の横を通り抜けて、少し離れた所に陣取って、双眼鏡でギャルを物色する事にした。
しばらくすると、裕弥が

「あそこのベージュの水着の子、透けそうで凄い・・・」

と言ったので、僕もすぐにその子を探す為、双眼鏡を手に持って、見ていると、

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】続 息子の同級生と妻【告白体験談】

俺は、風呂の外で会話を聞きながら自分の息子をギンギンにしていた。
タケシ「もう俺、勢力限界かも・・!もう疲れたなぁ」
リョウ「確かに、今日は5回以上抜いたしな!」
ひろこ「今日は、もう終わりにしましょ」
タケシ「でも、せっかく泊れるのに、もっと楽しみたいなぁ」
リョウ「当たり前だ!こんなもんで終われると思うな!旦那の前でもっとイヤらしい事するからな」
ひろこ「旦那の前だけは勘弁して・・・バレたら大変でしょ」
リョウ「大丈夫!旦那さんはもっと酔わせて、目の前で犯してやる」
ひろこ「無理よ、絶対駄目!駄目よ」
リョウ「そう言われると、益々犯したくなるよ」
タケシ「俺も見てみたいな!」
リョウ「俺の体を洗え!その胸で丁寧に洗え!それとお前の穴は全て綺麗にしろ」
タケシ「俺の息子も口で綺麗にしろ!」
ひろこ「んっ・・・・」
妻はちんぽを咥えているようだった。

告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ